GW最終日

b0008217_15175011.jpg叔母の家にも柴ワンコがいます。
70才も半ばの叔父が最期まで看取ってやれないかも、と飼いたいのに我慢してたワンコ。
ちょっと後押ししました。
「最期の面倒は見るから安心して」

そう、この柴ワンコももしかしたらうちの子かも?
でも、この小柄なワンコが夫妻の元気の源。b0008217_15185411.jpg
雨の日も雪の日も欠かさずのお散歩で、叔父はここ数年風邪もひかないそうです。
叔父も癌で闘病中です。
柴ワンコが来る2年前に摘出手術を受けています。
ワンコが来るまでは、ともすると気弱になりがちだったのが、今は1日でも共に暮らしたいと定期検診はもとより、癌が動き出すと撲滅に闘志を燃やしている。
b0008217_15193617.jpg

1頭の犬が家族にとって大きな力の源なんですね。

あわただしく過ぎてしまった2泊3日のふるさとへの旅。
本当は、会いたい友人がたくさんいたのですが今回はお見舞いを目的にしました。
ごめんね、次回はゆっくり帰ります。
b0008217_15201532.jpg

会いたいワンコもいました。
アヴィロン君という元アイメイト(盲導犬)です。
今は引退して悠々自適の生活。
このワンコは数年前、ほんの10ヶ月ほど転勤で郷里に帰っていたときに出会ったワンコです。
友人の盲導犬使用者がお友達夫婦を誘って遊びに来てくれた時に、おもてなしにおつきあい下さったのがアヴィロン君のユーザーでした。
共同訓練から帰って間もないアヴィロン君はとても新鮮に見えました。
きりりとした容貌、命じられたことには他のワンコ達が何をしていても動ずる事のないその姿に私は敬意を込めて「新米刑事(デカ)さん」と呼んだものです。

b0008217_15211735.jpgその「新米デカさん」が引退したと聞いたときに、無性に会いたかった。
帰省したときに会わせていただきたいとお願いしようと思っていたのに、あまりにもあわただしい旅でそれもかないませんでした。
次の帰省で会えることを心密かに願っています。

デカさん、無事の引退おめでとうございます。

デカさんの元ユーザーとアリサの元ユーザーはお知り合いなのです。
本当に不思議なご縁ですね。

アヴィちゃんのお母さん、いただいた写真無断借用しちゃいました。
お許し下さい。
[PR]
Commented by チャム・リム・Y at 2006-05-26 20:43 x
柴ワンコさんは、叔父様と叔母様の元気の源なんですね!
本当に・・・ワンコの存在っていうのは、私達人間を助けてくれますよね~
「君達のお陰だよ!ありがとう!」って、感謝しなきゃ!・・・と、思いつつも、悪戯されると、怒ってばかりですが・・(;´・`)>

アヴィロンくん・・・落ち着いた顔してますね!何歳なんですか?
ワンコのかあさんは、沢山のワンコ(人も!)とお知り合いなんですね~
私も、リムのお陰で、かあさん達と知り合えましたし・・・ワンコの輪って、素晴らしいヘU^ェ^U


Commented by ワンコのかあさん at 2006-05-26 22:38 x
チャム・リム・Yさま、今晩は~♪
本当にワンコの力は凄いです。
感謝しながら共に生きていけたら楽しいですよねぇ。

アヴィちゃんは10才だったはずです。
ユーザーが老後も楽しめるようにとおっしゃっていましたから早いリタイアだったと思います。
ユーザーって私たち以上にワンコのこと思ってるんですよ、ホントはね。
Commented by サリー at 2006-05-27 13:14 x
我が家にもこれから家族の元気の源となる黒ラブが来る事になりました。彼は盲導犬候補の男の子で、もうすでに家族の上に元気と明るさを与えてくれています。

デカさん、引退おめでとう!!これからゆっくり、ゆっくり家庭犬として生きていくんですね。彼のこれからの新しい道がずっとずっと長いものであって、そしてそこでも又彼を取り巻く沢山の人々に元気と光を与えるんでしょうね。
Commented by HAL at 2006-05-27 16:10 x
かあさま、ワンコとこんな旅が出来るなんて羨ましいですよ~。
ご病気のお友達にもお会いになられてよかったですね。

↓ アリサちゃんのみごとなパートナーぶりには、びっくりしました。
あんなちっちゃな子でも安心して一緒に歩けるんですね。
改めて盲導犬のすごさを実感しました。
かあさま、いいな!こんな子達といつも一緒で!!!
Commented by ワンコのかあさん at 2006-05-27 16:46 x
サリーさん、パピーウォーキングが始まるのですか!
それは元気で明るいわ♪
いいなぁ、羨ましいなぁ、どんな子だろう!
お年寄りワンコのような落ち着きはないけれど、天真爛漫なかわいさがあるわ~。
子育てブログはじめませんか?

デカさんも優しいご家族と一緒に、ゆったりとした穏やかな老後を送っていくことでしょう。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-05-27 16:50 x
HALさん、ずっと心配していた友人に会うのが目的でした。
逆に励まされたけれど、無理して帰って良かったです。

アリサはやっぱり凄かった!
HALさんもいつかはね。
私もここまで来るのに十数年かかりましたもの。
Commented by ターミ姉ちゃん at 2006-05-27 20:37 x
わんこの力って大きいですよね。
近所にもいますわ~チョコラブを飼っている方なんですけど、毎日2時間
散歩してるそうです。
奥さんが亡くなってからもこのチョコちゃんのおかげで、近所付き合いも
スムーズだし、わんこ仲間とゴルフをしたりして、一人でも楽しく生活なさって
いるようです。
最近では、わんこの好きな方と再婚すると聞きました。
もしわんこがいなかったら、おうちに引きこもってしまったかもしれません。

アリサちゃんはえらいですね。子供でも何の不安も連れて歩けるのですから。
(不安どころか、頼めちゃいますね)
近所にいるんですよ~子供が引いてる若ラブが。
でも危なっかしくて・・・すごい力で引っ張ってラブ爺のほうに突進してくるんです。
もちろん喧嘩なんかしませんが、ヨタヨタの爺様ひっくりかえされそうで。
子供だっていつか転ぶんじゃないかなあ。
わんこを見て子供に預けないと危ないですよね。
Commented by うめぼし at 2006-05-27 20:57 x
わんこの母さん  お会い出来る日が来るのをたのしみに(首を洗って)
まってます(笑)。アビ君も今では 家庭犬の道を極めつつ 怠惰な家族のお守りをしています。たくさんのワン友もできましたよ。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-05-28 00:00 x
ターミ姉ちゃん、こんばんは。
いつもラブ爺とのラブラブな毎日を楽しませていただいてま~す。
叔父もワンコがいなかったら完全に病人やってたと思います。
ワンコのためだと、なんと自分で床を張り替えて「ワンコと父さんの部屋」まで作っちゃったんですから、自分でですよ。
もうびっくり!ですわ~。

アリサは現役の時も本当にすばらしい盲導犬でした。
子供にワンコを任せるときはすぐそばに制御できる大人がいないと暴走したときに大変な事になるよね。
親は面倒がらずに制御できるようになるまでは付き合ってあげると、親子のコミュニケーションにもなるんだけどなぁ。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-05-28 00:08 x
うめぼしさん、本当にお会いしたかったです。
アビ君も家庭犬の道を極めるべく日々精進していらっしゃるんですね。(笑)
アリサなんかかなりなものですよ。
転勤で住んでいたのは泉ヶ丘で運動公園のすぐそばでした。
実家はもうありませんが、笠舞でした。

ふるさとって良いですね。
いつ帰ってもそう思います。
また行きますのでその節はよろしくお願い致します。

Commented by あやの at 2006-05-28 16:27 x
私がここにコメントするの本当に本当に恥ずかしいのですが。。。
↓のアリサちゃんのお散歩姿。。。感動です。盲導犬になるコは本当に優しいコが多いのですね!我が家のナヴィは大人もひきずるようなわんぱく坊主ですが、長男坊のジャム君は小学校2年生の子供が散歩できるそうです。同じ血が流れてるのが不思議です。

今回 アリサちゃんとお散歩した子供さんはきっとこの事 忘れないでワン好きなコにすくすくと育っていくのでしょうネ!

また。。。アヴィロン君 お疲れさまでしたぁ~~。これからはのんびり過ごして下さいませ。。。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-05-28 21:57 x
あやのさん、アリサは私の育てたワンコではないのですからね~。
私が育てていたら、ずぼらでせっかちなワンコになっていたかも、ですわ~。
盲導犬も個性豊かな子が多いですよ~。
ハーネスを着けているときとはずしたときは別犬というワンコが結構いたりします。(笑)

今回のお嬢ちゃんちのライ君は、元気な♂ワンコですがもう少し年がたつときっと良いお友達になると思いました。

アヴィ君、まったりしたお顔でしょ?
幸せなんだなぁ。
by yukiba20 | 2006-05-26 15:29 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(12)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん