ずっと、ず~~~~っと大好きだよ

b0008217_0135094.jpg
今年も何頭ものお知り合いワンコさんを見送りました。
そして今日(もう、昨日になりますね)もまた・・・

親戚ワンコさんのハウたんちの長老ワンコ、チャムさんです。
ついこの前ボビーおばあちゃまを見送ったばかりなのに・・・。
寂しくって、悲しくって、喉の所に何かがつかえて上手くしゃべれません。

男の沽券にかかわるとばかり、最後までオムツをすることのなかったチャムさん。

チャムさんが前庭症候群をわずらって、復活しながらも老衰で逝くまでの、闘病・介護日記は喜びと哀しみと決断の辛さがつづられています。

点滴をしないと決めた日・・・つらかったね。
お水も飲めなくなった時・・・なんとも言いようのない辛い覚悟をしたね。

老衰で見送る、ゆっくりとした時間の過ごし方が書き記されています。

知り合ってまだそんなに年月は流れていないのに何故かとても大好きだったチャムさん。
3月に会ったのが最後になるなんて思ってもいなかったよ。
あの日は、まだまだ元気でおなごのオシリを追いかけていたのに・・・
秋にはまた会える、そう信じていたのに・・・
大好きだった、チャムおじさん。
これからも、ずっとず~~~~っと大好きだよ。
b0008217_0182889.jpg

「今は別れるかもしれないけれど、姿かたちを変えてきっと再び私達の前にあらわれるから。」
息子はいつもそう言ってくれます。
私もそう信じています。

初めて会ったのになんだか懐かしい気がしたら、それはきっとあなたなのね、チャムさん。

ありがとう。
また会いましょう。
[PR]
Commented by エヌです。 at 2008-06-10 03:32 x
前略
 ワンコさんのおかあさま、Tシャツの件、お世話になりありがとうございます。

 残業が完了するまでは全く流れなかった涙が今、止まりません。
 きっと、男前のダンディーなチャム先生ですから、「カッコ良く見送るのでし!」とパワーを送って下さったのだと、勝手に信じています。

 チャム先生とハイレベルな肩並べができるダンディーなおかあさま、今日のメッセージは、あたたかい優しいおかあさまの文章ですね。
                         草々
Commented by ターミ姉ちゃん at 2008-06-10 19:12 x
チャムさん、あの関西遠征で会った時には、シニアではあったけれど
まだまだ元気だったのに、シニアの時間は本当に読めないです。
あの時、やっぱりお会いできたゆずちゃんと言う14歳のラブのお婆ちゃんも、
同じ日に亡くなってしまいました。
やはり同じように老衰で、自然に穏やかに…
なんとも言えないです。

ただ、あの日会えて良かったなと、心から思います。
そして、枯れるように老衰であった事は、幸せとも言えるかもしれませんね。
しかも、Yさん達がお休みの日に、みんなに見送られて・・・

チャムさんの冥福をお祈りします。
Commented by ワンコのかあさん at 2008-06-10 20:22 x
エヌさん、こちらこそありがとうございました。
お仕事とんずらしてまで会いに行かれたエヌさんの行動力をとてもうらやましく思っていました。

それにしてもチャムさん、最期まで手のかからない、気遣いのワンコさんでしたね。
もう1度会いたかったです。
なんだか・・・まだ信じられないような・・・
Commented by ワンコのかあさん at 2008-06-10 20:32 x
ターミ姉ちゃん、ゆずちゃんも同じ日にと言うのは、なんだかとても不思議な気がします。
一人は寂しいから一緒に逝こうか、と連れだって逝ったのでしょうか。
爺様とは正反対の気遣いワンコさん、今頃は爺様に会えたでしょうかね。
あの日会ったキッド君のこと、親戚ワンコのハウルのこと話題は尽きないと思うね。

ところで、今日はなちゃんちにトマトを送ろうとTIKILOVE母さんに電話したら、「キッドのところから贈られたよ~♪」と言われちゃいました。
「チ、出遅れたか」
と思いながら、内心流石!!と思いましたよん♪
Commented by チャム・リム・Y at 2008-06-11 07:08 x
ワンコのかあさん!
チャムの事では本当にお世話になりました。
点滴をち続けるべきか?・・・という時もかあさんは『家族で話し会ったらいいよ』・・・って言って下さったでしょ?
『こうしたらいい!』・・・って言わないのが、かあさんらしいなぁ~と思いました。沢山の経験から思う事があったでしょうに・・・
あと、『見送れなくても後悔しないで』・・・という言葉も(´ー`)
最後まで気を遣ってくれたチャムは定休日まで待ってくれました。
その姿を思うと、けな気でけな気で・・・涙があふれます。
かあさんには甘えてしまって色んな事相談させてもらいました。
考えてみれば、かあさんにも辛い思い・心配かけちゃって申し訳なかったです。
マットのお陰で床ずれも出来ず・・・いくら感謝の言葉を述べても足りないです。

シニアワンコのハートを掴むのがお上手なかあさんは、チャムのハートもバッチリつかんでましたよ~
こんな風にブログにも載せて頂きましてありがとうございました。
それにしても・・・皆さんの声援はものすごくものすご~く、頼もしく嬉しかったです。チャムも私達も幸せモンです。
Commented by ワンコのかあさん at 2008-06-11 07:17 x
悲しくてやりきれなくて、じつはめそめそしている私です。
アリサとのツーショット、これお気に入りなんです。
このチャムさん、そこらにいるおじさんみたいでしょ。

チャム:ね~、アリばばちゃんや、お茶でもせんかね
アリサ:そ~ね~、急にそんなこと言われても~

なんて言いながら、今はまだ泣き笑いです
by yukiba20 | 2008-06-10 00:24 | 親戚ワンコ | Comments(6)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん