なぜリタイア犬ボランティアが必要?

b0008217_10483813.jpg盲導犬として活躍した犬たちが、ハーネスを外した後、のんびりした余生を静かに過ごさせてやるというのがリタイア犬ボランティアです。
使用者だって盲導犬を最後まで世話したいと思っています。
でも、住宅環境や次の犬を使用することを考えますと、どうしても手元に置くことが難しいのです。
その使用者に代わって、のんびりと穏やかな余生を過ごすことのできる環境を提供するためにリタイア犬ボランティアが必要なのです。

犬も人間と同じように、歳をとると病気などになることもあり、寝たきりになる場合もあります。
盲導犬はずっと人間のもとで一緒に生活を送っているのでとてもさびしがりやです。
外飼いではなく、家の中で家族と共に暮らせることが大切なのです。

ユキが来て、引退犬を預かるときに必要な「力」が三つあると思いました。
一つは、介護が必要になったときには「体力」が、
もう一つは、看取っていくという「気力」、
三つめは、医療費・介護費など「経済力」です。

「体力」については大型犬を介護すると言うことから、
自分の年齢から考え、私は10年間と決めています。
10年目に預かった仔を最期にしようと思っています。
「気力」については、今まで数頭の仔達を見送った経験と、
私達を応援してくださっている大勢の方たちのおかげで維持できそう。
問題は「経済力」です。
[PR]
by yukiba20 | 2004-08-18 10:48 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(4)
Commented by ハーブママ at 2004-08-18 11:19 x
パピーウォーカーは気力・体力・少し経済力と根気?
フード代は無料ですが、月5000円までの医療費とその他全ての
(ペットシートなどを含む)は自己負担です。
訓練所によってまちまちで、全て自己負担のところや、
医療費、フード代全て訓練所持ちのところ、其々です。

引退犬ボランティアは気力・体力・経済力
我が家には気力・体力は、パピーウォーカーを始めてから、
この4年で少しは備わったような気がしますが、
経済力がやはり一番のネックです。
それから、もう一つ包容力が必要な気がします。
これは、まだまだ発展途上???かな。

経済力、この部分で思いとどまっておられる方、たくさんいらっしゃると
思うのです。訓練所やその他の団体などが協力しあって、
ごくごく自然に経済力の負担が少しでも軽くなる体制ができれば、
老犬ホームではなく、引退犬ボランティアさんが増えるのかも
しれないと思う今日この頃です。
Commented by ピー&ポーママ at 2004-08-18 21:36 x
ワンコのかあさん、ハーブママOPENおめでとうございます。
素敵なページですね。
あるがままに、伝えたい事・思いがそのままくもりなく伝わりますように。
気力、体力、経済力、そしてハーブママのおっしゃるように包容力。
どれも大切だなぁと思います。

そして、引退犬ボランティアさんを少しでもサポートできる体制があればいいなと思います。
困った事、悩みがあれば相談しあったり、知恵だしあったりして、
お互い助け合える事ができたらいいですね。
このページは、引退犬ボランティアさんとの懸け橋になるような気がします。
Commented by knighthime1 at 2004-08-18 22:17
そうだったのですか。
引退犬ボランティアにはそのような壁があったのですね。
実際に日本盲導犬協会のHPなどを見ても、「ただいま募集停止中」などと書かれていたりするので、間に合っているのかなぁと思っていました。
確かに、動物の場合は医療費がかなりかかりますものね。(大型犬は特にですよね。)
最近増えつつあるペット保険なんかは子供の頃からかけられていたりするのでしょうか?
例えばそういう会社が特例として盲導犬の場合の掛け金を低くしてくれていたりすると、多少は負担が減ると思うのですが。
私も少しでもお手伝いできればと、毎日価格comの盲導犬支援基金をクリックしています。(^o^)
Commented by ワンコのかあさん at 2004-08-19 11:05 x
包容力かぁ、私はワンコたちの大きな包容力の中に心地よく居座っているので思いもしなかったですねぇ。
ピー&ポーママさん、ありがとうございます。
ハーブママさんのおかげです。
下宿代も払わない下宿人を「良いよ♪」って快く引き受けてくださってる。
太っ腹ですね(ご本人はスリムだけれど)。
感謝感謝で足を向けて練られません。(方向音痴なんで向いてたらごめんなさい。笑い)
パピーウォーカーさんと知り合ってわかったことなど、少しずつ書いて行きたいと思います。
knighthime1 さん、支援基金にご協力ありがとうございます。
そうですねぇ、ペット保険も研究したらいいですね。
いろいろ教えていただければありがたいです。


自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん

画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31



動物を受け入れるサロンをと作られたペットと飼い主のためのヒーリングサロンです。



TIKILOVE
フード代の一部と、お買い物した時に付くポイントが引退した補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の医療・介護費支援に寄付されます。


我が家の犬たちの実家、TIKILOVE母さんが、引退犬支援のため作られたカレンダーです。可愛い子犬のカレンダーです。

最新のコメント

セナママさん、22年前の..
by ワンコのかあさん at 09:06
22年前…私にはまだ関西..
by セナママ at 22:50
??さん、ご無沙汰してお..
by ワンコのかあさん at 20:05
tiny3さん、こちらこ..
by ワンコのかあさん at 20:01
海ちゃんの、その素敵な笑..
by tiny3 at 23:03
ランディママさん、ワンコ..
by ワンコのかあさん at 20:35
おぉっ!最強の呪文ですね..
by ランディママ at 11:18
ティナママさん、こんに..
by ワンコのかあさん at 14:17
わんこのかあさん様、ご無..
by ティナママ at 00:27
セナママ さん、ありがと..
by ワンコのかあさん at 15:24

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
more...

ライフログ


盲導犬ボランティアは楽しい!――犬バカおじさん奮闘記

お気に入りブログ

カテゴリ

全体
親戚ワンコ
ただの愛犬家
悪性黒色腫
膝関節痛
介護グッズ
子犬育て奮闘記
親戚ワンコのオフ会
ルナの心タンポナーデ
サニーの免疫介在性の貧血
老犬介護
ルナの股関節
セミナーのお知らせ
広島ドッグパークの崩壊
盲導犬 引退犬 ボランティア
長崎盲導犬虐待事件
盲導犬の歩行の安全を願う
チャリティーカレンダー
皮膚炎
私事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬

画像一覧