ユキは5代目

b0008217_11532121.jpgサニーに遅れること半年、やっと仕事を辞めることができた我が家にユキがやってきました。
不安そうな目をしてやって来ました。
でも、そんな不安はあっという間にサニーが払ってくれたのです。

待望の多頭飼い!
17歳と6ヶ月の超お婆ちゃんと1歳6ヶ月のピチピチのお嬢さんです。
嬉しかった、本当に嬉しかった♪

超の字が付くくらいの高齢犬なのに、食欲は旺盛で寝たきりの割には元気でした。

その年の秋に、ルナが来て犬雑誌「レトリーバー」に紹介されました。
その頃から、ユキは引退犬がいる事を知ってもらうためのメッセンジャーになったのでした。

ユキ、頑張ったよね。
ミニコミ誌・雑誌・週刊誌・TV・ラジオ・新聞、そして今度は子ども向けの本にも登場することになりました。(夏頃発売予定だそうです)
b0008217_11543665.jpg
年を越し、お花見ができて嬉しかったね。
梅雨あたりから体調が一進一退。
その頃から、サニーとルナの変化が出てきたのです。
ユキの傍らには必ず、どちらかが寄り添っていました。
誰に言われたのでもなく、気がついたらいつも傍にいました。
b0008217_1155972.jpg
ユキは不思議な子でした。
サニーやルナが今、とても優しいのはユキと一緒の時間を過ごせたのもあるのかも知れない。
そう思えてなりません。

そこにいてくれるだけで良かったのです。
[PR]
Commented by まさ妻 at 2007-02-18 17:26 x
あ~、ユキちゃんだ・・・。
穏やかのその顔を見られるだけで幸せです。
サニーちゃんやルナちゃんが今、優しいワンコでいるのはユキちゃんがそ~っと何かを教えてくれたからかも知れませんね・・・。
どう言ってたらいいのか、上手く言葉には出来ないですがワンコにはお互いに通じる何かがあるんでしょうね~。
Commented by らぶはな at 2007-02-18 21:07 x
ユキちゃんが、台車に乗って、お外に連れて行ってもらっている写真を
見た時、とっても衝撃を受けたんです。
アンヨが動かなくなっても、こうやってお散歩すると、ワンコって本当に嬉しそうな顔するんだなあと…
そして、うちのはなが、将来アンヨが動かなくなっても、ワンコのかあさんを見習って
お外にどんどん連れて行くぞ!!と決心したんです~

ワンコのかあさんのお陰で、はなは寝たきりになってからも
ドッグカフェに行ったり、お泊りにいったり出来ました。
おうちの中では、ぼーっとした顔をしていたお嬢さんも、
お外に連れ出すと、それは嬉しそうな顔でニコニコしてくれました♪

ワンコのかあさんとお知り合いになれて、本当に感謝です♪
是非是非、ワンズ達と一緒にこちらにお越し下さいませ…
小さくなったお嬢さんとお待ちしております~



Commented by TAKE at 2007-02-18 22:45 x
こんばんわ~
見てるだけで涙が自然と流れてくる写真です。私がず~っと読み逃げしていた頃です。
Commented by HAL at 2007-02-18 23:31 x
私もユキちゃんに惹きつけられた一人です。
一年前の写真展でユキちゃんを見せていただいて、ワンコと暮らすことの愉しさと穏やかな心を感じました。
ユキちゃんは、私にとっても忘れられない子です。
Commented by チャム・リム・Y at 2007-02-18 23:41 x
おぉ~、待望のユキちゃん、登場ですね。
まだ、リムの親戚の事を知らない頃、雑誌『レトリーバー』で、ユキちゃんの事を知りました。
盲導犬やってた子も、18歳まで頑張ってるんだ!・・・って感動していたのを覚えています。
ユキちゃんの存在が、サニーちゃんやルナちゃんの心の成長にも影響したんだぁ・・・
人間の様に、言葉を発しなくとも、お互い分かり合えるなんて、素晴らしい関係ですね。
ユキちゃんとかあさん達の体験には、とても感銘を受けました。
ワンコと暮らしていけば、いつかはそういう時期がやってきますから。
でも、ユキちゃんやラブ爺さんみたいに、幸せに歳をとってくれたら・・・と願っています。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-18 23:54 x
まさ妻さん、こんばんは♪
ユキは本当に穏やかな子でしたね。
もっとも寝たきりだったのですが(笑)
わけありの集団だったからなのでしょうか、寄り添うように暮らしていました。
3頭の犬たちに優しさを教えてもらったのです。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-19 00:13 x
らぶはなさん、こんばんは♪
はなちゃんの楽しそうなお顔をみるたびに、「あぁ、なんて幸せそうな笑顔なんだろう」って私まで幸せになったものです。
らぶはなさんもはなお嬢さんも本当に良いお仲間さんがいっぱいですね。

ユキを連れ出したのは、ず~っとお家の中だけだったらつまらないだろうなぁって、ワンコも人もきっと同じだろうと思ったからでした。
自分がして欲しいことをしてやりたかっただけです。
それがはなお嬢さんのお役に立てたならこんな嬉しいことはありません。

ラブ爺さまが健在なら東に向かって旅しようと思っていました。
運転手の父さんと相談して行けるようなら東に向かいたいですね。

ユキのことを話す時、今でも泣けて仕方がないんです。
「会いたいよ~」って言いながら泣きます。
バカみたいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-19 00:20 x
TAKEさん、こんばんは♪
来て下さってたんですね、ありがとうございます。
ユキの目は本当に優しかったです。
天国に近い子ほど優しい目をするのだと思いました。
ユキのことを話すと今でも泣けて・・・もうどうしようもないんですよ。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-19 00:29 x
HALさん、こんばんは♪
そう、ちょうど1年になりますね。
あの時は良く来て下さいました、ありがとうございました。

写真展のユキの写真大好きです。
あの写真、お願いしていただいちゃったんですよ。
いろんな意味で大切な記念の写真です。

お会いできるの楽しみにしてますから~♪
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-19 00:39 x
チャム・リム・Yさん、こんばんは♪
ユキには教えられたことたくさんありましたね。
耳を澄ませば・心を添わせれば、言葉は通じなくても相手のことがわかるようになる。
ユキがサニーがルナがそして今はアリサも教えてくれています。

チャム&リムさんも寄り添って暮らしている。
そして、自分の家族を大切に思っていますね。
何故わかるって?
だって、あの笑顔だもの~。
Commented by ルビママ at 2007-02-19 21:03 x
私はユキちゃんの存在によって、盲導犬の引退後の生活、シニアわんこの魅力を知りました。。。
私もいつか・・・という気持ちになり、それは今も変わりません。

先日、2004年8月の記事から読み直してみました。
やはり涙が流れてきます。悲しいからではなく(勿論、ユキちゃんの死は悲しい)、ユキちゃんとサニーちゃん、ルナちゃんそしてご家族のやさしい関係に涙が出てしまうのです。

本当にユキちゃんを知り、こちらのblogを知り、ワンコのかあさまを知ることができて良かった。。。ありがとうございます。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-19 22:52 x
ルビママさん、こんばんは♪
ユキのこと思っていただきありがとうございます。
サニーは優しい子です。
ユキを荼毘にふした日にサニーは、ユキを求めて家中を探していました。
泣けて泣けて仕方がありませんでした。
人は人間以外にそんな感情はないと言いますが、そんなことはないとこの時はっきり知ったのです。

ルビーさんのあんよ、どうですか?
アロママッサージの効果を期待したいですね。
Commented by Oriver at 2007-02-19 23:07 x
ユキちゃんの写真を見てると涙ぐんでしまいます。
なぜなんでしょう?今はいないうちのワンコを思い出すからでしょうか??
それにしても老犬はなんであんな優しい顔になるんでしょうかねぇ。
時におちょびの犬よりもかわいらしい。
Commented by サリー at 2007-02-20 02:03 x
こんにちは~。久しぶりのユキちゃんですね。私も今でもユキちゃんの事を思うとウルウルします(涙)。そして彼女の18年間に残してくれた沢山の愛情と教えに感謝です。
ユキちゃんの本が夏頃に販売って、本当ですか?我が家の子供達にも是非読ませてあげます。楽しみだなぁ!
Commented by ターミ姉ちゃん at 2007-02-20 09:45 x
ユキちゃんって、本当に良い子~
憎まれっ子ナントカ・・・・に全然当てはまらない、稀有なわんこだったんですね。
きっと、良い子オーラが出ていて、みんなが優しくなれたのでしょう。

昨日わんこ友達に会ったら、「うちのお坊ちゃまがとても悪くなった」と言うのです。
聞くと、若い頃の爺様みたい。
そういえば、たまに一緒にカフェにいったりすると、爺様とその子で語らっていました。
ああ、ここにもワルワル道の後継者が・・・と思うと、飼い主さんには悪いんですけど
うれしいです。

わんこ同士って、ちゃんと何かを残してくれるんですね。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-20 19:29 x
Oriverさん、老いた犬たちに共通する表情の優しさがあるのでしょうね。
ユキの若い時の写真を見せていただいたのですがやさしい目をしたなかなかの美犬さんでした。
本当にその名のとおり、色白の綺麗な子でしたわ。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-20 19:59 x
サリーさん、今晩は。
ユキの本と言うより「引退犬」の本というのが正しいと思います。
知っている何頭かの犬たちが登場します。
ユキもとりあげていただきました。
発売になったらブログでお知らせしようと思っていますので~。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-02-20 20:05 x
ターミ姉ちゃん、こんばんは♪
ユキが特別というわけではないですね~。
盲導犬だった仔は皆穏やかで優しいです。
ならなかった子達の多くは穏やかですね。
ユキの場合は全く動けなかったというのとサニーが甘えっ子だったのが良い方に作用したのだろうなって思っています。

なになに、ラブ爺菌が繁殖してるって?
良いじゃないですかぁ。
その子その子に持って生まれた役目があるのよ。
ラブ爺菌の増殖は爺さまの任務だったのよ~。(笑)
爺さま「うむうむ」とご満悦でしょう。
by yukiba20 | 2007-02-18 11:56 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(18)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん