会えて良かった(カイばっちゃん)

b0008217_1931356.jpgお昼に「カイばっちゃんが亡くなった」とtipの母さんから連絡が入りました。

カイばっちゃん。
ROKOさんちの可愛いばっちゃん。

先日広島へ行った時に、やっと会えたと喜んでいたのに・・・。

チューが出来てVサインものだった    カイばっちゃん。

ROKOさんの横で眠るように逝っちゃったそうです。

1度でも会った事のある子は、うちの子のように愛しい。

今日は午後から仕事がありました。
歩きながら泣けてしかたがありませんでした。

カイばっちゃん、タイガさんがお迎えに来ましたか? 
一人じゃ寂しいとお迎えに来ましたか?
b0008217_1934367.jpg

梅雨が近づき過ごしにくい日がやってきます。
どうぞ、残されたもの達が元気で過ごせますように・・・。
[PR]
Commented by らぶはな at 2007-05-18 20:05 x
このカイちゃん、はなに良く似てるな…
以前ワンコのかあさんのブログを見た時から、そう思っていました。
アンヨの感じ、にっこり笑った感じがそっくり…
まだお空にいくのは、早すぎます。

今頃、虹の橋で、うちのお嬢さんと出合ってるかな…
カイちゃんのご冥福をお祈りします。


Commented by ワンコのかあさん at 2007-05-18 22:25 x
らぶはなさん、はなちゃんと言いカイばっちゃんと言い、なんでこんなに優しいまなざしになるんでしょう。
天国に近いところにいる子ほど優しいお顔になるのでしょうか。

はなちゃん、新入りばっちゃんのことお願いね
Commented by チャム・リム・Y at 2007-05-18 22:29 x
そうですか・・・先月会えた子だったのに・・・
あんなに元気そうだったのに、残念です。
でも1度でもカイばっちゃんに会えたかあさんは幸せですよ~
きっと、カイばっちゃんもそう思っていると思います。
どうか天国で楽しく暮らして下さいね。
本当に・・・お歳を取ると、み~んな同じ、やさしい眼差しになるんですね。
Commented by ターミ姉ちゃん at 2007-05-19 15:49 x
カイばっちゃんは、いくつだったのでしょう。
何だか、優しい良い子は突然いなくなっちゃうんですね。
ちょっとクセのあるヤツは、落ちては浮上し、また落ちては浮上しを繰り返して
しぶといのに・・・(お仲間のコアちゃんが、今まさしくその状態なのです)

はなちゃんに良く似ていますね。どこか遠くで、繋がっているのかと思うくらいです。

ご冥福をお祈りします。
Commented by SATO at 2007-05-19 21:43 x
眠るように逝ったのなら、きっとカイさんはずっとずっと幸せのだと思います。
老犬と暮らしていると「あぁ、今日は機嫌よく無事に過ごしてくれた」って
毎日が感謝ですよね。
宝物のような日々をくれる子達、虹の橋を渡って永遠に元気で幸せでいて欲しいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-05-19 23:21 x
チャム・リム・Yさん、そうなのよ。
先月会ったばかりだったのに・・・。
まだまだ元気だったのに・・・。
もう1度は会えると思っていたのに・・・。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-05-20 09:06 x
ターミ姉ちゃん、カイばっちゃんはまだ12歳だったの。
伏せの状態でそのまま逝っちゃったんだって。
だから、本当に眠るように、いや多分眠ったまま逝ったのね。

若い時は知らないけれど、私が会った時は本当に優しいばっちゃんでした。
言われれば、はなちゃんに似ているばっちゃん。
本当にご先祖さまが同じかもね。
爺さま、おなごばかりが立て続けに逝くからウッフォッフォかも・・・。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-05-20 09:12 x
SATOさん、私が犬に生まれかわるんだったら絶対ROKOさんちが良い、そんなお家でした。
だから、カイばっちゃんは幸せでしたよ。
眠るように逝くワンコさんが多いのは雑念がないからでしょうかね。
シニアワンコを見送った人たちの話を聞くにつけ、私もあやかりたいものだとつくづく思います。

おっしゃるとおりです。
宝もののような日々をくれる子達に感謝しています。
SATOさん、応援が必要な時は遠慮なく言って下さいね。
by yukiba20 | 2007-05-18 19:06 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(8)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん