カテゴリ:盲導犬の歩行の安全を願う( 2 )

盲導犬と安全な歩行を願って02

盲導犬使用者が駅ホームから転落して亡くなりました。
犬は無事です。

海と夜散歩に行くとその話で持ちきり。

一番は、盲導犬が罰せられるのではないか、殺処分になるのではないかということ。

そんなことはありません。
多分、出身施設に帰ると思います。

その次が、何故周りの人が声をかけなかったかということ。

「じゃぁ、あなただったら声をかけた?」と聞くと、「どう声をかければいいかわからないよね~。」とか「う~ん、かけにくいかも~」と言う。
自分はかけられないのに、他人には声をかけないと非難する。
なんだか変だよ日本人、です。

経験上、まぁ多分、十中八九は声をかけないと思いますね。
なぜか日本人は声をかけるのをためらう傾向があるように感じるのは私だけでしょうか。
特に1度でも断られたりすると2度と声をかけないと言う人が多い。

私は障害を持つ友人が多いからかもしれませんが、声かけを心がけています。
安全だと思っても声をかける場合が多いです。

どう声をかけるかはとても簡単。
駅ホームなら「改札までご一緒しましょうか?」
道に迷っているようだったら「何かお困りですか?」
で、いいんです。
それと、白杖を掲げている人を見かけたらそれはSOSの印だから是非声をかけてあげてください。

今回のような場合だったら、私なら大きな声で「盲導犬の人ストップ!動かないで」と言います。
右へとか左へと移動を支持するより、動かないことが一番だと思うから。
ただ、「あぶない!」としか言わなかったら危険を回避したいためにさらに動いて危険な場合があります。
それと大声で呼びかけると、周囲で同調してくれる人が出ます。

今回は、もしかしたら犬と一緒だと言うので声をかけなかったかもしれませんが、ホームぎりぎりに歩いていたらどう見ても危ないでしょう。

あぶない!と思った時は遅いことがあります。
危険かもしれないと思ったら声をかけることをちょっとだけ意識してみませんか。
b0008217_2183057.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2016-08-16 21:10 | 盲導犬の歩行の安全を願う | Comments(6)

盲導犬と安全な歩行を願って01

先日、ユーザである友人と
買い物に行った帰りのことです。
ある場所で、盲導犬が止まりました。

そこは、ちょっと人通りの多い歩道です。
いくら進むように促しても動きません。

見渡しても危険はないと思うのですが動かないのです。

友人が言いました。
このあたりで何度か自転車にぶつけられた事が有り、それからここを通りたがらないと。

そこは、かなり広い歩道で普通であればたとえ自転車が走行していてもぶつかることはないと思っていたのですが、そうではなかったのです。

歩行中に止まったので立ち止まったら、盲導犬とユーザーのあいだに自転車が突っ込んできたというのです。
そのショックで、ハーネスは曲がり、自身は左手にかなりの打撲を負ったそうです。
その自転車に乗っていた人は、誤りもしないで行ったそうです。

その数日後、今度は歩行者が盲導犬にぶつかったそうです。
その人は謝りましたが、見えなかったと言ったそうです。

確かに黒い子ではありますが、夜ではないし見えなかったということはありえません。

同行していてよく見る光景は、携帯やスマホの操作をしながら歩いている人の多いこと。
これがよくぶつかってくるんです。

おまけに、ぶつかって謝る人は1割にも満たない。

同行している時には、事前に「危ない!」と相手に警告しますが、ユーザーが一人の時にはどうしようもありません。

自転車の人も多分、携帯か何かを操作しながらだったのでしょう。

どんな優秀な盲導犬でも、相手がぶつかってくるのまで、とっさに回避はできません。
そしてそのようなことが度重なると、恐怖心が先に立って歩けなくなるのです。

以前、盲導犬を取り上げたテレビ番組がありました。
相変わらず感動モノ仕立ての、寄付金のお願い。

でもね、某盲導犬協会のようにお金ばかり集めて盲導犬ちょこっとしか出していないところってお金余ってるんじゃないんでしょうか。

そんなことより、盲導犬の安全な歩行のための啓発をして欲しいものです。
b0008217_19134927.jpg

あなたは歩きながら携帯やスマホの画面に気を取られて前方不注意のことありませんか。
[PR]
by yukiba20 | 2013-07-03 19:15 | 盲導犬の歩行の安全を願う | Comments(25)


自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん

画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30



動物を受け入れるサロンをと作られたペットと飼い主のためのヒーリングサロンです。



TIKILOVE
フード代の一部と、お買い物した時に付くポイントが引退した補助犬(盲導犬・介助犬・聴導犬)の医療・介護費支援に寄付されます。


我が家の犬たちの実家、TIKILOVE母さんが、引退犬支援のため作られたカレンダーです。可愛い子犬のカレンダーです。

最新のコメント

先日は、お会い出来て本当..
by セナママ at 00:11
まさ妻さん、こんにちは。..
by ワンコのかあさん at 09:06
母さん、お久しぶりです。..
by まさ妻 at 17:00
??さん、超遅レスですみ..
by ワンコのかあさん at 15:05
セナママさん、22年前の..
by ワンコのかあさん at 09:06
22年前…私にはまだ関西..
by セナママ at 22:50
??さん、ご無沙汰してお..
by ワンコのかあさん at 20:05
tiny3さん、こちらこ..
by ワンコのかあさん at 20:01
海ちゃんの、その素敵な笑..
by tiny3 at 23:03
ランディママさん、ワンコ..
by ワンコのかあさん at 20:35

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
more...

ライフログ


盲導犬ボランティアは楽しい!――犬バカおじさん奮闘記

フォロー中のブログ

カテゴリ

全体
親戚ワンコ
ただの愛犬家
悪性黒色腫
膝関節痛
介護グッズ
子犬育て奮闘記
親戚ワンコのオフ会
ルナの心タンポナーデ
サニーの免疫介在性の貧血
老犬介護
ルナの股関節
セミナーのお知らせ
広島ドッグパークの崩壊
盲導犬 引退犬 ボランティア
長崎盲導犬虐待事件
盲導犬の歩行の安全を願う
チャリティーカレンダー
皮膚炎
私事

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

犬

画像一覧