海の食物アレルギー

と言っても多分一過性のものだと思います。

ある朝起きたら、海の腰から尻尾の付け根にかけて何か所か脱毛してジュクジュクとした分泌液にまみれていました。005.gif
おどろいて調べてみると腰から下の部分に限定されていましたが5か所。
小さいもので500円玉大から、大きなものではそれが三つ四つ重なり合っているようなものもありました。

前夜、寝る少し前から痒がっていましたが、まさか一夜でそんな状態になるとは思ってもいませんので、明日の朝明るいところで見てやろうと軽い気持ちで寝ちゃいました。

腰から下の、しかもしっぽの付け根というと、まずノミを疑ったのですが見る限りノミは見当たりません。
ノミだったら、他にも移っていくのでとりあえず掃除機で丁寧に掃除&敷物は全て、風呂の残り湯に洗剤を入れて長時間漬け置きして洗いました。

次に考えたのは、何かの感染症です。
真菌などのカビ類や伝染性の菌類ですが、これは検査してみないことにはわかりません。
朝一で、獣医に行って調べてもらったのですが、菌類・ダニ類は見つかりませんでした。

そうなると、私の心当たりは一つです。
夕食に食べさせた鹿の内臓。
鹿肉は何度も食べていてアレルギーは出ていませんが、内臓は初めてでした。
与える量は様子見だったのでほんのわずか、分量にすると20g程度だったと思います。
大人ワンはアリサも含めて問題なしだったので気にもとめていなかったのですが、まだ子犬の海には刺激が強すぎたようです。008.gif

でも、だからと言ってこれで絶対に食べさせないかと言うとそうではありません。
成長によって起こらない場合が多々あるので、生はもう少し大人になってから再挑戦してみます。
まずは、炊いたものからのお試しですね。034.gif

私自身もアレルギー持ちです。
自身の経験から言うとアレルギーの反応はいつも一定ではないので(調べてもらっても出る時と出ない時がある)、自分に当てはめながら海の対処をして行こうと思います。
成長過程の一過性のものであれば問題ないし、真正のものであれば食べさせないようにしなければなりませんが、あまり神経質に考えないことにしました。

で、治療の方ですが、まぁこういう場合はほとんどの病院が投薬、しかも抗生物質とステロイドの最強(最恐?)コンビ。
いただいておいたのは、アリサの歯肉炎が悪化した時のためですが、海には与えませんでした。

理由は、時には抗生剤による腸内常在菌の死滅による下痢とステロイドは止めると症状が再発して、繰り返し投与しているうちに肝臓などに副作用が出てくる場合があるからです。

それでどうしたかと言うと、獣医師のアドバイスによりぬるま湯で洗い流しただけです。
小さなやかんにひと肌程度のぬるま湯を沸かし、バスタオルで受けながら患部を洗い流すのです。

決して擦ってはいけません。
熱いお湯もNGです。
刺激されてかえって痒みが増します。

薬浴もNGです。
これは私の経験なのですが、患部がジュクジュクしている時は、薬の刺激でチクチクするのでかえって掻きむしってしまいます。

オイル類も使いませんでした。

食物によるアレルギーであれば、排泄されてしまえば、痒みさえ押さえてやれば自然に治ります。
この後は自然治癒力を信じることにしました。

洗い流すだけで、狂ったように掻きむしっていたのが治まってきたのです。
掻いていたら洗ってやるを繰り返しているうちに収まってきました。
掻かなくなると直りは早いです。
直ぐかさぶた状になってきました。
これでしめたものですが、もう1度痒がるときがあります。
それは、かさぶたがはがれはじめる時。
これも見過ごすとかき壊してしまうので、はがれはじめた時に雑菌から守るためとかさぶたが剥がれやすくするためにティートゥリーオイルを使いました。
この時点では皮がはっているのでオイルによる刺激はありません。

それでようやく↓のようになってきました。
あと一息で毛も生えそろうでしょう。

鹿肉ですか?
食べさせますよ~。
それ自体には全く問題がないのでね。

写真は治って毛が生え始めたところです。
b0008217_2251763.jpg
b0008217_2253270.jpg
b0008217_22549100.jpg
b0008217_226125.jpg
b0008217_2261535.jpg

ひどい状態のものを撮るのを忘れていました。


チャリティーカレンダー盲導犬修行中の犬たちを応援してくださいませんか
今年は日本ライトハウス盲導犬訓練所から販売いたします。
お知らせにご協力いただいている皆様、リンクを張ってくださっている皆様ありがとうございます。
応援にご協力いただいている皆様、ありがとうございます。
いいちゃんブログには、時々カレンダー情報が載っていますのでご覧ください。

制作者の思いはこちらに

★もう一つのチャリティーカレンダー 
 トリオ・ザ・ゴルの親元、TIKILOVEHOUSEが、引退犬支援の卓上カレンダーを発売中です。
 こちらも収益を引退犬(関西盲導犬協会か日本サービスドッグ協会、どちらかを選べます)の為に全額寄付されますのでどうぞよろしくお願いいたします。我が家は引退親戚ワンコさんがたくさんいる関西盲導犬協会に寄付いたします。

 
b0008217_20442937.jpg

[PR]
Commented by クマン at 2011-11-23 23:30 x
なるほどですね~~~鹿の内臓が、海ちゃんには刺激が強すぎましたか~。
かあさんが書いておられる通りだと、クマンも思います。

我が家の娘達は、大体が、「生食」を食べ慣れていませんので、
「内臓」関係だけは、注文しませんでした。
食べなかったら、シカさんたちに申し訳ないことになりますからね。(笑)
確実に、食べるものだけを、頂いています。
今日も、それはそれは、綺麗なシカさんが届きました。
(あっ、かあさんは、もうご存知ね。うふふふ・・・)

また、もう少し大人になってから、再チャレンジですね。

Commented by クマンその2 at 2011-11-23 23:31 x
食物アレルギーも、面白いんですよね~
一概に、こうだと決め付けて言えないところが、困る場合もあり、
でも、また、それに助けられることもありで、
我が家のクマンも、マイペースで、養生しています。

鹿肉も、「生」で食べたのは、羽菜ちゃんだけですが、
今回は、獲り立てを、冷蔵で送って頂いたら、食べたんですよ~
冷凍で、解凍したものは、生でも食べなかったんです。
羽菜ちゃんは、シカの違いがわかるのかもしれません。
匂いで、「あっ!これ、冷凍してたでしょ?」とか、
「う~ん、良い匂いね~~~このシカさん、獲ったばかりね。」だとかね。
と、すれば、凄いグルメ犬かっ!ちゅー話しですか?(笑)

シカさんのジャーキーは、娘達、まだくれ!まだくれ!と、
3匹とも凄いでっす。

Commented by クマンその3 at 2011-11-23 23:32 x
それにしても、かあさん、海ちゃんの抜け毛の状態を写真で教えてくださってありがとうございました。
とっても、参考になります。
じゅくじゅくが、落ち着いたようで、本当に良かったですね。
せっかくの素敵なお毛毛が、ちょっと、ゲーハーになっちゃったけど、
アレルギー症状が、重度でなくて、本当にホッとしました。

海ちゃん、すぐにまた、綺麗、綺麗になるから大丈夫やからね~
かあさんが、ちゃんと、すぐに治してくださるからね。
舐め舐め、カミカミは、我慢だよ~~~~~~^^V
Commented by ターミ姉ちゃん at 2011-11-24 00:05 x
未だかつて、我が家では人間も犬も食物アレルギーに出会った事がないので、
きいちゃんが卵を食べておなかにブツブツが出来た時は、ちょっとビックリでした。
たぶん、いきなり生卵を1個与えたのは多かったんでしょう。
いまでも、積極的に与えてはいませんが、神経質に避けているわけでも
ありません。
人間のアレルギー対策でも、少しづつ慣らす方法も試みられているそうですね。
あまり神経質になって、薬の上塗りをするのは私もよろしくないと思います。
きいちゃんのお腹にも、ウィラードウォーターを含ませたコットンを当てるだけでした。
アレルゲンと思われるものを避ければ、自然に治りますし、自然治癒力を
妨げてもいけないですよね。

でも・・・なんでこれがあかんのかの~?というアレルギーは、やっかいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2011-11-24 16:28 x
クマン×3さん、はい~、強すぎましたわ(^^;)
大人ワンは全く平気だったんですけどね~。
強いのは鼻っ柱だけだったようです。(^0^)

食物アレルギーって奥が深い!
私も食物アレルギーあるんです。
でもアレルギーのあるものが好き。

その他に古い食べ物アレルギーとか、添加物アレルギーとかあって、普通のヒトだったら大丈夫なものでも出ます。
それも 片足だけとお腹だけとか偏って出ることが多いんです。
だから、対処方法もばっちり(^^)V

それにしても、羽菜ちゃんはグルメ犬ですね~。
うちの子たちは、な~んでもいただきます。
多少古い方がたまらないようで(爆)

そうだ!と思いついた時はジュクジュクは治ってまして、ちょっと残念…。
次は、ばっちり撮ります!
Commented by ワンコのかあさん at 2011-11-24 16:39 x
ターミ姉ちゃん、うちはオットット以外はみんなアレルギー持ちです。
でも、皆気にしていませんね(^0^)
だって、犬の毛アレルギーありですもの、気にしていたら一緒に暮らせません。
でも、良くしたもので慣れるんですよ。
他ワンのお預かりした時は目がかゆかったりくしゃみが出たりしますが、うちの子は大丈夫。
海が来た時も3か月は出ましたがあとは◎です。
原因がわかって薬が必要ではないと判断できるものに関しては、原始的な療法が一番だと思っています。
一発で治らないかもしれませんが、副作用もない、おまけにお金もかからない。

アルコールアレルギーがあるワタクシ、ただ今減感作療法中です。
ビールならコップ半分ほど、日本酒ならおちょこに1杯程度は飲めるようになりました。
醸造酒が好きなので早く復活したい!!
ホンマに厄介ですわ。
Commented by ラッキーママン at 2011-11-24 18:22 x
痒いのは可哀想ですよね。
母さんの手当てで、恙無く治って、良かったですね♪
家は、3番目は(インティ)アレルギーが無いのですが(と思っているだけかもしれませんが、、、)1番、2番が結構なアトピーです。
最近、わんこのアトピー、多いですよね。
やはり食べ物の影響でしょうか?

しかし何時もながら、母さんのわんこに大事があった時の
対応、大変勉強になります(^^)


Commented by ワンコのかあさん at 2011-11-25 06:05 x
ラッキーママンさん、狂ったように掻きむしったり噛んだりするので本当にかわいそうでした。
傷になったところを舌や唾などの刺激でどんどん悪くなって行ったのが、ぬるま湯で洗い流すだけでしなくなるってすごいですよね。
我が家のホームドクターは原始的だけどと言いながら良いことを教えてくださるのでありがたいです。

アトピーはヒトもワンも多くなりましたよね。
食べ物なのか環境なのかわかりませんが、ポイントはかゆみをどう抑えるかなんでしょうね。
暖房を使うようになると乾燥肌のサニーがかゆがるようになりますわ。
Commented by ジラママ at 2011-11-25 13:18 x
こんにちは、いつぞやは丁寧にショップまで教えて頂きありがとうございました!

食べ物に関する記事にはついつい食らいついてしまいます

海ちゃん、ビックリでしたねっ
母さんの的確な対処素晴らしいと思います!

動物(人間も)本来持つ自然治癒力をいかに引き出してやるか、、が大事ですね

海ちゃん、素敵な母さんで良かったね( ´ ▽ ` )ノ
Commented by tiny3 at 2011-11-25 18:30 x
異種タンパク質に対しての過敏反応だったのでは、ないかな?感染症なら海ちゃんだけでなく他の子も少しカイカイがあると思いますし。。少し消化不良もあったかな?
クロがチビの時に山でたらふく鹿の内臓食べた時にカイカイすごかったです~
我が家の4ワンは、ちょっと恥ずかしいのですが少し前に疥癬にかかり、これは、全員プラス人も。。です。
今やっとカイカイは治まったのですが、その後の脱毛とフケだらけでエライ事ですわ~
クロの尻尾は、ゴボウみたいだし、テイナの手足は、鶏みたいだし、マクロとハルは、黒地に小麦粉こぼしたようで~す。

どちらにしても皮膚に現れる時は、胃腸を整えることを心がけています。

海ちゃん食べすぎよ~
Commented by ワンコのかあさん at 2011-11-25 22:29 x
ジラママさん、情報交換はお互い大切ですから、お役にたてるなら何よりです。(^^)
海のことは本当にびっくりしました。
だって一晩でこんなになっちゃうんですもの。

自然治癒にかけるのは経済的理由もありますです、はい(^0^)
でも、その方がいいのではないかと思うんですよね~。
Commented by ワンコのかあさん at 2011-11-25 23:39 x
tiny3さん、3ワンが何ともなくて、私がかゆくないので多分アレルギーと思ったのですが、まず検査をしてもらいました。
体は大きくなってきても、まだまだ子供なんですね~。
でも、下痢しなかったのは上等でした。
おっしゃるとおり、皮膚症状は胃腸を整えることができたら半分以上クリアできますものね。

疥癬ですか、ヒトにも伝染るのがかないませんね。
人に伝染るで思い出したのですが、3代目の時に預け先からのみをもらってきて、ワンもヒトも大変な目にあいました。
あんな小さいものは駆除しにくくて、ワンと一緒に湯船につかって、ノミ水死作戦を展開したり大掃除したりたいへんなものでした。

はい、海は食べすぎかもしれません。
サニー以上に食べてますもの。
でも、やっと21キロです。
Commented at 2011-11-28 08:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by kodomotatinooheya at 2011-11-28 21:06
こんなのもあると、知識の一つにでもしていただければと思います。
湿潤治療。今はバンドエイドでこのタイプもあります。
で、動物の場合は
大田区で動物病院「エル・ファーロ」を
経営する獣医の山本 剛和先生が
動物における湿潤治療について
講演がどこかでされたらしいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2011-11-29 06:06 x
??さん、ありがとうございます。
この時期から冬にかけて、乾燥肌の子はカイカイの出る時期です。
乾燥肌で出るのであまりシャンプーをしない方がいいのですが(またはシャンプー後のケアが必要)、逆にシャンプーしちゃう方が多いですよね。
こちらも掻き壊すと厄介になります。
サニーがこのタイプですわ~。

お互いに可愛いわが子のカイカイの姿はなるべく見たくないですようね。
Commented by ワンコのかあさん at 2011-11-29 06:11 x
kodomotatinooheyaさん、情報ありがとうございます。
さっそくHPを探して行ってきました。
褥瘡ができた時にこの方法を使いますが、 湿潤治療って言うんですね。
初めて知りました。
海の、ぬるま湯で洗うのも良い方法だったのだと、ホッとしました。
今後のためにも、再度ゆっくり読んでちゃんと知識として頭に入れたいと思います。

本当に良い情報をいただきました。
ありがとうございます。
by yukiba20 | 2011-11-23 22:09 | 子犬育て奮闘記 | Comments(16)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん