ソランちゃん、約束だよ

私、今、激しく動揺しています…


「ソランが亡くなりました」

セミナーが終わってメールを見たら、そんなこと書いてありました。
そう、そんなこと書いてあった、くらい信じられなかった。

何度も何度も、何度も何度も読み返して、やっとわかったくらい動揺しました。

バスに乗っても涙が止まらず、かけていた大きなマスクが家に帰り着く頃はビショビショでした。

ソランちゃん、私、あなたがいなくなったって知ってからほとんど喋っていません。
口を開くと涙が出る。

あなたがいなくなったのがこんなに大きな打撃だとは思いもよらなかった。

サニーとは、外見だけでなくすることもよく似ていたね。
犬が嫌いで、人が好き。
わいわい走って歩くより、柵近くで臭い取りが良い。

だから、ソランちゃんとサニーは一緒に年をとって同じような頃に行くと勝手に思っていた。

だから、だから…


ソランちゃんは、サニーたちと一緒に12年前の獅子座流星群が降る中生まれました。

ソランちゃんを始め何頭かは関西盲導犬協会からパピーウォーキングに出されましたが、キャリアチェンジになりそれぞれの家族のもとに引き取られました。

ソランちゃんとは、ボランティアデーで出会い、それ以来のお付き合いです。

そんなに頻繁に会うことはなかったのですが、出会うと必ずといっていいほどサニーをあずけていました。
何しろ、我が家は3頭も4頭もいたものですから…。
b0008217_23545243.jpg


ふたりとも、犬は苦手だったね。
記念写真をとっても、あっちむいてホイ状態。
b0008217_23552085.jpg

でも人は大好きで、「おばちゃーん」って走ってきてくれたのを忘れることはできません。
b0008217_23554043.jpg


今年は、お互い13歳になるから、ボランティアデーに連れていってやろうと思い、早々と京都のペンションを予約したんだよ。
ソランちゃんに会えたら、あの、あっちむいてホイの写真を撮ろうと思っていたのに。


ソランちゃん、本当に急なお引越しだったけれど、お嬢さんとは兄妹のように育ち、幸せな犬生だったね。

大好きなソランちゃん
これからもずっとずっと大好きだよ

いつか、又会おうね、約束だよ。

そうそう、千の風になって、たまにはサニーに会いに来てやってね。

(勝手ながらコメント欄を閉じさせていただきます)
[PR]
by yukiba20 | 2014-01-12 00:02 | 親戚ワンコ

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん