ご近所ネタ(続・したたかなわんこ?)

雨が多いこの頃、久しぶりにお馴染の公園に行ってきました。
久しぶりなのでたくさんのワン&ヒト。

その中に、前回書いた、おじさん+ダックスコンビもいました。
この前は、竹の棒でたたかれていたのに、今回は放牧状態。

そのダックスくん、チョコチョコと3ワンの方へ走って来る。
当然おじさんも一緒。

「こんにちは~」
声かけても知らん顔。
「ムムム?!」

目があった時に、しつこく?
「今日は暖かいですね~」
すると、おじさんポケットからノートと鉛筆を出してきました。

「私は耳が聞こえません。すみませんがこのノートに書いてください」
そう書かれていました。

あ、そうなんだ。
で、なぜ叩くのか聞いてみました。

すると
「幼い時から耳が聞こえないので声が出ません。だからこの子に話しかけることができないので、散歩の時は竹の棒を使っていろいろコミュニケーションをとっている。」
と言うお返事です。

へぇ~~~~
もう感心しました!
右のおしりをたたくと右へ行く
左のおしりをたたくと左へ行く
足をたたくと止まる
一応、叩くという行為なので、出来るだけ痛くないように洋服を着せている
などなど教えてもらいました。

聞いてみなきゃ分からないものです。
ダックスくんが、気にしていないようだったのも、私の声が聞こえなかったのも、これでわかりました。

実際に、私も叩いてみてもらったのですが全然痛くありませんでした。
うちの子たちは、まったく無視です。
それくらいなのに、なぜあの日には「パシッ」って聞こえたのかもわかりました。
フェイクレザーのベストだったので、音が大きく聞こえたのです。

おじさんに、私の感じたことを伝えたら、
「聞こえないのでそんな大きな音がしていたとは知らなかった。じゃぁ、他の人も虐待していると思っただろう。」

私も、聞かなかったら今でも、虐待されている犬と、虐待しているおじさんだと悪感情を持ち続けていたと思います。

それからしばらく、音の確認の為におつきあいしました。

ヒトは話してみなければわからない。
わかりあうために話すことはとても大切なのだとあらためて思いました。

カメラを持っていっていなかったので、残念ながら写真はありませんが、きっと気にかけて下さっている方もあると思いましたのでご報告します。
[PR]
Commented by はなの母 at 2010-03-17 13:17 x
こんにちは!

本当ですねぇ。。。そんな展開とは予想だにせず。
したたかに生きていたように見えていたダックスくんも、
とーちゃんの出すコマンドに従っていただけ、ということなんですね。

一度挨拶したときに返事がないと、私なんて「やなかんじ~」って二度と挨拶しなくなってしまうタチなので、それでも話掛けたことがきっかけて誤解を解くことのできたかあさんのコミュニケーション力に感心。

先日、ある読み物に「人がこうだと思っている(決めつけている)ことは実は妄想なことも多い。あることばかりに目を向けて、これはこうに違いないと判断してしまっていることが多々ある。事実と妄想はしっかり区別して・・・」ということが書かれていて、なるほどな~と思いましたが、ホントに真実がなんなのかってわからないものですね。


Commented by ターミ姉ちゃん at 2010-03-17 13:22 x
ああ、そうだったんですね。
なるほど、聞けば納得です。
ぱっと見ただけで、思い込みをしてはいけないと思いました。
導火線が短くて、早合点しがちな私は特に気をつけねば・・・

話し合うって大事ですね。
一方的に要求してきたり、主事主張を押し付けるのは、本当に良くない。
あれ?と思ったら、素直に聞いてみる事にしようっと。


Commented by at 2010-03-17 13:50 x
そのおじさんが耳が聞こえない方なんですね…そうだったんですか。
あの後ちょっと気になってました。私の住む鎌倉の海のそばの海浜公園にもおじさんで小型犬を叩く人が居るんです。
でも、良かったですね。そんなすばらしいお話まで聞けちゃって。
Commented by SATO at 2010-03-17 14:05 x
気になってたこと、はっきりしてよかった~(^^)
ご報告をありがとうございます。

良くも悪くも 付き合ってみなければ判らないってことありますよね(^^;
Commented by さよちゃん at 2010-03-17 18:47 x
 報告ありがとうございます。この話で、「なるほど」と安心しました。本当に話してみないと分からないことって多いです。勝手な解釈ではかなしい結果になりますね。ダックス君は介助犬みたいなお役目をしているのかしら? 小型犬だから、介助犬にはなりませんが、おじさんと心がつながっているのでしょうね。
 でも、虐待を受けている犬や猫、また、鳥や野生動物は多いです。先日、奈良の鹿に競技用の矢が刺さっているのをニュースで見ました。物言えぬ弱いものに対して、虐待をすることは人間のかなしさに他なりません。人間の世界でも、子供や障害者はいじめられます。あってはならないことですが、社会福祉の世界でも、人間同士だから行為こそしませんが、口で悪口を言ったりしている人がいますよ。口の暴力も怖いです。気をつけましょう。自分はしていないつもりでも、仲間がいたら、ずるずると引きずり込まれ、何かと噂をし、それが高じて残念な結果になることも体験しています。

 それより、なにより、お誕生日、おめでとうございます。お祝いの気持ちを伝えるが遅くなって、ごめんなさいです。
Commented by あみーごまま at 2010-03-17 22:30 x
ほんとに、聞いて見なければ分からないことでしたね。
誤解して、悪感情持っているって事、この私にもあるかもしれません。
できるだけ、口に出してお話してみる事ですね。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-17 23:47 x
はなの母さん、初めてこんな展開に出会いました。
「人がこうだと思っている(決めつけている)ことは実は妄想なことも多い。」
う~~ん、本当にそうですね。
第1印象で判断してしまうということが、かなりありますから要注意ですね。
今回は、再会できて話せたから良かったけれど、今までにもそういう人がいたのかもしれない。
このコンビに会話の大切さを教えてもらったような気がしました。

22日、よろしくお願いします。
はなちゃんと一緒って、なんだかウキウキします。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-17 23:51 x
ターミ姉ちゃん、今回ほど、人見知りしない(図々しいともいう)おしゃべりな私で良かったと思ったことはありませんでした。

でも、この日も、叩いているのを見るだけだったら声かけられたかなぁっていうのは疑問です。
ワンズのとこに来てくれたから話せたんだもの。
やっぱり、ワンズのパワーが大なんだね。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-17 23:55 x
音さん、コミュニケーションの取り方は千差万別だってあらためて思いました。
考えてみたら、可愛がられていない子は表情に出ますものね。
ダックス君にとっては、それも父さんから伝わる愛情だったからこそ、あっけらかんとしていられたんだわ。

とても気持ちの良い1日でした。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-17 23:58 x
SATOさん、最近は陰惨な話が多いので、正直「またか」と思いました。
でも、今回はなんだか涙が出そうなほど嬉しい話でした。

そうね、思い込みは危険かも…って学習しました。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-18 00:03 x
さよちゃん、ね、ね、安心したでしょう。
弱い者いじめの多い世の中に、つい「すわ!虐待か!!」と思ってしまいましたが、なんだか嬉しい結末でした。
口もそうですが、禍の元多いですね。
自戒しなければ。

お誕生日のお祝いメッセージ、ありがとうございます。
また、冥土に1年近づきました。
閻魔様へ面白おかしい土産話を沢山持って行けるよう、この1年も遊び暮らしたいものです。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-18 00:06 x
あみーごままさん、百聞は一見に如かずっていうことを言いますが、今回は一聞がいかに大切かって言うことも知りました。
おしゃべりで人見知りしない性格で良かった~、っとつくづく思いました。
Commented by チャム・リム・Y at 2010-03-18 06:52 x
そうだったんだぁ~
だから、ダックス君は、たたかれても気にしてなかったんですね~
なんて素晴らしいコミニケーションなんでしょう。
おじさんと、ダックス君の間には、きちんと気持ちが通じ合ってるんですよね~
必死で喋って、教えようとしている自分が恥ずかしいです・・・
言葉が無くても、素晴らしい関係が築けてるなんて
今回の件は、本当に感動&勉強させて貰いましたU^ェ^U

それにしても、かあさんは、チャレンジャーですよね(さ・す・が~!)
話しかけても、知らん顔されたら、それでお終い・・・て、いうのが多いじゃないですかぁ。
それを、へこたれずに(笑)、話しかけちゃうかあさんって!
だから、今回の誤解?・・・にも、答えが出たんですもんね♪
この、かあさんの精神に脱帽です。
そして・・・見かけだけで、判断しないよう・・・自分も反省しました~
Commented by いよかん at 2010-03-18 07:46 x
ワンコのかあさんだからこそ 誤解が解けた展開でしたね。耳が聞こえなかっただなんて 誰が予想したでしょう。しかも飼主さんなりの知恵を絞ったコミュニケーション方法をとっておたれたとは。

人とのコミュニケーションはとても大事ですね。
おしゃべりで人見知りしない性格 ほんといいですね。私もワンコのかあさんに学んでみたいものです。。。
Commented by サリーのねえちゃん at 2010-03-18 12:47 x
読んで泣きそうになりました。最近ちょっと涙腺も弱いけど・・。嫌なおじさんと思っていたけれど、愛情いっぱいのおじさんだったのですね。わが子を簡単に虐待死させてしまう若い親にも聞かせてやりたい、読ませてやりたい思いでいっぱいです。
ワンコのかあさん、ありがとうございました。私やっぱり人間も好きです。
Commented by テイナ・クロ・ハル at 2010-03-18 17:57 x
ダックスのおじさん、ワンコ母さんとお話したいと思っていましたよ!きっと!
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-18 22:29 x
チャム・リム・Yさん、意識していなかったんですが、最初の時に話していなかったからずっと気になっていたんですね、きっと。
それプラスおしゃべりなおばんなだけですね。
何にも考えずに、と言うか考える前に口が先ですね。
いかんいかんです。
Yさんもきっと話しかけると思いますよ。
いや、若いから引くかな?
その点おばんは人見知りしない(図々しいとも言うけどね~ 笑)
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-19 00:36 x
いよかんさん、私だからでなくてたまたまですよ。
耳が聞こえないと言うのは想像もしなかったので、納得するとともに、話してみなければ本当にわからないいことが多いと言うことにあらためて気づきました。

不思議な出会いでしたね。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-19 08:40 x
サリーのねえちゃんさん、私も嫌だなぁって思ってました。
自分の障害を考え、色々工夫されていることにその方自身の生き方を見せていただいたような気がしました。
私ももっともっと謙虚に自分を見直さねばと思った瞬間でした。
会えてよかった。
そう思っています。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-19 08:42 x
テイナ・クロ・ハルさん、再会は約束しませんでしたが、いつかまた、この公園でふらりと会えるような気がします。
会いたいです。
Commented by レイニーママ at 2010-03-19 12:49 x
以前のお話を読んだ時は、酷い事をする人だなって思いましたが、今回のお話を読んで納得しました。

ダックス君とコミュニケーションを取る方法をいろいろ考えたり、痛くない様に服を着せたり、おじさんにとってダックス君は、心を許せる大切な相手なんでしょうね。

私の娘も聴覚障害者ですが、聴覚障害者は、見ただけでは障害の有無がわかりにくいので、誤解を受ける事があったり、補聴器を着ければ聞こえると思われて、トラブる事もあります。

じっくりとコミュニケーションを取る大切さを改めて考えさせられました。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-20 01:51 x
レイニーママさん、私もホッとしてます。
今はなんだか気持ちがホンワカしてますね。

聴覚障害は見えにくい障害ですから誤解されることも多いと思われます。
私も今はもう会うこともなくなったけれど、小学校時代は聴覚障害を持った仲の良い友人が二人いましたし、多重障害を持たれる方とのお付き合いもあります。
引っ越しされて会うこともなくなったのですが、犬仲間にも聴覚障害を持たれている方がありました。
だから、ほんのごあいさつ程度ですが手話もできます。
補聴器が万能でないこと、時によってはかえって聞きづらいことも知っています。
お嬢さんのこともすぐにわかりましたが、ママさんがおっしゃるまではと思っていました。
と言うか、聞いても聞かなくても私は変わらないから。
Commented by セナママ at 2010-03-20 10:00 x
外見では判断出来ない障害を持った方は、接してみないと誤解される事があります。私の母は難聴でしたので生活ぶりを見ていると『障害の見えない障害者』と感じていました。見た目で手を貸すことも出来るし助けて貰う事も出来ますが耳の場合は分からないので、笑われるか呆れられるかの方が多いです!そんな中ワン母さんの様に『訳を聞いてみよう!』と率直に向かい合う事で、立場を理解して貰えます。おじさんの汚名も晴れましたねーメデタシメデタシ!
Commented by ワンコのかあさん at 2010-03-21 07:58 x
セナママさん、見えない障害って多いんですよね。
うちのオットットも内臓障害なので1級障害にもかかわらず、外見は健常者と同じです。
私の場合は、多分に野次馬的要素が大きいだけなんでしょうが、今回はたまたま◎でした。

姫ちゃん、大きくなりましたね。
う~~ん、可愛い♪
子供大好きな私は思わず見入ってしまいました~。
ウーチャンのこだわりには大笑いです。
って、相変わらず読み逃げしてま~す(汗)
by yukiba20 | 2010-03-17 11:16 | ただの愛犬家 | Comments(24)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん