シルキーおじさん逝く

b0008217_23431620.jpgシルキーおじさんの訃報が届きました。

また、暑い日の別れです。
15歳2ヶ月。
心臓の悪い子でしたので、この夏は越せまいとは思っていましたが、急ぎ足で逝ってしまいました。
歳に不足はないのでしょうが、縁のあった子に逝かれるのは言葉に尽くせないほど淋しくて辛い。
b0008217_23434412.jpg
3つも病を持った身でありながら、シルキーは母さんと3年の月日を共に暮らすことが出来ました。
母さんは、楽しい日々だったと話してくださいました。

シルキーが来てくれなかったら、私はずっと犬のことだけしか話せなかった。
どこに行っても声高に「早期引退」を話していたでしょう。
でも、シルキーが来て、ユーザーと時折行動を共にするようになって、盲導犬と盲導犬使用者の関係や、使用者の犬に対する思いを知り、「早期引退」ばかりを話していた自分が恥ずかしくなった。
シルキーに会えたから、本当に良い勉強ができました。
シルキーありがとうね。

そうおっしゃっていました。
b0008217_23471964.jpg

私は、2日前にどうしてもシルキーに会いたくて行ってきました。
1週間前に会った時は、頭を持ち上げたりしてまだまだ元気だったのに、わずか1週間で頭が上がらなくなっていました。
呼吸がゼイゼイいっていて、心臓に負担がかかっているのは間違いありませんでした。
母さんは、シルキーが少しでも楽なようにと工夫をしながら介護していらっしゃいました。
b0008217_23462850.jpg

そんな母さんをおいて、虹の橋に行ってしまったシルキー。

暑い季節は嫌いです。
母も義母も義妹も・・・多くの大切な人たちを、そしてユキも代々の犬達も・・・たくさんの仲間達を見送りました。

暑い日は、嫌いです。
b0008217_2350432.jpg

シルキー、あの日あなたが見舞ってくれたユキはそこにいますか?
[PR]
Commented by tip母 at 2005-08-06 00:55 x
ご冥福をお祈り致します。
ご家族のお気持ちを思うと、言葉もありません。
胸が張り裂けそうです。
シルキー いい犬生だったね。
お空から ユキちゃん達と一緒に 父さん母さん わんこのかあ様 たくさんの仲間達を見守ってあげてね。
すてきな笑顔をありがとう。
Commented by HAL at 2005-08-06 08:17 x
シルキーおじさん、急いでユキちゃんの処へ行っちゃったんですね。
シルキー母さんのご心中、お察し申し上げます。
ワンコのかあさんのご心中、お察し申し上げます。

暑い夏に悲しい別れが増えました。
でも、決して忘れられない別れの数々。

>母さんは、楽しい日々だったと話してくださいました。
とてもいいお言葉ですね。
シルキーおじさんもどれくらい幸せだったか、よくわかるお言葉です。

振り返ってばかりいる自分と比べてしまいます。
シルキー母さんのように言える毎日を過ごしたいです。
Commented by Hiromi at 2005-08-06 09:45 x
シルキー、虹の橋を渡ったのですね。
シルキー母さん、長い間お疲れ様でした。
たった3年、されどその3年は濃密で愛情に満ち溢れた
3年だったようですね♪大好きな家族に看取られて、
シルキーは幸せですね。溢れるほどの愛情と引き換えに
沢山の思い出を残して、一足先に虹の橋の向こうに行って
しまったようですが、また会えるその日まで楽しい時を
過ごしながら待っていてくれるはずです。その日まで・・・

Commented by coo-mama at 2005-08-06 11:13 x
シルキ-おじ様 心からご冥福お祈りいたします。
シルキ-くんユキちゃんには会えましたか?
虹の橋の住人になると、病気だった子も、怪我していた子もみんな
元気な体に戻るそうです。
ユキちゃんもシルキ-くんも元気に走り回っていることでしょうね。

シルキ-母さま.ワンコの母さん この歌聞いてみてください。
虹の橋の詩を元に作られた歌です。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~hallelujah/
愛媛県で活動しているHallelujahというバンドの歌です。
"最後のキッス"と言う歌です。yukoさんの歌声が心にしみこんで来ます


Commented by knighthime1 at 2005-08-06 22:22
シルキーおじさんのご冥福を心よりお祈りいたします。
言われてみると本当に虹の橋に旅立つのは暑い季節が多いように思います。
寂しいことだけれど、きっと虹の橋で軽くなった体で元気にたくさんのお友達と走り回っていることでしょう。
再会するのが楽しみですね。^^
Commented by ワンコのかあさん at 2005-08-08 01:03 x
tip母さん、シルキーはティップと同じ協会の子でした。
白くて、大きくて優しい子でした。
1頭の犬が多くのことを伝えていくことを再び知らされた日々でした。
シルキーの写真を見ながら、私たちは老いた子の優しい眼差しに救われていたのだと思っています。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-08-08 01:20 x
HALさん、ありがとうございます。
やっぱり暑い日は嫌いです。
最近は、暑い季節になると不安になります。

シルキー母さんは、2頭めの引退犬を見送られました。
先の子とは、わずか三ヶ月の縁だったそうです。
去年の今頃はまだユキがいて、シルキーがお見舞いに来てくれていたのにと思うと、あの日が夢だったような気がします。

老いた子を預かるということは、こういうことなんですね。
振り返ると、それは夢のような日々。

Commented by ワンコのかあさん at 2005-08-08 01:25 x
Hiromiさん、 ありがとうございます。
虹の橋を知らなかった頃は、淋しい思いが、ずっと後をひきました。
でも、虹の橋を知って再会への希望を持つことが出来ました。
今はどんなにしているだろうかと想像するとまた会えるだろう日が楽しみです。
「虹の橋」、いいですね。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-08-08 01:34 x
coo-mamaさん、ありがとうございます。
yukoさんのお歌聴いてきました。
ここに染みとおるような歌ですね。
いろいろなことを思い出し、涙がこぼれます。
年々、涙もろくなります。

Commented by ワンコのかあさん at 2005-08-08 01:42 x
knighthime1さん、ありがとうございます。
虹の橋ってどんなところだろうって想像することがあります。
私が行ったら、どんな風にして迎えてくれるのだろう。
そう考えると、悲しみは半減し思い出すのが辛くなくなります。
「又また会いましょう」、そう言って送ってやることができるようになりました。
Commented by cyatpy at 2005-08-08 10:59 x
私も今てんかん犬と暮らしています
そしてこんなワンコもいて今救出しょようとしています
http://blogs.yahoo.co.jp/diamondnami/8093041.html
関心を寄せてくださるかた
お願いします
ワンコかあさん頭が下がります
Commented by 1lab at 2005-08-08 13:25
シルキーおじさんは、お母さんと3年間一緒に過ごせたのですね。
立派な犬生でしたね。
ワン子は本当にいろんな喜び幸せを人間に運んできてくれますね。
いろんなことに気付かせてくれるし・・・
最近しみじみそういうことを感じます。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-08-08 22:47 x
cyatpy さま、こんばんは。
ブログ拝読させていただきました。
つらいですね。
人間だけではないでしょうか、他の種を虐げているのは。
人間はそれほど偉いのでしょうか。
なんとか救出できると良いのですが。
今の私には祈ることしか出来ません。
近い将来、新しい家族を迎えなければならないのです。
ごめんなさいね・・・ごめんね。
Commented by ワンコのかあさん at 2005-08-08 22:54 x
1labさん、こんばんは。
私、最近・・・というより気がついたら、サニーやルナには到底かなわないって思うようになっています。
あんなに相手に優しくなれるだろうか、
あんなにひたむきな眼差しで相手を見ることが出来るだろうか。
シルキーもきっとそうだったでしょう。
優しい子でしたもの

Commented by ダッシュママ at 2005-08-08 23:55 x
たった今シルキー君の訃報をしりました。
どんなに辛くて悲しいことでしょうか・・・・・
でも、幸せ一杯のシルキー君は皆様に見送られながらきっと微笑みながら虹の橋を渡っていったのですね。
シルキー母さん、有難う御座いました。
シルキー君のご冥福をお祈りいたします・・・・・
Commented by ワンコのかあさん at 2005-08-11 01:24 x
ダッシュママさん、ありがとうございます。
シルキー母さんは、皆様のお気持ちが嬉しいとおっしゃっていました。
ともすれば忘れられがちな引退犬に心を寄せてくださってありがとうございます。
by yukiba20 | 2005-08-05 23:51 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(16)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん