分離不安(ルナの場合Ⅲ)

b0008217_0174879.jpg玄関をそ~っと開けたら、ルナはリビングからドドドと走り出て来て、サニーは2階からトコトコトコと降りてくる。

「な~んだ」
理由は、すぐにわかりました。
そう、サニーが一緒にいなかったのです。
だから、ルナはものすごく寂しくて不安だったんです。
だって我が家に来て以来、彼女はユキとサニーのおかげで独りぼっちで置かれたことはなかったんですもの。

サニーは、ガウガウ遊びが大好きなルナの相手が嫌になると2階へ避難するのです。
当時はまだ、足腰に自信のないルナは自宅の階段の上り下りが出来ませんでした。
そうすると一人ぼっちが寂しくてしようがない。
そんな時は、いっつもユキにくっついていたのに、そのユキがいなくなっちゃった。
b0008217_0192735.jpg

こんなことしなくても皆ルナのこと見てるから。ず~っと皆と一緒だって言い続けて、抱いて静かにいっぱいいっぱい話しかけた。
安心して自分から離れていくまで何時間も抱いていたこともあった。
それなのに、今回もまたワンコに脱帽です。
ユキにもサニーにもかなわない。

しようがないから、サニーに大真面目でお願いしました。
「サンちゃん、ルナはね、ひとりでいるのが寂しくていたずらするんだわ。お願いだから母さんの留守の時はルナといてやって。ルナにはガウガウしないように言うから」
「ルー、ガウガウしすぎるとサンちゃんはお二階へいっちゃうから、ガウガウしないのよ」
そして試しに、2階に上がれないようにして留守にしてみました。

正解だったのです。
お漏らしはなし!
いたずらはちょっとだけ。
サンちゃん、ごめん!ありがとう!
b0008217_0211292.jpg

サニーにストレスがたまらないようにしばらくは長時間のお留守番は避けましたが、数回繰り返した後は、問題行動は全くなくなりました。
見ていると、サニーもルナのガウガウ遊びが目に余ると、たった一声ですが「ガウ」と叱るようになり、それを合図にルナの一人遊びが始まり、やがて眠ってしまう。

サニーの「ガウ」を聞いて私は安心したのです。
何でもルナのすることを許して来たサニーを見ていて、ストレスにならないだろうかと心配だったんです。

それにしても、ワンコはワンコ同士、我が家の場合はそれにつきました。

今ですか?
全く問題なし、で~す♪
[PR]
Commented by mrs-usa at 2005-04-29 01:27
またまた、わんこにやらりたーって感じだねっ。
いつも誰かが一緒じゃないと寂しかったんだねー、ルナしゃん。
ルナのガウガウ遊びも、サニーの一喝で、ちゃーんと一人遊びしてくれるようになるとはっ。
なんだか、人間の子供より、全然おりこうしゃんだじょーーーっ。
うちのほく&らには、♂同士だからか、二人で追いかけっこ遊びはするけど、一緒におねんねなんてしてくりないの。
寝る時に、身体が触れるだけで、お互い「がうっ!」って。
ぷすん。
カウチやベッドに先に来た方が、必ず後から来た方に向かって、「がうっ!」だし。。。
たまに、夜のお出掛け時は、裏庭にコヨーテやスカンクが出るから、夜だけケージするんだけどね。
一緒のケージなんて、ケンカしそうで、恐くて入れられないの。
だから、ほくは、お留守番が未だに苦手なのかなぁ。
寂しいくせに、威張りんぼうのほく。
ぷすす。
Commented by 1lab at 2005-04-29 10:04
ルナちゃん、まだ階段が上がれなかったんだ。
やっぱりルナちゃんも基本的にお利口さんなんですね~
こんなにあっさり解決するとは・・・
今回はサニーちゃんのおかげですか。
サニーちゃんがいなかったらどうなったんでしょうね?
それにしてもワンコのかあさんはワンコの気持ちがよくわかりますね!
そこがすごいです。
Commented by tip 母 at 2005-04-29 10:43 x
ごめんなさい 又来ました。
ワンコの母さんが会ったことのあるティップだと思います。
彼女の元ユーザーのお友達のユーザーさんに、よろしくお伝え下さい。股関節は悪いけど元気です。
彼女の股関節を思い 簡単なボール投げを早めに切り上げる事が
不満で、くわえたボールを離さず「アウト」のコマンドも聞く耳持たずで母は頑固さに磨きがかかったと感心しきりと言う事を。
どこに行っても褒められるティップ。
とびっきりの愛情で育てて頂いたパピーウォーカーの方 訓練士の方 そしてユーザー 心から感謝申し上げている事を・・・。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-04-30 00:28 x
極妻ちゃん、ワンコには勝てない!サニーさまさまです。
うちのワンコが♀なのは基本的に縄張り争いをしないというのと、母性本能にかけるところがあって♀ワンコにしました。
せいか~い、でしたわ。
それにしても、コヨーテやスカンクが・・・なんてちょっと怖くて、うんとくちゃそーなとこに住んでるのね!
ホク&ラニがんばれ!!
Commented by ワンコのかあさん at 2005-04-30 00:37 x
1labさん、こんばんは。
サニーがいなかったら、もっともっと長引いていたと思います。
外出時のガードが固くなって、ルナの不安と不満はますますエスカレートしていったことでしょう。
多頭飼いの良いところがでたラッキーなケースだと喜んでいます。
ワンコの気持ちが分かると言うより、サニーが私の気持ちを分かってくれているような気がします。(笑い)
困った時のサニー頼みですわ。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-04-30 00:49 x
tjp母さま、ありがとうございます。来てくださって嬉しいです。
早速友人に伝えますね。きっと喜ばれますわ。
tip、幸せだね。
うちのルナも股関節が悪いのですが今は、山へ連れて行くとかなり急斜面でも駆け上がり駆け下りてくるようになりました。
獣医さん、ブリーダーさん、パピーウォーカーさんのアドバイスを受けながら、筋力をつけていった結果、皆が驚くくらい良くなりました。
tipちゃんの場合はどうなのか分かりませんが、筋力をつけた方が良いなら、痛みがないようでしたら、ゆるゆるとでも坂道散歩がお奨めです。
でも、階段は逆効果でかえって痛めますので避けたほうが良いかと思われます。
ボールをなかなか離さないというのはサニーとよく似ているなぁって可笑しかった♪
Commented by sumicat at 2005-04-30 22:45
現行犯逮捕!って頭にありつつ今回を読ませていただいて
あっさり原因がわかってしまうワンコのかあさんもすごいし、
サニーちゃんもルナちゃんも言い聞かせて聞いてくれるのがすごい!
本当にサニーちゃんは「サニー」の名前がぴったり♪な気がしました。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-04-30 23:40 x
sumicatさん、こんばんは。
我が家にとってサニーはなくてはならない存在です。
サニーは賢い分頑固だし、ルナは瞬間湯沸かし器のようにテンションがあがるんです。
それを分かったうえで付き合えれば本当に楽しいですね。

私、どこのワンコと話をするときも「あんたなぁ、人が話してる時はちゃ~んと目ぇ見て聞かんかったら何言うてるかわからんでしょ」なんて言うもので、近所では変なオバサンに思われてますわ。(笑い)
by yukiba20 | 2005-04-29 00:25 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(8)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん