2004年 09月 03日 ( 1 )

介護のポイント

まず、主治医に全身の診察をしてもらって、呼吸を楽にするための投薬を始め、同時に当面の注意事項を聞き介護を三つのポイントにしぼりました。

第1に、床ずれを起こさせない。b0008217_17382886.jpg
最も大切なことは、床ずれを起こさないようにすること。
床ずれを起こしてウジがわくようになったら、苦しいだけだから安楽死を考えなければいけなくなると言われたのです。

第2に、室温の調整。
これは、26度くらいが良いと言われたのですが、ユキの場合は26度でも苦しがり、25度ないし24度でようやく眠りにつくという状態でした。
しかも、24時間体制。出力の小さなエアコンではノンストップでフル回転。
電気代が見る見るはねあがっていくと同時に故障が心配でした。
息子の提案を受け、急遽出力が大きく、脱臭能力のあるエアコンに買い替えたのです。

第3に、下痢をさせない。
下痢をすると、脱水症状を併発すると共に体力が急激に低下します。
しかし、美味しいものを食べさせてやりたいと、
様子を見ながら徐々に食事内容に変化をつけていきました。

そして、最期に「自分だったらこうしてほしい」をプラスしたのです。
[PR]
by yukiba20 | 2004-09-03 17:37 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(2)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん