3・11(あなたは知っていますか)

あの日から5年が経ちました。
同じ大震災を経験した阪神淡路に比べてなんと復興の遅いことか。

原発事故や範囲が広大すぎると言うのもありますがそれだけでしょうか。

巨額な義捐金は本当に東北に使われているのでしょうか。

そうじゃないですよね。
全然関係のない地方にも多くの「義捐金」が使われてしまいました。

東北のごみを燃やしますから、と、ごみ処理場を作るのにお金を使ったけれど、だたの1回も東北のごみを処理したことのないごみ処理場を作ったとか、東北へ資材を運ぶからと道路を作って、運んだのを見たことがないとか、あほな国家のばらまきのような気がしてなりません。

そんな無駄遣いのなか、学生を対象に息の長い支援をしているところを知っていますか。

みちのく未来基金

東日本大震災の遺児たちが金銭面で進路を断念しなくてもよいようにと、2011年に「カゴメ」「カルビー」「ロート製薬」の3社が合同で立ち上げた基金です。
その後、「エバラ食品」も加わりました。

対象は、大学・短大・専門学校に合格した遺児たちです。
上限300万円で、なんと返済不要!

しかも25年間続けると宣言しているそうな。

何故なら、「震災前に生まれた最後の遺児が大学を卒業するまで支援し続けたいから」なのだそうです。

最近の日本、国家はどないになるのかと心配で、議員は役人は私腹を肥やすことしか考えてへん。

けれど、民間は捨てたもんやないですね。
多くの企業や個人がサポートしているそうです。

私もやっと安心して応援できるところが見つかりました。

今年からは、税の控除もあるそうです。

一見の価値ありだと思いませんか。

みちのく未来基金
[PR]
Commented by えふ at 2016-03-12 00:47 x
いいこと教えてもらったわ。
私は2013年の9月に東北旅行に行きました。被災地も見に行きました。
テレビで言ってましたけど、観光客が減っているそうです。
大阪から東北は、やっぱり遠いです。
もう一度行きたいと思っても、遠い・・・それに、もう、ミーユを東北まで連れて行くのは可哀そう。
震災のあと、東北のとある牧場にしばらく寄付していましたが、今はしていません、思うところあって・・・・
今度は、人間の子供たちのためにすればいいかな?
観光旅行に行けると一番いいのだけどねぇ。
Commented by ワンコのかあさん at 2016-03-12 17:56 x
えふさん、私は知人からのSOSだけに応えていて義援金はどこに使われるかわからないので出していなかったのです。
もちろん犬猫たちには支援はしましたが、その他はずっと模索中でした。
だからこれを知った時は、「これだ!」と思ったのです。
1000円からできるのも魅力的ですしね。
25年は無理でもしばらくはできそうだから。
Commented by 関西人 at 2016-03-12 23:46 x
私が知っている身近なものは「震災援助寄贈マーク」と言うベルマークの寄贈です。
わが家は学校に通う子供もいないし、ベルマークが付いている商品もあまり買わないのですが、特に期限も設けられていないし個人やグループなどでも出来る簡単な寄贈なのでちまちまとやってます。

日用品の購入代金の一部を基金として集め贈呈している企業の物を購入したりもしています。

震災から5年ではなく、震災が5年も続いていて先が見えないのが阪神淡路大震災との違いですね。日本中が東北の事を忘れない事が一番大切です。



Commented by ワンコのかあさん at 2016-03-14 12:53 x
関西人さん、ベルマークでもしていたのですね。
ベルマークに縁がなくなって長く経つので全く知りませんでした。
これからは買い物をしたら気をつけてみます。

阪神淡路の時は5年経った頃は新しい街が機能し始めていましたよね。
東北は、知人友人達も言ってましたが、住民たちが早くしてほしいことは後回しになっていると嘆いていました。

国力って何なんでしょうね。
by yukiba20 | 2016-03-11 20:23 | ただの愛犬家 | Comments(4)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん