アリばばちゃんの腹具合 その2

b0008217_836484.jpgデリケートなアリばばちゃんは食いしん坊でもあります。

お仕事終えて、年金生活?なアリばばちゃん。
最大の楽しみは「ご飯」と「おやつ」
この二つの言葉は聞き逃しません。

が、これがデリケートなアリばばちゃんの泣き所でもあります。

我が家はワンコにとって美味しいもの、かなりあります。
たとえばって?

う~ん、たとえば・・・
ハーブクッキーなどクッキー類・焼き芋・自家製砂肝の干物・自家製馬肉せんべい・カッテージチーズ・季節の果物・自家製ささみジャーキー・ワンコのおやつ数種類など、基本は私も一緒に食べられるがポイントのおやつ類。
そうそう、生骨もありますがこれは気をつけないと、PPどころか便秘で出で来るウンはセメントみたい。これは産みの苦しみで場合によってはお手伝いが必要になります。
b0008217_8365987.jpg
アリばばちゃん、これ皆食べて大丈夫ですが、その昔?は食べるたびにゲリッピ。
おやつだけでありません。
ご飯も、美味しいものは皆ゲリッピの元でした。

普通の犬に戻ったアリばばちゃんにおいしいものを!と張り切っていたのにがっかり・・・
いや、それ以上にアリばばちゃんがかわいそうで、何とか食べさせてやりたいと試行錯誤しました。
熱を通すのもそのひとつでしたが、加熱すると硬くなってかえって消化が悪くなるものもあり、やっぱり生食だ!と一念発起。

新しいものに挑戦する時はサニー&ルナの時は半分量から始めれば良いのですが、アリばばちゃんの場合はその半分、1/4量から始めました。
ところがそれでもダメなんですね。
b0008217_8373751.jpg
で、「アリばばちゃんに美味しいものを!」プロジェクトを立ち上げました!
なんちゃってね~。

1/4で大丈夫なものもあるので、まずはそこからスタート。
PPが始まったら、一旦打ち切って完全に元の状態に戻ってから今度は1/10量から始めます。
ドライフードもそんな感じでした。
ハーブにいたっては、最初はおそばに振り掛ける唐辛子程度から始めました。
ヨーグルトだって茶さじ半分からです。
そんな風に少しずつ慣らしていったので今ではたいていのものは食べられます。
でも、1ヶ月・2ヶ月と間を置くとお腹が忘れるんですね。
思い出すのにちょっと時間がかかるので、あまり間をあけないでいろいろ食べさせることにしています。

でも、それだけ努力をしてもだめなものもあります。
同じようにして2回挑戦してダメだったものを「アリばばちゃんにはあわない」と除外することにしています。
今のところは皮付きりんごとパイナップル。
りんごは皮なしなら大丈夫なので、皮に含まれる苦味成分がダメなのかもしれません。
パイナップルは本犬はほしくてたまらないのに、残念・・・
b0008217_8381469.jpg
そんな風にアリばばちゃんのお腹と折り合いをつけて、定期便以外では健康ウンの日々を送っています。

今日の晩御飯は大根にんじんブロッコリー入り豆乳おじやと郷里から送ってもらった新鮮ないわしのたたきです。新鮮なものは内蔵も含めて丸ごとたたきにしています。カルシウムもたっぷり。
今日のふりかけはローズヒップでビタミンCを補給。
いわしのたたき、今は200gくらいは平気ですが、はじめは親指の頭くらいの量でもPPでした。

「もうご飯いりません」
そういう日がいずれくるでしょうが、その日までできるだけ美味しいものを食べさせてやりたい。
b0008217_8395523.jpg

ゲリッピは恐れず、侮らず
機嫌が良いか悪いか
吐き気を伴うかどうか
これからも観察しながら新製品に挑戦していこうと思っています。

でも、下痢をしてからだを丸めて震えている時、症状が進行する時は絶対に病院へ行きましょう。

春の定期便はいつ来るのだろうか
ドキドキものです
[PR]
Commented by ターミ姉ちゃん at 2008-02-23 09:32 x
このシト達って、案外お腹がデリケートなんですね。
先先代の柴雑犬は、滅多に下痢なんてしなかったので、爺様が食欲の割に
お腹が弱かったので驚いたものです。
その爺様より、キッドはさらにデリケートです。
卑しさは爺様より強烈なのに…(これは空腹を知っているからなんでしょうけど)
でもいろいろな手作り食推奨の方たちも言っていますが、やっぱりその固体に
合うか合わないかが一番重要なんですね。
キッドはお刺身がちょっとダメでした。本マグロ路線ではないようです。
飼い主は助かりますが・・・
Commented by らぶはな at 2008-02-23 11:27 x
昔は、ラブ友なんていなかったので、自分ちのわんの状態しか知らなかったんですが、
デリケートな子って、かなり多いんですね…

ワンコのかあさんの細やかな食事の出し方は、本当に勉強になります。
こうやっていろんな方のブログを拝見してると、はなは本当に
頑丈な子だったんだと痛感します。

アリサちゃんは、食べる事が大好きなのに、なんでも食べられないですね…
それに比べて、何を食べても大丈夫なうちのお嬢は、
本当に幸せもんだったんだな…

はなの生涯の中で、お腹を壊したという事は2度しかありません。
5歳頃、一度軟便になったあとは、亡くなる年の9月に一度
ちょっと柔らかい血便をしたくらいです。

お部屋の中で、ぶーりぶりとウンウンをされても、
テイッシュでつまみあげたら、どこに落ちてたかわかなくなるくらい良いウンウンでした。
だから寝うんされても、全然後始末が苦にならなかったんでしょうね…

近い将来にやってくるだろう赤い糸の子ちゃんが、どのタイプの子かわからないけど、
はなと同じように、新しい物をなんでも平気であげるのは、
やめよう!と心に誓いました…



Commented by ぽぷちゃん at 2008-02-23 12:29 x
お腹の弱い子は可哀想ですね。
ドッグフードを変えたり量を少なめにしたりとしていますね。
うちの子達はお腹は丈夫なのでとても助かっています。
フォルテちゃんはpw中で1度だけ水のようなウンチ、マロンちゃんは一度もお腹がゆるくなったことはなかったんですよ、いまだにありません。
トトイくんもたま~にゆるくなる程度、親孝行な子供たちです。
アリサちゃん、デリケートなのね、春の定期便来なければいいのにね。
Commented by ワンコのかあさん at 2008-02-23 22:15 x
ターミ姉ちゃん、強い子はものすごく強いのよ。
今では、サニー&ルナはまずPPになることはなくなりましたが、アリサは病気のせいか不安定です。
引退1年前くらいから頻繁に下痢をするようになりました。
本当に3頭3様です。
だから面白いし、楽しい。

キッド君のお腹が弱いというのはなんとなく、「そうか~」というところですが、爺様がお腹が弱かっただなんて、似合わないな~。
お洋服が必要なキッド君は、本マグロがダメでちょうどいいのかも?
お洋服がそんなに必要でなくなった暁には、食べられるようになってるかもよ。

Commented by ワンコのかあさん at 2008-02-24 09:16 x
らぶはなさん、お久しぶりです。
アリばばちゃんは、引退1年前くらいから頻繁に下痢を繰り返していました。
病気のせいだったと思います。
病気は完治することはないのですが、安定した状態に置くことは可能なので、獣医さんと相談しながらできるだけ快適に過ごさせてやりたいと思っています。
新しいものに挑戦してPP騒ぎが収まった時は「よっしゃ~!!」って感じで、皆でダンスしたりで大騒ぎなんだけど、アリばばちゃんだけが「なにしてんの~」ってしらけてる。
それがまたおかしくって・・・。

赤い糸子ちゃん、早くくると良いな~
実はわたし心待ちにしてるんです。
はなちゃん、らぶはな家で暮らす心得の伝授でもしてるのかな?
Commented by ワンコのかあさん at 2008-02-24 13:37 x
ぽぷちゃん、フォルテちゃん・マロンちゃん・トトイ君、なんて親孝行な子達でしょう!
盲導犬はお腹が丈夫でなければっていうのもありますのもね。
アリサは現役時代は投薬も効果がなくて可愛そうでした。
ユーザーは自分の不自由よりもアリサの体を心配されての決断でしたが、早く引退できて本当に良かったです。


読み逃げ常習犯なのですがお願いがありますので近いうちにメッセージ送らせていただきますのでよろしくお願いいたします。
Commented by チャム・リム・Y at 2008-02-25 07:41 x
かあさんは、色々手作りしてるんですね~
ご飯だけじゃなくて、オヤツ類も・・・美味しそうヾ(^ー^;)
靴下(お父さんの?)を自分の手元に持って行って寝ている姿(笑)
我が家でもよく見かける風景です。可愛いですね~
そしてソファで寄り添う姿も・・・ほんと、すっかり年金生活を楽しんでらっしゃるアリサちゃんですね~(*^m^*)
そっかぁ~、お腹の弱いコでも諦めずに試行錯誤してるんだぁ!
そうですよね!ほんと、食べる事、命!・・・ですもん!
チャムが脳幹異常が出て、歩けなかった時でも食欲はありましたから。
『これなら大丈夫だな』って思いましたっけ・・・
幸いにもうちのコらのお腹は丈夫ですよ!
ただし・・・盗み食いして大量に食べた後はピーピーです。
ま、これは自業自得ってヤツですが(笑)
Commented by ワンコのかあさん at 2008-02-25 17:00 x
チャム・リム・Y さん、一緒に食べられるものがあると嬉しいでしょう、だからね。
素材のうまみが出て美味しいものもいっぱいあります。
この子達ってこんなに美味しいもの食べてるの!なんてびっくりすることも。

靴下とか、オパンチュとか洗濯してない物がお好きなようで(^^;)
アリばばちゃんも時々こっそり持ち込んでいますわ~。

すぐにあきらめることは絶対にないですね。
だって美味しいもの食べさせてやりたいもの。
それに試行錯誤が結構楽しかったりしてね。
成功すると「よっしゃ~!!」V(^0^)/
by yukiba20 | 2008-02-23 08:41 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(8)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん