盲導犬ユーザーとドヨ~ンな忘年会

今年もあと残すところわずかになり、長期夏休みの付けを返すべく日夜頑張っている中(珍しく頑張ってます)、「今年最後のお遊びに行きたい」と盲導犬ユーザーが誘い合って来てくださいました。
b0008217_995621.jpg

我が家に来てくださるユーザーは皆さんパートナーと二人だけで来てくださいます。
中には、駅までのお迎えもいらない強者も。066.gif

そんな方々が集まって、うどん鍋をつつきながらアリサの思い出話に花を咲かせました。
私の知らないアリサがいたりして、とても新鮮で懐かしく幸せなひととき。
b0008217_919257.jpg

そのうちに、「ねぇ、ちょっと前に、盲導犬育成の壁だとかなんだとかというのが報道番組の中に取り上げられたんだけど見た?」という話に。

私は、見なかったのですが、その話をしている中で驚いたのは、ユーザーが異口同音に言われたことです。005.gif

「盲導犬はもう増えなくていい。その分、ちゃんとパートナーとして歩ける盲導犬に訓練して欲しい」

いっつも良いことばっかり言ってる訓練協会はこのような声があることを知っているのでしょうかねぇ。
たとえ知っていても、お金にならないことは無視してるのかなぁ。

私の友人たちは、同じ協会に所属しているわけではありません。
三つの協会のユーザーです。

その人たちが、同じようなことを言うなんて問題じゃないのでしょうかね。

せっかくの忘年会が結構深刻な話になってしまいましたが、盲導犬協会はいろいろなことを真剣に考えなくてはいけないのではないでしょうか。

待機者7800人が、いつの頃からか4000数百人になり、この前の番組中では3000人だったそうですが、実際はそんなにいないと思います。
現に私の周りにいる視覚障害者は盲導犬はいらないと言いますし、現在使用中の人も、もうこの子で終わりという人もいます。

待機者が多いなら、仕事で単独歩行を希望する人を最優先に考えていけば良いと思うけれど、実際はほとんど外出しない人や、ヘルパーとともに歩くユーザーが多いので盲導犬のペット化が著しい。
盲導犬をもらって1度も単独で歩いたことがないという人も知っています。

本当は、協会が言っているほど希望者はいないんじゃない?
だから、ユーザーの取り合いになるんじゃないですか?
一人のユーザーに複数の協会からアプローチがあるの知ってるもの。

決まっているというと、次回はぜひうちから、ってね。
待機者がいるならそんなこと言う必要ないでしょ。

楽しいはずの忘年会がドヨ~ンとなっちゃいました。002.gif


盲導犬のPRの仕方にも、問題がないとは言えないのではないでしょうか。
盲導犬は決してスーパードッグではないことをきちんと伝えないから起きる問題の多さも報道されるべきだと思うのは私だけでしょうかね。
マスコミに流されるときは若くて活動的なユーザーがピックアップされますが、実情はそんなでもないことは知る人ぞ知るです。

助成金が少ないとか募金が減ったとか言いますが、どういうわけか盲導犬を数頭しか出していない協会に限って巨額のお金を集めていたりするんですよね。
その協会も今年は寄付金減りましたか?

余ったお金、貧乏な協会に上げてくださいな。034.gif


盲導犬失踪に始まって、もう盲導犬は増えなくていい発言に終わるこの1年…。
もう、こんな話はいらないですわ。


昔(と言っても、私が知っているのは20数年前ですが)はよかったです。
職人のような訓練士が、心をかけ手をかけて育てた盲導犬を、本当に必要とする人たちが使っていた。
訓練士を囲んで、ユーザーが集まって勉強もしていました。

職人が引退して…、さぁ、これからどうなっていくのでしょうか。
若い訓練士さん、どうか頑張ってください。
盲導犬は増やさなくていい、なんて言われないように頑張ってください。

ところで、素朴な疑問なんですが、訓練士と言われる方たちの中で、一体どれだけの方が「犬の一生」をご存知なのでしょうか。
子犬から育てて、老いて亡くなるまでを慈しんで育てたことがあるのでしょうか。

ふと、思っちゃいました。026.gif

私が職人と思うような訓練士さんたちは、子犬を育て老いて行く犬を看取ることをしていらっしゃいます。
今もそうです。
だから、犬のことをよく知っていらっしゃいます。
頭ではなく経験してご存知なので、画一的でない的確なアドバイスがいただける。
そんな訓練士、今いるのでしょうか。

友人たちが言うように、もう盲導犬は増えなくていいのでしょうか。
研究中のロボットがもっと普及したら良いのでしょうか。
b0008217_926484.jpg

友人たちがユーザーをやめたら、盲導犬に関わるのはやめようかな…。
そんなことを考えさせられた忘年会でした。
[PR]
by yukiba20 | 2012-12-17 09:34 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)
Commented by セナママ at 2012-12-17 18:41 x
あっ!アリサチャンだ!先日ワンコかあさんのお宅に伺った時“あ~あの辺りにアリサチャンが居たんだなぁ”と思っていました。その話しになるとアスターのこと…まだ涙無しでは済まないので…(午後には初なんばでのお買い物も控えていたので)触れずにおきました。次回は涙無しで語り会えればって思っています。いつだったか三ノ宮麻由子さんがハイテク歩行の可能性について話されていたのを思い出しました。“パームソナー”です…近代の開発技術には本当にいろんな方々が携わり進歩しているんだなぁと思ったと同時に近い将来には盲導犬達が家庭のペットになる日をドョ~ンと考えました。
Commented by SATO at 2012-12-18 06:47 x
盲導犬に関わるようになってからというもの
嬉しい楽しいこともいっぱいありましたが
逆に、悲しい心のふさぐこともたくさんありました。
全部とは言いませんが、残念なことに
盲導犬商いをしている協会や関係団体は多いと思います。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-12-18 20:12 x
セナママさん、まだまだ、涙なしには語れそうにもありませんわ。
涙や鼻水にまみれてランチしましょう(^^)
手軽なハイテク歩行の手段が普及してくれると良いなぁって、今年は特に思いました。
協会がいつのまにか福祉事業から外れてきたのでしょうかね。

でも、働く犬たちは応援してやりたいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-12-18 20:18 x
SATOさん、知らぬが花とはよく言ったものですわ。
最近は福祉事業から営利事業に転職したような協会も出てきてがっかりです。
まぁ、募金に参加したボラが交通費とお弁当代を請求するそうですから、そんな世の中になったということなんでしょうね。

犬がいないと金が集まらないと言ったとか言わないとか…
でも、やっぱり犬は応援してやりたいですよね。
Commented by エコちゃんの母 at 2012-12-18 23:40 x
この秋、ある人とのお付き合いで ある会のモラルについての勉強会に参加したのですが、その時の講師が「実家がお寺なので仕方なく筆記テストを受けたら運よく合格してしまった。葬儀のときは呼んで下さい。ご利益がありますよ。」と他にも 自慢話ばかり。
「世も末」とマルコ氏と「時間を損したね。」って疲れてしまいました。
JKC訓練士でも修行無しでテストだけで訓練士になって メチャな事しているのもいます。
日本人は「肩書き」「バッジ」に弱いですし、またそれがお金さえ積み上げれば手に入る世の中になっていますから 恐いです。

来年はマルコ氏と「大暴れしようかな」と準備中です。
犬達のあの一途な瞳を裏切る事は 死ぬより辛いです。
Commented by ターミ姉ちゃん at 2012-12-19 16:13 x
今やどこの分野でもモラルが欠如し、金・金・金の世の中。
先日選挙が終わりましたが、日本の諸悪の根源は、官僚支配と
天下りじゃないかと言う気がしてきました。
天下り連中に絡んで、金の亡者と利権大好き人間がしゃしゃり出てくる。
動物に関しては、金に汚い、専門知識のない権威主義のおっさんどもに
関わって欲しくないです。
エコちゃんの母さんが暴れるなら、付き合います。
そうすることで、動物達の権利を守れるのなら。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-12-20 08:47 x
エコちゃんの母さん、昔のような聖職者も職人も少なくなりましたね。
本物を見分ける目を養わねば、と今頃になって痛感しています。
でも、どこの世界でも、ひとにぎりに過ぎないかもしれないけれどそれに気づいて危機感を持っている人もいる。
そんな人たちがどのように、いつ、動き出すかなんでしょうね。
URLください。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-12-20 08:53 x
ターミ姉ちゃん 、もうどこにも専門家がいなくて、というか、責任の取れるリーダーがいなくなったような気がします。
訓練協会で言えば、ユーザーに嫌われたくない、ボランティアに悪く言われたくない、犬を出したあとはできるだけ関わり合いたくない、が透けて見える。

盲導犬に関すること、思うこと、時々書いていこうかなと思っています。
ところで、ワタクシ、やはり見張られているようですわ。
Commented by Gstone at 2012-12-27 20:56 x
こんにちは。
こちらのお話、ブログのコメントで紹介させていただきました。
本当に「責任の取れるリーダー」の不在を感じますね。
法律などの整備がいくら進んでも、関わっている人々の能力が磨かれなくては、時代にふさわしい盲導犬の姿は見えてこないように思います。
Commented by ワンコのかあさん at 2012-12-29 17:18 x
Gstoneさん、レスが遅くてすみません。
了解です。
問題は山積していると思います。
折に触れて、書いていきたいと思いますが、本当に必要としているユーザーが もっと声を上げてくれたら少しは変わると思うのですが、個別に話していても埒があかないようです。

必要としているユーザーは、犬を虐待しません。
最高のパートナーとしてとても大切にしています。
訓練協会はそれを分かっているのでしょうか。


自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31



動物を受け入れるサロンをと作られたペットと飼い主のためのヒーリングサロンです。



TIKILOVE
フード代の一部と、お買い物した時に付くポイントが引退した補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の医療・介護費支援に寄付されます。


我が家の犬たちの実家、TIKILOVE母さんが、引退犬支援のため作られたカレンダーです。可愛い子犬のカレンダーです。

最新のコメント

行きま~す ぜひ、お声を
by ADか~さん at 11:02
mon-muさん、落ち着..
by ワンコのかあさん at 17:52
やっと、落ち着きました ..
by mon-mu at 12:24
セナママさん、超遅レスで..
by ワンコのかあさん at 22:23
先日は、お会い出来て本当..
by セナママ at 00:11
まさ妻さん、こんにちは。..
by ワンコのかあさん at 09:06
母さん、お久しぶりです。..
by まさ妻 at 17:00
??さん、超遅レスですみ..
by ワンコのかあさん at 15:05
セナママさん、22年前の..
by ワンコのかあさん at 09:06
22年前…私にはまだ関西..
by セナママ at 22:50

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
more...

ライフログ


盲導犬ボランティアは楽しい!――犬バカおじさん奮闘記

フォロー中のブログ

カテゴリ

全体
親戚ワンコ
ただの愛犬家
悪性黒色腫
膝関節痛
介護グッズ
子犬育て奮闘記
親戚ワンコのオフ会
ルナの心タンポナーデ
サニーの免疫介在性の貧血
老犬介護
ルナの股関節
セミナーのお知らせ
広島ドッグパークの崩壊
盲導犬 引退犬 ボランティア
長崎盲導犬虐待事件
盲導犬の歩行の安全を願う
チャリティーカレンダー
皮膚炎
私事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬

画像一覧