2代目

b0008217_1091044.jpg2代目「チビ」は柴犬です。
女の子なのに気が強くて活発な子でした。

初代の時は富山に転勤中でしたが、チビに出会ったのは福井に転勤してすぐでした。

転勤族の我が家は、本来犬を飼うには適さないのです。
そう、転勤の時に置き去りにされる犬たちのなんと多いことか。

ある日、父さんが「お~い、お土産」と連れてきたのがチビ。
デパートに用事があって行ったついでにペット売り場を覗いたら、柴の子犬が走り回っている。
子犬と言ってもそろそろ半年にもなろうかというもので、もう売れ残り。
可哀想だからとただ同然で引き取ってきたのです。

このチビが躾もなく、ただ自由に走り回っていただけに超わがままもの。
脱走はもとより(必ず帰ってくる)、盗み食い・気に入らないとうなって威嚇する。
食器には触らせないなど、躾は一からで毎日傷だらけのバトルでした。
そうこうするうちに私にだけは何をされても怒らなくなり、それが子どもたちの言うことも聞くようになり、彼女の理解力に「犬ってなんて賢くておもしろいのだろう」と思ったものです。

ところが、このチビはとんでもないお土産付きだったのです。
犬は家の中で一緒には最初と同じ。
一緒に寝ていた息子のシーツに、たらふく血を吸って動けなくなった蚤を発見!
大騒ぎをして蚤を駆除したかと思ったら、「??」チビのベッドに米粒のようなものが落ちている。
最初は気にせず、パタパタとはたいて日に干す。
そのうち、毎朝それがあり流石におかしいと思い調べたら、なんと犬条虫!
もちろん駆虫剤を処方してもらいました。
翌日の便には、思わず「ギャ!なにこれ!」と言うほどの長々とした繋がり。

初代に続き、この仔もお土産がついていました。

それ以外は問題もなく、昭和56年の豪雪には息子たちと大雪の中を走り回り、ともすると家に籠もりがちになる日々を楽しく過ごさせてくれました。
息子たちが、自分たちで掘った穴から出られなくなった時もチビが知らせに来てくれて大事に至らずにすんだことがありました。
いまだに我が家の語り種になっています。
b0008217_1093821.jpg
大阪への転勤にもついてきて息子の友達にも可愛がられていたのですが、11歳の春にもう手遅れの癌が見つかりその年の7月2日に、これも息子が帰ってくるのを待つかのように亡くなりました。

フィラリアでこそ亡くすことはありませんでしたが、発見が遅れたばかりに何もしてやることもできずに見送ってしまったことに、やはり深い後悔の念だけが残ったのです。

もっと丁寧に触ってやっていたら早期に発見でき、もしかしたら手術してもっと生き延びれたのかも知れない。

初代も2代目も私の配慮が足りずに死なせてしまったのです。
[PR]
by yukiba20 | 2007-02-03 10:16 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(12)
Commented by エコちゃんの母 at 2007-02-03 18:40 x
子供達と 一緒に育ったワンコには
特別な思いが有ります。
ブー爺さんも 3月で15歳で 歩きかねています。
ワンコは ギリギリまで平気な顔しているから
飼い主さんでもなかなか解らない事が多いです。
大好きな家族と 暮せて、
大好きな家族に 看取られて、
大好きな家族が ずーと自分の事を覚えていてくれる。
ワンコに取ったら とっても幸せな事だと思います。
ワンコには「死」も 自然の流れの一部です。
決して お母さんが死なせてのでは無いです。
ワンコも そんなふうには思ってないはずです。
言いたい事が有るとすれば
「お母さん、有難う。
   お母さん、大好き!」
これ以外は 絶対にないですよ。
Commented by チャム・リム・Y at 2007-02-03 21:01 x
生後半年の子を連れて帰っちゃうあたり、さすが!お父さんですね。
本当に、ご家族み~んな、ワンコ好きなのですね。
息子さん、お二人も小さい時から、ワンコと暮らして育ったなんて・・・羨ましいv(^O^)v
躾をし直した!・・・というのも、さすがかあさん!
きちんと心をこめて接したら、ワンコにも通じるのですね。
病気は・・・悪いヤツです。きちんと自己紹介したらいいのに、黙って入ってきて、気付いた時には、遅いなんて・・・
チビちゃんも、幸せな家族の一員として過ごせたんですもの(お引越しにも付いて来れて)楽しい犬生だったでしょう。

チャムはやさしい目をしてますよ~かあさんが言ってくれた通り。
満足してくれてるかは解りませんが(笑)
明日の晩から、福井(スキージャム勝山)にスキーに行って来ます。
どこかへ行ける!・・・となると、チャム・リムウキウキです。
無理の無いように、雪遊びさせて来ますね!

Commented by クウガママ at 2007-02-04 00:59 x
ワンコのかあさまにはそんなお話があったのですね・・・。
私はまだまだ浅いです・・・。
ただ初めて飼ったラブ(イエローラブのハニー)を事故で亡くしていまい
それが後悔でたまりません・・・。
まだ2年しかたっていないのです。
たった5年しか一緒に暮らせなかった・・・。
自分のせいだと思って今も後悔しています。
まだね~独りで車に乗っていたりするとホロホロとしちゃうんですよね・・・。
あの時は自分も一緒に。。。と思っていたんですよね。
・・・だからこそその後すぐに飼ったクウガはハニーの生まれ変わりと信じ尽くして?いますね。ハニーの分まで長生きしてもらいたくて・・・。

長くなってしまいました・・・。どのワンのことも忘れられないですよね。
Commented by テディ姉 at 2007-02-04 05:25 x
 私は犬と生活する資格は無いと思った事あります。
でも、違うと教えてくれたのは犬で、昔の出来なかった事を思い出しても泣いても、悔やんでも、その事を知り戻って変える事は出来ない、今からか、今しか出来ないとも教えて貰いました。
今の子と一緒に居て、今までの子に出来なかった事をしてます。無理はしませんが、してあげたい事を出来る範囲で生活してます。今の子に出来なかった事は、考えたくなくても、次の子にするつもりです。
今の子を見てると、今までの子を思い出します。忘れる子はいません。
やっぱり、色んな事を教えて貰ってます。
今の子が楽しく、勿論私も!幸せに過ごせる様に頑張ってます。
この頑張りが昔、勉強にあれば・・。とか思ったりしながら。
ワンコの母さんからも沢山教えて貰いましたよ。
犬好きでなければ知らない事も沢山なのに。でも犬好きで良かったと思います。
長々とすみません。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-04 15:50 x
エコちゃんの母 さま、そうですね、子どもと友に育った仔は特別な思いがありますね。
うなったり噛みついたりするチビを怖がらせないようにするために「ワンコとお話ししようね」なんてお話しを作ってみたり、何故チビが「いや!」って言うのかを「YやKだったらどうしてほしい?」なんて聞いたりしていつも一緒に考えようにしていたので、自己中のチビも怖がらず、結果的にチビも息子たちの言うことも聞けるようになったのかも。

「ワンコはギリギリまで平気な顔してる」
そうなんです。
今日は辛いの、って言ってくれたら・・・。
エコちゃんの母 様もそうでしょうが、犬たちが犬たちとの付き合い方を教えてくれていますね。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-04 16:05 x
チャム・リム・Y さま、こんにちは♪
躾のし直しはバトルでしたわ。
今でも傷跡が残っていたりしています(笑)
今の私なら、きっともっとうまくやれたでしょうが、子どもたちに怪我がないうちに何とか・・・って、あせりましたわ。
でも、息子たちは本当に幼い頃から昆虫・は虫類・ほ乳類・魚類と毒さえなければ良いという感覚で様々な生き物とおつきあいしてきましたから、犬のわがままなんて「だめ!」と言ってペシッと頭たたいてましたね。
こっちはドキドキものでしたが(笑)

恒例のスキー旅行ですか!
いいなぁ。
今年、雪少ないって聞いてるけど、滑れなくてもチャム・リムさんがいるもんね。
う~~んと楽しんできて下さ~い。

Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-04 16:24 x
クウガママ さん、こんにちは♪
送っていただいたパピーは、息子の意見を取り入れてリビングのドアに掛けることになりました。
可愛いですよ~(って言わなくってもお分かりですよね~)

途中で命が絶たれたような仔には、いつも申し訳なさが付きまといます。
思い出すと泣けるから思い出さないようにしていますが、忘れると言うことは絶対にないですね。
チビには幼い息子たちの思い出が重なっているのでよけいに懐かしいです。

生まれ変わり。
私も信じているんです。
だから愛しくて・・・。

ママさんのおっしゃるとおりです。
どの子も忘れることはできませんわ。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-04 16:38 x
テディ姉 さま、こんにちは♪
前の子にしてやれなかった事を今の子に・・・。
本当にそうですね。
私も、ユキとしたいことがいっぱいあったのに何もしてやれなかったから、アリサと一緒にしていることたくさんあります。
ユキにもしてやりたかったなぁって思うことたくさんありますね。
だから、前の子を忘れるなんてことは絶対ないです。
何頭もの犬たちと付き合って、最近「ワンコのことはワンコに習え」かな?と思いだしています。
肩の力が抜けて、楽に付き合うとワンコ達も静かに寄り添ってくれますね。
多分、ワンコ達の方が利口なんだわ。
仕事に追われている私を見ていると、必ず「母さん、あそぼ♪」って誘いに来ます。
あの子達には私の限界が見えるようなので、従うことにしています。(笑)
犬は、様々なことを教えてくれている。
みんながそれがわかるようになったら、きっと優しい世の中になるだろうと、勝手に思っています。
Commented by ルビママ at 2007-02-04 18:10 x
ワンコのかあさま、こんばんは~。
かあさまにも若葉マーク時代があったのですね。
32年前からワンコと暮らし、現在があるのですね。
でも、今は便利になりましたねー。インターネットで病気の詳しい情報を
調べる事ができ、経験者の方々にいろいろとお話を伺える・・・
孤独ではないのだということはシニアワンコと暮す人たちには
どれだけ励みになるか・・・
ワンコと暮らし、代々のワンコに教えられることが多い。
私も日々ルビーに教えてもらうことが増えています。

3ワンのお写心・・・楽しみに待っています。
きっと、すてきなお写心になりますね。。。
Commented by サリー at 2007-02-05 13:03 x
こんにちは~。お久しぶりです。
”お~い、お土産。”と言ってパピーをかあさんと子供達の為に買ってきてくれたお父さん、私好きです(笑)。本当に皆、ワンコが好きなんですね。
いいなぁ。すごく暖かくて、羨ましいなぁ。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-05 21:01 x
ルビママ さま、こんばんは♪
若葉マークもボロボロの時代でしたね(笑)
無知とは恐ろしいものだと知りましたが、何とかしたいと思えば何とかなるもんだわ、と言うのも学びました。
今はシニアワンコの優しい目に魅せられています。
ルビーさんもですが、何故あんなに優しいまなざしになれるのでしょうか。

ホタパパさん、本当によいお写真を写されますね~。
アリサがもっと年取ったら是非と思っています。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-05 21:04 x
サリーさま、こんばんは♪
お土産は嬉しかったけれど、お土産についてきたお土産にはパニックになりましたわ~(笑)
うちはおかげさまでみんなワンコ大好きです。
長男なんかワンコに会いに帰ってくるようなものですし、そのためならアレルギーなんてへっちゃら、だそうです。


自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん

画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31



動物を受け入れるサロンをと作られたペットと飼い主のためのヒーリングサロンです。



TIKILOVE
フード代の一部と、お買い物した時に付くポイントが引退した補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の医療・介護費支援に寄付されます。


我が家の犬たちの実家、TIKILOVE母さんが、引退犬支援のため作られたカレンダーです。可愛い子犬のカレンダーです。

最新のコメント

iny3 さん、遅くなっ..
by ワンコのかあさん at 21:27
Yさん、遅レスですみませ..
by ワンコのかあさん at 21:20
海ちゃん7歳のお誕生日オ..
by tiny3 at 23:26
遅くなりましたが・・・ ..
by Yです。 at 10:28
まさ妻さん、また雨の週末..
by ワンコのかあさん at 16:48
こんにちは! 母さん、..
by まさ妻 at 15:41
ellechanさん、あ..
by ワンコのかあさん at 15:01
はじめまして。いつも、楽..
by ellechan at 11:46
こんさね母さん、こちらこ..
by ワンコのかあさん at 10:02
わんこの母さん♪その節は..
by ごんさね母 at 21:25

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...

ライフログ


盲導犬ボランティアは楽しい!――犬バカおじさん奮闘記

フォロー中のブログ

カテゴリ

全体
親戚ワンコ
ただの愛犬家
悪性黒色腫
膝関節痛
介護グッズ
子犬育て奮闘記
親戚ワンコのオフ会
ルナの心タンポナーデ
サニーの免疫介在性の貧血
老犬介護
ルナの股関節
保護犬ムリカ
セミナーのお知らせ
広島ドッグパークの崩壊
盲導犬 引退犬 ボランティア
長崎盲導犬虐待事件
盲導犬の歩行の安全を願う
チャリティーカレンダー
皮膚炎
私事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬

画像一覧