海のわちゃわちゃ散歩2

海の1ワン30分散歩を今日から始めました。
やり方は全くの素人で、我が家流です。

散歩の環境条件としては、
子供たちのいない時間
犬となるべく出会わない時間
おじさんおばさんがいない時間
階段のないところで、緩やかな坂があればなお良い。

ワンや人と出会わないようにしたのは、まだ初心者なので、気が散らないようにです。
階段のないところを選んだのは、体がまだ十分にできていないうちに階段歩行で股関節に負担をかけると、後天性の股関節形成不全になる危険性が大きくなるからです。
緩い坂道は筋力をつけるのに良いから。

家から出る時の「待て」は、できるので◎

歩くのは、使役犬でもショウに出す犬でもないので脚側歩行は望んでいません。
グイグイ引かなければOK。

歩き初めの10分は、ひたすら歩きます。
ダラダラのんびりではなく、ウォーキング、一定のリズムを持ってタッタッタッタと歩きます。
こうすると、よそ見や道草を食っている余裕がないので自然に横もしくは少し前を歩きます。
海の場合は、まだ幼いので横もしくは少し後ろを歩きます。

公園に入ってもその状態を保っていると、最初は、あちこち気を散らしますが、そのたびに、リードを軽く引いて「行かない」と言うとそのうちに諦めてついてきます。
そしたら、すかさず「グ~ッド」。
撫でて、褒めまくります。
それを繰り返す。
b0008217_1381922.jpg

「ストップ」は、始めは横断歩道や公園の出口で「ストップ」と声をかけて、リードを軽く引くと止まります。
止まったら、すかさず「グッド」で撫でて、褒めまくります。

できるようになったら、「ストップ&お座り」。
b0008217_13132474.jpg

お座りと待てと伏せは食事の時にしていますので、組み合わせると案外楽にしてくれます。
「ストップ&お座り」ができると、ダッシュにブレーキがかかる。

もちろん1日でできるはずがありません。
できなくても気長に、できたら恥ずかしくなるくらい褒めるを繰り返しているうちに、気がついたらできている、なんてことになったらラッキー♪

次の10分は遊びです。
我が家のワンはこれが案外大切。
ボール遊びや石蹴りなど、多少疲れる遊びを兼ねて「持って来い」の練習。
飽きるまでしません。
適当に切り上げて、休憩。
休憩のときに、足下かその周りでダウンしていたら、お話ししながら体中撫でてやります。
適度につかれているので静かなものです。
b0008217_1394954.jpg

5分ほど休憩したら、来た時と同じウォーキングで帰ります。
ぐるっと一周で30分ぐらいのコース。

我が家の、海お散歩その1はこうして始まりました。
が、多分夕方の3ワンお散歩はワチャワチャです(笑)
[PR]
Commented by Yoko at 2011-04-18 15:14 x
競歩じゃないけれどスタスタ歩きで30分だと健康人間にとっても良い運動ですよね〜。
頑張って〜、海ぃ〜♬ & ワンコのかあさん♬
Commented by ワンコのかあさん at 2011-04-19 05:55 x
Yokoさん、今は海の足腰への負担を考えながらですが、もうしばらくすると私の足がついていけるか(^^)
だからこそ、今のうちにスタスタ歩く癖をつけた方がいいのかな?と思ったのですが、何しろ素人なもんで。
ちょこっと頑張りますわ~。
by yukiba20 | 2011-04-18 13:16 | 子犬育て奮闘記 | Comments(2)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん