ワンコの山小屋デビュー

b0008217_22323321.jpg「山小屋へ来ない?」
お誘いを受けていそいそと出かけました。
参加者は人9名、ワンコ6頭。
内訳。人→男6名、女3名、(熟年9名、若者0名)
ワンコ→♂3頭、♀3頭(盲導犬3頭、キャリアチェンジ2頭、家庭犬1頭)

国道から脇道へ逸れ、片側谷の超狭い道を何とか山小屋へたどり着いた。
目の前は全山紅葉。ただ、残念なのは台風のために葉が散ってしまい例年ほどではないとのこと。
それでも、町中の乏しい紅葉しか見ていない私にとっては「最高!!」でした。
紅葉を見ながらバーベキュー。大いに飲み、食い、そしておしゃべり。
ワンコたちにも、おすそ分け、はありませんでした。
なぜって・・・今回参加の♂は全員、お仕事を持っている子でした。
だから、♀もお付き合い。♀たちは皆、オトーサンに狙いを絞ってピッタリ。日頃の生活態度が分かるって言うもんだわ。

美味しいものはにおいだけ。その代わりリードはずして「お好きにどうぞ」。
団子になって遊ぶかと思いきや、意外とそれぞれ「わが道を行く」。
いつもつるんでいる我が家の娘達も、時にはバラバラ。
それほど山は魅力的なのでありました。
b0008217_22241340.jpg
日暮れと同時に小屋の中に移動。
秋の夜長、又、ひとしきり飲んでおしゃべり。
おなじみでない人たちもワンコがいれば皆お友達。不思議だよねぇ。


時折外に出て眺める満天の星。
空との境界が分からないくらい真っ暗な山に向かって叫ぶ。「おーーーーい!」
「ぉ~~~~ぃ」かすかにやまびこが返ってくる。
あぁ、何年ぶりだろう、思いっきり声を出すのは、夜は真っ暗で星が光り輝いているのを見るのは。

寝るのは人もワンコも混じりあって雑魚寝。
ところが1頭寝ない子がいる。うちのサニーだ。トーサンっ子のサニーはロフトで眠るトーサンのところへ行きたくてウロウロ、ウロウロ。はしごが上れないからしょうがない。
皆寝静まった頃やっとあきらめて私の枕元で眠る。腕の中にはルナが、足元には♂ワンコのYくん。
あぁ、なんと幸せ♪

夢の中に沈みこむときに「ユキも連れてきてやりたかったなぁ」と思い涙がちょっと流れた。
ユキを遊びに連れて行ってやれなかった私は、どこかへ行くたびに思う。
「ユキを連れてきてやりたかった」って。
[PR]
Commented by knighthime1 at 2004-11-08 23:11
皆でわいわい楽しそうですね。
こうやってたくさんのワンコと触れ合うのは現役の盲導犬にとっても、よいリフレッシュになるのでしょうか?
ルナちゃんはきっとお母さんと一緒に来ていたと思いますよ。

Commented by ワンコのかあさん at 2004-11-09 16:09 x
knighthime1さん、こんにちは。盲導犬たちは普段でも家庭にいれば普通のワンコです。私の知る限りでは、ハーネスをつけるとお仕事モードに切り替わっているようで、ユーザーも良く心得ています。ただ、食べ物を与えたりするのはダメですね。
ハーネスをしていない時は、私たちも気軽に声をかけたりなでたりします。でも、もしユーザーが嫌がればしません。
いっしょに遊び歩く仲間達はそれぞれが良く心得ているので、人もワンコもリラックスしています。
同行した中で、我が家のワンコたちが「はじめまして」のペアは1組だけでした。

そうですね、ユキのことはいつもおんぶして連れてきているんだね。
亡くなってすぐの頃より、今の方が寂しいんですよ。
胸の奥がズキンとすることが良くあります。この思いを越してはじめて、良い思い出になるのでしょうが・・・。
Commented by HAL at 2004-11-09 22:11 x
ワンコまみれで楽しそう。
うちのワンコは犬社会を知らずに育ちました。
他のワンコとワンコまみれになってみたい!
Commented by ワンコのかあさん at 2004-11-10 00:17 x
HALさんちが近かったら是非来ていただきたいのに残念!
人もワンコも大好きで、玄関から中に入るのが一苦労なほどの大歓迎ですよぉ。
by yukiba20 | 2004-11-08 22:36 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(4)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん