100冊読破

残暑お見舞い申し上げます
妙なお天気が続く今年の夏ですが、皆様おかわりなくお過ごしでしょうか。

私は、夏にはめっぽう弱いもので、ひたすら引きこもって暮らすことにしていますが、今年は仕事も放り投げて、読書の夏にしちゃいました。

当初の目標は100冊。
すごい!って思われるでしょうが、ジャンルを問わずです。(ただしエロ・グロは除外)
だから、絵本もあればマンガもある。文学もあれば小説・エッセイもある。犬と一緒に旅のガイドブックもあればちょっとした専門書もある。
故に、100冊は軽く読んじゃいました。
b0008217_13365970.jpg

絵本は絵と文が気に入ったら買います。
どちらかだったら図書館で借ります。

マンガは息子たちや友人から送ってくるのをひたすら読む。
息子たちとは趣味が同じなので、お互いに買ったものを回し読みしています。
ちなみにマンガの部屋と言うのを作っちゃいました。

文字だけのものも大好き。
特に好きなのは児童文学。
それも読みごたえのあるもの。

と言うところで、マンガだけ読むなら、1日20巻は軽く読めますもんね。
100冊読破なんて軽い軽い♪
なので、目標200冊に変えました。

この夏は、今まで買って置いたのに時間がなくて読めなかった本や、「本読みまくるねん!」と宣言したおかげで転がり込んでくる本&図書館仕入れ本の山で暮らしております。
b0008217_13374214.jpg

なんで、ワンコのことし書かないこのブログに本のことを書いたかと言うと、何年も前に息子が、「あっと言う間に読めて、結構面白い」と言って、本の山の中に突っ込んでおいてくれた1冊。
三谷幸喜さんのエッセイ集「ありふれた生活」の中に出てくる愛犬とびのことで、笑ってしまったというか共感してしまったので、これもわんこネタと思って書いた次第です。

すみません、前置きが長くなって…(こういうタイプは嫌われるんですよね~)

とび君と言うのは、ご存じの方もあるかと思いますが、ブラックラブです。
ネコ派の奥様を懐柔して飼ったのだが、レト飼いの方なら皆様よくご存じの、爆発的なパワーのことを全く知らずに飼い始めた「地獄の日々」が書かれてあり、手当たりしだいに本を読み、人の話を聞いたが結局、訓練士に預けることになったと書かれていました。
ここまでは、フムフム、そうだそうだ、ウフフのイヒヒと読んでいたのですが、訓練士に預けることになってその別れが書かれている「涙、とびとしばしの別れ」を読んでとても共感したのです。
その後、時々登場するとび君のお話と同時に、ご夫婦のあたたかさがじわ~っと身に滲みてきたのです。
奥さまは、ご存じでしょうか女優の小林聡美さんです。

どんな話かって?
それは是非本を読んでいただきたいです。
日頃、活字から離れていらっしゃるならなおのこと、この際家事を放り出して、宿題を忘れて夏の日の1日を寝転がって本を読むのも良いものかと。
この本は2002年に書かれているので、とび君はきっと今では最高の家族になっているでしょう。
b0008217_13381946.jpg

1冊の本、1杯のコーヒー、そしてワンズがいれば何も要らない夏の日々を過ごしております。


出版記念イベント会場はここから
b0008217_13385013.jpg

[PR]
Commented by はなの母 at 2009-08-20 15:13 x
お久しぶりです、とコメントを始めるのがくせになってしまってます・・・。いつも読み逃げですみません。(苦笑)

三谷幸喜氏の「ありふれた生活」おもしろいですよね、特にとびくんの話。

私はあのエッセイの中に出てきたエピソードで、三谷さんが獣医によくお世話にならなくちゃいけないとびくんのことをある人に「飼い主が犬を選んでいるのではなくて、犬がちゃんと自分の面倒みてくれる人を選んでやってくるんだよ」っていう内容のことを言われた、という話が好きです。

うちのはなも小さいときから病気や手術が続いて、ホントに稼いだお金が全部医療費になったことが続いた時期があったから、かわいくて仕方ないけどホントにシンドイ時期があって、でもあれを読んだとき妙に納得して頑張ってはなを育てようと思ったものでした。シンドイからってどうにかするつもりがあったわけじゃないですが、ちょっと気持ちを軽くさせてくれた言葉の入ったエッセイでした。

それにしても100冊突破で200冊に目標変更とは・・・うらやましい。今度本を送りつけます、お勧めの本あるので。イヒヒ
Commented by ワンコのかあさん at 2009-08-20 17:30 x
はなの母さん、読み逃げはお互い様です(^0^)
はなちゃんの母さんもあのフレーズに動かされたのですね。
いつだったか、障害児を持つ親がある詩に出会って、とても救われたと言うのと同じだと思ったのです。
その詩の内容も、神様はとても手のかかる子が地上に降りて行く時には、その子にふさわしい親を選んでいるのだという内容でした。

可愛いんだけれど、ちょっとしんどいって言う時ってありますよね。
そんな時にこんな言葉に出会うと肩の力がふっと抜けて楽になる。
三谷さんご夫婦は心の温かい人なんだと嬉しかったです。

本読んでると、食べるのも寝るのも忘れちゃうんですが、不思議と散歩だけは忘れません(^^)
本送って下さるんですか?
それは楽しみです。
毎月の本代バカにならないので嬉しい!!
ジャンルを問わずですから~(^0^)/
Commented by sera at 2009-08-20 20:49 x
こんにちは

私も三谷さんのエッセイ大好きです
映画と喜劇が大好きなんだなぁっていうのが伝わってきますよね
新聞で欠かさず読んでるのに つい 本も買っちゃいます
我が家も黒い子なので トビ君のお話は特に読み込んじゃいます

この秋は本好きだった父の形見の山のような本たちと付き合おうと思っています
Commented by B'zママ at 2009-08-20 21:02 x
私も三谷幸喜さんの大好きです。。
とくにとび君のお話大好きです~
私は、新聞に三谷さんが書いておられるコラム欄逃さず読んでました~
とび君の話しには、笑わせていただいたり、ホッとなごませていただいたりしてました。
ご夫婦ともに素敵ですよね。

アリばばちゃん~
秘密のおやつ♪食べたか~~
私ももらうんや~隠れて食べるのも・・忙しいけどな
たまりまへんなぁ・・・byボニー
Commented by レイニーママ at 2009-08-21 00:11 x
私も、とび君の話、大好きです。レイニーも黒ラブですから、何となく、とび君とダブって、妙に納得したりして、締まりの無い顔になったり、涙ぐんでみたり……
本って、想像力が広がるから面白いんですよね。

ワンと本の無い世界は、考えられませ~ん。

野田知佑さんのガクの本を読んでは、ワンをカヌーに乗せてみたいと思ったり、斎藤政喜さんの犬連れバックパッカーの本を読んだ時は、犬連れだったからヒッチハイクが成功したりして(犬好きの方が、犬が心配で乗せて下さる様です)
いろんな経験をしてるワン達の表情を思い浮かべて、楽しんでます。

ちなみに、私の一番のお気に入りは、お風呂に本と西瓜を持って入る事です。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-08-21 00:12 x
seraさん、こんばんは♪
三谷さんは、喜劇でもただドタバタしたものでないのが良いですね。
同じ本で舞台と映画と両方つくられているものは、私は舞台の方が面白いような気がするのです。
もしそうだとすると、どちらかと言えば舞台の方がお好きなのかな?
奥さまもエッセイを書かれているそうですが、こちらの方も読んでみたいと思っています。

お父様お亡くなりになられたのですか・・・お寂しいですね。
たくさんの本を残されたとか。
うらやましい限りです。
私の父も本が好きでたくさんあったのですが、亡くなる前に、誰も読まないだろうと古本屋に売ってしまいました。
離れて暮らしていた私は、それを聞いたときに残念で残念で・・・

お父様の本、どうぞ楽しんでください。
お勧めがあったら教えていただけると嬉しいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-08-21 00:21 x
B'zママさん、私も新聞を欠かさず読んでます。
1冊の本にまとまるとまた違った面白さがありました。
三谷さんの舞台やテレビなどは、息子のお勧めで見るようになりはまったのですが、奥さんの小林聡美さんの方はデビューからのファンです。

アリサ:ボニーさん、一人で食べると言うのはスリルがありますわ~。母さんは、「はよ食べ~」って言うけどそんなにはよ食べられしませんわ。ルナが戻ってきたときは思わず飲み込んでしまいましたがな~。それでもやめられませんけど~(ホッホッホ)
Commented by ワンコのかあさん at 2009-08-21 00:38 x
レイニーママさんも、本がお好きなんですね。
私もワンと本のない世界は考えたくもないです。
ガク君の本も犬連れバックパッカーの本もよみました。
犬の本はいろいろ読みますね。
日本犬の古い文献なんかも読むの好きです。

お風呂に本とスイカですか!!
ずいぶん広いお風呂なんですね。
でも、わたしは広いおふろでもスイカは持って入らないだろうな。
本は持って入ったら読み終わるまで出てこないような気がするわ。
あ、だからスイカなのか!(爆)
Commented by sera at 2009-08-23 18:39 x
本ではないのですが…

昨日、ダイアログ・イン・ザ・ダーク(ww.dialoginthedark.com)という体験型イベントに参加してきました。
本当の真っ暗闇の中、アテンダントと呼ばれる視覚障害の方のガイドの下、簡単な白杖を使って進んでいくというものです。

『光』『見えるということ』を考えさせられました。

ドイツ生まれのもので日本では、年に一回開催されているようです。
今年は(も?)東京での開催のようですが、機会がありましたら…お薦めです。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-08-24 23:49 x
seraさん、良い経験をなさったのですね。
私もこのイベントのことは聞いていて、機会があれば体験したいと思っていました。
ただ、東京は遠いです。(^^;)
関西方面であればいいのに。
あったらぜひ参加したいと思っています。
by yukiba20 | 2009-08-20 13:44 | ただの愛犬家 | Comments(10)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん