引退犬の支援Ⅰ

b0008217_1154291.jpg「あなたと歩きたい 盲導犬支援コンサート」に行ってきました。

主催は「盲導犬育成&引退犬支援有志の会」です。
その収益は関西盲導犬協会とNPO日本サービスドッグ協会に贈られました。

日本サービスドッグ協会(JSDA)と言うのは引退した補助犬たちの老後の支援をしている協会です。
ユキが存命中には私もお世話になりました。
この協会のことについては、また改めて書くことにしましょう。

コンサート会場は「大和郡山城ホール」です。
本来、サニーやルナは盲導犬ではないので施設内に入ることは出来ませんが、主催側が施設と交渉を重ねて下さって、特例と言うことで入場が許可されました。
b0008217_11545023.jpg
サニーとルナはただコンサートに行っただけではありません。
ちゃんとお仕事(?)があったのです。
当日、盲導犬も数頭参加していましたが現役の盲導犬たちには大勢の人たちに自由に触ってもらうわけには行きません。
そこでサニー&ルナの出番です。
本物の盲導犬を見た人たちの「触ってみたい!」という気持ちに答えて、「この子達は触っていただいて良いですよ~」。

撫で撫でしてもらうのが大好きなワンコは子供達に囲まれ、おっかなびっくりのおばさんたちに囲まれ、張り切って、いや、いたってマイペースにお仕事をしていました。

b0008217_11552341.jpg
サニーは募金の経験があるので大丈夫と思っていましたが、ルナにとっては初めての経験。
どうかな?と見ているとサニーよりも度胸がある。
大音響も人ごみも平気でした。
でも、サニーが見えないとやはり不安。
かあさんがいても、サニーの去った方を見続けている。
その間は気もそぞろ。
サニーが戻ってくると、また人の中に戻る。
b0008217_11595911.jpg

見ていた方が、「本当なんですね!本当に探してるわ!」
サニーとルナの不思議な関係を再認識してくださる瞬間であり、「どんなところでも2頭が一緒に参加できるようにしてやりたい」と思ってくださる瞬間らしいこの時。
人の存在がちっぽけに見える時を感じて帰ってくださる、この時を大切にして、人とワンコの、ワンコとワンコの絆を伝えて行きたいと思いました。

この日、初めてワンコ家のとうさんが参加してくれました。
「こんなことに参加するの、好かん?」
「・・・」
b0008217_1157361.jpg

返事がないのは「そうでもないかな」と言うこと。
良かった♪
[PR]
Commented by HAL at 2005-05-23 23:34 x
ルナっち、一緒に居られてよかったね。
道はいろんな方に開けてくるんだね。
お仕事犬と家庭犬の壁。
ユキちゃんとサニーちゃんとルナちゃんの愛の勝!
ついでに、ワンコ家もかあさんの勝!
Commented by ワンコのかあさん at 2005-05-24 00:55 x
HALさん、こんばんは。
本当によかったと思う。
本犬たちは、公園で遊んでもらう延長のような感じで私一人が感激してた。(笑い)


Commented by ハーブママ at 2005-05-24 12:05 x
きゃ~、ワンコのとおさんがぁ~。
ハーブパパも街頭募金には参加する事はめったにないけれど、
運転手のお手伝いしてくれます。
お買い物中にパピーコート着せていたら、必ずどなたからか話かけられます。それは、それでちゃんとお話していたりもします。(笑)
思いがけず、TVOのSさんからVTRが届きました。
何度か繰り返し拝見しました。
彼らしくストレートな番組ですね。
きっとワンコのかあさんは、あえてご覧になっておられないかもしれないなぁ~なんて。何だか昨日のようにゆきばぁ~の事が思い出されます。
ハーブパパは横目でチラチラ見ていましたが、そのうちどこかへ逃走してしまいました。
これからも少しずつ多くの事を学んで、いつかは私も最後の家族になれる日が来ればと願っています。
Commented by tip 母 at 2005-05-24 12:32 x
ワンコのかあ様
ティップの近影・・見て下さって有難うございました。
(ROKOちにも感謝 言うなれば私も彼女のプログ上の下宿人かもしれません。時々遊びに来て下さい。)
鍼治療の効果は、あった・・・と思います。
というのは、ティップは、最初からユーザーと再会出来た事が、もうもう嬉しくて「階段は駆け上がるは 走るは・・シッポブンブン状態でいったいどこが悪いの?と思わせる程で、効果がわからないのです。
この調子だと帰りたくないと駄々をこね、ユーザーを困らせるかと心配しましたが・・・ちゃんと来てくれました。
私を母と認めてくれているのだと嬉しくて、一人で にやけていましたが ユーザーは、寂しかったかもしれません。
現在のユーザーのパートナーは、5月末までの期間限定犬の為
又 お別れが来ます。
「しばらく 杖をついて歩かにゃなりません」と寂しそうにおっしゃる様子を見て「ティップに会わすのは、もうちょっと後にすればよかったかな」と思ってしまいました。

そうそう  ユーザーは、ワンコのかあ様をよくご存知でした。
そして 来月 I 様とお仕事で ご一緒なさるそうです。



Commented by ワンコのかあさん at 2005-05-24 21:20 x
ハーブママさ~ん♪TV見ながら久しぶりに泣いちゃいました。アホな人間のために殺されなければならないワンコのために。よく覚えていなかったユキとの別れの日に。
あの日のこと、やっと思い出しました。
これで、ユキとの生活が最後まで繋がった気がしました。S氏に感謝です。

とうさんね、最初は大テレでしたが、私が離れたら、女の子や元女の子に囲まれてそれなりにやってましたわぁ。(笑い)

Commented by ワンコのかあさん at 2005-05-24 21:35 x
tip母さま、ROKOさんちにせっせとアップしてもらってくださいね。(笑い)
ティップはもうちゃんと分かってるんだよね。
母さんは母さんとして大好きだけれど、でもいっしょに歩いた人は忘れない。
それで良いよね。
多くの出会いを重ねて、たくさんの出会いをプレゼントしてきた子。
アンカーの母さんと最期までいっしょの幸せな様子が目に見えるようです。

ユーザーさん、期間限定犬を使っていらっしゃるんだったわね。
1日も早くパートナーに出会えるように願っています。




by yukiba20 | 2005-05-23 12:04 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(6)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん