引退犬はかわいそう?

b0008217_2265085.jpg私の周りにいる多くの人々は「引退犬=老犬=かわいそう=世話が大変」と言うようなイメージを持っています。しかも、かなり強く。
その多くは、盲導犬がメディアに登場する時に、感動もの、お涙頂戴ものに編集されたものを見せられるケースが多いからではないでしょうか。
なぜ、盲導犬のことが語られる時「盲導犬は多くの別れを・・・」と、まず「別れ」が語られるのでしょうか。「別れ」は寂しく・つらく・悲しいから「かわいそうな犬」に繋がっていく。確かに多くの別れを経ていますが、言い換えれば「多くの出会い」があると言うことでしょう。
b0008217_2271625.jpg

引退犬の存在を知ってもらうことは重要なことだとは思いますが、引退犬はかわいそうな犬というイメージで捉えられたくはないのです。
私の知る限りの引退犬ボランティアは皆口をそろえて言います。「この子達と暮らしていて楽しいことや嬉しいことが沢山あります。一緒に暮らせてよかった。惨めでもかわいそうでもない」と。
良い格好しいでも何でもありません。本当のことなのです。
それがメディアによって感動ものに仕立て上げられることは、ある意味困ったことなのです。
なぜ困るのか。
まず、事実が伝わりにくい。感動してかわいそうがって引退犬ボランティになる人の中には、「かわいそうな犬だから、庭が広いから置いてやろう」「玄関先なら置いてやれるから」というので預かる人もあるのです。それは、本来の意味での引退犬ボランティアではありません。人と寝食を共にしてきた犬達がその生の終末をそのような環境におかれて良いものでしょうか。それこそ「かわいそうで、惨めな犬」になってしまいます。
b0008217_2274190.jpg

引退犬を、あるがままに伝えていこうと引退犬ボランティアの人たちが写真展を開き始めました。少しずつではありますが引退後の生活を伝える為に動き始めたのです。
とりあえず私も、自分でできることからはじめて行こうと、ユキの生存中は彼女の様態を見ながらでしたが「毎日がオープンデー」にしました。
ユキに会いたいと来て下さる方には私が在宅であれば、「いつでもどうぞ」だったのです。
これから後も、引退犬が来た時はそうします。

私は、ワンコたちと一緒に、幸せに暮らしたい。
ワンコたちと一緒に、幸せに暮らしています。
[PR]
Commented by knighthime1 at 2005-02-26 00:17
今はまだ無理ですが、もしこの先私に色々な意味で余裕ができたら引退犬ボランティアをやってみたいと思います。
人間の為にたくさん働いてくれたわんこにたくさんの感謝の気持ちをこめて穏やかな最後を迎えるお手伝いをしたいです。
まだまだわんこのお母さんに教えていただく事がたくさんありそうですね。
よろしくお願いしますね。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-02-26 15:51 x
knighthime1さん、ありがとうございます。
もしそうなったらうれしいですねぇ。 knighthime1さんちだったら最高に幸せになれる。
私も長い間思い続けてやっと願いがかないました。自分自身がボランティアから引退するまでに何頭の子たちと巡り会えるか楽しみです。
Commented by SATO at 2005-02-26 21:16 x
わんこが好き。
この子と一緒に暮らしてみたい。
この子の喜ぶ顔が見たい。
この子が大好き。
何よりこの子が大切。
それだけの私達。
うちもあと何頭の子とご縁があるのかなぁ。
慟哭の別れは辛いですが、それでもわんこが大好き。
Commented by Qパパ at 2005-02-26 21:35 x
どう捉えるかで正反対になりますよね。。
Q家も、先代までは、ワンコ友達も少なくて出会いの少ない感じでした。これは、私達が壁を作っていたように、今では思っています。
 Qを迎えて、今度はこちらから積極的にワンコ友達を作って行ってます。また、Qだったからこそ増えている部分も有りますが。。。
 それに、インターネットの役割も大ですね。。

 そう、明日も大分へワンコ仲間と遊ぶために出かけますしね。
ワンコに限らず、何事もどう捉えるかですね。。
 
 写真、はずかしながら、腕がなかなか上がりません。ただ、シャッターを押す回数だけは急増してます。(笑) 
Commented by ワンコのかあさん at 2005-02-26 22:19 x
SATOさん、こんばんは。
「慟哭の別れ」、まさにそうですね。
それでも、ワンコといる時間が楽しいから新しい出会いを求める。
私が最も恐れていることは、一緒に暮らしたくても暮らせなくなる時が来ること。
怖いから考えないことにしています。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-02-26 22:39 x
Qちゃんちは大分へ遠征ですか。いいなぁ。
Qちゃんが「パパァ、ママァ今日も遊びに行くんでしょ♪」って見上げているようすが目に浮かぶようです。
ワンコとインターネット、本当に大きいですよね。
私もQ家と出会えたんですもの。

パパの写真好きですよぉ。
「雨上がり」なんか、ピッチョンと小さな小さな音が聞こえそう。
それを見ながらQちゃんが、「パパ!雨上がったよ!」ってお散歩催促したりして、なんて余計なこと思って一人で笑ってるの。
Commented by SATO at 2005-02-27 21:53 x
わんこのかあさん、お返事ありがとうございます。
わんこと暮らせなくなる時・・・私も考えたくないですね。(^^;

Qパパさん、初めまして。
我が家は大分市内ですよ!ご縁があったらうれしいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-02-28 00:03 x
SATOさん、こんばんは。
大分、遠いですねぇ。引退犬Vでお知り合いになれた方は皆さん遠い。
本当に残念です。でも、知り合えただけでも嬉しいです。

QちゃんのHPもお友達がいっぱいで楽しいですよ。
良かったらいってみられませんか。URLは
http://www.geocities.jp/quench80/
です。
Commented by ふじた at 2005-02-28 19:41 x
お久しぶりです。愛媛の藤田です。パソコンは若葉マークなので、なかなかここまでたどり着きませんでした。3月27日の犬の運動会に盲導犬とユーザーさんも来てくれる事になりました。展示コーナーやユーザーさんにマイクを持ってもらう時間も設けました。じわじわと盲導犬や引退犬の話も広がり、私の犬仲間のご家族の中で「引退犬のボランティアをしたい」とおしゃってくださる所もでてきました。私の仲間は「生きる」と言う意味をちゃんと理解して、しっかり受け止められる人たちです。また、いろいろと教えて下さい。宜しくお願い致します。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-02-28 22:26 x
藤田さま、いらっしゃいませ。
良いお仲間がいらっしゃるんですね。私も少しずつですが動きはじめています。
愛媛にも仲良しのユーザーが何人かいらっしゃいます。ユキの介護の時はものすごくお世話になりました。だから愛媛には足を向けて寝られないんです。(笑い)
Commented by ふじた at 2005-03-03 19:01 x
こんにちは。ちゃくちゃくと運動会の準備が進んでいます。今日ユーザーさんと運動会の話をしていたら、ワンコのおかあさんの名前が出ました。「よく知っている。」とのこと。運動会は年2回開催していて、犬だけでも100頭以上集まります。ちょっと遠いけど是非一度見に来てください。また、私達で協力できる事があれば、どんどん言ってくださいね。純で無垢な魂を持った者たちの寝顔は、心のドロドロ、ガチガチを溶かして安らかな気持ちにしてくれますね。守ってあげたいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-03-03 22:09 x
ワンコが100頭以上なんて!行きたいですねぇ。
春の運動会には予定があって参加できませんが、愛媛にはいつか必ず行こうと思っているんです。
お礼を申し上げたい方たちが沢山いらっしゃるから。
運動会の日が良いお天気でありますように、祈っています。


Commented by ふじた at 2005-03-05 14:39 x
ひな祭りになると思い出す子がいます。ミニチュアダックスの「ひなちゃん」です。本当に素直で純真無垢なこでした。一昨年の夏、ちょっと元気がないので病院に連れて行き、そのまま入院しました。翌朝には「死にました。」との電話。入院前夜はハムスターを追っかけて遊んでいたのに。原因は今もわかりません。写真は携帯電話で撮った一枚だけ。病院のゲージの中で一人で死んでしまう位なら、入院なんてさせずに私の腕の中で逝かせてやりたかったです。私は以前その病院に勤めていたので、領収書の薬名でだいたいの治療法がわかります。今でも不審をいだいています。たった一回しかひな祭りを迎える事が出来なかった「ひなちゃん」。今年も家の裏の大きな白い桃の木に、溢れんばかりに蕾がついています。「ひなちゃん」の首輪を今は、「ひなちゃん」が逝ってしまって一週間後に我が家で生まれたMダックスの「まるちゃん」が受け継いでいます。元気一杯でTVの「ポチタマ」に出たり、パパ犬の後を継いでセラピー犬になる為に頑張っています。そうやって、命は繋げていけるのですね。「ユキちゃん」の「命」も愛媛でもいっぱい繋げていきます。長くなったけど、これからも宜しくお願いします。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-03-05 22:55 x
ひなちゃん、寂しい最後だったんですね。かあさんの気持ちよくわかります。「そんなことなら、ずっと抱いていてやりたかった」そう思われたことでしょう。友人のワンコもちょっと調子が悪くて「点滴しましょうって言われて預けて帰ったのが迎えに言った時は、もうなくなる寸前で「なんで!」と思わず医師に詰め寄ったそうです。
「ポチタマ」に出られたのですか!あの番組はほとんど見てるのにぃ~~。聞いていたら画面でこんにちは、の御挨拶ができたんですよね。残念!
Commented by ふじた at 2005-03-09 16:54 x
コリーのウイリー君を紹介します。例の白血病の子です。ウー君は1歳で我が家に来ました。ショータイプの子で「グランドチャンピオンに必ずなれる。」と関係者皆が期待していた子でしたが、3歳の時突然の大量の鼻血。血小板がほとんど有りませんでした。「余命3ヶ月」と宣告されました。諦めきれずにいた時、「アメリカで同じような症例を見たことがある。その薬は、まだ日本にはないので空輸で取り寄せになるし、この子に効くと言う保障はできません。」「何もしないより0.1パーセントでも可能性があるのなら。」動物用のインターフェロンです。後遺症は人間と一緒です。凄まじいものでした。2年で外見が元どうりになり前の飼い主さんに逢わす為、ショーに出すと信じられない事にリボンを頂いてしまいました。「奇跡の犬」と呼ばれています。今年9歳です。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-03-10 00:11 x
ふじたさま、こんばんは。
ウイリー君、藤田さんに巡り会えてよかったですねぇ。
動物にもインターフェロンがあるんですね。
「余命3ヶ月」と宣告されて、9歳になっても元気なんですね。
すごいです。いつか、インターフェロン投与時の副作用や後遺症のこと教えていただきたいです。
by yukiba20 | 2005-02-25 22:14 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(16)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん