暑い夏

今年も忌まわしい過去の日が巡ってきました。
8月6日を迎えるたびに思うのです。
長崎の被爆は避けられたのではないかと。

年々強く思うようになっている。
「大日本帝国」の決断の遅れだったのではないかと。

もっとも、3日くらいの差であればそうではないのだろう。
むしろ動転していたのだろうと思う。

それでも、やはり思ってしまう。
長崎はなぜ回避できなかったのだろうかと。

戦後70年を迎えて日本国は揺れています。
安倍内閣の提唱する安保と国民の温度差。

安倍さんは、戦争にはならないと言っていますが、憲法の拡大解釈が始まれば、いずれ改憲につながっていくでしょう。
過去の歴史が「そうだそうだ」と言っています。

戦争に行きたくないという若者を批判する議員が出てきました。
では、あなたが先ず自衛隊の先頭に立って行って下さるのでしょうねと言いたい。

権力者や富裕層は常に陰に隠れ、自分はおろか自分の子弟さえ危険地帯に出さない。
(そんなことを考えれば戦国の世の武士たちは、先ず先頭に立って戦っていたなぁ)

翻って考えてみれば、安倍内閣の言うことも分からないではないのです。
自国民を守るのに他力本願で良いのか。
助けてもらうばかりで協力はしなくていいのか。

今、私はどう考えたら良いのかわかりません。
なぜなら、安倍さんの回答はいつも質問者の内容からずれていて同じことしか言っていないからです。

回答を聞いていると、「はいはい、それは何度も聞きましたから、質問への回答をお願いします」と言いたくなる。

頭の回転が鈍い私は、そう言うのが出て初めて考えることができるのです。


それでも、私は戦争は嫌です。
命を生み育てる母親は、何があっても、たとえ我が身に死がふりかかろうと殺し合いは望みません。

普段無意識に過ごすことの日々、今日くらいは日本の平和憲法に思いをめぐらせても良いのではないでしょうか。

核を持たない日本と言っているけれど、果たして本当でしょうか。
潜在的に核に転用できる材料はあるでしょう。
そして、作ろうと思えばすぐにつくれる技術がある。

あなたは、あなたの子や孫を戦場に送り出したいですか?
b0008217_952746.jpg

[PR]
Commented by さよちゃん at 2015-08-06 16:34 x
 70年より以前にはワンちゃんも徴用されたと聞いています。また、いろんな動物が為政者が起こした戦争のために犠牲になりました。本当に悲しいことです。
 今現在、戦争法案を通そうとしている、安部さんに私は言いたいです。「まず、あなたが武装のお手本を見せて、戦争をしている地域へいくべきだ」と。
 拘束された人を見殺しにし、拉致問題は何の解決もみられません。すべて安部さんの気まぐれです。こんな人に政治を任せるのはいいのでしょうか? 
Commented by セナママ at 2015-08-06 20:08 x
“うみちゃん……ウラン
もセナもアスターも行かないでし!”全くです!毎年この時に“かわいそうなゾウ”の語り話しを聞いています。毎年くやし涙と切なさでいっぱいになります。でも、今年はイカリで涙が出ません。また繰り返すのか?!
Commented by ワンコのかあさん at 2015-08-07 08:55 x
さよちゃん 、そうです。
多くの毛皮を持った動物たちが殺されました。
戦争は、人間だけでなく地上のあらゆる生命を脅かし、また残虐な手段で奪って行きます。
安倍さんが本当に戦争を視野に入れていないなら、同じ言葉の繰り返しでなくもっと丁寧に答えられるはず。
どんな言葉を尽くそうが彼の頭の中には(戦争もあるだろうな)と言う思いがあるのだと思います。
やっとの思いで、日本は戦争をしない平和な国と言われ守ってきたのに愚かなこと。
輝く珠を火中に投じることのないように願っています。
Commented by ワンコのかあさん at 2015-08-07 09:03 x
セナママさん、そうですよね。
ウーちゃん達だって行きたくないですよね。
檻の中で餓死させられた動物も、毛皮のために殺された動物も、爆薬を背負って敵陣へ走らなければならない動物も、そして、殺さなければ殺されるからと言って殺戮に参加したヒトも、皆、バカな一握りの為政者の犠牲です。
今を生きる幼い子、若者たち、地球に生けるすべての物たちに与えるのは未来であって、苦しみであってはいけない。
Commented by ランディママ at 2015-08-08 11:53 x
本当にその通りです。
戦争は命あるものを道具にします。
先日、アーサー・ビナードさんという、中原中也賞を受賞されたアメリカの詩人・絵本作家の講演を聞く機会がありました。
歴史の事実に基づくビナードさんの言葉には、説得力がありました。
アメリカは戦争に勝っていたのに、どうして1945年、沖縄に上陸し、広島と長崎に原爆を落としたのか?
当時のアメリカ政府の論理には、戦慄するものがありました。
戦争はやっちゃいかんです。
京都大学有志の声明文に共感します。
一行めが「戦争は、防衛を名目に始まる。
心しないといけませんね。」
Commented by ワンコのかあさん at 2015-08-10 11:34 x
ランディママさん、遅レスですみません(汗)
ビナードさんのことは知っていましたが講演を聞かれたのですか。
それはうらやましい。
良かったですね~。
私もアメリカの論理を聞いてみたかったです。

原爆は、今でもこれからもずっと、ありとあらゆる生命を使った実験だったと思っています。
爆弾を投下した自国の兵士を含めてね。
投下した者への影響。
生き残る生命。
放射能が及ぼす破壊的な作用とその範囲。
などなど、アメリカはその後、治療と称して膨大なデータを持ち帰りました。

残存放射能が、自分たちにも重大な影響を及ぼすなんて思いもしなかったでしょうね。

京大有志の声明文には深く深く賛同いたします。
by yukiba20 | 2015-08-06 09:52 | ただの愛犬家 | Comments(6)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん