とってもラブ爺さまな日Ⅰ

ある日ある時、ターミ姉ちゃんから「ラブ爺さまを連れて大阪へ~♪」とお便りが届きました。

「え! あのラブ爺さまが・・・」
一瞬信じられませんでした。
だって、御年17歳の寝たきり老犬の「ラブ爺さま」なんですよ!
でも次の瞬間、「やったぁ!! 会いたかった爺さまに会える~」と大喜びしている私がいる。
理性と感情は相容れないものだと、よ~~っくわかりました。
b0008217_22491455.jpg

11月24日、ワンコ一家はラブ爺さまに会いにイベント会場、淡路島は「ハナ&キッス」へ。
b0008217_2249578.jpg

嬉しいことに、前日合流されたラブドルさんご一家も待っていて下さったのです。
あまりに嬉しかったので思わず、ハグしちゃいました。

b0008217_22512877.jpgモモちゃん、可愛いの~♪
何であんなに優しいお顔で笑えるのかね~。
アーダさん、ルナの無遠慮さにご機嫌ななめでした。
不作法でごめんなさいね~、これに懲りずに又会おうね~。
会えてとってもとっても嬉しかった。
b0008217_22532822.jpg

おもむろに登場されたターミ姉ちゃん、想像と違う!!!
ラブ爺さま介護で筋肉もりもりと確かブログ書いてあった。
だから、アーノルドシュワ子ちゃんのようなお姉さんと思ってたのです。
実物、いたってスリム。
ターミ兄ちゃん、これも想像と違う!!
私の中ではスリムで細細のお兄さんだったのに~。

そう、二人は入れ替わっていました。
想像と現実の違い。
ターミ兄ちゃん、とってもやさしくって頼りがいのある方。
ちょっとファンになったかも。
b0008217_22544032.jpg

そのお二人にかしずかれたあこがれのラブ爺さまにやっと会えました。
[PR]
Commented by ターミ姉ちゃん at 2006-11-27 10:43 x
その節はお世話になりました。
爺様、お蔭様で元気ですわん。

それにしても、お会いできて良かったです。何よりも誤解が解けたのが・・・
ワタクシ、シュワ子だと思われていたのですね。
筋肉モリモリは、右腕だけなんですよ~明らかに介護のせいです。
そしてもっと誤解が解けてよかったのは、ターミ兄が細細だと思われていたことです。
ありえませんわ。あの体型だから「りんごダイエット」のお呼びがかかったわけでして・・・

でもそれはさておき、本当にお会いできてよかったです。
かあさまはほとんど想像通りでしたよ~
元気で明るくて積極的で、心底わんこがお好きなのですね。
あれから、ぐずった爺様はマッサージで寝かせることにしました。
Commented by ラブドル at 2006-11-27 11:17 x
お疲れ様でした。
短い時間でしたがご一緒でき、本当によかったです。
ターミ姉ちゃんもかきこしてらっしゃいますが、ワタクシも同感。
ワンコのかあさま、想像通りのお方でした。そして、心底ワンコ好き。
↑我が家もマッサージを教えていただきたかったです。

アーダがガルガル犬になってしまって、申し訳ありませんでした。
ドッグランでは他の子とも仲良くできるんですが・・・・・・・・
あまりに「トラウマ」が大きくて、悲しいです。なんとか改善したいのですが・・・・・・・・
今度はゆっくりとお会いして、いろいろとお話を伺えたらと思います。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-27 22:48 x
ターミ姉ちゃん、こちらこそありがとうございました。
どんなに嬉しかったか・・・。
そうです、ワンコ大好きです。
特に年寄りワンコが好き!
何とも言えない優しいお顔でしょ。
本当に愛しいですね。(我が身を見るようで~)

マッサージききますか?
ユキは撫で撫でが大好きでした。
Commented by ワンコのかあさん at 2006-11-27 22:59 x
ラブドル さま、こんばんは♪
次回は絶対ゆっくりしましょうね~。
前日に用事がなかったらご一緒できたのに、本当に残念でした。

アーダちゃんのこと全然気にしないで下さいね。
ルナも無防備なもので、ご近所さんにも「ワン!」て言われること多いんですよ。
私たちが平気ならそれで良いのよ~、仲良くなれるわ。
by yukiba20 | 2006-11-26 22:55 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(4)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん