カレンダーに託す思い

b0008217_12175519.jpgカレンダー、3月の絵、パピーウォーカーに渡される子犬たちです。



「引退犬ボランティなのになぜ育成支援もするの?」
そう聞かれました。

「いいじゃん、引退犬ボランティアだって」
ではなく、補助犬にかかわっていると、好むと好まざるにかかわらず胸の詰まるような思いをすることがあります。
引退犬ボランティアとしては、もう引退させたいな~と思う年齢の犬がまだ現役で働いているのを見るのは忍びないものがあります。

引退できないさまざまな理由の一つに代替犬がいないというのがあります。
何故そうなるのでしょうか。
これもさまざまな理由がありますが、一つには資金がないということがあります。

行政の補助枠は一定でそれ以上は寄付や募金に頼るしかないのが現状です。

メディアに広く登場しているところは募金も寄付金も集まりやすく、バックアップするサポーターも出てきます。
そうでない施設は頑張っているのに資金繰りがとても難しい。
b0008217_1219253.jpg

TIKILOVE母さんは、そんな施設に無償で英国盲導犬の血統を受け継ぐ子犬を提供しています。

引退犬支援に加えて、頑張っている犬たちと、苦しい中で頑張っている施設を応援したいというTIKILOVE母さんの思いと、引退させてやりたい犬を引退させるために、たとえわずかでも何かできないかという思いがシンクロして、今年のカレンダー「盲導犬の一生」になったのです。

すべての犬が幸せでありますように、働いてきた犬たちの最期が穏やかで幸せでありますようにと願ういいちゃんの絵は本当に優しくて静かです。

そんな私たちに共感してくださったQパパさんの写真は、いいちゃんの絵とは逆のはじけるような「動」をお願いしました。

どちらが幸せと言うのではありません。
それぞれに合った道を歩んだから幸せなのです。

繁殖にかかわるボランティアも、育成にかかわるボランティアも、子犬たちが歩んでいく道が幸せでありますようにと願い続けています。

引退犬にかかわるボランティアは、共に暮らすことになった犬たちはどんな生涯を送ってきたのだろうと、その来し方を思います。

何も語らない犬たち。
だからこそ、その生涯にわたって応援して行きたいのです。





b0008217_12193497.jpg小山ぽちさんは、お伊勢参りをすませ、茶店で赤福をいただき、ようやくいいちゃん秋のアート展の会場に向かって、出発いたしました。
(クリックしていただくと毎回違う応援しよう隊のところに行くんですよ♪)
[PR]
Commented by ぽぷちゃん at 2007-09-27 14:32 x
盲導犬の引退についてはとても考えされられますね。
次の子がこないからそれまではという思いも分かりますが、考えてしまいます。
栃木では10歳を引退の目安にして、代替犬にということです。
うちの子が盲導犬になったら、元気なうちに引き取ってあげようと思っています。
Commented by らぶはな at 2007-09-27 16:07 x
次の子がいないから引退できない。
とっても考えさせられる現実です…

はなと一緒に見学したときには、12歳くらいの引退犬もいました。
もう少し若い年齢で引退できれば、のんびりとした余生を
もっと若い内から、送らせてあげられるのにね~
Commented by ワンコのかあさん at 2007-09-27 16:24 x
ぽぷちゃん、この世界は知れば知るほど何かせずにはいられない(^0^)
引退年齢は、多分どこの施設も10歳だと思います。
10歳で引退できたらラッキーですよね。
若くても(傷病が主原因だから)年が行き過ぎていても辛いです。
10歳で引退できたら言うことありません。
そうなるように願い続けていますね。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-09-27 16:28 x
らぶはなさん、事情が事情だけになんともいえないですね。
だから余計に可愛いのです。
もう、可愛くて可愛くてどうしようもないです。
自分でも不思議なんですよ、この感覚(^^)
Commented by B’zママ at 2007-09-27 19:14 x
カレンダー、とても楽しみにしています。
数週間前、我が家の二代目パピーが引退して、繁殖ママさんの所に引き取られ、ママワンコ、兄弟ワンコと3ワンコで穏やかに過ごさせてもらっています。
もう、ほとんど食べれない状態での引き取り。
私のありがとう。の言葉に。。
我が家のかわいいワンコのお腹から出てきてくれた子よ。
我が家にとっても、大切な子なのよ。
大事にするからね。
って。。
繁殖ママさんのお気持ちに胸が熱くなりました。
数ヶ月しか、1年しか共に暮らしてないけれど、
ワンコを思う気持ちは、皆同じだと。。
まだまだ若いゆえ、
いろんな無念さ、かかえながら。。。
一日でも穏やかな日々が続きますようにと願わずにはいられません。
それに答えるかのように、ワンコも頑張って生きようとする姿。
彼は、今本当に幸せなんだと思います。

Commented by チャム・リム・Y at 2007-09-27 21:25 x
そうなんですね・・・
なるべく早く引退させたいと思っていても、できない現実・・・
TIKILOVE母さんが、関盲以外のセンターに子犬を送り出しているのは、そういう訳なんですね。
少しでも・・・何かお役に立てないか?・・・と考えさせられます。
みんなの気持ちが詰まったカレンダーの到着が待ちどおしいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-09-27 22:58 x
B’zママさん、繁殖ボランティアやPWは私とは比べ物にならないくらい愛しいでしょうね。
共に暮らす時間の長さなんて関係ないのよ。
私はそう思っています。

「病を得た子はことさらに愛しい」
そう思いませんか。
私は、それ以上に悔しいのです。
若くして病を得て引退しなければならない。
それが短命であれば、なおさら悔しいです。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-09-27 23:03 x
チャム・リム・Yさん、TIKILOVE母さんってすごい人でしょう。
だからハウたんもすご~くなるよ~~
って、どんなすごさかいな(爆笑)
アップルビターはね、ものすごく苦いの~。
うちは一発で効いたよ。
まれには平気って言う子もいるけど、体外は嫌いよ。
Commented by ロッタのおかあ at 2007-09-28 23:12 x
初めてコメントさせて頂きます!
ニコママさんから紹介して頂きました。私は去年、念願のロッタを迎え入れて・・ロッタは野良ちゃんの子なのですが、今どき野良ちゃんがいる現実と処分される子達の酷い現状を知って以来、個人でボラをされてる方の{ロッタを下さった方の}お手伝いをしてます。去年までは子犬の預かりもしてました。でも、ロッタが大きくなるにつれ怖がり酷くなってストレスから下痢嘔吐する様になったので、今は山に捜索に同行したり野良ちゃんのお世話をしてます。でも、ずっと人間の為に懸命に働くワンコたちの為に・・・ワンコサイドに立って何か尽くしてあげれたらと思ってました。ワンコのかあさんの様にいつかリタイアした子を受け入れてあげる事が出来たらと思ってます。それでニコママさんがこちらを教えて下さいました。テレビや本で読むくらいの知識しかありませんが、これから少しずつ知って行っていつかお手伝い出来たらと思ってます。カレンダーも個人の数量ですが購入したいと思います。カレンダーの事も含めて、これからも頑張って行って下さい。唐突にいろいろ話しましてすみません。またお邪魔させて下さい。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-09-29 16:56 x
ロッタのおかあさん、いらっしゃいませ。
カレンダーの御予約ありがとうございました。
野良ちゃんの保護をしていらっしゃるんですね。
処分すればそれで終わりとする日本の動物保護の現実はあまりにもひどいくお粗末だと思います。
わたしは、引退犬にかかわっていますが、この子たちのように人のために働いてきた子にすら日本の行政は冷たいのです。
ユキという老いて寝たきりになった犬に出会わなかったら、話に聞いていても私には現実ではなかったのです。
「引退した犬の、最期の安らぎの場を」
ユキは私にそう言いたかったのでしょう。
いつ終わることのない宿題を残して逝きました。
このようにして皆様のご協力を得ることによって、引退犬の存在を知ってもらう。今の私にできる精一杯のことです。
引退犬でも保護犬でも良い、縁のあったワンコさんと暮らしてください。
私は、引退犬と暮らしていますが、基本はどんな犬でも縁があれば、なのです。
ロッタのおかあさん、頑張りすぎないでくださいね。
ゆるゆると長く犬たちと関わっていただければと心から願っています。ありがとうございます。

Commented by ラスラママ at 2007-09-30 12:47 x
カレンダーとってもかわいいですね。楽しみです。盲導犬をはじめ、いろんな問題がまだまだ山済みなんですね。わからないことがたくさんありますが、それでも最近TV等で取り上げられるようになりつつあるのは、一つ成果でしょうか。引退犬のボランティアには私もいつかお役に立てたらと思います。今はラスラと一緒に暮らして、この楽しさやありがとうの気持ちを返せたらいいカナと思います。
Commented by ワンコのかあさん at 2007-09-30 19:13 x
ラスラママさん、こんばんは~♪
可愛いでしょう(^^)
知れば知るほど何かせねばいられない?(^0^)
TIKILOVE母さんは長い間そうしてこられたのですね。
何かしたいという皆さんの気持ちが、カレンダーを買ってくださるんだなって、応援してくださっているんだなってしみじみ思います。

私も ラスラママさんのおっしゃるとおりなんです。
「楽しさやしあわせをありがとう」と言う気持ちでいっぱいなんです。
Commented by から子 at 2007-10-01 08:39 x
カレンダーはもちろんだけど、アート展も楽しみですね!!
行きたいけれど、ちょっと遠くて・・・・
ぽち君、今頃どの辺を走っておられるんでしょうか・・・・
もしよければ、【からころ】にもお立ち寄りくださいと
ワンコのかあさん、お伝えくださいませ♪
Commented by ワンコのかあさん at 2007-10-01 22:20 x
から子さん、今年2回目のですね。
私は広島わんこたちに会いに行ってこようと思います。
で、ついでに寄ってこようと・・・
ぽちさんは、そろそろ奈良あたりに到着かと。
あの時はいけなかったので是非「からころ」さんに御礼を言いたいと聞いていますから立ち寄られるのではないでしょうか。(^0^)
Commented by から子 at 2007-10-02 08:42 x
ワンコのかあさん!!楽しみです♪
座布団とお茶、用意して待ってますわ~
ケーキも、かな?いや、おまんじゅうのほうがいいかな?
Commented by ワンコのかあさん at 2007-10-03 00:50 x
から子さん、座布団にお茶!
まぁ、お菓子まで~♪
うちのお嬢たちには内緒にしておきますわ。
でないとぽちさんの後を尻尾フリフリついていきそうな(^^)
by yukiba20 | 2007-09-27 12:22 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(16)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん