サニーの膝関節痛2

前回のレントゲン撮影から1か月がたちました。
確認の為に再度撮影しましたが、幸いなことに骨肉腫の疑いはまずないようです。

悪性のものであれば、1か月の間に悪化し、痛みはより強くなるが、前回の診察時よりわずかではあるが快方の兆しがみられる。
いちばん怖かったものが消去され、ひと安心。

急性期は、炎症を抑えるために薬を飲ませましたが長期連用は避けたくて、今はハーブを使っています。

関節サポートのモビリティ。
ハーブのアスピリンと言われるゴールドソリューションレリーフ (レリーフゴールド)。

関節強化の為にMSM。

ハーブ系は、劇的に効く物もありますが、緩やかに効果が表れるものがほとんどですから、あせらずゆっくり治していきたいと思います。

緩やかに快方に向かいつつありますが、運動制限をしているので、本犬は外に出たくてしょうがない。
獣医師には極力歩かせないように言われているが、言いつけを守って家の中にこもっていると、筋力は落ちるしストレスはたまるし、ろくなことはない。
筋力が落ちると、関節への負担がかえって増えることを忘れてはなりません。

サニーは外に出たいし歩きたい。
b0008217_0301378.jpg

そこで、散歩方法をルナが来た当初の15分散歩を実施することにしました。
1回の散歩量は往復15分。
1時間くらいは外の空気に触れたいだろうから、1日4回くらいですね。

気をつけるのは、出来るだけ土の上を歩かせることです。
足を痛めたサニーと歩いて気づいたことは、公園までのわずか1、2分の距離の舗装道路は跛行するのに、公園の土の上ではそれほどしないと言うことです。

舗装道路は足に悪い(犬だけとは限りません)と言うことがはっきりわかりました。
土は自然のクッションなんですね。

今回、このように長引いてしまっているのは、同じところを繰り返し痛めてしまったことが原因です。
私が腰痛持ちになったのは、短期間に繰り返しぎっくり腰になってからですから、良くわかるんです。

「生活面でいちばん気をつけることは体重を増やさないことです」
そう言われました。

「そうですね、私、実は腰痛持ちで、整形外科の医師に『10キロ体重を減らしなさい』って言われるんですよ」
「あぁ、そうでしょうね~」
先生は実に納得と言うようにうなづかれました。
(「そうでしょうね」って・・・「そうですか」くらいにしておいてくださいよ、お世辞でも良いから~、せんせ~い)

まぁ、悪いものでさえなければ、後は日にち薬とでも思い、のんびりいきますわ。
ただ、慢性化する可能性は大だそうで・・・いやだなぁ。


--------------------------
ここのところ連日不愉快な書き込みが続きますので、しばらくの間承認制をとらせていただきます。
[PR]
by yukiba20 | 2010-02-15 00:32 | 膝関節痛 | Comments(18)
Commented by ターミ姉ちゃん at 2010-02-15 08:48 x
どっこも(頭以外)悪くない私は、痛みがよくわからないので、気をつけないといけません。
キッドも膝関節は要注意なので、日頃から無理はさせないようにしています。
まあ飼い主がぐうたらなので、動き過ぎないのがちょうど良いのかもしれません。
サニーさん、早く良くなって、暖かくなる事には全快したいですね。

ところで、鍼やカイロってどうですか?
最近、獣医さんでも取り入れているところがあるようですが…
やって悪い事はなかろうと、キッドは定期的に今から受けるようにしています。
人間のより、はるかに高いんですけどネ。

それにしても、先生の「そうでしょうね~」はひどいなあ。
ちょっとは否定のニュアンスも含んで欲しいですよね。
かあさんの腰痛も、ひどくなりませんように。
Commented by はなの母 at 2010-02-15 09:42 x
ワンコのかあさん、ご無沙汰です(いつもですけど・・・)でもいつも読んでますよ~。

サニーちゃんの関節炎心配していました。骨肉腫の疑いが晴れてよかったですね。

はなは小さい頃から関節が悪い子ですが、犬はやっぱりエライですね。うちもお散歩で必ず土の上を選んで勝手に歩きますね。

遊びたい気持ちのワンコと、関節のことが心配な飼い主、ジレンマですねぇ。うちも長時間のお散歩はダメだと言われて、10分から15分を4~5回という生活になってます。しばらく足の調子がよくって甘やかせていたら、ちょっと体重増えてしまって・・・。

もっと行きたいの!って帰るのを嫌がる日がたま~にありますが、そのときは、じゃあと10分ね、ってちょっと長く散歩します。尻尾ユラユラ、後ろ姿でありがとって、はなが言いますよ。

サニーちゃんに会いに行きたいけど、足がよくなるまでダメですねぇ・・・。

お大事に。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-02-15 14:19 x
ターミ姉ちゃん、満身創痍の私だから痛みとか辛さは分かるのと、薬漬けがかえってよくないのも知っているので、ゆっくり治すのには適しているかもしれませんね。

鍼は考えないこともないのです。
盲導犬使用者で鍼の上手な友人がいるので、以前、冗談半分に何かあったらお願いね、って言っていたの。
我が家にもしょっちゅう来ているので1度相談してみますね。

そうよ、今回の診察で一番ショックだったのは「そうでしょう」の一言でした(爆)
きっと、常日頃思っていたことがツルっと滑って出てきたのでしょう。

それからね~、読み逃げしてますが、ポッチンしてますよ~♪
Commented by レイニーママ at 2010-02-15 15:50 x
サニーちゃん、悪性じゃなくてホッとしました。

自分の事は、二の次三の次だったり、ほとんど気にかけないんですが、ワンコの事となると、ついオロオロあたふたしてしまいます。
私も、鍼灸治療はどうかな?って思います。

知り合いワンコさんが、お灸をしてもらってるのを見学させて貰いましたが、とても気持ち良さそうにしてましたよ。体調も良くなった様です。

お灸は、習えば自分でも出来るみたいです。

私もレイニーの調子が悪い時は、西洋医学と東洋医学をミックスさせて貰ってます。

サニーちゃんが、一日も早く元気に歩ける日を、頑張ってって祈りながら、ゆっくり待ってます。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-02-15 17:10 x
はなの母さん、御無沙汰はお互いさまで。
骨肉腫でなければと、そればかりが心配だったので、ほっとしています。

はなちゃんも関節が悪いのね。
この子たちは、本能的に分かっているのか、公園の中でもコンクリートになっているところは避けているようですね。
実際、腰痛のひどい時は舗装道路より公園の土の上の方が痛みは少ないように思います。
せめて公園内は舗装しないようにしてほしいものだと、今回しみじみ思いました。
勝手なものです(^^;)
Commented by Tinako/Yoko at 2010-02-15 19:42 x
サニーちゃん、悪性でなくて良かった!!
後は体重のコントロールですね。 整体の様な物も良い様ですよ・・・
Commented by ワンコのかあさん at 2010-02-15 20:37 x
レイニーママさん、御心配をおかけしました。
おかげさまで、悪性のものではないと言うことで一安心です。

私も、レイニーママさんと同じです(^0^)
自分のことだと、まぁ良いか、なんて思うのに、ワンコのことはほっとけません!

西洋医学は両刃の剣のようなところがあって怖いですよね。
あわてずにお付き合いします。
レイニーさんに、会える頃はきっと元気になっていますよ。(^^)

鍼の方は、ちょっと相談してみようかなと思っています。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-02-15 20:47 x
Tinako/Yokoさん、ありがとうございます。
体重は、サニーは今より太らせなければ良いそうですが、私の方は…です。

観察しながら、模索しながらボチボチいきますわ。
Commented by クウガママ at 2010-02-16 00:16 x
サニーちゃん ホッとしたね^^
早く良くなるといいね♪
ヴァニラの脊椎炎 一応治まったようだけど・・・・不安がぬぐいきれないでいます。多分きっとまた同じようになるだろうと思うけれど
ジッとしている訳がないし・・・・。
ある程度の運動をして体力・筋肉つけさせたいけれど
まだまだこれからのヴァニラです。
同じように育ててきてもやっぱりそれぞれの体質があって
違うものだな~ってつくづく感じています。
Commented by エヌです。 at 2010-02-16 13:38 x
前略
 サンちゃん、おかあさま、引き続き、どうぞお大事になさって下さいね。

 おかあさま宅がもう少しご近所さんならば、我が家の「パドック(ワンコさんサイズ)」たる坪庭へ、「土&草フミフミ歩き」にご招待させて頂きたいところですが・・・。

 胡桃姐御は私に似て筋骨隆々の体型であり、脚もガッチリムキムキです(重量感のある「お手」、ぷ!)が、対照的にラルゴンは「松葉杖っぽい」細長脚ですので、関節への心配はありました。

 が、レトさん家族としては非常に珍しい「ほぼ屋外過ごし(母のこともありまして)」といふ申し訳ない暮らしが逆に功を奏し、ラルゴンもちょっぴりムチッとプリッとした脚になっております。

 ぽやーんでおっとりさんのラルゴンですが、チャキチャキの胡桃姐さんに合わせて、うろうろ、ぱたぱた、時々ぷちダッシュ、そして日光浴と、それなりに鍛えられてきたのかもしれません。

 大切な家族なのに屋内でぴったり過ごせていない言い訳でした・・・おじゃま致しました。
                    草々
Commented by ワンコのかあさん at 2010-02-16 21:20 x
クウガママさん、本当にホッとしました。
でも、これできっと一生気にかけていかなければならないでしょうね。
完治しなくても、これ以上悪くならないようにしなければと思っていますが、ガウガウ遊びもすれば、お客様がいらっしゃるととんで出ていくし…。

筋力はゆっくり運動で十分付くそうですから、ルナの時のように気長にやります。
ヴァニラっちは、まだまだ若いのだからゆっくり時間をかけて体作りができると良いね。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-02-16 21:45 x
エヌさん、お母様はいかがお過ごしでしょうか。
スーパーママさんですから、お変わりなくお過ごしのこととは思いますが、この寒さです。
くれぐれもお大切にとお祈りしています。

このたびは、サニーのことで御心配をおかけしています。
本当にご近所だったら、パドックをお借りしたいところです。
本村Drも、土と太陽と風が元気で丈夫な体を作る源だとお話になっていらっしゃいました。
胡桃姐さん&ラルゴ君はある意味理想的なのでは?

愛することは形でなく心だとお二人さんはちゃ~んと理解していますよ。(^0^)V
Commented by チャム・リム・Y at 2010-02-18 06:53 x
よかったぁ~
サニーちゃん、悪い病気じゃなかったんですね。
結果が出るまで、ドキドキしますよね?

約1年前・・・レントゲン結果を待って、電話を受けた時の衝撃・・・
首の骨折と聞いた時は、頭が真っ白になりました。
治療方針を獣医さんと話し合い、かあさんやtiki母さんにも励まされ・・・手術せずにいた事は、正解だったと思います。
骨は跳ね上がったままの形ですが、そのうち周りの筋肉で固めていくだろう・・・という予想どおり、今じゃ・・・
雪の中でボールに飛び込んでいます(すごい飛び込み方なんで心配ですが)
ハイパーなコをジッ・・・とさせとく方が大変ですよね。
でも・・・精神的ストレスの方が、良くないと思いますので、様子を見ながら(獣医さんを無視して)、動かしてました。
かあさんも“ゲージに入れたりしちゃダメよ”って言って下さいましたよね。
精神的にもムリさせないようにする事が、1番早く治る方法だと思います。
頑張ってね、サニーちゃん(゜-^*)σ
Commented by ワンコのかあさん at 2010-02-18 16:51 x
チャム・リム・Yさん、そうなのよ~。
一安心で~す(^^)
が、なが~いお付き合いになるかも。

リム蔵の時は、サニー以上に驚いたよ!
でも、手術せずにいて正解だったよね。
リム蔵とかアリサ見ていると、手術がすべてとは思えなくなった。

首の時もそうだけど、関節も筋肉をつけて支えなければダメなのよ。
私もね、内緒だけど医師の言うこと聞いてませ~ん(イヒヒ)
言うこと聞いてたら、ストレスためて、筋肉が衰えるだけだもの。

ストレスためて暗~い顔したワンコは見たくないもんね!!
Commented by sera at 2010-02-20 16:12 x
お久しぶりです。
サニーちゃん、悪い病気じゃなくてよかったです。
無病息災より上手くつきあえば一病息災の方が本当らしいので「だましだまし」やっていくこともひつようですよね、きっと。

(ワンコのかあさんもご存知ですか?ね)この秋口かな、シニアわんの飼い主さんのブログで“人生の目的は長生きではなくて、最後まで楽しくそのこらしくいられること”って記事をあげられていたんです。泣きながら読みました。こんな風に思ってはいても私はできるかな…と考えました。
Commented by yukiba20 at 2010-02-21 00:00
seraさん、ありがとうございます。
ホッとしてます。そう、「だましだまし」なんですが、まず父さんにそれを理解させねば、です~(怒) シニアさわんさんの飼い主さんのおっしゃる通りだと思います。アリサのことも、今の状態に満足してます。
seraさんも、きっとできると思いますよ。

もし良かったらサイトを教えていただけませんか
Commented by sera at 2010-02-21 23:12 x
サイトアドレスを入れるせいですかね?スパムとされてしまうようなので 昨日のサイトのアドレス、以前、頂いたアドレスに、直接 メールしました。
失礼しましたぁ~
Commented by ワンコのかあさん at 2010-02-23 23:57 x
seraさん、ありがとうございます。
サイトアドレスはいたずらが多いので拒否設定にしておいたの忘れてました。
すみませ~ん(汗)


自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31



動物を受け入れるサロンをと作られたペットと飼い主のためのヒーリングサロンです。



TIKILOVE
フード代の一部と、お買い物した時に付くポイントが引退した補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の医療・介護費支援に寄付されます。


我が家の犬たちの実家、TIKILOVE母さんが、引退犬支援のため作られたカレンダーです。可愛い子犬のカレンダーです。

最新のコメント

セナママさん、22年前の..
by ワンコのかあさん at 09:06
22年前…私にはまだ関西..
by セナママ at 22:50
??さん、ご無沙汰してお..
by ワンコのかあさん at 20:05
tiny3さん、こちらこ..
by ワンコのかあさん at 20:01
海ちゃんの、その素敵な笑..
by tiny3 at 23:03
ランディママさん、ワンコ..
by ワンコのかあさん at 20:35
おぉっ!最強の呪文ですね..
by ランディママ at 11:18
ティナママさん、こんに..
by ワンコのかあさん at 14:17
わんこのかあさん様、ご無..
by ティナママ at 00:27
セナママ さん、ありがと..
by ワンコのかあさん at 15:24

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
more...

ライフログ


盲導犬ボランティアは楽しい!――犬バカおじさん奮闘記

フォロー中のブログ

カテゴリ

全体
親戚ワンコ
ただの愛犬家
悪性黒色腫
膝関節痛
介護グッズ
子犬育て奮闘記
親戚ワンコのオフ会
ルナの心タンポナーデ
サニーの免疫介在性の貧血
老犬介護
ルナの股関節
セミナーのお知らせ
広島ドッグパークの崩壊
盲導犬 引退犬 ボランティア
長崎盲導犬虐待事件
盲導犬の歩行の安全を願う
チャリティーカレンダー
皮膚炎
私事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬

画像一覧