介護の始まり03

皆様にご心配をおかけしているアリサですが、おかげさまで元気になりました。
なりつつある…のかな?

少し時間がたち、驚異的な復活を遂げているアリサですがメモとして経緯を残していこうと思います。

マグロを一切れ食べ、ヨーグルトも食べ、トイレも済ませたアリサはその後もずっと眠っていましたが、眠りの質が変わりました。
死んだように眠るのではなく、時々ボーっとあたりを見回してまた眠ると言う繰り返しで、ご飯の時は起こせば起きるようになり、寝たきりでも手で食べさせれば食べるようになりました。
量的には、まだまだわずかで、朝夕に小さなお茶碗に1杯がやっと。
食べていたのは昆布だしで炊いた白身魚のおかゆ。
ヒトと同じような療養食にしました。
(おいしいので、沢山作って私も食べていました)

翌日には、昼も起こして食べさせると食べるようになり、そうするとみるみる食欲が回復していきました。
おかゆにはいろいろな肉のミンチ(冷ましたおかゆに生肉のミンチ)や柔らかく煮てつぶした野菜が入り、1回量が少ない分4回食べさせました。
量的には今までの1日分の8割程度が食べられるようになったのです。

水分は、皆様から教えていただいたものは全部試してみました。
野菜スープ、ヨーグルトの上水を水で薄めたもの、チキンスープ、果汁など。
この中で、飲まなかったのは果汁でした。
リンゴのすりおろし果汁はほんの二舐め、ミカン果汁に至っては匂いを嗅いで終わり。
多分酸味が嫌だったのではないかと思っています。

でも、同じ酸味でもヨーグルトの方は喜んで飲みました。
スープは最初の頃はほんの少し飲む程度でしたが、食欲が出てくるとおかわりを要求するようになりました。
このようにしてみると、回復過程でどんなものが食べたいのかちょっとわかるような?
でも、これだってきっと個体差があって皆に当てはまるわけではないでしょうけどね。
b0008217_8462970.jpg

食べるようになると体に力が入るようになったので、リハビリを始めることにしました。
(介護の様子の写真は、写し手がいないので残念ながらありません)

たいていの方は、立てなくなった段階で寝たきり生活になるのを受け入れられますが、もし私だったら、もう1度立ちたいと思うからアリサだってそう思っているに違いないと思ったので、迷うことなくリハビリを開始しました。

まず、立ってご飯を食べること。
もちろん支えていますが、一応踏ん張るので目も体もはっきり目覚めるようです。

後ろ足が×になってしまうし、ナックリングするので自力では絶対無理ですが、支えて、まず踏ん張れる状態の足の形にしてやります。
そうすると、体重が4本の足に分散しますので支えてやれば立てるのです。

次に、トイレはゆっくりでも歩かせていくこと。
今までは、腰に負担がかからないように、すべりの良い傘の生地(サニーのPWさんから以前にいただいたもの)に乗せて玄関まで引っ張って行っていました。
b0008217_8482954.jpg

足が滑らないようにキッチンマットを敷いて、アリサロードを作りました。
後ろ足がナックリングするたびに元に戻してゆっくりゆっくり歩かせ、できるだけ筋力が衰えないように、家で仕事の日は1日に5回ほど挑戦。
これは、私の気分転換にもなって一石二鳥でした。

二日ほどで、しばらくなら支えなしで立っていられるようになった時は、もしかしたら…と先に希望が持てるようになり、それと同時に、時間はかかりますが自分で体位転換が自由にできるようになり、アリサも私もとても楽になりました。
b0008217_859444.jpg

その間3ワンは静かにしていたかって?
そんなもんしてますかいな~。
とくにご飯の時は大変でした。
「私のは?」と大騒ぎ。

でも、この子たちがいるから騒がしくても笑いながら介護ができていると思います。
若い力は、アリサにも私にもエネルギーの源のような気がします。

(続く)
[PR]
Commented by Yoko at 2012-01-16 10:53 x
ワンコのかあさん、読んでて私まで元気をいただきました〜♫ ありがとう。

それにアリサの回復力もすばらしいですね。
まだまだアリサちゃんはワンコのかあさん家の長老犬として元気に君臨していなくっちゃ〜♫(感じ間違えてないよね??)
食欲があるって凄い事ですよね、生きようとする印ですもの。
ゆっくりで良いからリハビリもがんばって。
ワンコのかあさんはリハビリとかで腰を痛めない様にして下さいね。
Commented at 2012-01-16 10:58 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by char-rin at 2012-01-16 12:31 x
よかったですね、食欲がでてきたんですね。
ヤレヤレですね~。
かあさんの諦めない心、私も見習わなくては・・・と思いました。
私がやってしまった方が早いし、楽なのでついついこちらの方に傾きがちでした。
時間がかかっても自分でやるって大事なことだったんですね。
また一つアリサちゃんとかあさんに教えていただきました。
ね、アリサちゃん、まだまだ教わらなきゃならない事だらけなので、頼みますね。
他のワンコさん達がいるのも刺激になるのでしょうね~。
それも立派な看護活動ですね。

これから寒さも本番になります。かあさんもワンコさん達も体調を崩さないようにお過ごしください。
Commented by coo-mama at 2012-01-16 12:48 x
ご無沙汰しています。遅くなりましたが今年もよろしくお願い致します。
アリサちゃん心配していましたが、ちょっと一安心ですね。
アリサちゃんの生きようとするパワ-すごいですね。
ワンコの母さんはいつもされていらっしゃるけど、笑って介護できるってとても大事なんですよね。
要介護者(人間ですが)を2人抱えている我が家でも、ケアマネ-ジャ-さんに言われました。介護する人が、おおらかな気持ちで関わると介護される人も(きっと犬たちも)安心して安定してくるんですって。
母さんもご無理はなさらないように体に気を付けてくださいね。
Commented by うめぼし at 2012-01-16 14:20 x
 アリちゃん 頑張っていますね。
祈る事しかできませんが、毎日アリちゃんが「良い日」でありますように!!
Commented by ラッキーママン at 2012-01-16 14:28 x
良かったです~♪
母さんのリハビリ、すばらしいと思います。

我が家も、一昨年星になった子が(中型ミックス)
足が萎えてきた時、主人が食事時に立っていられるようにと
スタンド補助を作りました。
余り気乗りしない様でしたが、食事時や気分転換に、挟まって突っ張り
させてました。。
後ろ足は駄目でしたが、前足が強く後ろをハーネスで
補助してあげると、テクテク歩いている気分でした、本犬は。
時々要求するので家の中をお練しましたが(結構人間は
疲れましたが、、、)血行が良くなる様で、痩せてしまって
寝付いた時(お練はさせられてましたけど 笑)床ずれが
出来ていないのが不思議といわれました。
結構人間は、腰に来ましたが~。

アリサちゃんのパワーは、母さんによって引き出されているのですね~(^^)



Commented by ワンコのかあさん at 2012-01-16 17:36 x
Yokoさん、ありがとうございます。
4度目の復活です。
病気で盲導犬辞めてきたのに、この生命力はなんなんでしょう!
でも、嬉しいです。
この子は最初に思ったとおり、病気では逝かないような気がします。
トイレに歩いて行けるようになると、とっても楽になるのでリハビリは始めて正解でした。

Yokoさんのお風邪はいかがですか?
早く良くなりますように。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-01-16 17:45 x
??さん、いつもいつも見守ってくださっているの感じています。
ありがとうございます。
そちらももうすぐですね。
何もできませんが、すべてうまく行くように願っています。

いろいろなことがうまく行く年になったらいいね。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-01-16 19:20 x
char-rinさん、食欲が出てきたらメキメキ元気になってきました。
アリサの生命力ってすごいですよ!
生きていたいと思ってくれているなら、その手伝いはいくらでもできる。
だから「もっと生きていたい」とおもえるように、美味しいご飯と、やかましい家族を準備して「これでどうだ!!」と…(^0^)

凛ちゃんも、なかなかいい味だしていますし、長生きしてもらわなくっちゃ。
うちに断りなくいかないように、よ~っく言っといてくださいね。(^^)/
Commented by ワンコのかあさん at 2012-01-16 19:33 x
coo-mamaさん、こちらこそよろしくお願いいたします。
アリサすごいですよ!
今度こそダメかと思ったのに(^0^)
いつも笑っていられるのもワンズのおかげです。
特にガキンチョ海にはかないません。
いるだけで笑える存在ですね。
ヒトの場合も同じでしょうが、ヒトはしゃべるだけ大変かと(^^;)
私よりも、きっと忙しくて大変なcoo-mamaさんも、くれぐれもお体にはお気を付けくださいね。


Commented by ジラママ at 2012-01-16 19:40 x
ハラハラしました(;´Д`A

でも、ワンコは凄い
生きる事を最後まで諦めないですもんね

食べて、出して、、、後は遊ぶだけですね〜

アリサちゃん、ボチボチと行きましょう〜
Commented by ワンコのかあさん at 2012-01-16 19:46 x
うめぼしさん、ありがとうございます。
これで4回目の復活です。
アヴィちゃんやラミちゃんの分も生きてくれているような気がします。
と言うか、アヴィちゃんやラミちゃんが、「今度は私の分」って言って復活させてくれているような気がするんです。
Commented by ラス&エドママ at 2012-01-16 20:09 x
アリサちゃん、良かった!復活ですね。ゆっくり安静にしたら、食欲復活でトイレにも行けて・・・読んでて、すごいすごいってうれしくなりました。
ティナちゃんといい、アリサちゃんといい、この生命力、頑張りは素晴らしいですね。いつも今この時しか考えないから、前向きに頑張れるのかな?犬って素晴らしい。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-01-17 06:24 x
ラッキーママンさん、ありがとうございます。
逆です(笑)
私がエネルギーをもらってるです。
「ほら、がんばれ!」ってね(^0^)

ママさんちもお練りがあったんですね!
血行も良くなるし、食欲も出てくるし、何より意識がはっきりするので良いですわ~。
もっと年を取れば、痩せて本当に立てなくなると思いますが、できればその日が来るのを1日でも先に延ばしてやりたい。
アリサのためにも自分のためにも(^^)
Commented by ワンコのかあさん at 2012-01-17 20:57 x
ジラママさん、ご心配いただきありがとうございました。
今度こそダメか~、と思ったのに復活しましたわ(^0^)
3度目の正直と言いますが4度目です。
もう何が起きても驚きませんわ。
ホントに食っちゃ寝~、食っちゃ出し~の毎日。
なんだかほのぼの~と暮らしてます。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-01-17 21:01 x
ラス&エドママさん、最近は読み逃げばかりで~(汗)
でも、すごいでしょ?
もうすごいとしか言いようがない?
ティナちゃんと言いアリサと言い、不死鳥のごとく?毎度復活してきますね。

にいちゃんも言ってます。
な~んにも考えていないから良いんちゃうか、って。
私も先のこと考えずにのほほんとワンズと暮らしていきますわ。
それが一番いいような気がしますし、そうしたいです。
Commented by tiny3 at 2012-01-19 09:26 x
アリちゃん、ワンコのかあさん、おめでとう!とっても嬉しく思います。。アリちゃんの姿みて涙が出ちゃった。。。赤いお洋服かわいい。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-01-19 20:02 x
tiny3さん、ありがとうございます。
あぁ、もっと我が家にいたいと思ってくれているんだなぁって嬉しくって…

洋服も介護服も介護用品もいっぱいあるんですよ。
だから使い切るまではいてもらわないと困るんです(^^)
Commented by 結里の母 at 2012-01-20 11:32 x
ご無沙汰しています。
上海ではブログに接続出来ず、アリちゃんの様子がわからず
やきもきしてました。
介護のお話とアリちゃんの経緯、今のニコルと丸かぶりです。
同じ時期に同じように虹の橋に足を向けたけど、戻ってきてくれた。
不死鳥のような子たちに、驚きとともに感謝ですね!
きっとお天気によっても調子が乱高下ですよね。
残された時間が、穏やかで心地良いものになるよう、
おたがいにガンバですね♪
アリちゃんもニコルも、無りせず長生きしようね!!
Commented by ワンコのかあさん at 2012-01-20 23:12 x
結里の母さん、ありがとうございます。
わたしも二コル君もきっとそうなんだろうと思っていました。
アリサはこれで4回目です。
時にはもろいかもしれない命ですが、まだまだ家族の傍にいたいと思っているのは、ニコちゃんもアリサも一緒なんだろうと思います。
その思いが生きる力となっているのでしょうか。

”残された時間が、穏やかで心地良いものになるよう”
本当にそうです。
日頃頑張ることのすくない怠け者ですが、この子たちのためならがんばれます。
虹の橋行のバスがお迎えに来るまで、一緒に幸せな時間を過ごしましょうね。
ニコちゃんのこと、忘れたことありません。
いつもいつも願っています。

どうぞ、ママと一緒に楽しく穏やかな時間を…
Commented by curio at 2012-02-27 03:29 x
署名の性質上、数を集めることが重要だと思います。
であれば、できるだけ流布すべきだと思うのですが、
前にジョニー君の件で「デマ」だと思われたまま収束した件があるので、
今回もその悪影響を受けると思います。
本当にアトム君のために何かされたいと思うのであれば、
ジョニー君のことを今一度きちんとお話しされるべきではないでしうか?
「スターター(の一人?)」として、
ジョニー君の件がデマではなかったことをきちんと伝える義務があるのではないかと思います。
そして、それが何よりの長崎に対するサポートになるのではないかと思いますが、いかがでしょうか?
ジョニー君のことで口をつぐむしかなかったとすれば、
そのことを可能な範囲で訴えていただいたほうが、
よほど今回の新聞記事の「裏」を伝えることができると思います。
私は盲目的に動物愛護を訴えているわけではありません。
盲導犬ユーザーさんの安全のためにも、
協会が今のままではいけないと思い、
前のジョニー君の関係者からももっと協力していただければ、と思いました。
どうか今一度、ご自分にできることをご検討いただければと思います。
by yukiba20 | 2012-01-16 08:59 | 老犬介護 | Comments(21)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん