カテゴリ:親戚ワンコ( 82 )

またね、Qちゃん

TIKILOVEファミリーオフ会の始まりを作った、最後の幹事ワンコのQちゃんが虹の橋の仲間のもとに逝きました。

初めて会ったのは、関西盲導犬協会のボランティアズデーでした。
あの頃は、九州の宮崎に住んでいたのよね。

それがご縁の始まりで、サニーのパピーウォーカーI家とともにTIKILOVEファミリーの、あの伝説とも言われているオフ会(雑誌『RETRIEVER』でも取り上げられました)を開きました。
ご縁は繋がって、九州にも行きました。
私たちが作るチャリティーカレンダーにもJoyちゃんと一緒に参加してくれたね。

あの頃は、みんな若くてピチピチしてた。

年を経て、幹事ワンコさんは1頭また1頭と虹の橋へ引っ越し、Qちゃんが最後。
私は、Qちゃんに我が家の犬たち、とくに半年違いの同い年のサニーを重ねていました。

b0008217_16240012.jpg

アウトドア派のパパやママと一緒に山を歩き川で泳ぐQちゃんの輝く瞳。
その瞳の輝きはそのままに、可愛いおばあちゃんになったけど、なんだかあなたには「おばあちゃん」という言葉は似合わなかったわね。


晩年は、胃拡張と巨大食道症という厄介な病気になっちゃったけど、そこは器用なパパさんがQちゃん専用の食卓をチョイチョイと作って、ご飯もちゃんと食べられて、画像で食いしん坊なあなたを見た時は大笑いしたわ。


このころ、パパがちょっと入院されたのですが、パパっ子のQちゃんは、待って待って待っていたパパが一時帰宅された日にはこれ以上ないくらいの笑顔。
その時の画像は、まさに「愛情と信頼」に溢れていました。

退院を心待ちにしていたのでしょう、その翌日にこの上ないくらい優しくて穏やかな瞳のQちゃんの画像がアップされました。
そしてお引越し…


Qちゃん、良かったね。
あんなに待っていたパパに見送られてお引越しできたんだもの。

さぁ、今度は虹の橋に集合した幹事ワンコさんたちとオフ会の計画立ててね。
私もそんなに遠くない日に参加できるから、その時積もる話をしましょう。


また会おうね、Qちゃん。



ママ、頑張りましたね~、お疲れ様でした。
大丈夫ですか?
いつか、Qちゃんの話いっぱいしましょうね。

(画像は、スクリーンセーバー用に以前いただいたものです)


[PR]
by yukiba20 | 2017-08-10 16:30 | 親戚ワンコ | Comments(4)

湖西の旅Ⅲ

三日目は、会いたくて会いたくて、なんとかして会えないものだろうかとおもっていた、伝説のオフ会幹事犬、最後の1頭、Qちゃんことクウェンチちゃんに会いに行ってきました。

b0008217_14385509.jpg

すっかりおばあちゃんになっていましたが、目はしっかりあの日のQちゃんでした。
会えただけで胸がいっぱい…、嬉しくて、可愛くて、懐かしくて涙が出ました。

Qちゃん、あなたの目の中にあの日のみんなが見えたような気がしました。
みんな若くて、元気いっぱいだったね。

Qちゃんの妹分のJoyちゃんもシニアだった!
もっと若いと思ってたのよ、いつの間に年取っちゃったのよ~、びっくりだわ。

Q家には、もう1頭会いたいと思っていた、ちびワンコさんが遊びに来ていました。
もゆちゃん。
今回一緒だった雫ちゃんの妹です。
可愛いの~♪
年の近い雫ちゃんと思いっきり遊んでたね~。

海は相変わらずの犬見知りで、ワンよりヒト族が好きで、ヒト族の間を渡り歩いていました。

おもしろかったのはJoyちゃん。
もゆちゃんと雫ちゃんの遊びがエスカレートしてくると回りをウロウロ、そわそわ。
一見遊びに入りたそうですが、サニーと一緒だなぁって思いました。
日頃はうっとうしそうにしていても、知らないワンと絡んでいると心配でしょうがない。
何かあったら…と、過保護なママのようだったね。

そう、雫ちゃんとは初めましてだし、もゆちゃんはお馴染みのちびワンコさんだもの、そりゃぁ心配だわ。

ランチは、パパとママの手作り&もゆちゃんママの手作りパン。
どちらもプロ級です。

b0008217_14384317.jpg
ね、そう思いません?
会社辞めてお店出したらいいのに。
ごちそうさまでした。

楽しい時間って、どうしてこんなに早く流れ去るんでしょうね。

再会を願ってのお別れ。

きっときっとまた会いましょうね。

レイニー&雫ママさん・雫ちゃん、おかげさまでホントにホントにホント~に楽しい旅でした。
ありがとうございました。


今回、旅先での海の再発見(というか、家ではあたりまえのことが外でもあたりまえだっただけなんだけどね)と血統の素晴らしさにある種の感動。

最後のワンコさんが海だったことに感謝です。

(画像は、パパさんからお借りしました。黒ラブさんの傍にいるコロンと丸っこいのがわたしです。)





[PR]
by yukiba20 | 2017-06-02 14:45 | 親戚ワンコ | Comments(0)

湖西の旅Ⅱ


二日目は、絶品ピザがいただけるファンタジスタへ。

ここは、エドちんと海が生後3か月の頃に再会したドッグランです。
あの日は確かカレーだったような気が。

犬見知りな海も、三日も一緒となれば内緒話をする仲に(フフ♪)

b0008217_16574882.jpg
その後ろをマイペースに通り過ぎるラス兄が面白い。

エドちんは、海を遊びに誘ってくれるのですが、何しろ恥ずかしがり屋。
周りをピョンピョン跳んで回るエドちんにうれし恥ずかしの海。

b0008217_16582078.jpg
b0008217_16580402.jpg
b0008217_16583671.jpg
b0008217_16585830.jpg
b0008217_16591796.jpg
b0008217_16593358.jpg
b0008217_16594559.jpg
二日ではまだだめかも~。

エドちんはほっといて、お姉ちゃんにべったりの海です。
b0008217_16595639.jpg

ホワイト・シェパードの家族が参加。
パピー(でも、でっかい!)はまだまだですが大人シェパードは実によくしつけられている。
ちょっとしたお勉強会に、何気にちゃっかり参加してたのがラス兄。
もう笑っちまいましたわ。

時折、小雨が降ってきましたが、大きなパラソルのおかげで気にならず、それより涼しくってよかったです。

記念写真もばっちり!

b0008217_17001045.jpg

楽しい写真はラスエド家のブログにいっぱい載っていますから、こちらはエドちんと海の絡みを

この二日間の旅はラス兄&エドちんのブログに詳しく書かれていますので是非でもお楽しみください


[PR]
by yukiba20 | 2017-06-01 17:10 | 親戚ワンコ | Comments(0)

湖西の旅Ⅰ


雫ちゃんのママさんに誘っていただき、久しぶりに海と一緒に湖西へ

b0008217_22082001.jpg

琵琶湖周辺には、血縁のティンクおばちゃんやラス兄&エドちん、伝説のTIKILOVEオフ会の幹事犬Qちゃんがいます。
それから、つくしちゃん、それからそれからもゆちゃん、それからそれからそれから、とにかく知り合いワンコさんがたくさんた~くさん、です。

今回会えたのは、ティンクおばさん、ラス兄&エドちん。
もちろん雫ちゃん。

ハル&イチてんちゃんは今回はお留守番でママさんだけ参加。
今度会えたらいいね。

お昼は、初めてのお外でお弁当。

b0008217_22064521.jpg
琵琶湖のほとりでいただいたお弁当は、飲んだコーヒーは素晴らしくおいしく、開放感もあって格別でした。
例のごとく、私はお口のみ持参でしたが琵琶湖の皆さんは手際が良くてすご~い♪

ランチの後は、ちょっと湖で遊びました。

b0008217_22070081.jpg
ここでも海の成長におかんは有頂天。
だって、だって初めて自主的にお水の中に入っていきましたから~
b0008217_22071515.jpg

b0008217_22080296.jpg

b0008217_22074706.jpg
面白かったのは、ラス兄。
ひとりでトコトコトコ。
ママが呼んでも、トコトコトコ。
チラチラ、チラ見しながらトコトコトコ。
そこで、みんなでさっさと帰ることに。
それでも見えるからチラ見しながらウロウロ。
で、みんなが陰に隠れたら…走ってきました~。


その間、エドちんはちゃんとママのそばに。
ゴルとラブの違いかな~、面白いものを見ました~。

この後、ラスエド家のテラスでまたおしゃべり。
尽きることがありませんね、女子とおしゃべり。

私たちはこの後、メソンさんでお泊り。
翌日も楽しい日が続きます。


[PR]
by yukiba20 | 2017-05-30 22:18 | 親戚ワンコ | Comments(0)

ようこそ犬小屋へⅢ

雫ちゃんが、間1日はさんで2日お泊りしてくれました。
海、おすまし顔なんだけど、実はとてもうれしい。

夜の散歩は、もうじき始まる夜遊びの会場を皮切りに、町内巡回散歩。
海は嬉しくってうれしくってゴロンゴロンの黄粉まみれ~。

b0008217_10521008.jpg

夜桜の下で、ちょっと不気味なツーショット。

b0008217_10522426.jpg

この写真だけ丸いもの(オーブ?)が写っています。
実は、この場所で夜写真を撮るとこれが写ることがとても多いらしい。
同じ時間、おなじカメラ、同じスマホでも1枚か2枚だけに写るそうで、怖がったり気味悪がったりされますが、私は、雫ちゃんのお姉ちゃんのレイニーさんやサニー、ルナたちのお空組が一緒に遊んでいるって思います。

桜並木のきれいな川沿いを行く大池公園も、シーちゃんに予定があると言うので大急ぎでどこにもよらずに行きました。
次はゆっくり歩いていけたらいいね~。

帰りの日は、お気に入りの菰池公園へ。

b0008217_10512450.jpg
b0008217_10515367.jpg
b0008217_10513565.jpg
ちょっと遊べてフリーで歩いて、本当はもっとゆっくりできたらよかったんだけど、空模様が怪しくなって…。
案の定、雨に降られました。
かなりの距離を歩いて帰らなければならなかったのですが、そんなにすごくないのとシーちゃんママの「平気へいき」というお言葉に甘えて励まされてみんな一生懸命歩いて帰りました。
ママさん華奢なのになかなかの男前さんです。

菰池公園は、良い季節には、お弁当やおやつ・本などいろいろもって行きますから、今度はゆっくりお散歩できたらいいね~。

(おまけ)
朝起きたら、シーちゃん何やらゴソゴソ。

b0008217_10523471.jpg
海は「シーちゃんまま~」と甘えん坊。

シーちゃんがおもちゃ入れから選んだのは、恐竜。
海はお気に入りのワンコさん。

b0008217_10534817.jpg

このワンコさんを咥えるとなぜか寝てしまう海。

b0008217_10530199.jpg
起きたばかりなのにこんなんになっちゃいました。

b0008217_10524872.jpg
サヨナラするときはとても寂しそうだった海。
そうだよね、大勢で暮らしていた時は楽しかったものね。

シーちゃん、また来てね。
海と待ってま~す。


[PR]
by yukiba20 | 2017-05-06 11:03 | 親戚ワンコ | Comments(4)

ようこそ犬小屋へⅡ

ラスエド家のようにワンズを思い切り解放させることのできる場所はほとんどないので、海のお気に入りの運動公園へ行きました。

しょぼいのですが、桜が咲いていたのでまずは記念撮影。

b0008217_15001787.jpg
ティンクちゃんをセンターに皆お利口さん。
ゴル組はみんなお口があくほど嬉しくて、ラブ組はちょっとキリリ。

夕方というのもありましたが、この日は子供たちが大勢いました。
わらわらと集まってきて「さわってもいいですか~」

b0008217_15004262.jpg
海はいつものことなのですが、他の子たちはもしかしてこんなに大勢の子たちに囲まれて触られるのは初めてかも。
さぁ、反応はどうかと思ったのですが、拍子抜けするくらいどうってことありませんでした。
b0008217_15002987.jpg
そう、どうってことないのです。
いつものような感じで落ち着いたものです。
エドちんなんか嬉しくって笑顔振りまいてます。
b0008217_15005534.jpg
町中公園はもしかしたら初めてかもしれないけれど、フリーはなかなか難しい。
でも、ちょっとだけでも楽しめたらいいなと思って、池に円形に突き出た場所へ。
b0008217_15010535.jpg
ここはあまり人が入ってこないのと、出入り口が一か所なのでそこさえ気を付けていればフリーでも大丈夫。

ここで驚いたのがティンクちゃん。
なんと、尻尾ふりふり小走りで、ちゃんとみんなの中にはいって楽しんでくれました。

b0008217_15011629.jpg
初めての場所は刺激的でしたか、ティンクちゃん。
私は、嬉しくてうれしくてティンクちゃんばかり見ていたような気がします。
b0008217_15012731.jpg

そんなに長くはいられなかったのですが、少しは都会(?)をあじわえたかな?

b0008217_15014152.jpg

高速の入り口も近いし、嫌じゃなかったらまた来てね。

この日は、雫ちゃんがお泊りしてくれました。

(ツヅク)


[PR]
by yukiba20 | 2017-04-30 15:14 | 親戚ワンコ | Comments(0)

b0008217_16242196.jpg

海の実家で、2頭のお祖母さんが相次いで虹の橋へ行きました。

ラナばぁばはラブだから直接の血縁はありませんが同じお家の家族。
海が生まれた時は、元気なお母さんで、一緒に遊んでもらったよね。

チースばぁばはルナのお母さんで海のばぁば。

ルナ…
本当なら今も傍にいてくれるはずだったのに、ママより先に逝ってしまった。

ルナのこと、TIKILOVE母さんには手放しで自慢してました。
そして、「わぁ、チースとそっくり」とか「それってチースもするよ」とか言ってもらえると本当にうれしかった。

凛として強くて優しい子。
喧嘩なんて絶対しない子だけど、アリサが柴ワンコに咬まれた時と海がおちびの時にほかワンコに絡まれた時だけは容赦なく攻撃に転じる強さのある子でさりげなく間に入るサニーとは対照的な子でした。

そんなルナが亡くなった時、自分の寂しさを埋めてくれたのがチースママとティンクちゃんでした。
超高齢だったから昨年から覚悟はしていましたよ。
覚悟はしていても、私が会いに行くまでは生きていてくれるって、勝手に思ってた。

b0008217_16342511.jpg
ラナばぁばが突然亡くなったと知った時、やはりルナのことを思い出しました。
ちょっと前まであんなに元気だったのに突然いなくなって、海も私もどうしていいかわからなくなったあの日。
長い長い間、「なんで?」と思い続けました。


TIKIの母さんも、「なんで?」という思いしかなかったでしょうね。


なんで、突然に
なんで、こんなに早く
なんで、なんで、なんで


チースばぁば、ラナばぁば、さびしいよ。

ルナが2度いなくなった。
そんな気がします。

(画像、TIKI母さんのブログからお借りしました。勝手にごめんなさい。)


[PR]
by yukiba20 | 2017-02-11 16:38 | 親戚ワンコ | Comments(0)

22年目の冬

今年の今日は、盲学校の仕事仲間と新年ランチ会&作業日でした。
私のために、お祝いのご挨拶は抜き、なんて気遣いをしてくれる仲間。

食べて笑って、笑って食べて。
ホテルの喫茶店で普段だったら絶対に飲まない1杯800円のコーヒーを飲んで、そこでも尽きることなく話し笑いあって…でも、やはり帰り道は静かに震災の日をしのびました。

あの日の衝撃は体が忘れないんだよね、といった人は今神戸から離れ、22年の間の出来事を一つ一つ並べて、こんなに時間が経ってることは頭はわかってるけど心と体がまだ、数日前のように覚えてると言って涙を流しました。

母親が認知症になってから、毎朝「地震や!はよ逃げ!」と騒ぐようになったという人もいました。

この話をしている間中、私は海のもとに帰りたくて帰りたくて仕方がなかった。
もし、この瞬間に大地震が起きたら海は…、と怖かった。
あの日、地震だけでなく私自身の身に起きたいろいろなことを思い出したくなくて、海と歩きながら穏やかな時間を過ごしたくて早く帰りたかった。
それなのに、海の顔を見たら、ちゃんと普段の自分だったよ
おかしいね…
b0008217_21592750.jpg

みんなの記憶はまだまだ風化していませんでした。
[PR]
by yukiba20 | 2017-01-17 22:01 | 親戚ワンコ | Comments(2)
手作りごはんセミナーも10日後となりました。
手作りごはんの基礎や胃腸のお話、ガンのお話、心のお話、おまけにサプリメントやおやつのお買い得まで、超お薦めのセミナーです。
二人の講師を迎えてこの受講料も破格なんです。
なぜ破格かと言いますと、それはTIKILOVE母さんのお力。
いつか受けてみたいと思っている方、今お奨めですよ~。034.gif

主催:TIKILOVE HOUSE
日時:9月4日(日曜)
  第1部 10:00~12:00 (手作りごはんの基礎)
  第2部 13:00~16:30 (病気と食事について)

場所:キャンパスプラザ京都  2階 第1会議室
    JR京都駅 徒歩5分
講師:ごはんのお話  本村 伸子(ホリスティック獣医師)
   心のお話     本村 直子(コンパニオンアニマル・アドバイザー)

受講料:第1部 3,000円
     第2部 5,000円

★当日の連絡先 
  090-8767-9578
  tikilove.33@docomo.ne.jp

************

第1部の教科書として『もう迷わないペットの健康ごはん』を使用いたします。
必要な方は当日受付で予約販売いたします。
 

★本村先生からのご連絡★

■ 第2部の参考本として
『胃腸が弱いではすまされない』
『知っておきたいガンのこと』
使われるそうですので、お持ちの方はご持参ください。

TIKIショップにも数冊在庫がございますので、当日販売させていただきます。

★他にもサプリメント・おやつ・K9グリーントライプなども定価より少しお安く販売予定です。
TIKIショップの商品でご希望のものがございましたら、今月末までにご連絡ください。
当日お渡しできます。

★何かご質問がございましたら、ご連絡ください
[PR]
by yukiba20 | 2016-08-24 20:42 | 親戚ワンコ | Comments(0)

ティナちゃん

先日、サニーと同胎の姉妹、ティナちゃんがお空組になったとティンクちゃんの母さんからメールが届きました。
b0008217_21394149.jpg

サニーがなくなっても、ティナちゃんがいると思うとなんとなく心がほっこりしていました。

不思議なものですね、会ったことのある同胎の姉妹兄弟は我が子のような錯覚があります。
ティンクちゃんとルナもそう。

だから、兄弟姉妹が生きていてくれると(あそこのおうちにお預けしてる)って自分に言い聞かせるように寂しさを紛らわすことができました。

その、ティナちゃんがお空に帰ったと知った時、言葉がでないくらいさびしくて悲しかった。

オフ会ぐらいしかお会いする機会はありませんでしたが、会えた時は必ずと言っていいほど我が子自慢をしましたよね。

品があって
賢くて
おっとりしていて
手がかからなくて
ワンコと遊ぶよりヒトが好きで
みなさんに可愛がられて

超超超親バカです003.gif
でも、二人で話していると手放しでした。045.gif

ティナちゃんのママさんからメールをいただいた時も親バカ全開。
あぁ、ちっとも変っていらっしゃらないと嬉しかった~。

また、一つの世代が終わりつつあるのですね。
胸が痛いくらいさびしいです。

ティナちゃんとサニーきっと
「相変わらずの親バカね~」
って笑っているでしょう。

ティナちゃん、我が家の別荘いかが?
お気に召したらいつかママさんと再会するまでそこで暮らしませんか。
[PR]
by yukiba20 | 2016-05-21 21:42 | 親戚ワンコ | Comments(6)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん