広島の日に

今年も変わりなく巡ってきたこの日。

先日、いずれは、弟の住む千葉へ移転する、郷里にある墓の移転のことで叔母と話しました。

「あのお墓にある骨壷の中には信二さん(父方の叔父です)のがあるけれど、あの中には石が一つだけ入っておるがや。あんたどうする?」

ニューギニアで戦死したので骨のかけらも帰ってこなかったのです。
でも、祖母は生涯その石を叔父だと思って大切に供養してきました。
私は、その石は祖母の骨壷に一緒に入れて持って行こうと思います。

多くの家族を悲しみの淵に沈めた戦争。
我が分身の子供を亡くした母親の辛さは想像を絶する。

祖母が、「もしかしたら、帰ってこれんだけでどこかで生き延びておるかもしれん」と言った気持ちが切ない。

今日は1年に一度、変わりなく祖母の辛さに思いをはせる日。

今、戦争になったら
今、息子が戦地へ行かねばならなかったら
私はどうするでしょう。

その戦争を終わらせるために原爆を使ったとアメリカの退役軍人が話したと言う。
彼はそう言われたのかもしれないが、私は、あれはある意味核実験だったと思っています。

そして、使った国も使われた国も、その殺傷力に愕然としたのではないでしょうか。

いろいろな国の人が日本に謝罪を求めますが、私は多くの一般国民を消し去ったアメリカも謝罪してほしいと思います。
ほんの一瞬で消し去った多くの人々や長い長い苦しみを背負わされた人たちに謝罪してほしいと思います。

戦争相手国だけでなく、その放出する放射能の後遺症は、無関係の国の多くの人々を巻き添えにする。

そんな、核爆弾必要ですか
[PR]
Commented by ターミ姉ちゃん at 2010-08-06 19:31 x
私も、アメリカは謝罪すべきだと思います。
そして、日本もヘタレ外交をしていないで、ビシっとその事を要求すべきだと
思います。

いくら戦争でも、やってはいけないことがあります。まして2回も。
本当に必要があったとは思えません。
これは核実験であり、人種差別でもあると思います。

そして、多くのアメリカ人が、原爆投下の後がどうなったか、知らされていないのも
おかしい。
日本は、あちこちに中途半端は謝罪をしていないで、発言すべきはすべきです。

ヘタレで良いのは、わんこだけです。
Commented by チャム・リム・Y at 2010-08-06 22:09 x
毎年、この日が来る度に、現在の暮らしに感謝すると共に・・・
犠牲になってしまった方達の話を聞いて、胸を痛めています。

おばあ様の気持ち・・・
わが子を戦地に送らねばならなかった辛さ。
どこかで生きていてくれるんじゃないか?
・・・と願う気持ち。
戦争なんて、失う事ばかりなのに、なぜ繰り返されるのか?
武力を使えば、かならず武力で応戦されて、終わりが無いのに。
人間って、おろかですねぇ。

私もおじいちゃんから、戦争の話を沢山聞きましたよ~
“偉くなると戦地から帰れなくなるから、ヒラでいようって、友達と話してたんや”
って、言ってました。
みな、戦争なんておかしいと思っていても、その時は言えなかったんだ・・・と言ってました。
麻酔無しで、足をノコギリで切断して気を失いかけて、『しっかりしろ!』って水をかけられたんだそうです。
幼い私に、面白おかしく、悲惨な戦争の話をしてくれた祖父。
大好きなじーちゃんでした。
今の平和に感謝しつつ、変になりかけてる人間にゲンナリすることも多々・・・
やっぱり、ワンコの心って美しいですね~
Commented by ワンコのかあさん at 2010-08-07 11:47 x
ターミ姉ちゃん、私はこれは人体実験以外の何物でもないと思ってます。
その証拠にアメリカがあの後にした情報集めの素早かったこと。
それに追随した日本政府。
そのおかげで戦犯から逃れたと言う多くの政府関係者、医師たち。
代わりに処刑されたのは、何の権限も持たず命令を実行しただけの下級兵士たち。
戦争なんてろくなもんじゃない。

日本政府のヘタレにはうんざりですわ。
おまけにトップがコロコロ変わるもんだから世界中に馬鹿にされちまって。
自分の利益ばかり追求している議員はとっとと削減してほしいもんだわね。

わんこのヘタレはただひたすらに可愛くて愛しいですけどね~。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-08-07 11:54 x
チャム・リム・Yさん、今も世界のどこかで起きている戦争。
一握りの人たちのイデオロギーや意地で犠牲になるのはいつもなんの関係もない普通に生きている人たち。

祖母は戦争のことも叔父のこともほとんど語りませんでした。
だからこそ聞いたことが耳に残っているんだと思います。
戦争を知らない世代ばかりになると、日本はどうなるのかなぁ。

この日は、戦争にかりだされた多くの犬たち、毛皮をとるために殺された多くの生き物たちのことも思います。

3ワンが毛皮をとるために殺されるなんて想像もしたくない。
それなら、3ワン連れて、一緒なら死んでも良いから山奥に逃げ込むでしょうね。
Commented by ランディママ at 2010-08-07 18:49 x

こんにちは。初めてお邪魔させて頂きます。

戦争は、ほんとうに、二度として欲しくありません。
核兵器も、もちろん要らない。
広島に落とされた原爆が、核実験だったというのも真実だと思います。(私はまだ、その点に関してあまり資料を見ていないので、自分の意見として主張できません。すみません。)
人間というものは、ある意味恐ろしいもので、自分たちが開発した技術を使ってみたくなるものなのかもしれません。
そこに大義名分がくっつけば、怖いものなしです。
それに、利益・・誰かのもとに、お金がものすごく集まってきたりすると、その大義名分を振りかざして先導するふとどきな輩が出てくる。
戦争って、裏を返せばそんなものなのではないか、と思います。

でも、そんなことで、殺されたらたまらないですよね。
また、殺すほうも、たまらないでしょう。
アメリカでも、現在戦場に行く兵士は、貧しい人々が多いと聞きます。
貧しい人が貧しい人を、殺すのです。

戦争はいやだ、と思い続けることが大切だと思います。思いって、たくさん集まると、なんらかの力になると思いませんか?








Commented by タロウの母 at 2010-08-08 09:29 x
最近「永遠のゼロ」を読み返しました
もちろん 要りません 核爆弾も戦争も・・・
Commented by ワンコのかあさん at 2010-08-08 17:12 x
ランディママさん、以前戦争のことを語っていた元従軍医師が「戦争があったから医学の発達もあったんだ」と言うような発言をしていたのですが、あの人は戦場で虐殺に加担していたのではないか、持っている資料を占領軍に渡して自分の命を買ったのではないかと思いました。

この時期にしかしない、戦争の報道ですが、いつか戦後すら知らない人たちばかりになるとどう変化して行くのでしょうか。
戦争は嫌だと思う人は、世界中にいるのに、その人たちも為政者になると戦争をはじめちゃう。
権力ってそんなものなのでしょうか。
Commented by ランディママ at 2010-08-08 23:28 x
元従軍医師の発言は驚きです。詭弁としか思えませんね。

以前、元ベトナム兵のアレン・ネルソンさんという方のお話を聞いたことがあります。
ネルソンさんは、「日本人にも米大統領選挙の選挙権が与えられるべき」と仰しゃっていました。なぜなら、沖縄にどうして米軍基地があるかというと、日本政府をコントロールするためとのこと。今でも日本はアメリカの占領下にあり、州のひとつであるのだから、日本人も大統領選に参加すべきなのだそうです。
私たちの知らない何があるのだろう、と思ってしまう。

ネルソンさんは、アフリカ系アメリカ人の方です。貧しかったため軍隊に入り、ベトナムで人をたくさん殺したそうです。
近くで拝見するネルソンさんは、もの静かで繊細で、とても人を何人も殺した人には見えませんでした。
残念なことに、昨年の三月に血液の癌のため亡くなりました。

次世代へどうつなげていくか・・難しいですねえ。
昨夜、二重被爆をされた山口つとむさんの番組をNHKハイ・ビジョンでしていました。
山口さんの話を聞くアメリカの高校生は、真剣そのものでした。未来につながっていくことを、願わずにはいられません。


Commented by ワンコのかあさん at 2010-08-09 00:03 x
タロウの母さん、戦場に同行した様々な生き物たちの写真集を見ました。
日本はそのような余裕がなかったのかもしれませんが、外国の兵士たちはペットとして鳥や小動物を同行していたのには驚きでした。
そして、ペットといるときの兵士の笑顔が戦場にそぐわないくらい明るく輝いていました。
あの子たちのどれだけが無事に生きながらえたのでしょうか。
もしあの兵士が我が子なら、笑顔を与えてくれたペットにどんなにか感謝したことでしょう。

あの笑顔が帰らない戦争なんて嫌です。
Commented by タロウの母 at 2010-08-09 09:53 x
小説の中のお話ですが・・・(「村田エフェンディの滞土録」)
戦場にオウム(だったかと思います)を連れて行って
飼い主は死んでしまった
その飼い主の死体の上でオウムは叫んだ
「It's enough!」
ヒトはもっと賢くなれる! バカのままでいていいわけがない!
そして 私もまたバカなヒトのひとりであるということを忘れてはいけない
そう自戒します
Commented by ワンコのかあさん at 2010-08-10 16:46 x
ランディママさん、戦争は狂気です。
やらなければやられる。
その恐怖からなんでもできるんでしょうね。
正気に戻った時に、本当の恐怖が押し寄せてくる。
その恐怖から逃れるためには、これまたなんでもできたんでしょうか。

父が言っていた、本当にかわいそうなのは下級兵士で、さらにかわいそうなのは上官の罪を背負わされて戦犯として殺された兵士だって。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-08-10 16:53 x
タロウの母さん、私はヒトは馬鹿でいて良いわけがないのに、馬鹿でいつづけると思います。
だって、自分は馬鹿ではないと思っている馬鹿が多すぎますもの。

どうしたら賢くなれるんでしょうか。

Commented by 関西人 at 2014-10-29 12:54 x
あれは紛れもなく人体実験です。
広島に投下された原爆は「ウラン爆弾」で、長崎に投下された原爆は「プルトニウム爆弾、二つの原爆のそれぞれの効果・威力を実験しました。

そして、ヒトラーが居なくなったあの時期は対ソ連の威嚇としても使われたんです。


ホロコーストと原爆とどれだけの差があるのでしょう?
あの原爆は白人至上主義・米国の悪魔の爆弾だったわけです。
Commented by ワンコのかあさん at 2014-11-01 22:07 x
関西人さん、私はずっとそう思っています。
言い訳は後から付いてくる。
しかも落とされた方は敗戦国だから何でもアリ。
今は一般市民を巻き添えにすると世界中が取り上げる。
あの頃は、もうはるか昔の古い時代になったんですね。

誰が何と言っても人の心は帰ることはできないのです。
人体実験をしたアメリカは日本より責められても良いんじゃないですか。
by yukiba20 | 2010-08-06 07:45 | ただの愛犬家 | Comments(14)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん