広島ドッグパークの崩壊Ⅷ

b0008217_844220.jpg
「広島ドッグパークの惨状」も譲渡会が開催され、300頭あまりの犬たちが新しい家族の下に行きました。
それを機会にマスコミからも、人々の記憶からも少しずつ薄れ始めたように感じるのは私だけでしょうか。

現場にはまだまだ多くの犬たちが残され、毎日ボランティアの方々が世話をしていらっしゃいます。
せっかく救いの手がのべられたにもかかわらず、亡くなってしまう仔もいます。

パークのあちこちに悲しい爪痕が残っているそうです。
ここに掲載した写真は当初からボランティアとして参加し今も活動していらっしゃる方からお借りしました。
b0008217_844378.jpgb0008217_8451126.jpg













食べる物も水も与えられず、閉じこめられた空間から逃げ出したくて、助けを求めて、引っ掻いて引っ掻いて、囓って囓って、力尽きて、やせ衰えて、たった一人で死んでいった犬たち。
ほんのわずかな隙間だけ開けられて、冷蔵庫に押し込められていた犬たち。
b0008217_847488.jpg
この写真を見た時に、息が詰まるほど胸が痛みました。
胸が痛い、息苦しい、悲しみ、憤り、どれも私の思いを的確には表していないような気がします。
b0008217_8475616.jpg















今回のレスキューで私は、お知り合いで最初からボランティア参加をしている方から時折メールをいただいています。
ブログを開いていらっしゃる方もあります。
そこでこの写真を見つけました。
b0008217_8495183.jpg

犬たちの慟哭が聞こえてくるようでした。
何年ぶりかで声を上げて泣きました。

私に出来ることは、友人から情報が入るたびに「忘れないで、広島ドッグパークの惨状を」と書くことだけです。
重い話ですが、少しでも書いていきます。
それしかできないから・・・。

(写真はブログの持ち主の許可を取って掲載しました。)
[PR]
by yukiba20 | 2006-11-10 08:53 | 広島ドッグパークの崩壊 | Comments(20)
Commented by エコちゃんの母 at 2006-11-10 16:47 x
12日、日曜日に 先月広島入りした時のメンバーと
物資を集めるお世話をしてくださった人達が
我が家に集まります。
今後の事と、12月10日の「犬の運動会」で催す
「光と陰と・・・」(仮の題名)のパネル展の相談を兼ねて
また 一つになった心をもっと 
より強い結びつきになるように。
広島は 確かに規模が大きかったけれど
飼い主を選べない犬達にとっては
ただの家庭犬にも紙一重で
同じ様な状況になる可能性は捨てられません。
だからこそ 広島の犬達の苦しみを
今 犬を飼っている人も、こらから飼う人も
絶対に 忘れてはいけない事だと思います。
Commented by モカこんぶ茶 at 2006-11-10 20:21 x
本当にたくさんのわんこ達が旅立って行ったけどまだまだ100頭
近いわんちゃん達が残ってるんですよね……ボランティアの方もずーーっとがんばってくれていてありがとうございます。
ペットブームの今同じような事がまだまだあると思います。
わんちゃんを飼う時にぜひこのドッグパークの事を忘れないで
ほしいですね。命の大切さを教えるのは大人の責任ですからね。

私が毎日朝晩のお散歩をしてると必ずご近所の方に言われるんです。
えらいですねって……いえいえ家族ですからって答えるんですよ(^^)
たしかに家のハイパー犬の散歩はどっちが散歩してもらってるの?って
感じに見えるんですが(笑)
Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-10 20:37 x
エコちゃんの母さま、わたし珍しく自分の感情のコントロールをしかねています。
広島の子だけじゃなくて、毎日毎日行われている「命の処分」
人間もそうでしょう、弱者を追いつめ、我が子を虐待死させ・・・。
どこか間違っているわ。
Commented by チャム・リム・Y at 2006-11-10 20:43 x
写真を見て、再び、悲しみ・怒りが込み上げてきました。
冷蔵庫に閉じ込める??信じられません・・・
爪あとを見たら・・・本当に泣けました。必死に出ようとしていたんだと思うと、どんなに辛かったのだろう・・・と。
頑張ってくださってる、ボランティアさん、本当に有難うございます。
どうか、みんなが元気になって、新しい家庭で幸せになりますように・・・
Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-10 20:51 x
モカこんぶ茶さま、日本では空前のペットブームらしいですね。
犬だけでなくて、猛獣と呼ばれる物まで買われて、その分見捨てられる命も多くなるんですね。

ご近所さんの「えらいですね~」は、私もよく言われます。
私なんだか、(物好きね)って言われているような気がすることもあります。
へそ曲がりですね。(笑)

おっしゃるとおり、家族なんです。
どの仔も可愛くて大切なんです。


Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-10 20:58 x
チャム・リム・Y さま、ここで親戚ワンコの母さんが頑張って下さってるんです。
かあさんが頑張っていらっしゃる間は私も何かしら発信していきたいと思っています。

広島のことはここだけのことを書いているつもりではないのです。
買った(飼った)命に責任を持って欲しいと思っているんです。
Commented by YOSIE at 2006-11-12 13:14 x
母さん、冷蔵庫って何?・・・・あんまりです。涙が止まりません。今も泣きながらメールしてます。生まれて一度も楽しいことも、おなかが一杯になった事もなく冷蔵庫に閉じ込められ殺されたのですか。その責任は誰に取らせるのでしょうか。広島市は何故、管理会社とドッグプロダクションを庇い続けるのでしょうか。市のホームペに何回も投稿しましたが、何のらちもあかないことばかりの返信がありました。命の尊さを何処よりも大切にしなくてはいけない広島市の態度とは思えない・・・・
母さん、どんどん発信してください。情報がだんだん入りにくくなっています。人々の記憶からあの子達が忘れ去られないように。
Commented by DD at 2006-11-13 02:20 x
私はそのドッグパークのゴールデンとラブのミックスの推定2才の女の子の里親になれたものです。パークで亡くなった子の知らせを聞くだびほんと悲しくなります。ラナは今は暖かい布団の上で寝てるけどパークにはまだ沢山の子が残っているんですよね・・・悲しいです。
あっ!母さまに質問なのですが、ルナちゃんもちょっとわけありの過去を持つ子だと読んだことがあるのですが、うちのラナは長い間飢えてきたため、一度くわえたものは離さず、「う~!!」ってすごい顔をするんです。
一度ビニールをくわえてたとき食べると危ないので取り上げようとしたら噛まれました。
こんな特別な過去をもつ子のしつけですが、体罰はダメですよね。
今はへんなものをくわえてる時、おやつやボールを見せて口から離したとき取り上げていますが、最近は悪いことすれば遊んでもらえるくらいに思ってるみたいなのですが、ルナちゃんはこんな困った行動はありませんでしたか?
Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-13 11:00 x
YOSIEさん、こんにちは。
この写真を見た時には、感情が一気に爆発したような気がしました。
押さえても押さえても、怒りとも悲しみとも表せない感情が吹き出てきて・・・。
関係者は勿論、見て見ぬふりの役人も皆、あの扉の向こうに閉じこめてやりたいと思いました。
友人は、最後の一匹まで見届けたいと言っています。
私はその思いをここに書くことだけしかできません。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-13 11:42 x
DDさま、いらっしゃいませ。
ラナちゃんを引き取って下さったのですね。
ありがとうございます、ありがとうございます。

ご質問の件ですが、ルナもわけありだったのですが、幼犬の時に保護されたため、サニーのフォローのおかげで攻撃的なことで困ったことはありませんでした。
先々代の犬がラナちゃんによく似た感じの子だったのです。(成犬になってから来たもので、しつけが出来ていなかったのです)
全くの素人がしたことなので参考になるかどうかわかりませんが、噛まれてもかまわないという意志を強くして、噛まれた時のダメージが少ないようにして食事の時は接していきました。
食事は、自分の手から与えることから始めたのです。
つまんでやると食いつきますので、手のひらに乗せてやりました。
それと同時に「まて」と「よし」を覚えさせました。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-13 11:45 x
DD様への続きです。
物に執着している時はフード一粒と交換しましたが、これはだんだん回数を減らしていき最後は無くても離すようになりました。
この時に「はなせ」など決まった単語で呼びかけて、離したらうんとほめてやりながらフードを与えました。
フードなしでも、うんとほめてやります。
日頃心がけたのは「良い子、良い子」と言いながらなでることです。
人の手が心地よいのだと覚えさせてあげることも大切かと思います。
体罰は悪影響がありますから極力避けた方がよいかと思います。
これは、時間がかかりますので気長に気長に構えていらっしゃった方が良いですね。
ブログ仲間で「エコちゃんの母さん」という方がいらっしゃいます。
この方は、保護の経験も豊富なので相談されたらどうでしょうか。
「エコロ日記」http://ecolo.a-thera.jp/というブログを書いていらっしゃいます。
うちからの紹介と書かれてもかまいません。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-13 11:49 x
DD様への続きの続きです。(笑)
一人で悩まないで下さい。
何も出来ないかも知れないけれど、誰かに話すことで道が開けることってたくさんあります。

だから、一人で悩まないで下さいね。
ラナちゃんのためにも・・・(^^)/ ね
Commented by エコちゃんの母 at 2006-11-13 18:17 x
ワンコノ母様、DD様、
「エコロ日記」が出ない時は
http://www.ecolo-shikoku.jp/
もしくは「エコちゃんの母」で 検索してみてください。
我が家の 3本足のサン君も 理由有りで
一度くわえた物、自分のケージの中の物には
恐ろしい位の執着が有り
私の腕に 大穴を開けてくれました。
それでも 体罰を与えた事は有りません。
ラナちゃんの場合も「餓えから来る執着」だけでは
無いと思います。
この子達は「生と死」のギリギリの間で
必死で踏ん張って来た子達です。
「心」が 一番餓えています。
犬が一番望んでいることは?
犬にとっての一番の幸せは?

「信頼できるボスの元で 安心して暮らす事。」

ラナちゃんの 詳しい生活状況が解らないので
何んとも言えませんが 
私の経験上の事なら お話ができます。
良かったら メールをください。
昨年の12月27日のブログに アドレスが有ります。

ワンコの母様、遅くなりましたが
以前TELでお話した物が 手元に来ましたので
今週中には送れると思います。



Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-13 23:07 x
エコちゃんの母さま、この方面は、私より母さんの方がよくご存じと思います。
どうぞよろしくお願い致します。

私も先々代には良く噛まれたものです。
それでも、ワンコと暮らしていたいですわ。(笑)
噛んだ後に「しまった」という顔をするようになればしめたものですね。

私もお送りしたい物があるのですが、雑事に追われて延び延びになっています。
息子からも催促されていますので今週中には送りたいと思っていますので~。
Commented by DD at 2006-11-14 11:38 x
母様、エコちゃんの母様 アドバイスをどうもありがとうございます。
ラナを10月21日に引き取り、まだひと月にもなっていないのですもんね。
うちには、先住犬のジェイっていうゴールデンの男の子(ラナと同じ2才)がいるのですが、サニーちゃんのようにやさしくないので、ラナのいい先輩にはなってないのですが、ラナとジェイとの関係も初日に比べたら随分いい関係になって来ました。
ほんとあの物に対する執着だけなんとかなればと思っていました。
でも、体罰はやはりやめて、あの子から全幅にの信頼を得るように、
時間をかけてがんばりたいと心が決まりました。
Commented by DD at 2006-11-14 11:39 x
続きです。
うちのジェイも1才前後の頃、かなりやんちゃでガブガブ噛んできて毎日のようにアザでした。今はもうジェイ自身が感情のコントロールが出来、ガブガブし始めたら「おしまい」と言うとすぐにやめます。
でも、ラナは本気で噛み付き、出血もあったので病院にいくほどだったので、私かなりショックだったのです。(;_q))クスン
だけど、母様たちに相談してよかったです。だってラナはあの執着以外はほんとにかわいい子なんですよ。ジェイくんより私の後をついて回るんですよ。かわいくって毎日抱きしめてます。(^ ^)
また、問題が出たら相談にのってくださいね。
Commented by エコちゃんの母 at 2006-11-14 17:37 x
DD様 
我が家のサン君の執着は
「物=命を繋ぐ」と感じています。
ラナちゃんもDDさんの元で 安心して暮らせると
実感するたびに 納まってくると思います。
DDさんの後を付いて回るのでしたら
DDさんを 頼っている証拠です。
まずはDDさんの手は 自分を守ってくれる
「魔法の手なんだ。」と 思わせてあげてください。
ジェイ君との兼ね合いも有りますので
DDさんがしっかりと「犬の生態」の勉強をして
2頭の 良いボスになってあげてくださいね。
私で良かったら 遠慮無しに 連絡をくださいね。

ワンコの母様、勝手にこの場を借りしてしまいました。
すみません。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-15 00:00 x
DDさま、エコちゃんの母様、どうぞご自由にお使い下さい。
トラウマというものは、本当につらく悲しいものです。
2年もたって、ルナにトラウマ現象が現れた時には、可哀想で可哀想でたまりませんでした。
ラナちゃんは、DDさんの下でどんどん良くなっていくでしょうが、つらい思いでは刷り込まれたようになっていると思います。
本当に可哀想なことです。

飢える怖さを知ってしまった子には、気長に「もう飢えることはない」と教えていくより仕方がないのでしょうね。
Commented by テディ姉 at 2006-11-17 13:43 x
 ずっとワンコかあさんのブログを拝見してました。
広島の件は、私の中で忘れらない事実です。本当は、何処かで気持ちが「皆、大丈夫、幸せになってる」と思いたいばかりですが、まだまだ時間がかかるのは分かってます。画像も目を隠しながら、隙間で見る私の心の弱さ。情けないけど、ワン達の苦しみを想像すると悲しくて、哀しくて人間の誰に怒れば良いのか考えるばかりです。今までもあった事でしょう。
でも、今回の事で無くならなくても、この様な悲しい事はゼロに近い事になって欲しいです。行政の返事見ても、情けなくなるばかりで、ひとり、ひとり出来る事を積み重ねた思いが、一番大きいと知りました。
私自身、大きな事は出来なくても、思いを込めて応援していきます。
寒くなりましたが、ワンコかあさんも、皆さんもお体大事にしてください。

Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-17 19:53 x
テディ姉さま、こんばんは。
行政は、如何にして現実からうまく逃避するか、ばかりを考えています。
その結果がこれなのにね。
昨今のニュースを見ていても「塀の外の懲りない奴ら」のしていることは私腹を肥やすことばかり。

おっしゃるとおり、一人一人の積み重ねが最も大きな力になりますね。
私もたいしたことは出来ないのですが、時々、AAのHPをチェックして支援物資を送っていこうと思っています。


自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30



動物を受け入れるサロンをと作られたペットと飼い主のためのヒーリングサロンです。



TIKILOVE
フード代の一部と、お買い物した時に付くポイントが引退した補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の医療・介護費支援に寄付されます。


我が家の犬たちの実家、TIKILOVE母さんが、引退犬支援のため作られたカレンダーです。可愛い子犬のカレンダーです。

最新のコメント

セナママさん、超遅レスで..
by ワンコのかあさん at 22:23
先日は、お会い出来て本当..
by セナママ at 00:11
まさ妻さん、こんにちは。..
by ワンコのかあさん at 09:06
母さん、お久しぶりです。..
by まさ妻 at 17:00
??さん、超遅レスですみ..
by ワンコのかあさん at 15:05
セナママさん、22年前の..
by ワンコのかあさん at 09:06
22年前…私にはまだ関西..
by セナママ at 22:50
??さん、ご無沙汰してお..
by ワンコのかあさん at 20:05
tiny3さん、こちらこ..
by ワンコのかあさん at 20:01
海ちゃんの、その素敵な笑..
by tiny3 at 23:03

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ライフログ


盲導犬ボランティアは楽しい!――犬バカおじさん奮闘記

フォロー中のブログ

カテゴリ

全体
親戚ワンコ
ただの愛犬家
悪性黒色腫
膝関節痛
介護グッズ
子犬育て奮闘記
親戚ワンコのオフ会
ルナの心タンポナーデ
サニーの免疫介在性の貧血
老犬介護
ルナの股関節
セミナーのお知らせ
広島ドッグパークの崩壊
盲導犬 引退犬 ボランティア
長崎盲導犬虐待事件
盲導犬の歩行の安全を願う
チャリティーカレンダー
皮膚炎
私事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬

画像一覧