パトリック叔父さん逝く

今朝、もう数日で14歳だったパトリック叔父さんが亡くなったってお電話をいただきました。
数日前のブログにパトちゃんの不調が書かれてあり、アル君の一人散歩の日が続いていたのでとても気になっていた矢先のお知らせでした。
b0008217_1672071.jpg

サニーの叔父さんで、I家でパピーウォーキング中だった頃は教育係であり遊び相手であったパトちゃん。

異常な暑さの中、今年も無事に越せますようにとお願いしていたのに・・・。

第1期TIKILOVEゴールデン(勝手に命名しちゃいました。第2期は、今やって来たティキちゃんが作り上げていくでしょう)の、関西盲導犬協会の一時代にかかわったワンコさんがまた1頭いなくなりました。

この春、琵琶湖のほとりで「わんこのマッサージ教室」で会ったのが最後でした。

昨年秋、I家の長老たちに会いたくて、Qパパさんにお願いして滋賀ドギパで親戚ワンコのオフ会を開きました。
それから数カ月の間に、アランちゃんが逝き、さらに半年でパトちゃんが逝きました。

アランちゃんとパトちゃんはとても仲良しで、いつも2頭寄り添うように暮らしていたそうです。
目も耳も悪くなったパトちゃんに寄り添っていたアランちゃんが亡くなって寂しくなったんでしょうね。
父さん母さんに手間をとらせないようにとアランちゃんが「パトちゃん、いこうか」と迎えに来たバスに、よっこらしょと乗って行ったような気がしてなりません。

パトちゃん、あなたもいろいろありましたね。
I家で暮らすことができたのは幸せだったと思いますよ。

パトリックが一番うちの子だったかもしれない、そう母さんが話していらっしゃいました。

I家のワンコ歴史の1ページが終わった。
あなたの訃報に接して、そう思いました。

親戚ワンコ、特に血縁のあるワンコさんの訃報は悲しいと言うだけではおさまらない切なさがあります。
[PR]
Commented by チャム・リム・Y at 2010-08-10 23:53 x
いつもI家のお父さんのブログは見ていますので・・
最近、弱っていたパトリック君の事が心配でならなかったのですが・・・旅立ってしまったんですかぁ・・・
アランちゃん・パトリック君と、続けて逝ってしまうとは・・・
あまりにも、寂しすぎますねぇ。

TIKILOVEの、初期(盲導犬関係)のコが次々と旅立ってしまうのは、辛いです。
そのコ達の年齢が、そうなっているとはいえ、ガックリしてしまいます。
I家のお父さんもお母さんも、大切になさっていたし、長い付き合いだったわけですから・・・

でも、昨年、滋賀でオフ会が出来てよかったですね!
しかも、今年はマッサージセミナーで、会えたのですから・・・
ほんと、シニアのコは、優しい表情になっていくんですね。
あぁ、ワンコの寿命が2倍になってくれたらいいのに・・・
私達の5倍の速さで、時間が進んでいくんですよね?
だからこそ、一緒にいられる時間を大切にして、出来る事がしてやりたいとおもうんです。
皆さん、同じ気持ちでしょう。
先にお空に旅立ったみんなと、仲良く遊んでほしいなぁ~

Commented by Tinako/Yoko at 2010-08-11 00:15 x
パトちゃんの魂が安らかにあられます様に...
Commented by ワンコのかあさん at 2010-08-11 16:10 x
チャム・リム・Yさん、いつかは、って分かっているんだけど、そのいつかはまだ先のような気がしていたのに。
それも願望なんでしょうがね~。

さすが叔父さんだけあって、横顔がハッとするくらいサニーと似ていたりして。
あと同胎で残っているのは、たしかパーム母さんだけだったような。
元気で長生きしてほしいです。

去る者がいて来るものがいる。
あたりまえのことが何だか胸にしみます。

虹の橋、かなり満員かもね。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-08-11 16:12 x
Tinako/Yokoさん、相棒に迎えに来てもらって安らかに逝ったと思います。
母さんは、今からが介護と思っていらっしゃったそうで、寂しいっておっしゃってました。
Commented at 2010-08-14 11:47 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ワンコのかあさん at 2010-08-15 22:41 x
??さん、メラノーマの闘い方は様々だと思いますが、我が家はQOLの維持の方をとりました。
シメチジンの情報は本当にありがたかったです。
2年1カ月、まずまず元気で暮らしています。
この夏を乗り切ってくれたら、また少し希望が持てるかなと思っているのですが。
Commented by レイニーママ at 2010-08-16 22:14 x
アランちゃん、パトリックちゃんが、虹の橋を渡ってI家もアル君も淋しくなられた事でしょうね。

Iさんがパトリックちゃんを迎えに行かれた時の写真やパピー時代、ちびっ子達の教育係をしているパトリックちゃんの姿を見ていると愛しくて涙が溢れます。
ワンの死は、どうしてこんなに悲しいんでしょう。

でも、I家に第二次ティキっ子が、仲間入りして賑やかで楽しそうな笑い声が響き渡って、虹の橋から、みんなが、嬉しそうに見てる…なんて想像もするんですが…

だって、DOGを逆にすればGODなんですから…
Commented by ワンコのかあさん at 2010-08-17 08:45 x
レイニーママさん、残暑お見舞い申し上げます。
数年前まではまだまだ先のことと思っていたのに、ここ2,3年の間におなじみのワンが沢山虹の橋へ旅立ちました。
サニーも、もうすぐ9歳になります。
毎日がとても大切だって思うような年齢になりました。

I母さんと、第2次ティキっ子を迎えたいけどね~、最後まで見てやれないかもしれないから…、と話しています。
迎えられたら最高なんだけどなぁ。
by yukiba20 | 2010-08-10 16:08 | 親戚ワンコ | Comments(8)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん