アランちゃん逝く

b0008217_1712876.jpg
盲導犬の一時代を担った、ボビーさんの最後の子が旅立ちました。
15歳と7カ月、ルナの大伯母さまです。

幸せとは言い難い盲導犬生活を余儀なくされたアランちゃんに、パピーウォーカーだったIさんご夫妻を始め、周りのものがどのように心を砕いてきたことか。

1日も早い引退をのぞみ、それすら叶わなかった彼女が引退してI家の元に戻ったのは3年7か月前でした。
わずか、3年7カ月でしたが彼女が彼女らしく穏やかに幸せに楽しい日々を送ることができたことを心から嬉しく思っています。

アランちゃん、知ってた?
あなたの引退の何年も前から、あなたの母さんは
「アランが引退してきたら、自由になんでも好きなようにさせてやりたい。
ゆっくり散歩して、美味しいもん食べて、小さい時に一緒に暮らした子たちと思う存分自由にすごさせてやりたい。
私がするのは、御飯と健康管理だけ」
そう言って、待って待って待っていたのよ。

「幽閉された盲導犬アラン」
私はあえてそう言います。

そのような環境にあったにもかかわらず、穏やかで優しかったアランちゃん。
昨年、私たちはあなたに会いたくて滋賀で「親戚ワンコのオフ会」を開きました。
鼻筋の通った美人サンが可愛いお祖母ちゃんになっていて、時間の流れを実感しましたが、開いてよかった。
そう思っています。

ありがとうアランちゃん、あなたに会えて良かった。

Iさんご夫妻は、出来るだけ長く生きてほしいと願いつつ、最後は自然に送りたいと点滴などの延命を図ることなく静かに見送られました。

でも、たった3年7カ月・・・短かったなぁ

------------------------------------------
このブログは、協会批判やユーザー批判の為に書いたものではありません。
ましてや、何かを扇動するために書いたのでもないことをどうぞご理解ください。

世の中の多くの人が、補助犬の存在を「感動」の物語として受け取られることが多い中、きれい事だけではなく、その仕事の厳しさを含めて理解を深めていただきたいと心から思います。

彼ら彼女らは命あるもの、感情豊かな生き物であることを忘れず、感謝しつつその生を全うできるよう努めていきたいと、心から願ってやみません。

唯一の救いは、私たちが信頼する協会職員さんの存在だったことも忘れてはならないと思います。

(協会やユーザーへの批判のコメントは予告なしに削除させていただくことがあることをあらかじめお断りさせていただきます)
[PR]
Commented by SATO at 2010-02-07 19:10 x
アランさんがどんな犬生を送ったのか、私などは知る由もありませんが
アランさんのことを忘れないで、ずっと心配してくれていた人達がいてくれたということ、それがアランさんの幸せだったのではないかと思います。
アランさんのご冥福を祈らせてください。
Commented by Yoko/Tinako at 2010-02-07 19:10 x
アランちゃんの魂が安らかにあられます様に・・・お祈り申し上げます。
Commented by hatorin at 2010-02-07 20:04 x
偶然なのでしょうか…
昨日、図書館で借りてきた本の中に
「盲導犬ボランティアは楽しい」があるんです。

まだ、全て読んではいなかったのですが、
本の中にいた仔だとすぐに分かりました。

大好きなお父さんお母さんの元から旅立てて
良かったと思います。

アランちゃん、お空の上で楽しく他の仲間と遊んで下さいね。

心よりアランちゃんのご冥福をお祈り致します。

Commented by テイナ クロ ハル at 2010-02-07 20:15 x
鼻筋の通ったアランちゃん、小さかった頃と少しも変わっていませんでした。
ボビー母さんがお迎えに来てくれたのですね!
ご家族が平安な気持ちで包まれます様お祈り致します。

昨年、オフ会を開いて下さってありがとう御座いました。
お蔭でアランちゃんにもお目に掛かれました。

テイナの子供たちも後少しでリタイアとなります。
協会も、なるべく10歳に近いところでリタイヤにとお考えのようです。アランちゃんの時は、まだ少し長かったですね!
元気なうちに引退を考えて下さるようになったのは、歴代の盲導犬たちのお蔭だと思います。
Commented by ぽぷちゃん at 2010-02-07 20:25 x
わんこは健気です、可愛いです.
みんなが幸せになれますように、いつも思っています。
アランちゃん、みんながあなたのことを温かく見守ってくれていたのね、引退してからの生活は幸せをいっぱいもらえたのね、よかったね。
アランちゃんのご冥福をお祈りさせてください。
Commented by レイニーママ at 2010-02-07 20:33 x
アランちゃん、虹の橋を渡って…

私は、アランちゃんの盲導犬時代の事はわかりませんが、Iさん家でのアランちゃんは、幸せ一杯だったでしょうね。Iさんのブロクには、アランちゃん達に対する愛情が溢れていて、読んでいても、ついホロリとしてしまいます。

写真集の鼻筋の通った美貌のアランちゃん、ページをめくりながら涙が溢れて止まりません。

不思議な縁ですが、あなた達に支えて貰って、暮らしています。

心からありがとうを言いたいです。
Commented by ラスラママ at 2010-02-07 21:50 x
アランちゃん、ご苦労様。ありがとう。
去年元気な姿にあえて嬉しかったです。そばに行くと顔を近づけてくれました。パピーちゃんのときに暮らした家に戻って自由に温かく過ごせて良かった。きっととても幸せな気持ちだったでしょうね。
Commented by B’zママ at 2010-02-07 23:09 x
アランちゃん

パピー経験者として
Iさんご家族のお気持ちを考えると・・

でも、
母さんの所に帰ってきて
3年7ヶ月は、暖かくとても幸せな日々だったと思います。
心よりご冥福お祈りします。







Commented by ターミ姉ちゃん at 2010-02-07 23:18 x
不思議なご縁と言えるかどうかわかりませんが、今日は爺様の命日でした。
命日に爺様がお出しになった課題は、「わんこの情の深さにもっと気付くのじゃ」
でした。
アランさん、会った事はないのだけれど、あなたもわんこの愛と思いやりを
身をもって示してお亡くなりになったのですね。
今日はわんこの愛に満ちていると思います。
あなたの最後の3年7か月が、暖かく幸せに満ちたもので良かったです。
Commented by チャム・リム・Y at 2010-02-07 23:42 x
そうですかぁ・・・お空に旅立ってしまったんですね。
毎日、I家のお父さんのブログを見ながらドキドキしていたんです。
やはり、チャムの最後の頃を思い出してしまいました。
でも、静かに旅立った様で・・・本当にお疲れ様でした。
そして、ありがとう~!

ヴェラちゃんの慰霊祭で始めて会って・・・
静かで利発なアランちゃんに感動しました。
去年のオフ会で会った時、痩せてしまっていたのにビックリしました。
シニア犬の時計は、あっという間に進んでしまうんだ・・という事を実感しました。
色々事情があったとは、お聞きしていましたが・・・
どんな事情があろうとも、すべてを受け入れて過ごしていたアランちゃんを尊敬します。
人間なら、不平不満だらけでしょうに・・・

いつもながら、I家のご両親のお姿に感動!
アランちゃんは、本当に幸せだったんだと思います。
天国で、皆と楽しく暮らして下さいね。
Commented by ギンアル at 2010-02-10 00:45 x
アランちゃん、初めまして

お仕事たくさんたくさんしてくれたのですね。
ご苦労様、そして心よりありがとうございました。

3年7ヶ月の間、I家のお父様お母様と暮す事が出来て良かったですね。心よりご冥福をお祈りします。
by yukiba20 | 2010-02-07 17:10 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(11)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん