命の現場

フジテレビの「ニュースJAPAN」で「時代のカルテ 命の現場」と言うタイトルで、ペットが置かれている過酷な状況が報道されました。

深夜営業のペットショップで眠ることもできない幼い犬や猫たち。
工場生産のように生み出されていく命と使い捨てられる命。
飼育放棄される犬たち。

深夜まで営業する必要があるのか?
「かわいい♪」といって、やっと眠った子をガラスをたたいて起こす。

なに考えとるんや!!
お前がそこに入ってみろよ!!

かわいい、と言って衝動買いし
吠えるからといってセンターに持ち込む
そういう環境に置かれた子犬が情緒不安定で吠えるようになったのは間違いないでしょう。

そういうことも理解できないで、かわいいからと買い、かわいくなくなったからと飼育放棄する。

お願いだから、ただかわいいからと衝動買いしないでよ。

孫娘を連れて、笑いながらお金を払って処分を依頼する爺ちゃん。
お前さんもいずれは家族に捨てられるかもしれないよ。
その時はだれも恨むんじゃないよ。
みんなあんたがしてきたことを子供や孫が見てるんだから。

殺処分される子たちは、安楽死だと思っているあなた。
大きな間違いです。
その子たちは、ガス室で苦しみながら息絶えるのです。
アウシュビッツさながらに・・・

それでも、あなたは飼育を放棄できますか。

気がついたら、顎が痛いんです。
なんでだろうと思ったら、見ている間中奥歯をかみしめてるんですね。
悲しいから
悔しいから
叫びだしそうだから

ブリーダーも免許制にして
ペットショップでは生体を扱わない
ようやく不完全ながら虐待禁止法ができた日本は、まずそれを法制化しなければ・・・


今年のチャリティカレンダーの収益は、そういう犬たちを1頭でも助けたいと活動する保護団体にも寄付されます。
b0008217_0314653.gif

申込は→のバナーからお入りください。
[PR]
Commented by クマン at 2009-09-24 03:09 x
アタチもママとウランちゃんと見ました。UTェTU クゥーン
息が詰まりそうになりまちた。
自分が、ガス室に入れられたような気がしまちた。
あんなに苦しんで死んでいく仲間がいるんでちゅね・・・
ちょっと、人間不信になりまちた・・・
アタチは、保健所に連れてきた飼い主も同じように、
人間用の保健所の檻の中に入ってもらって、
愛犬と同じような扱いをするんでちゅよ。
そして、その人間も同じように命のカウントダウンを味わうんでちゅよ。
平気で持ち込む人間には、仲間と同じような目に遭って欲しいんでちゅよ。   そんなこと考えるクマンは、ひどい犬でしか?

アリサちゃん・・・クマンね、長崎で頑張ってるでしからね。
ママはまだ、迷っているようでちゅけど、
クマンは、頑張るんでしよ!
ママは、TVを見て泣いていまちた。かあさんのように、奥歯に力が入って、握りこぶしが震えていまちた・・・・怖かったでし。
そして、ウランちゃんは殺される仲間の叫び声を聞いて
固まっていまちた。 UTェTU クゥーン
アタチは、とってもショックでしゅ・・・
だから、立ち上がったんでし!ヘタレでしけど、がんばります。
Commented by ゆうこ at 2009-09-24 08:04 x
私も見ました。
殺処分されてしまう犬達に、何の罪もありゃしません。
それなのに、毎日、毎日・・・殺されていく。。。

犬・猫を何のために飼っているのか?
持ち込む飼い主の姿を見て、本当に疑問で、悲しく、たら立だしくも
感じました。

日本には、たくさんの動物保護団体があって、それぞれ頑張って
いらっしゃいますし、その姿には頭が下がる思いです。
でも、なかなか不幸な犬猫は減らない。イタチゴッコのようです。
まず、飼い主である私達が変わっていくこと。
無駄な繁殖をやめ、適切な飼育知識を身につけ、命に責任を持つこと。
当たり前のことが、まだまだ日本では遅れていますよね。。。
Commented by ティンクの母ちゃん at 2009-09-24 09:00 x
本当に腹立たしい現状に 怒りをどこに向けたらよいのでしょう・・・

法令化して ペットショップと生体販売をやめさせるには どうすればよいのでしょう?
そのために どんなことをすればよいのでしょう?

具体的な方法がわかれば 行動できるのに
Commented by ケリーまま at 2009-09-24 09:50 x
本当に悔しくて、身勝手な人間に翻弄され命を落とす犬たちが哀れで・・・
見ている途中、絶えられなくなり、チャンネルをかえようと思いましたが、現実から目を背けてはいけないと思い、毒ガスで苦しんでいく子たちの最期をみました。
私たちに何ができるのか、なにをしなければならないのか、大きな課題を出されたように思います。
Commented by ターミ姉ちゃん at 2009-09-24 10:03 x
こういった番組や記事などを見るたびに、大暴れしたくなるんですが…
ちょうど朝日新聞の夕刊にも、センターの記事が載っていました。
そこは、犬を持ちこむ飼い主の説得に力を入れたり、ボランティアとの
連携で殺処分を減らそうと試みているのだとか。(実際減っているそう)

私も思います。命を扱う業者は厳しい許可制にすること。
それから、一度でもセンターに犬猫を持ちこんだ人には、二度と動物を
飼わせない。
そして動物達の最後を必ず見るのが条件で引き取ること、など、すぐにでも出来る事は
やってほしいと思います。
日本は動物に関しては、全く後進国です。
Commented by レイニーママ at 2009-09-24 20:09 x
ワン達の絶望の叫びが、胸に突き刺さります。

ワン達のアウシュビッツ!
思わず“バカヤロウ!”と叫んでました。

ペットショップは要りません。ブリーダーは厳しい許認可制、そして、きちんとしたチェック体制で……

老人・子供・動物が悲しい国は、いくら経済大国であっても貧しい国です。

私が考えなくてはいけない事、私が出来る事は……
Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-24 20:37 x
クマンちゃん、アリばばちゃんよ。
元気だった?
あたしは、まぁまぁね。
クマンちゃんもウランちゃんも怖かったんだね。
うちの母さんは、テレビみている間中とっても怖い顔をしていました。
終わったら「くそったれが!地獄に堕ちろ!!」って。
「神様、どうぞ同じ苦しみをあの者たちに」ってお願いしていました。

それとね、うちの母さんはクマンちゃんやクマンちゃんの母さんが頑張ってるのちゃんと知ってるよ。
いつもね、読み逃げってのしてるらしいわ。
でね、私たちにねクマンちゃんの母さん長崎で一人でアリばばちゃんたちのために頑張ってるんだよ、嬉しいね、ってお話してくれるの。
だから、サニーもルナもクマンちゃんのこと応援してるよ。
クマンちゃん、母さんにありがとうってアリサが言っていたって伝えて。
沢山沢山ありがとうって。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-24 20:48 x
ゆうこさん、なんで笑いながら殺しを依頼できるのよ。
幼い子供にどんな影響を与えるかなんてこれっぽっ知も考えていない。
息子に「動物が好きならペットショップに勤めたら?」って言った時に、「好きだからこそ駄目なんだよ」って言った意味がこれなんですよね。

法制に向けて動いている団体などがあったら、協力できることあるかもしれないのに…
Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-24 20:55 x
ティンクの母ちゃん、我が子があんな目にあったら気が狂うかもしれない。
もし、迷子にでもなって…、もし、捕獲されて…、もし、ガス室に送られていたら、なんて想像するだけで叫びだしそうです。

法制化に向けて運動している人や団体があれば署名運動など協力できることあるのに。
Commented by ラブドル at 2009-09-24 21:01 x
あの目・・・・・・・私の心に焼き付いて離れません。
あんなにもがき苦しむなんて。
人間ってなに様! !
孫連れのおじいさんもいい教育してるよね!って毒づきたくなる。
弱者の声も気持ちも判らない人間は人間じゃない。
ショックだったけれど、見てよかった。
そして、これってやはり家族で見る時間帯に放映してこそ意義があるでしょ。。
熊本の動物愛護センター、素晴らしい。全てが熊本のようになるといいですね。

いま社会の中もこう言った事が、形を変えて起こっています。
おかしいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-24 21:03 x
ケリーままさん、放映後、ゆったりとのんきに爆睡している我が子たちと比べてしまって胸が締めつけられるようでした。
ボタンを押さなければならない職員の辛さがわが身のようでした。

最後に出ていた、殺処分0を目指す施設は、一縷の望みです。
あのような施設がどんどん増えてくるように願ってやみません。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-24 21:11 x
ターミ姉ちゃん、私もです。
やり場のない怒りが駆け巡って、結局ワンズにしがみついているしか脳のない私が情けない。
このような場面に出会うといつも馬鹿の一つ覚えのように思う。
「同じ苦しみをその者に」と。

放映の最後に殺処分0を目指す(実際0でした)施設が紹介されていましたが、わずかな救いでした。
あのような施設がどんどんできればいいのに。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-24 21:32 x
レイニーママさん、目をそむけたくなるような画面でしたが、歯を食いしばってみていました。
ちゃんと見ないと、消されてしまう命に失礼だと思ったのです。
せめてちゃんと見て、誰かに伝えないと…

「友愛」は生きとし生けるものすべてに願いたいものです。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-24 21:40 x
ラブドルさん、年取っただけで殺される。
生まれてきただけで殺される。
なんなの?
偉そうに、命をもてあそんでいる人間にいつか天罰が下るわ。

熊本のようなセンターにするために協力できることってないんだろうか。

Commented by チャム・リム・Y at 2009-09-25 07:16 x
その番組の事は、お客様も見た・・・と、おっしゃってました。
『ああいう人達って、モノ感覚で犬飼うんやなぁ』・・・と。
生後2ヶ月満たないコが母親から引き離されて、モノみたいに売られて。

殺処分は安い薬を遣うから、苦しんで苦しんで死ぬんだ・・・というのは聞いた事があります。
以前、殺処分される前のワンコを撮った写真集がありましたが・・・
それを本屋で見かけただけで、涙が出ました。
そういう時のワンコは、何かを悟って・・・それが表情に表れているんですね。

20歳の時、保健所に美容師試験の発表を見に行きました。
その日は『ワンワン交換会』がありまして、子犬を両手一杯にかかえたオバちゃんがいたんです(飼えないから持って来た)
若かった私は『かわいそう~』と叫んでしまい、オバちゃんは悲しそうに笑ってました。
京都との境に、そういう施設があって、最近はそういうワンコを貰いに行く人が多いそうです(有料ですが)
お客様もそこで、ワンコを貰って来てました。
少しでも救われるなら・・・

そもそも、そういう状況を作らないようにしてほしいです!
ワンコにだって、感情も痛みもあるのだから。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-25 19:22 x
チャム・リム・Yさん、本当に「物」感覚なんですよね。
なんだか、ああいう人っていくら言ってもわかってもらえないんだろうなって思う。
でも、言わなかったらもっと分かってもらえない。

とりあえずはうちのワンコを路頭に迷わせるようなことはしないことから、だよね。
まぁ、うち子たちが路頭に迷うなら、その前に私が迷ってるわ。(^^;)
日本中のセンターが熊本みたいになったら良いのに…
Commented by レトっこまま at 2009-09-25 21:26 x
観るに耐えない映像がたくさんありましたね。
深夜まで営業しているペットショップ・・・・瞬間的にでも自分の気持ちが癒されればそれでいいのか、そのために子犬たちはストレスを溜め込んでいるんだよって言いたいです。
悪質なブリーダーって命ある子たちを物として扱っているのが悲しいです。
知らないんですよね殺処分される子たちの悲惨な姿を。
私も生体販売は止めて欲しいと思っています。ブリーダーも国家資格がいるような体制が望ましいし、不定期に調査を実施することも大切だと感じます。
動物愛護週間であればこそもっとみんなが観ることのできる時間帯に放送して欲しいなと思いました。
Commented by あやの at 2009-09-25 22:51 x
私…こういう番組 見れないんです。
以前、ジャッキーを迎える前に保健所近くに用事があって
実際に泣き叫ぶ声聞いちゃって…。
あの目 今でも忘れられません。

またペットショップも問題がありますがブリーダーさんもひどいですよね。
人間の子育てと一緒。きちんと計画をたてて産ませてあげてほしいです。
母体だってボロボロになるってのに…。

私はワンコは子供と同じと思ってます。
だから粗末に扱う人は許せません。
自分の子供。簡単に捨てれますか?と安易に保健所へ持ち込む人に
聞いてみたいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-26 08:58 x
レトっこままさん、もうずいぶん前になりますが甲斐犬と暮らしていたころに、あるペットショップから交配を打診されたことがありました。
その頃はまだ登録犬数が3桁になるかならないかの頃でした。
1頭当たりの金額提示でです。
もちろん即座に断りましたが、子犬を全部引き取ってもらえるならと安易に交配に応じる人はいるだろうなと不快に思ったものです。

愛護週間でなくてもこのような番組はどんどん放映されるべきだと思いましたし、おっしゃるとおり、愛護週間だからの放映であれば、家族で見られる時間帯での放映してほしいものです。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-26 09:10 x
あやのさん、私もだめなんです。
だから、見続けているためには顎が痛くなるほど奥歯をかみしめていなければなりませんでした。

繁殖は遺伝学も勉強したうえでしてほしいです。
流行犬と言われる子たちの奇形や障害の多いことは目を覆うばかりですもの。

私も、ワンズは「我が子」です。
我が子は、逝くなと必死に抱きしめても、放棄はできません。
あやのさんの今回のブログ、涙が出ました。
私ね、思うの。
誰の言うことを聞かなくても良いから私の言うことを聞いてくれるのならそれで何も言うことはない。
甲斐犬の時はそうでした。
お友達すら遊びに来て、ということができないくらい家族を守る意識の強い子でした。
私たちにとっては最高の子だったから、家に人を呼べないくらい何でもないことでした。

わたしね、ナヴィッちは最高だと思うよ。
もちろんジャッキーくんもね。
Commented by クマン at 2009-09-28 01:02 x
こんばんわ・・・
アリババちゃん、サニーさん、ルナねえさん。
そして、いつも読み逃げありがとうかあしゃま・・・えへへ・・・
アリババちゃんの「ありがとう」ママに伝えておきまちたでしゅ。
ママ、照れ臭そうに、「なんも別にしとらんばいっ!」なんて、長崎弁で言ってまちた。
かあしゃんが、いつも読み逃げしてることも、ちゃんと伝えておきまちた。
(えっ?それは、伝えなくて良かった?)
ママは、最近悩める乙女なんだそうでしゅ・・・ためいきばっかりついてましゅ。
人間の世界でもいろいろとあるんでしゅね~
ママを見ていたら、アタチもウランちゃんも、ワンコで良かったって、つくづくそう思いましゅ。
ワンコでもワンコにしかできないことをやればいいのよ・・・ね?

長すぎておくれなかったでしゅから、つづきまーちゅ・・・
Commented by クマンのつづきでーす♪ at 2009-09-28 01:06 x
だけど、最近、ますますヘタレになったんじゃないの?って、ママに言われます。

こないだなんか、お泊りしたママのお友達の旦那さまに、
『シビレ』って、第二の名前をいただきまちた・・・・
だって・・・・だってね・・・・「猪脅し」は、誰だって怖いでちょ?
田んぼで、パンパン!怖い音がするんでちゅもの・・・
アタチが、ジタバタしたら「シビレ」って、呼ばれるようになりまちた。
でもママは、アタチのこと『ヘタレ』って、言うんでちゅ・・・(泣)
もっともっと、色んな修行をして、「クマン」って、ちゃんと呼んでもらえるように、広報活動も、がんばりまちゅね・・・UTェTU クゥーン

ちなみに、10月はママと島原のウォーキングに参加することになりまちた。ウランちゃんも、おばぁちゃんも一緒です。10キロ歩きまちゅ。
まずは、歩いて修行ちます。
最後まで歩けるか?少し不安だけど、アリババちゃんのために、
クマン・・・がんばる・・・・応援ちててね。

Commented by ワンコのかあさん at 2009-09-28 23:37 x
クマンのママさん、こんにちは~♪
アリばばちゃんがばらしちゃったけど
すみません、読み逃げ常習犯です(汗)
でも、いつも感謝してます。
ホントにホントにありがとうございます。

クマンちゃん、ヘタレだっていいのよ~。
実は家の3ワンもヘタレなんです。
にいちゃんに「ヘタレ1号・2号・3号」って言われてます。

アリばばちゃんは、ヘタレで悪いか、って居直ってるし
サニーは、ヘタレってなんですか~、ってしらばっくれてるし
ルナは、へたれじゃないでし!ってがんばってるよ。

クマンちゃん、ウランちゃんと一緒にママの「はぁ~~」が
早く治るようにどんどんいたずらすべきよ!!byワンコ家一同
Commented by ウェリナママ at 2009-10-01 14:25 x
この話を別の所で聞いて、テレビを見てなくても、文章で
充分その状況がわかり、怒りで手が震えました。
一度保健所に持ち込んだ人間にはペナルティーを
もうけたり、勿論ブリーダーも免許制にしたり
何か法律を作るべきだと思います。
人間様が偉いのか?動物の命だって人間と同じだよ!!って
心底思います。お金さえ出せば命を買える?
子供にそう思わせてないか?でも事実なんですよね。
命のバトン、命ある物を我が家に迎える時にはそれなりの
覚悟と決意が無くてはいけませんよね。そしてそれ以上の
愛情もです。吠えるからセンターなのですか?!躾け教室や
色んな方法を試したのかな?とかもう、考える事
考えさせられる事が多いのと同時に
犬やネコに対して、申し訳ない気持で一杯です。
保健所にも、今一歩踏み込んで持ち込まれる犬猫が0になる様に
考えて欲しいと切に願って止みません。
Commented by ワンコのかあさん at 2009-10-01 22:32 x
ウェリナママさん、先進国と言われる日本。
本当は後進国なんだろうねって、こんな時にはいつも思う。

私、正直あまりこんな番組見ないんです。
肝心の所がぼやけていたりするので、そちらの方に怒りが向くので。
でも、今回は、あの苦しみながら悲痛な鳴き声を上げながら死んでいく犬たちから、目をそむけたら申し訳ないって思いました。
心底から思いました。
人間はいつか自分たちのおごりから滅びるでしょうね。
by yukiba20 | 2009-09-24 00:34 | ただの愛犬家 | Comments(25)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん