高齢者が犬や猫を飼う時はⅠ

最低でも、次のことを忘れてはならないと思っています。

自分の余命が少ないと言うこと
余命が少ないと言うことは、犬や猫たちより早く生命の終わりを迎え、残した者達に過酷な残酷な運命を背負わせるかもしれないと言うことです。

自分の体力は思っている以上に衰えていると言うこと
自分の気力・集中力はそんなに続かないと言うこと

体力の衰えは、たとえ小型犬であっても飛び出しの瞬発力は想像以上のことがあります。
ましてや大型犬の制御は難しいと言うことを自覚しましょう。
若い時は躾ができたものが、気力・集中力の衰えで根気がなくなって「あぁ、もういいや」と中途半端で投げ出すことも多くなるかもしれないと言うこと。
世話をしてもらえない犬たちは、小型犬でも大型犬でも等しく大きなストレスを抱えます。
このストレスが往々にして咬傷事故・事件に繋がって行く。

最近も何件かありました。
その飼い主の年齢をみるとほとんどが高齢者で中には後期高齢者も少なくありません。
話題に上るのは大型犬ですが、中・小型犬だっているはずです。

生き物を飼う時はお金がかかると言うこと
自分にその経済力があるかと言うこと

生きている者は、食べますし、汚しますし、病気にだってなります。
それをちゃんとカバーできる経済力はありますか。

さらに大切なのは、自分に万が一のことがあったら残された犬や猫たちが最後まで幸せに暮らせる場所があるということ
これは、最も重要なことだと思っています。

何を偉そうにと思われるかもしれませんが、以上のことは自戒として常に心していることです。
b0008217_13143290.jpg

[PR]
Commented by ターミ姉ちゃん at 2015-09-19 19:11 x
高齢者にして欲しくない事。それは、
・動物を飼う事
・車を運転する事
・そして、文句ばかり言いながら無駄に生きる事。

自分もいつまで何が出来るのか、常に自問しています。
お荷物ババアにならないために…
Commented by さよちゃん at 2015-09-19 19:13 x
それから、もう一つ付け加えると、災害時の場合が心配です。高齢者の方の場合は特に考えておく必要があるでしょう。

話は変わりますが、私は今、超高齢ブンタが病気なので看病させてもらっています。ブンタの1日1日をともに大切に過ごせたらいいな、と思います。
Commented by ワンコのかあさん at 2015-09-19 20:26 x
ターミ姉ちゃん、まさにそのとおり!
車の免許は書き換えの時に厳しいチェックをしてほしい。
いまの認知症チェックなんて、「はい、いたしました」ってな感じだけじゃないですか。
それと運転技術・反射神経のチェックもしてほしい。
私が言うのもなんですが、ろくに歩けない爺さん婆さんが運転してるのを見ると、ブレーキ踏めるんかい!と思ってしまう。

私も、常に自戒していますが、オットットが問題爺になりつつありますわ。
Commented by ワンコのかあさん at 2015-09-19 20:29 x
さよちゃん、そうそう災害時ね~。
自分一人でもどうかって言う時あるものね。

ブンさんのこと、ドキドキしています。
でも、頑張ってるね。
ブンさん、さよちゃんのこと大切に思ってるんだなぁって思います。
大好きなんだよね、さよちゃんのこと。
Commented at 2015-09-22 12:59 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ワンコのかあさん at 2015-09-22 17:00 x
??さん、ご心配ですね。
お役にたつかどうか分かりませんが、メールさせていただきます。
今日は長男が帰省していて落ち着きませんので明日メールします。
あ、明日帰るのでお気遣いなくね。
とりあえず今日すぐにでもできることをひとつ。
心配な顔ではなく笑顔をたくさん見せてあげて。
by yukiba20 | 2015-09-19 13:17 | ただの愛犬家 | Comments(6)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん