阪神淡路の震災は

昨年20年を迎え、私はもう一区切りにしようと思っていました。

でも、今年も目が覚めました。
午前5時27分。
実際より少し早めです。
この日は、目覚ましをかけなくても5時30分前後には必ず目覚めていました。

あの日、ガス爆発のような音と共に大きな揺れがやってきたのですが、その瞬間は地震だとは思っていなかった。
だって、それまでの地震はあんな音はしなかったから。

21年経っても、やはり今朝のことのように思われます。

今、私達の住む地域は南海トラフが動いたら甚大な被害を被ります。
津波に巻き込まれることはありませんが、家屋の倒壊はあり得る。

同じ府内に住むにいちゃんには、「まず、わが身を守りなさい。爺さん婆さんを助けようと思わないように。もちろん私のことも父さんのことも捨て置きなさい。わが身を確保できて余裕があったら若者同士が協力し合って、その時に最も必要と思うことからはじめなさい。」と言ってあります。

もうひとつ、海も私も生きていたとしても、家が何とか雨露がしのげる状態なら避難所には行かずに家にいるからとも。

残念ながら、透析患者の夫の生存はきわめて厳しいものになります。

離れて暮らすにいちゃんにはあわてて来なくていいから兄弟連絡を密に取り合うようにと。

次の瞬間に来るのか何十年もあとに来るのかわからない東南海地震。
私は、海も私も虹の橋に引っ越してからが良いと言い、にいちゃんは復活を考えると若い方が良いと言う。
そうだね、そうにきまってる。

にいちゃんは、ちゃんと将来を見ていた。
私は…、ちょっと恥ずかしかった。

今思うことは、その時海を守ることができるだろうかということだけです。
たかが犬と思われるかもしれませんが、私にとっては苦楽を共にしている、何物にも代えがたい家族なんです。
[PR]
Commented by ラッキーママン at 2016-01-17 21:16 x
ほんと、その通りですよね。
たかが犬に。。。なんていう人も居ますが
家族の一員そのものです。

私も処も、津波は大丈夫ですが、地震は
くると思います、何時かは必ず。

Commented by さよちゃん at 2016-01-17 22:04 x
「阪神淡路大震災」と同じ年の5月に実家の軒下で愛するニャンコさん達は生まれました。そして、10月に私が引っ越しすることになって、二人も一緒についてきてくれました。その後、彼らが召されるまで関西では大きな地震や災害は起こらなかったのが何よりも幸いでした。もし災害が起こっていたら、私もニャンコさん達と一緒にいて、どこにも逃げなかったと思います。
 これからはどうなるか分かりません。大阪湾が近いので津波に巻き込まれるかもしれません。そうなっても、天国の家族が守ってくれると思いますので、自宅にいて、救助を待つことになるでしょう。たぶん・・・。
とにかく、今は悲しいけれど、我が家族とのより悲しい生き別れにはならなくて済んだことに感謝しています。
Commented by ワンコのかあさん at 2016-01-18 20:02 x
ラッキーママンさん、そうなんです。
切っても切れない大事な「娘」なんです。
自分一人だったらとても簡単なんですよ。
死ぬも生きるも自分次第、なんちゃって(笑)

地震、来ますよ。
あちこちで揺れてますもの。
Commented by ワンコのかあさん at 2016-01-18 20:08 x
さよちゃん、分かりやすい生まれだったんですね、ニャンコさんたちは。
そんなことを思うと早いものですね、時間の流れは。
あの頃は体力も気力も充実していたから何でもできましたが、今はどちらもなくなりましたが、それでも守るものがいる間は頑張れるかな?
さよちゃんとこはハザードマップに載っていたっけ?
堺でも我が家は海から離れているから浸水はなさそうですが、ボロ家はきっと倒壊するでしょう。

海と私、死なば諸共なら言うことはないんだけど・・・
Commented by チャム・リム・Y at 2016-01-19 00:52 x
優しくてシッカリした息子さんがいてくれる…って、有難いですね。
かあさんが、そういう人だから、そういう息子さんに育ったんでしょうけど^_^
何かがあった時….
1番気がかりなのは、ワンコの事…
それは、私も一緒です。
なるべく、ワンコだけの留守番は避けたいです(ウチは基本的にオヤジと2人で出掛けることは無いので・笑)
ま、どんな状況になるかは分かりませんから、色んな事を想定しとかなければ…
この子らを残して避難所に、行くつもりは有りませんし…
そういう準備もしとかなきゃ….ですね。
1番イイのは、何も起こらない事…
平和で穏やかな日々が続きますように(^_^)
Commented by ワンコのかあさん at 2016-01-19 15:17 x
チャム・リム・Yさん、はい、人間にはどうか分かりませんがワンコには絶対的に優しいにいちゃんたちです(笑)

私も、今回仕事を引き受けたのは、歩いて30分のところだったから。
いざとなったら自力で帰れると安心だもの。
我が家もとうさんと出かけることはないから、そこは良いかなぁ(笑)
ただね~、とうさんの病院に行っている時が心配なんですわ。
できるだけ長居しないように、行かなくて良いように努力してます(おいおい 爆笑)
by yukiba20 | 2016-01-17 16:40 | ただの愛犬家 | Comments(6)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん