引退犬ボランティアが足りなくなるⅠ

b0008217_15441142.jpgそれぞれの地域で引退犬の生活支援をしている団体・グループがいくつかあります。
何人かの方々とは、ワンコが親戚だったり、ネットのお知り合いだったり、直接のお知り合いだったりしてお付き合いがあります。
その方たちが今、とても心配していらっしゃることがあります。
もちろん、私もです。

数年前から、年間作出頭数が多くなり、その多くなった年のワンコたちが引退年齢に差し掛かってきたのです。
早い子はもう帰り始めています。
1・2年もすると年間数十頭、もしかすると100頭近くの犬たちがリタイヤしてきます。

そうなると引退犬を預かってくださるボランティアの数が足りなくなってきます。
1年間と言う期間を区切ってのパピーウォーカーとは違って亡くなるまで預かると言うことですから期間は限定されることはないのです。

可愛い子犬を1年間限定で預かるパピーウォーカーの希望家族はありますが、期間無制限で老犬を預かってやろうと言う家族は本当に少ないのです。
b0008217_15443741.jpg

なぜ、引退犬ボランティアにはなりにくいのでしょうか?
友人知人に聞いてみました。
[PR]
Commented by HAL at 2006-04-01 08:11 x
はい!って手をあげたい私ですが、まだ出来ないでいます。

犬を飼うということは、一緒に走ったり遊んだりというイメージの方が強いのでしょうね。
犬を飼うのなら子犬から、と良く耳にします。

年老いた先の別れがあることも事実です。
介護=大変というイメージ。
本当にワンコが好きでなければ、出来ない事だとも思います。

でも、それが出来る環境になれば、是非やってみたいです。
老いた子と穏やかな時間を過ごしていきたいと思います。
いつか。いつか、きっと!
かあさまの足元にも及ばないと思いますが、その時がきたらよろしくお願いします。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-04-01 20:21 x
HALさんありがとうございます。
私も預かれる環境が整うのに10年かかりました。
「思い続ければきっと叶う」と祖母が言っていたのを思い出しながら、一番良いときにきっと出会えると思っていました。

こう言ってる私も、実は「犬は子犬から」派だったんです。
今から思うと信じられないけれど。(笑)
成犬でも、十分に情が通い合うとわかったのはサニーが来てからでした。
だからね、むりないの・・・。

HALさん、本当にありがとうね。
とっても嬉しいです。
Commented by ターミ姉ちゃん at 2006-04-01 20:33 x
私も毎年、盲導犬協会にささやかな寄付をしています。(すずめの涙にような)
退役犬の老後は、神奈川でもやはりボランティアに頼っている部分が大きいようです。
しかし、同様にボランティアの数は決して多くはありません。

老犬介護には、体力も気力も時間もお金も必要です。
そしてきちんと見送るだけの根性も要ります。
誰にでもお願い出来る訳ではありません。
そのへんがネックなのでしょうか。

でもボランティアや善意の寄付に頼らなければいけない現状そのものが、
私は寂しいと思います。
職員や獣医師が常駐するケアセンターくらい、国が作ってくれても良いのではないか。
人間のために一所懸命働いてきたわんこに、そのくらいの事を税金でしてくれないのか。

時々この国は本当に先進国なのかと疑ってしまいます。

でも人間の高齢者にも優しくないのですから、動物に何かをしてくれる事を
期待してはいけないのでしょうね。
情けないと思います。

ラブ爺を介護しながら、退役盲導犬のお世話が出来るかどうか。
時々考えます。
でも安請け合いは出来ませんから、よ~く考えないといけませんよね。


Commented by SATO at 2006-04-01 20:57 x
私達は安請け合いで始めたヘッポコボランティアですが
リタイア犬であってもなくても「命を預かる」ということに差はないと思います。
子犬は子犬で可愛い。
老犬は老犬で可愛い。
最期まできっちりと見届けられる幸せ。
それがリタイアボランティアではないでしょうか。
盲導犬リタイア犬だとかまえずに
愛しい命を預かる、それだけでよいのではないかと思うのですが・・・
Commented by tip母 at 2006-04-01 23:21 x
私もそうです。
とっても不純な動機で引退犬ボランティアの登録をしました。
でも 引退犬に会ってみて、そして実際に引退犬を迎えて自分の気持ちがどんどん変わって行くのがわかりました。
最初の内は、いろいろな方々の気持ちを引き継ぐアンカーなのだ!と肩に力がおもいっきり入っていましたが・・・。
一緒にいる事がこの子にとって一番幸せなのだと思うと、そんな気負いなど、いつのまにやら消え去りました。
今は引退犬と暮らせる幸せを毎日かみしめています。
ねぇ かあさま♪
でも 引退犬にかかる医療費について・・・。
国が補助してくれればいいのにって思いません?
(そうそう かあさま いろいろありがとうございました。)




Commented by ワンコのかあさん at 2006-04-01 23:41 x
ターミ姉さん、おっしゃるとおりだと思います。
作出頭数が少なかった頃は皆で支えあえばよかったのだろうと思います。
でも、今はもう、施設もユーザーもボランティアも皆で考えていかねばならない時期に来ているのではないかと思います。

このブログは、時として厳しい現実を書くこともあります。
批判もあるかと思うけれど、それ以上に現実を知ってほしいと思っています。

そして、何より知ってほしいのは、私がどんなに楽しくて幸せかと言うこと♪
Commented by ワンコのかあさん at 2006-04-01 23:59 x
SATOさん、こんばんは。
「命を預かる」
子犬でも老犬でも、縁あって家族となったらまさしくそうなんですね。
私は、ごく自然にユキを家族にと思いました。
それまではある種の使命感みたいものを感じていたのですが、ユキの話を聞いたときは本当に自然に受け入れようと思いましたね。
思いもしなかったかもしれません。
これが縁なんでしょうね。

SATOさん応援できることがあったら是非させてくださいね。
遠慮しないでSOSだしてみてください。

Commented by ワンコのかあさん at 2006-04-02 00:05 x
tip母様、こんばんは。
思い返せば、引退犬ボランティアになるんだ、と思い立った頃は使命感みたいなものがあったような気がします。
その肩の力が抜けた頃にユキと出会いました。
使命感に燃えていたら、介護をこんなに楽しめただろうかと思います。
やはり、ちょうど良い時ってあるんですね。

私、運動苦手なんでリレーなんてだしてもらったことがなかったけれど、ユキやアリサのおかげでアンカー楽しんでます。

引退犬にかかる費用の一部助成なんて制度ができると良いなぁっておもいます。
頑張ってきた子だもの、ご褒美があったって良いよねぇ。
でも、現役にさえないのに引退犬はなおさらですよね。

Commented by ユッキー at 2006-04-02 01:51 x
はじめまして。
ターミ姉さんのところでわんこのかあさんのことを知り、お邪魔させていただきました。
かあさんの住んでいるところから、そんなに遠くないことや、千早に訓練所があることなどを知り、考えさせられました。
富田林の工業団地で盲導犬の訓練をしているのを何度か見かけたのですが、千早の訓練所の子たちでしょうかね?

今、私は家では犬を飼っていません。
でも、会社にいるワンコのお世話をしています。
毎日、仕事が休みでも会社に行っちゃうぐらいにワンコが好きなんです。

引退犬の実情を知り、環境が整えばボランティアをしてみたいと思いました。
がんばってきたワンコたちに最後の幸せをプレゼントする・・・
いつかお世話できる日を夢見て、少しずつ準備をしていきたいです。


Commented by サリー at 2006-04-02 09:50 x
盲導犬は生まれてから沢山のお別れを短い犬生で経験していく事を思えば、彼らの最後のパートナーは我が家の家族にしたいなぁと思い登録を考えています。なにも特別な事は出来ないけど、走り回れる庭もあるし、元気な子供達もいるし家に来てのんびりしてって!!って我が家に迎えようと考えてます。かあさんのこのページに巡り会わなければ、引退犬を引き取るとは考えなかったかもしれません。きっと私以外にもこのページをきっかけに考えている人たちが沢山いると思います。だって、ワンコのかあさんと3ワンがとっても幸せそうだから。
でもね、私の住んでいる地域のセンターでは今5000家族がキャリアチェンジ、引退犬を引き取るのにいまか、いまかと待っていると聞きまし
た。我が家に来るのはずっと先になると思いますが、その時が来るまで皆で準備していこうと思います。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-04-02 13:55 x
ユッキーさん、いらっしゃいませ♪
富田林だったら多分千早のお山でお勉強中のワンコたちだと思います。

引退犬に心を寄せてくださってありがとうございます。
これから先、そう思い続けていただけたら、きっと一番良いときに良い出会いに恵まれると思います。
あぁ、そうなったらどんなに嬉しいか・・・。
その時ユッキーさんに出会えたわんこはどんなに幸せか・・・。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-04-02 14:04 x
サリーさん、こんにちは。
ありがとうございます。
キャリアチェンジ犬を待つご家族は年々増えてるようです。
これも嬉しいことです。
だって、引き取ってくださるご家族なかったら行き場のないキャリアチェンジわんこがあふれてしまう。

引退犬は今までよりこれからの方が多くなると思います。
すでに、私の知っているユーザーだけでも数人あります。
そして、愛しいパートナーの行き先が無事に見つかりますようにと祈るような気持ちでいらっしゃるんです。

サリーさん、ありがとうございます。
その日が、近いのか遠いのか分かりませんが心を寄せてくださったことに心からお礼申し上げます。
ありがとうございます。
Commented by ダッシュママ at 2006-04-02 21:30 x
ワンコのかあさん、今晩は~♪
先日はお会いしてお話できて嬉しかったです。ユキちゃんや亡くなった盲導犬達の笑顔に涙しましたが素敵なお写真とお話を聞かせていただきあたたかい気持ちにさせて頂いたひと時でした。三姉妹犬に会えなかったのは残念でしたが(*^^)v

私はPWを2頭させていただき1頭は盲導犬にもう1頭は繁殖犬になりました。
私はPWをした子は引退後絶対にうちに帰ってきて欲しいと願っています。
でもやはり1年だけのPWよりも時間もお金も心の余裕も必要だと思っています。引退犬が安心して暮らせるように・・・・・
そして一番私の健康が必要だと思います。
それが私に出来るのだろうか?
私のところに来て幸せなんだろうか?
疑問や不安は一杯ですがその日が来たらワンコのかあさん、いろいろご助言宜しくお願いします。
その為にも痩せて健康維持しないとね~(^_^;)

でもでも、ワンコのかあさんのHP見てたら退犬ボランティアって素敵だなあ~羨ましいなあ~って思えるからすごいです!!

温かくなったらまた遊びに突撃させてくださいね~
そのころチビがいてたらいいのですが・・・・(謎笑)
Commented by ワンコのかあさん at 2006-04-03 00:40 x
ダッシュママさん、今晩は~♪
その節はありがとうございました。
犬小屋でよければ来てくださ~い、ウェルカムよ~。

クーちゃん、そろそろパパかなぁ、なんて勝手に想像しています。
そしたら、ダッシュママさんは「ダッシュババサン」・・・な~んて(きゃ~~♪)

PWさんの多くはママさんのようにいずれは・・・と言われる方多いんですが、私はベテランのPWさんが引退犬ボランティアになられるのは惜しいと思うんですよ。
子犬育ては、本当に大切なことなんですもの。

亀岡では「春の園遊会」あるんでしょうかね~。
秋にはいけなかったから、参加したいなぁって思っているのですが。



Commented by ダッシュバァーバ at 2006-04-03 22:12 x
今日お知らせのお手紙が来ましたよ~
4月29日に訓練センターにてオープンデーがあります。
会えるかなあ?お会いしたいです。
クールにも会いたいです。
今年はワンコちゃん無しの参加になりそうです(T_T)/~~~

子育て・・・・・・
仔犬育て・・・・・・
愛情のかけすぎもダメにしてしまいますよね・・・・・
まだまだ葛藤しながらの母しております(^_^;)

Commented by ワンコのかあさん at 2006-04-04 00:08 x
ダッシュバァーバさま~(爆♪)
家も来ました~。
参加予定ですので、お会いできたら嬉しいです。
雨が降りませんように・・・今から神様にお願いしなきゃね。
Commented by エコちゃんの母 at 2006-04-05 17:51 x
私も 何もできずに時間だけが過ぎて行き、悔しいです。
今 ペットブームで犬が「お金・ブランド品」になっていて
辛い思いをしている子達もいっぱいいるので
「リード」を通じて もっと一般の人に
犬を正しく理解してもらい
「犬は人間にとって 絶対に必要な 愛すべき友」
だと言う事を 解ってもらえるようにもっと頑張ります。
そして 盲導犬の引退後を知らない人、
考えた事も無い人に 現実を知らせていきます。
我が家は 次々と 後にセンターしかない保護犬達が来るので ボランティアが出来ません。ごめんなさい。

Commented by ワンコのかあさん at 2006-04-05 21:08 x
エコちゃんの母様、こんにちは~。
母様はいっぱいっぱいがんばっていらっしゃいます。
それに引き換え、私は盲導犬を引退したわんこ、と限定しています。
限定せざるを得ないですね。
無理せずに、できるだけ長く続けたい。
そう思っているのですが・・・
Commented by エコちゃんの母 at 2006-04-07 16:39 x
限定はとっても 大切です。
私は いろんな犬の世界に関わってきているので
いろいろとやっていますが
ワンコのかあさんはじめ、ボランティアさんも
「犬が大好きで 犬と一緒に幸せになりたい。」
と思う気持ちで それは世界は違っても
犬を大切にしている人達は 皆、同じだと思っています。
私は
 「そんな人達の横の架け橋に なれたら、犬と人とが 
 自然に寄り添って暮らせる社会になるのでは」
と 信じてやっています。
そんな中で こちらでも
ワンコのかあさんの様な人が 現れてくれたらと 願っています。


Commented by ワンコのかあさん at 2006-04-07 21:52 x
エコちゃんの母さまのエネルギッシュな活動には到底叶いませんが、私も自分のできることを少しずつやって行きたいと思っています。

いつも元気をプレゼントしてくださってありがとうございます。
ワンコたちによろしくね。
by yukiba20 | 2006-03-31 15:45 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(20)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん