伊予の2アーちゃんズが逝きました

5月13日にアミィちゃんが、6月5日にアーダちゃんが虹の橋のたもとに住居を移しました。

アミィちゃん、もうちょっとで16歳8か月だったね
b0008217_1531036.jpg

ブログタイトル「★☆じーさんわんこ&ば~さんわんこ☆★」(今は「生涯 わんこ貧乏」)にひかれてせっせと読み逃げに通って何年になるでしょうか。
シニアワンコと暮らしていると病気やなにやと落ち込んだりだったりしますが、アミィちゃんちは一味違ったお家でした。
爺さんと婆さんがのんきに、いやそのころはまだ若かったアグちゃんもいたね。

アーダちゃん、16歳と2か月半でした。
b0008217_15313587.jpg

2006年11月、いまから5年半くらい前にターミ姉ちゃんに誘われて淡路島に行った時には、まだまだお子ちゃまだったルナはアーダちゃんに教育的指導を受けました。
それがご縁で始まったお付き合い。
あのころは若かったよね。
誰が?ってみんな037.gif


アミィちゃんには会ったことなかったけれど、ブログを開くとそこにはいつも笑顔がありました。
だから隣のワンコみたいだったよ。
うちと一緒でわからんちんのおちびがやって来て、騒々しかったけれど面白かったよね。
アミィちゃんの母さんは、アミィちゃんを守るのに必死だったんだって。

アリサが何度も倒れて、だんだん動けなくなっていくのに、アーダちゃんはトットコトットコ歩いていたよね。
1年以上お姉さんなのに元気だったけれど、沢山の病気を抱えていました。
ママさんは、アーちゃんが苦しくないようにと、ちょっとでも楽に過ごさせたいと色々なことを調べて、良いと思われることいっぱいしてくれたね。

2ワンのことを思い出すと、…思い出すと?
あ!若い時のことじゃない!!005.gif
出会った時は、もうすでにシニアでした。

でも、どちらのワンコさんも、おばあちゃんと言うよりお嬢様だったなぁ。045.gif

ここのところ千の風になった知り合いワンコさんが沢山います。
みんなで誘い合って来てくれないかなぁ。

こみ入ったところでわかりにくかったら、うちの子が4ワンその辺に遊んでいるから聞いてください。
きっと案内してくれます。
だって、うちの子たちはしょっちゅう帰ってきているから。

待っているから
いつでも待っているから
み~んな誘い合って来てください

伊予の2アーちゃんズ、ありがとう。
母さんたちに出会わせてくれてありがとう。

しー ゆー あげいん
またね029.gif

(勝手に写真拝借しました。すみません。008.gif
[PR]
by yukiba20 | 2012-06-07 15:39 | ただの愛犬家 | Comments(12)
Commented by エコちゃんの母 at 2012-06-07 20:23 x
昨日、買い物に行ってアミィかあさんに偶然あいました。
気丈にされていました。
本当にアミィかあさんは頑張った!
メグちゃんがいるから 気が抜けないのも幸いしているのでしょうね。
でもやっぱり 知ってるの子が逝ってしまうのは 淋しいですね。

皆、また向こうで合えるね。
Commented by ターミ姉ちゃん at 2012-06-08 12:25 x
本当に、知っている子が逝ってしまうのは、寂しいものです。
会った事がある子は、なおさらです。
アミィかあさんは、お会いした事はないですけど、ネット上で何かご協力いただいたような
気がします。
アーダおばさんには二度会いました。ラブ爺も会ったし、きいちゃんは叱られました。
わんこの想い出の箱は、どんどんいっぱいになります。
私が持っていく時には、トラックいっぱいにふくれそう。

でも、犬を扱う仕事の人には、わんこの思いで箱を持った人になって欲しいですね。
そうすれば、モノなんて言葉は絶対に出ないでしょうから…
Commented by レイニーママ at 2012-06-08 15:15 x
4月に、アーダちゃんのお母さんとTIKI母さんを通じて、電話でお話しました。母さんとアーダちゃん凄く頑張ってらして、少しでも楽になります様にと祈ってました。ワンコの持つ不思議な縁に、いつもながら心動かされます。
Commented by char-rin at 2012-06-08 20:34 x
アミィちゃんちもアーダちゃんちも茶々との親戚さんつながりでお会いした事はありませんでしたが、何度か電話でお話する機会がありました。

どちらのお母さんもパワフルで、ワンコさん達の事を一番に考えていて見習わなくてはといつも刺激されていました。

お母さん達とも同年代で益々親近感をもっていました。
いつかはくる日だと分かってはいますがこの日が一日でも遠い未来であって欲しいと思っていました。本当に寂しくなってしまいました・・・。

Commented by ワンコのかあさん at 2012-06-08 21:19 x
エコちゃんの母さん、お近くなんですね。
何頭いてもその子はただ一人。
母さんは誰よりもご存じ。
でも、誰かがいてくれると救われると言うのも本当ですよね。

メグちゃん頑張れ!
Commented by サクラソウとジロウ at 2012-06-08 21:27 x
あーだちゃん。。お引越しをしてしまったんですね。
直接お会いしたことはないですが、病気を持ちながらも懸命に生きるシニア犬としてお手本にさせていただいてました。

ワンコかあさん・・・。ジロウですが、もう少ししたらアーダちゃんたちのいる虹の橋のたもとに引っ越しをしそうです。。

リンパ腫がのどを圧迫して、呼吸が苦しく、お水を飲むのがやっとです。病魔がジロウの体を苦しめていきます。

なのに・・・心臓はしっかり動いていて、頑張り続けています。
心配しないで、頑張らなくていいよ。とジロウに声をかけても一生懸命生き続けています。

少しでも楽にいられるように・・・・。少しでも安心できるように。
それぐらいしかできませんが。。。

寂しくてしかたがありませんね。。。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-06-08 21:36 x
ターミ姉ちゃん、きぃちゃんも指導されましたか(^0^)
きぃちゃんもルナも、アーちゃんからみたら、今どきの若い者だったのでしょうね。

琵琶湖のほとりで、みんながオーブになって集まってくれたのがとても印象的で、あのようにして目には見えないけれど、会いに来てほしいと願えば、会いに来てくれるのだと思うと、我々は守られていると真に思います。

だから、いつもいつも願っています。
爺様の見回りテリトリーにも入っているはず。
これからは2アーちゃんズもね。

ワンコの思い出箱かぁ
いいねぇ
うん、いいわぁ
トラックで済む?
Commented by ワンコのかあさん at 2012-06-08 21:42 x
レイニーママさん、いつの間にかお知り合いだったんですね!
これも不思議な縁のつながりでしょうか。
なんだか、ワンコがみ~んな手を繋いで笑っているのが見えるようです。

私たちもワンコたちがつなげてくれたご縁を大切にしたいわ。
たとえ会えなくても、そこに、その地に行けばあなたがいてくれる。
なんて心丈夫なことか。
レイニーママさん、そちら方面よろしくでっす!(^0^)
Commented by ワンコのかあさん at 2012-06-08 21:47 x
char-rinさん、親戚さんだったんですか!!
それはまた素晴らしい\(^0^)/
ワンコたちって、これはと思う人をちゃ~んと繋いでいるんですね。

そうそう、ワンコ命のような母さんたち(^^)
皆家族として暮らしていらっしゃるんですよね。

凛ちゃん、アリババちゃんも何とか頑張っておりますので、もうひと頑張りお願いしますよ~。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-06-08 21:55 x
サクラソウとジロウさん、切ないですね。
逝ってほしくないけれど、長く苦しませるのは忍びない。
心が揺れますよね。

虹の橋にたくさんの仲間がいます。
ここにコメントをいただいたから、又知り合いが増えましたよ。
だから、引っ越しのお手伝いには皆で来てくれるわ。

一番いい時に皆が来てくれる。
きっときっと来てくれる。
ジロウさんが長く苦しむことのないように祈り願っています。
ずっとず~っと願っています。
このコメントを読んでくれる皆も願ってくれる。
Commented at 2012-06-09 15:41 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by サクラソウとジロウ at 2012-06-10 17:49 x
3/10午前3:30頃にジロウが逝きました。最後まで、家族の事を思う優しい子でした。平日仕事でお世話ができない私は、昨日1日中ベッタリでした。最後の一騒ぎで皆にお世話させてあげて、笑わせて。

午前中に葬儀でしたが、それまで十分傍にいたので。お花も用意できませんでしたが、花より団子、家にすぐ帰れるよう庭の花を一緒に。

初めてジロウを失う日は必ず来ると痛感して2年半。よく頑張ったし、呼吸困難ではなく体力の限界といった望んだ形でした。

葬儀を執り行った方に「こんな大きいラブちゃん初めて。おじいちゃんなのに骨がすっごくしっかりしているし、顔がおっきいねぇ~」と言われました(笑)

出会った方に必ず顔が大きいと言われ、おっきい体なのに臆病で寂しがり屋だったジロウ。
何気にツンデレで、ラブのくせに水が嫌いで散歩より家にいるのが大好きだったジロウ。
すっきりと晴れ渡り夏日の今日を選んだジロウ。

家が広く静かです。そうそうジロウは14歳8か月でした。今すぐは無理ですが、またいつかラブと暮らしたい。ジロウのようにおっきいラブ。めいっぱい抱きしめたい。

いつも自分のことばかりのコメントでしたが、ありがとうございました。


自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30



動物を受け入れるサロンをと作られたペットと飼い主のためのヒーリングサロンです。



TIKILOVE
フード代の一部と、お買い物した時に付くポイントが引退した補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の医療・介護費支援に寄付されます。


我が家の犬たちの実家、TIKILOVE母さんが、引退犬支援のため作られたカレンダーです。可愛い子犬のカレンダーです。

最新のコメント

先日は、お会い出来て本当..
by セナママ at 00:11
まさ妻さん、こんにちは。..
by ワンコのかあさん at 09:06
母さん、お久しぶりです。..
by まさ妻 at 17:00
??さん、超遅レスですみ..
by ワンコのかあさん at 15:05
セナママさん、22年前の..
by ワンコのかあさん at 09:06
22年前…私にはまだ関西..
by セナママ at 22:50
??さん、ご無沙汰してお..
by ワンコのかあさん at 20:05
tiny3さん、こちらこ..
by ワンコのかあさん at 20:01
海ちゃんの、その素敵な笑..
by tiny3 at 23:03
ランディママさん、ワンコ..
by ワンコのかあさん at 20:35

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ライフログ


盲導犬ボランティアは楽しい!――犬バカおじさん奮闘記

フォロー中のブログ

カテゴリ

全体
親戚ワンコ
ただの愛犬家
悪性黒色腫
膝関節痛
介護グッズ
子犬育て奮闘記
親戚ワンコのオフ会
ルナの心タンポナーデ
サニーの免疫介在性の貧血
老犬介護
ルナの股関節
セミナーのお知らせ
広島ドッグパークの崩壊
盲導犬 引退犬 ボランティア
長崎盲導犬虐待事件
盲導犬の歩行の安全を願う
チャリティーカレンダー
皮膚炎
私事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬

画像一覧