13回忌

b0008217_9564313.jpg
阪神淡路の大地震の日。

どーんと言う音と共に飛び起きたとたんに大きく揺れた我が家。
地震と言うよりガス爆発かと思いました。

次々と不通になっていく電話網。
テレビに映し出される映像は神戸の火災と死者の数を告げていました。
聞くたびに増える死者の数と延焼地域。
麻痺した交通機関。
何度も何度も繰り返す余震。

多くの人が一瞬のうちに亡くなり、数え切れない人が被災しました。

あの日から丸12年。
幼かった子が成人し、高齢者が増えました。

震災の日に筋萎縮症で入院した母もすでに他界し、何もなかったがごとく流れる時間。

愛しい人を亡くした人たち、愛しい人たちを残して逝ってしまった人たち。

呼び戻せるなら呼び戻したい・・・。
去ったものを追いたい日です。
[PR]
Commented by tip 母 at 2007-01-17 12:15 x
辛かったでしょう。悲しかったでしょう。怖かったでしょう。
1・17
今も苦しんでいらっしゃる方々・・「負けないで!」それしか言えない私。

Commented by ワンコのかあさん at 2007-01-17 13:41 x
tip母さん、こんにちは。
この日になると、被災した友人の所に食料を運んだことを思い出します。
その後、関東に転居した友人が「こちらでもよく地震が起きるけれど、あれを経験した後だから全然怖くないわ」と言っていました。
でも、備えだけはしてるそうです。

最近訪れたブログでシンちゃんのこと見ましたよ~。
ティップさんと並んでお座りしてるの、かわいいね~。
堂々としてるじゃないですか。
心が安定しているんだなぁって思いました。
Commented by うめぼし at 2007-01-17 20:33 x
あの日 報道を見ながら 連絡の取れない両親を思い、歯がガチガチ
いっていたのを思いだします。
幸運にも・・・という言葉を使うことさえ申し訳なく感じていました。
今もこの日を迎えると 鼻の奥のほうが痛くて痛くて。
心のなかで「日は~また昇る~」と、歌うのです。
そして 犬たちにもたくさんのドラマがあったことでしょうね。
Commented by ルビママ at 2007-01-17 20:39 x
89歳で亡くなった祖母は関東大震災を経験しておりました。
戦争より何より地震が怖いと言っていました。
1.17その言葉の意味を知りました。

東京はいつ大きな地震がきてもおかしくないと言われています。
避けられない自然災害、備えは必要なのですね。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-01-17 22:17 x
うめぼしさん、こんばんは。
こちらのご出身でしたね。
さぞかしご心配なことだったでしょう。
何度も余震が来ているのに、最初は信じられずにドラマか何かのようにテレビを見ていました。
あまりのことに現実として受け入れがたかったです。
大変なことになったと、自覚できたのは翌18日でした。

被災した盲導犬も何頭かいました。
トラウマで仕事が出来なくなった犬もいました。
その子達ももう亡くなりました。
時間は絶え間なく流れているのですね。


Commented by ワンコのかあさん at 2007-01-17 22:25 x
ルビママさん、今晩は。
自然の力の前には人間はなんと無力なのでしょうね。

千葉には弟と従弟が、東京や神奈川にも従弟がいます。
テレビに速報が出るたびに、ドキリとします。
愛しい人を失うなら自分が・・・と思うこの頃です。
Commented by チャム・リム・Y at 2007-01-17 23:17 x
震災の時は・・・社員旅行でサイパンにいました。
自宅に電話かけても繋がらず、関西方面のホテル客は順番に公衆電話に並んでました。
やっと繋がって「みんな大丈夫?グーは?」って泣きながらワンコの安否も確かめたのを思い出します。
本当にヒドイ惨事になり、尊い命が失われてしまいました。
あれから12年か・・・早いものですね。今一度、防災について考えないといけませんね。
チャムは震災の年、1月5日生まれです。生後12日で震災に遭っていますが、覚えてないでしょうね~(;´・`)>
Commented by ワンコのかあさん at 2007-01-18 00:38 x
チャム・リム・Yさん、あの時はひどかったわ。
そう、サイパンだったの。
声を聞くまで心配だったでしょうね。

私は、母が心配すると思い電話したら地震のことより自分の入院でてんやわんやでした。
地震がなければ、母のことですから入院のことは心配させまいと黙っていたことでしょう。

チャムさんの時間が震災の日から流れた時間の長さなんですね。
ますます、愛しいです。
もうすぐ春、お花見に行けるよ♪
Commented by ターミ姉ちゃん at 2007-01-19 16:34 x
もう12年にもなるのですね。
関東の人間は、あのとき朝のTVを見ながら、最初何の話かわかりませんでした。
合気道の朝稽古に行って、今度は昼のTVを見たらとんでもないことに。
その後、時間を追うごとに亡くなった方の数がどんどん増えていって、
びっくりしたものです。

関東はいつ地震が来てもおかしくない状態だといわれています。
今地震が起きたらどうしよう。とりあえず爺様を引きずって、貴重品はあとで採掘しに来よう。
なんて言ってて火事が近所で起きたら終わりですよね。

自然災害の前では、人間なんてちっぽけなんですね。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-01-19 22:07 x
ターミ姉ちゃん、こんばんは。
最近は東南海地震まであるという話だから、太平洋岸は全滅じゃないかい?
郷里にでも逃げ帰ろうかなぁ。
でも、狭い日本だし何処にいても同じかもね。

私も、ユキがいた時はいろいろ考えていました。
置いて逃げようなんて思わなかったですね。
今は避難所には入れてもらえないだろうから、3ワンと野宿する方向で考えています。
抱いて寝たら暖かいしね(笑)

爺さま、引きずっていってもらえるんだって、よかったね~。
ターミ兄ちゃん、そのためにも膝治してね~。
by yukiba20 | 2007-01-17 09:58 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん