「いぬにみちびかれて」Ⅲ

b0008217_847045.jpg

TIKILOVE母さんこんな人Ⅱ (福岡のブリーダーFさんと)



サニーが来て、縁があってルナも来ました。

その頃から、急速に親しくさせていただいたのです。
と言っても、何かがそうさせたのではなく、そう言うご縁だったのでしょう。
でも、1度もお会いした事はなかったのです。

これも、絵描きのいいちゃんと同じご縁のあり方のような気がします。
1度も会った事がないのに、ずっとお知り合いだったような気がしていました。

そして、2年前、「今度のボランティアデーに私も行こうかな~」の発言を受けて開催されたのが「親戚ワンコのオフ会in滋賀」。
それがご縁の、昨年の「親戚ワンコのオフ会in阿蘇」。
もちろん、TIKILOVE母さんもFさんも参加してくださいました。

そこで、初めて聞いた、TIKILOVE母さんとFさんのブリーダーとしての深い思い。
これも、私には思いもよらないものでした。

「手放した子のことは忘れた事がない」という。
あんなにたくさんの犬を提供されているのに「どの子の事も忘れた事がない」とは・・・。
「風の便りに元気にしていると聞けば心から嬉しく、若くして亡くなったと聞けば胸が痛みます。引退の年頃になると、良い家族に恵まれますようにと願い、命を全うしたと聞けば寂しいけれどご苦労さまでしたと思う。」
「何より辛いのは生きているのか死んでしまったのかわからない事なのよね」

そして「いつでもその子達の事を応援したいと思っているのだけれど、どうしたらいいのかわからないのよね」と言われたのです。

それを聞いて、私は、二人のブリーダーの思いをみんなに伝えたいと思いました。
b0008217_8512030.jpg

だから今年は、「どうぞ可愛がってもらえますように、生涯健康でありますように」と願いを込めて、子犬達を送り出すブリーダーの思いを「盲導犬の一生」として、いいちゃんの絵とQパパさんの写真のコラボでカレンダーにします。

いいちゃんの絵だからこそ思いが伝わるような気がします。
そして、Qパパさんの写真では別の犬生を生きる犬たちを・・・。

TIKILOVE母さん、制作に名乗りを上げてくださってありがとうございます。
[PR]
Commented by チャム・リム・Y at 2007-07-30 20:13 x
えぇ~!(*゜□゜*)
あれだけTIKIっ子に色々して下さるのに(親にも)・・・
『どうしたらいいのかわからない』と思ってらっしゃるんですか?
ワンコに対する思い・・・並々ならぬお気持ちなんですね。
私は了見の狭い人間ですから(;´・`)>
『こんな思いで接すればワンコも幸せになれるんだ』
・・・と再認識する事ができました。

ワンコのかあさん!ハウルの心を考えてあげられるように・・・
必死になって、押さえつけてしまってる部分があるんでしょうねぇ~
反省です。
『ま、こんなモンか。余裕、余裕~』・・・なんて、言えたらいいんですが・・・私こそ、修行中です(*´ー`)

カレンダー、楽しみです!
Commented by ワンコのかあさん at 2007-07-30 21:30 x
チャム・リム・Yさん、TIKILOVEのかあさんってそう言う人なのよね。お友だちのブリーダーFさんも同じなの。
本当に真剣で謙虚なの。
胸の奥が温かくなって、ちょっとキュンとしました。

ハウたん、人間で言えば第1反抗期の時期かな?
ルナもそうだったけれど、押さえるとはねのけようとするのね。
好きなもの(ルナはボール)をうまく使って遊びながら、体力では叶わなくなるから気迫が大事。
気迫=叱るではないからね~。

by yukiba20 | 2007-07-30 08:55 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(2)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん