絆Ⅰ

b0008217_17171428.jpg先日、盲導犬をパートナーとしている友人と久しぶりにゆっくりお話しました。
お互い犬好きというので、話の半分はワンコのことです。
食餌のこと、健康のこと、日頃の行動のこと、気になっていること、など話は尽きません。

彼女は、パートナーに全幅の信頼を置いています。
歩いていても、パートナーが行けないと判断して止まった場合には人が大丈夫といってもパートナーの指示に従う。でも、パートナーが行けると判断したところは周りの人の言葉よりもパートナーに従う。
その判断が今までに間違ったことはなかったそうです。

「だって、この子はいつも一緒。同じ判断。でも、人はその時その時で変わるし、判断もバラバラだから、いつも一緒の子を信頼していく。そうすれば自然にきちんとお仕事をしてくれるようになるのよ。だいいち、犬だって自分も危険な目にあいたくないでしょ。」

使用者が信頼し、その信頼にこたえて安全第一に誘導しているパートナー。
一人と一頭の間は「信頼」という絆で結ばれているのだと会うたびに実感させられます。

でも、その信頼だって一朝一夕に出来るわけではない。
「その子その子で多少の差があるけれど、はじめの3~6ヶ月を気長に教えながら歩いていくというのは必要。
その時に歩くのが下手だといって人に頼ると犬が仕事を放棄するから。
利口だから良くわかるのよねぇ。」
b0008217_17174749.jpg

「この子がいなかったら、外出のたびに私はいったい何人の人に世話にならなければならないと思う?
それこそ数え切れないくらいの人に世話にならなければならないでしょう。それも気を使いながら。
その数え切れない人の代わりをこの子は1頭でしてくれている。
おまけに、いつも一緒にいてくれるでしょ。」

たかが犬1頭という人もいますが、そうではないのです。
1頭の犬は一人の人間にも優ることもあるのだということを、多くの人に知ってほしいと思います。

それと同時に、盲導犬はスーパードッグではないということも知ってほしいと思います。
[PR]
Commented by ちゅんちゅん at 2005-04-02 20:27 x
激しく、うんうんと頷きながら読んでしまいました。
そうですよね、たかが一頭なんて!
Commented by ちゅんちゅん at 2005-04-02 20:32 x
あ、力をこめてクリックしてしまった…
関係を築くまでにじっくり時間が必要なことも、信頼しきることの大切さも、そして信頼に足ることも、わかるような気がします。

もしも、わたしなら…と想像したとき、きっと切実にいて欲しいと願うと思うのです。
猫一匹が夫よりわたしへの理解が深いこともあります。
たかが、なんて。
そして、スーパーもありえないですよね。
優れているがゆえに、繊細でもろくもあり、「信頼」を本当の意味で知っているから、いい加減な態度ではいけないんですよね。

かあさん、ニオイノンノ、いいです!ありがとう~~
Commented by ワンコのかあさん at 2005-04-03 00:39 x
ちゅんちゅんさん、こんばんは。
決してスーパーではないけれど、信頼関係が築けるって良いですよねぇ。
盲導犬であろうがペットであろうが同じ。

ニオイノンノ、良かったですか~♪
いちじくちゃんもいろいろ葛藤していると思うよ。
ルナのとき、「おいおい、私を試してるんかい?」ってよく話しかけていたもの。
サニーのおかげでトンネルを抜けるのは早かったけれどね。
抜けられないトンネルはない、よ。
私も長いトンネルをちゃんと抜けたもの。
by yukiba20 | 2005-03-31 17:20 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(3)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん