シンばぁちゃん逝く

皆さんの記憶に残っているでしょうか。
広島ドッグパークの崩壊を。

前代未聞の惨状の中から生き残ったワンコの中の1頭、それがシンシア、シンばぁちゃんです。
b0008217_10284581.jpg

過酷な環境に置かれていたせいか、人にはあまり心を開くと言うことはなかったようですがそれでも母さんには甘えていたよね。

ティップちゃんが大好きだったシンちゃんは、ティップちゃんの命日を待っていたかのように逝きました。

私は、彼女のことを忘れたことがありません。
過酷な状態から救出され、tip母さんちの子になったその日から1日も忘れたことがない。

何故なんでしょう。
理由なんてわからないんです。
でも、1日1回は、シンちゃんどうしてるかなぁって思いました。
不思議な子です。
不思議なご縁がどこかで繋がった子だったのでしょうか。

母さんが話していらっしゃいました。
生まれた日はわからないけれど、逝った日はちゃんと残してやれる、って。
今度生まれてくるときは、よそ見なんかしないでまっすぐにうちに来るんだよ、って。

この写真は、大切な1枚になりました。
b0008217_1028199.jpg


悲しくって
さびしくって
やりきれないです
涙が止まらない!
くそ!こんなに泣いたのはどれっくらいぶりだろう。
シンちゃん、もう一度会いたかったなぁ
[PR]
Commented by ラスラママ at 2011-05-28 13:42 x
シンちゃん、よくがんばったんですね~tip母さんに甘えて最期は幸せになったのですね。よかったなぁ。。。
初めて見たシンちゃんの写真ですが、何か心に響くものがありました。
うるうるしてしまいました。どうか次に生まれたときはその日をきちんと祝ってもらえるところへ。
シンちゃんのご冥福をお祈りいたします。
Commented by HAL at 2011-05-28 14:32 x
シンバアちゃん、ティップのかあさんちの家族になれて幸せな老後を過ごせてよかったと思っています。
シンバアちゃんのことも忘れないよ。
虹の橋の向こうでティップさんやユキちゃんやラブ爺さんやらみんなで楽しく過ごしてくださいね。

かあさま、お知らせしてくださってありがとうございます。
アリサちゃんも穏やかに時間が流れて行きますように。
Commented by ゆっきんママ at 2011-05-28 16:16 x
優しい家族に愛されて過ごせたんですね。
幸せな最期で本当によかったです。
出逢ってくれた命に最後まで愛情をそそぐこと、そして責任をもつこと、改めて感じさせれた気がします。
シンちゃんのご冥福をお祈りします。
Commented by Yoko at 2011-05-28 17:28 x
私のmixiのお友達の中にも広島ドッグパークから来た娘が大切に家族の一員となって生活しています。
シンシアちゃん、良かったですね、家族の中で逝く事が出来て。
シンシアちゃんの魂が安らかにあります様に…。ご冥福をお祈りしています。
Commented by ターミ姉ちゃん at 2011-05-28 19:29 x
広島ドッグパークの崩壊、何年前でしたでしょうか。
広島に住むワン友さん達も、ボランティアに行ったと聞きました。
どうして人間は、こんなにも無責任で愚かな事が出来るのか、遠くにいて
何も出来ない私はただ怒るだけでした。
それでも、良いご家庭にご縁があったシンシアさんのような子は、まだ幸せだと思います。
本来の幸せを味わう事が出来たのですから…

シンシアさんが亡くなって、動物達の環境は改善されたかと言うと、ちっとも
変わっていない気がします。
そう思うと、よけいに泣けてきますよね。
ごめんね、人間って馬鹿で。

ご冥福をお祈りします。
Commented by ワンコのかあさん at 2011-05-28 20:41 x
ラスラママさん、ありがとうございます。
シンちゃんは過剰繁殖と言うのでしょうか、そのせいで無残な体だったと聞いています。
その頃は、ようやく引退犬の存在が広く知られ始めたころでしたが、引退犬たちとのギャップに言葉もありませんでした。
最期が幸せであったことにtip母さんに感謝です。
Commented by ワンコのかあさん at 2011-05-28 20:46 x
HALさん、ありがとうございます。
本当に穏やかなワンコさんでした。
ヒトに心を開かないようなところがあるのは当然のように思いましたが、tip母さんにだけは甘えていましたね。
幸せな老後を過ごせたことにシンちゃんも感謝しているでしょう。

アリサも、ボチボチと長生きしてくれたら良いなぁって思っています。
Commented by ワンコのかあさん at 2011-05-28 21:01 x
ゆっきんママさん、シンちゃんは良いご家族と大好きなワンコさんに囲まれて幸せだったでしょう。
最期が幸せだと、その一生が幸せ。
あの時生きて保護された子たちがすべて幸せでありますように。
人の命だけが尊いものではない事を知らなければなりません。
Commented by セナママ at 2011-05-28 22:20 x
ワンコのかあさんの“2006年広島ドッグパーク破壊”のブログを読み返し、tip母さんの努力そして『この消えそうな400頭近くの命…絶対救います』の決意の言葉。とうとう…やり遣り遂げましたね!シンシアさんの尊い命をありがとう!シンシアさん…幸せな顔をありがとう!あの大惨事に、身勝手な人間に嫌悪と恥ばかりでしたが、かあさんに甘えるお顔に救われました。ありがとう!ありがとう!
Commented by ワンコのかあさん at 2011-05-28 22:51 x
Yokoさん、幸せになってほしかったワンコさんたちが、幸せで生を全うできたと聞いたら、泣けて泣けて仕方がありませんでした。
あの時、新しい家族維巡り会えた子たちは幸せです。
Commented by ワンコのかあさん at 2011-05-28 23:23 x
ターミ姉ちゃん、2006年の秋でした。
もう、4年半も前になります。
あの頃とどう変わったかっていうとちっとも変っていないんですよ。
人は馬鹿だから、いずれ我が身に帰ってくることを考えていない。
いつまでたっても同じことを繰り返している。
私は、ある意味、福島原発周辺の動物たちも同じではないかと考えています。
だからと言って、自分にあずかる余裕もない。
ジレンマですわ。
Commented by ワンコのかあさん at 2011-05-28 23:26 x
セナママさん、そうなんです。
やり遂げられました。
長い時間をかけて、一つのことを全うされたのです。
シンシアを幸せに見送るということを。
彼女の家に行った時に、デッキの陽だまりでのんびりと寝ている幸せそうなシンばあちゃんの姿が忘れられません。
by yukiba20 | 2011-05-28 10:35 | 広島ドッグパークの崩壊 | Comments(12)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん