かっぱいぬ

にいちゃんに、ありがたくない新しい名前を付けてもらいました
「かっぱいぬ」041.gif
b0008217_9101543.jpg


サニーは梅雨ごろから夏にかけて湿疹がよくできました。
寄り集まって巨大なかさぶたになるくらいでした。
場所も決まっていて、右耳の下。

海は、サニーに似ているのでどうかな?と思っていましたが、昨年までは出ませんでした。
そう、昨年までは、です。

サニーがいなくなって1年経った今年…、でました~007.gif
しかも、お盆に001.gif

この、原因不明の湿疹は一夜で大きく広がるんです。
と言うのも、とんでもなく痒いみたいでひどくかきむしる。

サニーの場合は、分かっていたのでおかしいと思ったらすぐに対処できたのですが、海は油断してました。

夜、頭のてっぺんにポツリとさわるものがあったのですが、見たところ大したものではなさそううなので、明日まで様子見だと思って寝ました。

朝起きたら、こんなことに005.gif
b0008217_9211494.jpg

夜中に痒くて、手が届かないものだからそこら中にこすりつけたみたいです002.gif

サニーの時に病院に連れて行ったら、最悪コンビの抗生物質とステロイド処方だったのでそれ以来この程度では病院に連れて行きません。
サニーと同じ処置をしました。

先ずウィラードウォーター(ぬるま湯でも良い)で洗って、ティーツリーオイル(ホホバ油10mlにティーツリーオイル2滴)を塗る、を1日3回。
b0008217_9202957.jpg


アレルギー持ちの私は、洗うときは刺激性のないもので洗うこと、たとえわずかでも刺激のあるものは、それがさらなる皮膚炎をおこす可能性があるからぬるま湯が一番良いよ、とヒトの皮膚科の医師に教えていただいていました。
ヒトに良いことは犬にも良いですから、余分なものは使いません。

薬用シャンプーは刺激があるので、使い方次第で効果があったりなかったりです。

我が家流は、広範囲なら、ぬるま湯のシャワーを丁寧に、限定されている範囲ならウィラードウォーターかぬるま湯をペットボトルに入れて患部を洗い(擦ってはいけません、洗い流すくらいで)タオルドライ、です。
ドライヤーは使いませんが、使う時は冷風で。
それから、ティーツリーオイルを薄く塗る。
これも擦ってはいけません。

かゆみを取ると引っ掻かないので、普通の皮膚炎だったらそれで治ります。

かさぶたは、自然にはがれてくるまで無理にはがさないこと。
(オイルを使っているので、かさぶたのカサカサ感で痒がらないのでひっかきません)

手が届かないので、三日目には、こんなにきれいになりました。
b0008217_9194393.jpg

あとは、毛が生えるのを待つだけです。


ウミ~、こんなものは引き継がなくってもいいんだよ~037.gif
サンちゃ~ん、こんな置き土産しなくったって、相棒のこと忘れるはずがないじゃないの~034.gif
[PR]
Commented by さよちゃん at 2015-08-17 14:52 x
高貴なお方か、もしくは大女優さんの名前を持つカラーはしないで良かったね。
皮膚炎の効果的な治療法、教えてもらってありがとう。参考にします。
ウチのブンタは目のすぐ上のおできが治った後ハゲていましたが、今は毛が戻りました。ヒトのハゲは年齢が増えるとなかなか戻りませんが、ブンタは高齢でも毛が戻ってくるのに驚いています。
カッパネコにならずに済んでよかったです。
ところで、ステロイドってヒトには良くないということは知っていました。が、獣医さんによると、猫には影響は少ないって言われました。抗生物質とステロイドは最悪コンビだったの???
ブンタの目が腫れて眼圧も高くなったとき、出してもらいましたよ。
Commented by ワンコのかあさん at 2015-08-17 19:09 x
さよちゃん、ニャンコとステロイドはどうか分かりませんが、ワンコとステロイドは重篤な肝障害や出血性腸炎と言う怖い副作用があります。
我が家は、3代目とサニーで経験しています。
それでも眼圧が上がったりという厄介な時は使用せざるをえないですよね。

大したことない(私が治せる程度の)皮膚炎に抗生物質+ステロイドは別の病気をもたらしますのでまず使いません。
皮膚炎の薬を飲んで下痢をするというのはだいたいがこの最悪コンビの投与ですわ。
薬のせいとは思っていないので、さらに薬を増やして血便騒ぎになることも。

そんな時は、葛湯かおかゆが一番。
ヒト族と同じですわ。

でも、眼圧が上がるなど必要な時は四の五のいっちゃぁいられません。
そういう時は医師と相談しながらですね~。
Commented by モカこんぶ茶 at 2015-08-18 16:39 x
ご無沙汰しております。読み逃げさせて頂いてましたが(笑)
皮膚炎に効果的な対処法を教えて頂いてうれしいです。
我が家は二頭とも皮膚が強いのですがモカも13歳過ぎてこんぶも11歳過ぎましたので
色々参考にさせて頂いてます。こんぶはラブですからやはり脂肪のようなイボがたくさん
出来てきて本犬は舐めないのにモカが舐める~で、潰れて血が出てを繰り返すうちに
不思議とイボが小さくなっていくのです(笑)モカの唾液で治してる??なんて
事があるのか?わかりませんが…ただ毛の変色は唾液で黒毛が赤茶に(涙)

こんな風にステロイドを使わずに掻き毟らずに治ってくれるなら
怖くないですね。お友達ワンコに教えてあげたいと思います。
大阪も厳しい暑さでしょうからお気をつけてお過ごし下さいね~
って我が家も暑いぞ熊谷近辺なのでワンコには辛いです(><)
Commented by ワンコのかあさん at 2015-08-20 16:52 x
モカこんぶ茶さん、遅レスですみません(汗)
我が家では、できるだけ病院へ行かなくて済むようにと、ヒトが病院にかかった時のことを参考にすることが多いのですわ。(^^)
それと、何でも自分の身で試してみることが好きなので、こんな結果です(笑)
どうしてもだめなものもあると思いますが、今のところはこれで賄えているので、まぁ、結果オーライかな?と

引っ掻かないので、もう毛が生え始めています。(^^)V
Commented by セナママ at 2015-08-28 00:16 x
かあさぁん!今日我が方でも“かっぱいぬ”いたよ(笑)13歳のラブちゃん……家族みんなに頭撫でられてかっぱの様なヘアスタイルになってた(笑)“幸せなかっぱいぬ”でした(^^)v
Commented by ワンコのかあさん at 2015-08-28 16:26 x
セナママさん、「幸せなカッパいぬさん」に私も会ってみたいです。
13歳かぁ…この夏を元気で乗り切って、ハロウィンもクリスマスもお正月も、幸せなカッパ頭で迎えてほしいね。
by yukiba20 | 2015-08-17 09:32 | 皮膚炎 | Comments(6)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん