カテゴリ:親戚ワンコ( 84 )

リンゴ狩りへ01

最初は、翌日できるだけ楽にと考えて多賀SAで宿泊を考えていたのですが、ワンズは車中泊しなければならなくて、TIKILOVEゴルトリオに慣れていない海のことを考え、翌朝早く出発することにして我が家で泊まっていただきました。

犬小屋に泊まっていただくなら、我が家の犬たちのホームグランドを見ていただきたくお山公園に夕方散歩に行きました。

もう暗くなり始めていたのでお友達ワンは1頭しかいませんでしたが、サニーやルナを可愛がってもらっていた人にも会えて、サニーやルナが走り回って、海はこれからもお友達と遊ぶところを見てもらえてよかった。

夜は、久しぶりに沢山のワンズに囲まれてとうさんも超ご満悦。
b0008217_21241693.jpg

うちも4頭いたことがあったんだよね。
b0008217_21250100.jpg

3ワンに圧倒されていた海も一夜明ければ、ずっと一緒だったようにすっかりなじんでいました。

それでも、4頭後部席はちょっと気にかかると言うので、はじめは助手席の足元に。


さぁ、出発です。

スタートしてから、止まるところを知らないおしゃべりが始まって、気がつくともうすぐ多賀SA。
ここは、ドッグランがあるのでゆっくりできました。
それも、小型犬用もあるので安心です。
観光客が多かったのですが、ランは貸し切り状態。 

美味しいおやつを食べてコーヒー飲んで、4ワンは思い思いに遊び、ゆっくり休憩できました。

車に戻ろうとして、ある車の横を通ったら「ウォン、ウォン」と大型犬の声。

ん?と車の中を見ると見たことのあるようなワンが2頭。
え?と横を見ると…、なんと!ラスエドママさんとラスエド姉ちゃん!!

思いがけないところでお会いしましたが、私たちは出発で、2ヒト2ワンは着いたところ。
次の休憩所は、長良川と聞いていったんお別れ。

ここで驚いたのは、海が3ワンにすっかりなじんだこと。
特に、ティキちゃんの後をついて歩いていました。
b0008217_21254785.jpg

b0008217_21274062.jpg

更に驚いたのは、助手席に乗せようとした海が、皆と後ろに乗りたいっていったこと。

嬉しくって胸が熱くなりました。

海、この旅で、ちょっと変わるかも?


★引退盲導犬支援チャリティーカレンダーのお知らせ
毎年この時期になるとトリオ・ザ・ゴルの実家TIKILOVEHOUSEでは引退犬支援のためにチャリティーカレンダーを発売します。

収益は全て引退後の補助犬の生活支援のために寄付されます。

おなじみのこんなに可愛い卓上カレンダーです。
詳しくはこの写真をクリックしてください
b0008217_21282117.jpg

→のバナーからもお申込できます。

1部800円
寄付先:関西盲導犬協会引退犬orサービスドッグ協会(どちらか選べますが、私は、海の同胎の姉妹がお母さん犬をしている関西盲導犬協会に寄付します。)
[PR]
by yukiba20 | 2014-11-27 21:31 | 親戚ワンコ | Comments(10)

嬉しい出来事

なかなかブログを書こうと言う気になれず、長い間放置している間にいろいろとご心配いただき、メールやコメント、様々なお心遣いをいただきありがとうございました。

ルナのことも、まだ「海の保護者」としか言えなくて…

そんな中、とてもうれしいことがありました。

トリオ・ザ・ゴルの実家、TIKILOVE母さんが富士山を見る旅に出られる途中に立ち寄ってくださると言うのです。

妹さんのお宅から湾岸道路で1時間程度のところに我が家があります。

思ったよりも近いからと、ちょっと回り道をして立ち寄ってくださることになりました。

サニーが亡くなって、更にルナを亡くしたことを心配してくださってのことと嬉しかった。

サニーとルナのことをなんでも話せる方だったから。

そしてさらに話は発展して、急遽リンゴ狩りに参加できることになったのです。

はじめ、ハウたんママから「カメまで来られませんか、一緒にリンゴ狩りに行きましょう。」とお誘いをいただいたのですが、透析患者のとうさんは体力的にカメまでの往復は無理。
まして帰りの日は透析日。

残念ながら、と、お断りしたのですが、今度はTIKILOVE母さんが「行くだけなら一緒に乗せてくよ。滋賀までなら誰かが乗せて帰ってくれるよ。」
そう言ってくださったのです。
でも、とうさんの事情が事情だからとこれも断念。

TIKILOVE母さんが乗せてこれるなら帰りはうちが家まで送ります、とハウたんママから再度の連絡があったのは、それから数日が経って、もうそのことは忘れた頃でした。

2度あきらめて3度目の正直です。
b0008217_19525248.jpg

出発は、ルナの月命日でした。
[PR]
by yukiba20 | 2014-11-26 19:54 | 親戚ワンコ | Comments(12)

おでこの匂い

ワンコのおでこの匂いって嗅いだことありますか。001.gif

私は好きでよくクンクンしてます。

アリサは、ほとんど匂いがありませんでした。
サニーは、干した布団の埃っぽい匂い。
ルナは、だし昆布の匂い。
海は、お子ちゃまの時は甘いにおいでしたが最近は埃っぽい?
でも悪い匂いじゃない。

どうも胴胎の兄弟姉妹は似た匂いがするようです。034.gif

サニーの姉妹のティナちゃんはどんな匂いだろう。
良く似た匂いだったら嬉しいなぁ。

ルナの姉妹のティンクちゃんは、母さんやご家族は「酢コンブ」の匂いって言われますが、私には、酢抜きのコンブの匂いだと思う。
そう、この姉妹はコンブ系。037.gif

海の兄妹のエドちんも、お子ちゃまの時は甘い匂いがしていました。
それが、この前の暖炉パーティーの時はやっぱり埃っぽいような、でも悪い匂いじゃないものに変わっていました。
この兄妹は埃系?

あの甘い匂いはパピー独特のもの?005.gif

パピーがいるおうちのママさんパパさんあなたのパピーはどんな匂い?

この前の琵琶湖オフ会であ~にゃ姐さんに会ったのに、食べることに一生懸命でクンクン忘れてた~、ざんね~ん。007.gif
次に会った時には絶対クンクンするぞ~!

今、一番クンクンしたいのはチースママのおでこ。
やっぱりコンブ系かなぁ。003.gif
b0008217_21343776.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2014-10-15 21:35 | 親戚ワンコ | Comments(11)
ちっとばかりご無沙汰してしまったけれど、最後まで書きたくて再開しま~す。

大きなお池にはもう入らないと決めた海は、ふと見るとエドちんとの再会を楽しんでいました。

おチビの時に会った時はコロコロと遊んでいたけれど
b0008217_21443079.jpg

今はドタバタという感じです。
b0008217_21452951.jpg

見つめあう二人
b0008217_2146123.jpg

↑「KMなハウたん」は「KYなハウたん」の間違いで~す008.gif041.gif
b0008217_21595721.jpg

b0008217_2233765.jpg

b0008217_21481156.jpg

b0008217_21483978.jpg

b0008217_21485539.jpg

b0008217_21495477.jpg

b0008217_21502858.jpg

鳥を追いかけてエドちんたちとちょっとお外にも行ってきました。

楽しくって仕方がない海とは対照的に、ゆったりまったりと琵琶湖の風を楽しんだルナ。
b0008217_215117.jpg

さんざん遊んでランチタイム
b0008217_21513761.jpg

足を洗って、おうちの中に。

テーブルには近場の親戚さんたちが持ち寄ってくださったごちそうがいっぱい005.gif
私は食べるだけ~003.gif
b0008217_2152275.jpg

この後、プロ級の腕前をお持ちのあ~にゃママさん手作りスイーツ。
これが絶品!
なのに食べることに夢中で写真とるの忘れた~。002.gif

ラス兄にお尻を追いかけられて逃げ回っていた海を見て、ルナが一喝。
「うちの娘に何してんのだワン!」

「おぉ、おばしゃん怖いでしね~、でもおこらりてもへいきでし~」
のラス兄の前をオシリふりふり海が行く。

すっかりなじんで、ハウたんはじきだしてこのとおり
b0008217_21525745.jpg

本当に楽しい楽しい時間を過ごさせてもらいました。
家を出るときは(サニーがいたらなぁ)って淋しく思ったけれど、遊んでいるうちに、サニーも一緒にいるような気がして、サニーがいなくなって初めて涙を流すことなくサニーの話ができました。
そしてこの日を境に、サニーのことを喉が詰まったようにならずに涙を流すことなく話せるようになったのです。

往復の車の中では、ソランちゃんのことサニーのこといっぱい話しました。
どれもこれもが懐かしく楽しくって、幸せでした。

企画してくださった、ラスエドママさん、Yさんありがとうございました。

便乗させてくださったソラン家の皆さんありがとうございました。
ソラン家がいらっしゃらなかったら、この日の幸せはありませんでした。

ティンクちゃん、元気なお顔が見られて嬉しかったよ。
ハルちゃん、二人っ子になっちゃったね。
あ~にゃ姐さん(いつのまにか姐さんになってるし037.gif)、会うたびにルナに似てくる。

b0008217_21533662.jpg

みんな、また会えるよね。041.gif041.gif
[PR]
by yukiba20 | 2014-10-03 21:59 | 親戚ワンコ | Comments(9)

琵琶湖で遊んだ~♪02

みんな大喜びで浜を走っていきます。

ティンクおばちゃんなんか温泉につかってるみたい。
b0008217_22191340.jpg

わ~い♪
と入っては行かないだろうと思っていましたが、急ブレーキ。
へっぴり腰もいいところ。
入りたいけれど、池が大きすぎてちょっと怖い。
b0008217_22194732.jpg

b0008217_2220384.jpg

横を見るとルナは「ワタクシは水には入りませんの」と優雅にひとり散策を始めました。
b0008217_22203450.jpg

なにを隠そう、ルナは2歳のころに大阪は河内の方にある川で遊んでいた時にサニーを追いかけて深みにはまりおぼれかけて以来、水には絶対の絶対に入りません。

ルナにべったりの海は、ルナが敬遠するものにはとても敏感。
おまけにわたしも泳げないので水には入れません。

興味はあるもののルナは来ないし、私は行っておいでと言うだけ。

それで行けるもんじゃありません。

見かねたソランお姉ちゃんが、一緒に入ろうって誘ってくれるのにこのへっぴり腰。
b0008217_2221166.jpg

おまけに逃げた!!
b0008217_22241485.jpg

遠浅のところからそろそろと沖に歩いていると今度はティナママさんが
「おいで~」
b0008217_22244153.jpg

ホイと捕まえられて足のつかないところへ~
b0008217_2226289.jpg

b0008217_22263483.jpg

何気なく手を離されても気づかずに必死にジタバタしてたら
b0008217_22271731.jpg

あり?
b0008217_22274135.jpg

一目散にかけて行くのは母の元、ではなくルナのところ。
b0008217_22283769.jpg

b0008217_2229036.jpg

[PR]
by yukiba20 | 2014-09-15 22:34 | 親戚ワンコ | Comments(4)
b0008217_1482389.jpg

            (TIKILOVEかあさんのところからお借りしました)

悪性メラノ―マで闘病中のルフィくんが、虹の橋に引っ越して行きました。

彼に会ったのは、第1回親戚わんこのオフ会でした。
これが最初で最後。
当時はまだ、小さかったお兄ちゃんの兄ちゃんのような顔をしての参加でした。

そのお兄ちゃんと兄弟のように育ち、いつしかその年齢は遙かにお兄ちゃんを越え、おじいちゃんの年齢に差し掛かった頃に発症したメラノーマ。

ご家族の驚きと悲しみはいかばかりのことだったでしょう。

ルフィ君は、何年か先に老衰でいなくなる、ってそう思っていらしたはず。
それが理不尽にも病で、こんなに早くいなくなるなんて…
こんなに良い子が何故…

きっとそう思われたに違いありません。

闘病生活は辛いものです。

でも、ルフィ君は何もかも包み込むような日々を穏やかに幸せに過ごしたね。


メラノーマは怖い病気です。
進行が始まると、あっという間に拡大していく。
それを見ているご家族は本当につらい。
何もしてやれないと、悔しく辛い思いをします。

でも、私は思うのです。
他の誰もできないこと、他の誰がするよりも喜ぶことがある。
ただ傍にいること。
最後の最後までそれをしてやれるのは家族だけだと。

だから、ルフィ君、幸せだったよね。


今も闘病中の親戚わんこさんがいます。
お知り合いのワンコさんの中にも闘病中のワンコさんがいます。
どうかどうか、その闘病の日々が穏やかなものでありますように。

ルフィ君のお母さんは辛い中、同じ病気のワンコさんのお役に立てればと画像付きで記録を残されています。
リアルな画像がアップされていますので苦手な方はお気を付け下さい。

ルフィ君の記録です
[PR]
by yukiba20 | 2014-08-31 14:10 | 親戚ワンコ | Comments(6)

叔母さんな海

TIKILOVE母さんの所に海の甥っ子や姪っ子が生まれました。
可愛いの~016.gif
b0008217_929271.jpg


ママはティキちゃんだけど、パパは海の兄弟ひなた君です。
ひなたくん、おっとりとした優しいワンコさんです。

実は、この兄弟姉妹は、珍しいことにパパもママもTIKILOVEゴールデン(でも、ご心配なさる近親交配ではありません)。

TIKILOVE母さんの繁殖のコンセプトは、ヒトに寄り添い共に家族として生きる犬。

パパもママもそんなワンコさんなので海の兄弟姉妹はとても穏やかで賢いです。

そういうワンコさんのひなた君とはつらつとしたティキちゃんの間に生まれた子犬たちの中にソランちゃんやサニーに似たワンコさんがいるんだって。001.gif
帰って来たのかなぁ。
もう5歳若かったら、サニーに似たワンコさん育てたかったなぁ。
残念…002.gif

どんなおうちの家族になるんだろう。

♂4頭♀4頭の8頭兄弟姉妹。
2頭の家族がまだ決まっていないそうです。

良い家族に巡り合えるといいね。001.gif

見てみた~いと思われる方はTIKILOVE HOUSEへどうぞ。

お問い合わせは、非公開コメントへ連絡先を添えて。
[PR]
by yukiba20 | 2014-07-16 09:34 | 親戚ワンコ | Comments(2)

またね、リム蔵親分

リム蔵親分、いつのころからか忘れちまったけれど、そう呼ぶようになっていました。
その親分が虹の橋に引っ越しました。
b0008217_16504123.jpg

ボールが大好きで、犬たちにまとわりつかれるのは好きじゃない。
マグロのように、止まったら死んじゃうの?って言うくらい回遊していたね。

大きなお目目のイケ面のくせに、なぜか「ボス」ではなく「親分」という感じがしてた。

でも、誰かの面倒を積極的に見ます、とか、おれについて来い!とかではないのよね。
b0008217_1651016.jpg

そう、チャムさんがいなくなって、ナンバー1の座に着いたころから、なんとな~く「リム蔵親分」って言ってたなぁ。

ねぇ、リム蔵親分…
寂しいよ…
寂しくって寂しくって仕方がない…

同じ釜の飯を食った仲間たちが次々と虹の橋の別荘に引っ越ししていく。

そっちはさぞかし賑やかなことでしょうね。

時間ができたら、うちの別荘にも行ってやってちょうだいね。


リム蔵親分
13年間、あ、12年間か…、幸せだったね。
盲導犬なんかにならなくて良かったね。

幸せで楽しかったから、がんばったんでしょ。
もっと一緒にいたいなぁ、ってがんばれたんだよね。
b0008217_16514034.jpg


親戚わんこのオフ会をI家とQ家と始めたのはもう9年前になります。
その時の幹事ワンコで残っているのは、Qちゃんとルナだけ。

その後をリム蔵親分たちが頑張ってくれたんだよね。

キャリアチェンジになったワンコさんたちが、大きな大きな親戚の輪を、さらにはワンコ仲間の輪を広げてくれました。


TIKILOVEの一時代をになった子たちが次々に引っ越しを始めました。
現在闘病中の子、もうおじいちゃんおばあちゃんになって穏やかな日々を送っている子。

どうか、その残された日々が穏やかでありますようにと心から願っています。


「つわものどもが夢のあと」

ふと、この一節が浮かびました。
この一つの時代を生きた子たち、生きている子たち、ある意味「つわもの」ですね。

寂しいなぁ…

(写真は、Yさんのブログから、大好きだったものをお借りしました)
[PR]
by yukiba20 | 2014-06-28 16:54 | 親戚ワンコ | Comments(5)

ソランちゃん、約束だよ

私、今、激しく動揺しています…


「ソランが亡くなりました」

セミナーが終わってメールを見たら、そんなこと書いてありました。
そう、そんなこと書いてあった、くらい信じられなかった。

何度も何度も、何度も何度も読み返して、やっとわかったくらい動揺しました。

バスに乗っても涙が止まらず、かけていた大きなマスクが家に帰り着く頃はビショビショでした。

ソランちゃん、私、あなたがいなくなったって知ってからほとんど喋っていません。
口を開くと涙が出る。

あなたがいなくなったのがこんなに大きな打撃だとは思いもよらなかった。

サニーとは、外見だけでなくすることもよく似ていたね。
犬が嫌いで、人が好き。
わいわい走って歩くより、柵近くで臭い取りが良い。

だから、ソランちゃんとサニーは一緒に年をとって同じような頃に行くと勝手に思っていた。

だから、だから…


ソランちゃんは、サニーたちと一緒に12年前の獅子座流星群が降る中生まれました。

ソランちゃんを始め何頭かは関西盲導犬協会からパピーウォーキングに出されましたが、キャリアチェンジになりそれぞれの家族のもとに引き取られました。

ソランちゃんとは、ボランティアデーで出会い、それ以来のお付き合いです。

そんなに頻繁に会うことはなかったのですが、出会うと必ずといっていいほどサニーをあずけていました。
何しろ、我が家は3頭も4頭もいたものですから…。
b0008217_23545243.jpg


ふたりとも、犬は苦手だったね。
記念写真をとっても、あっちむいてホイ状態。
b0008217_23552085.jpg

でも人は大好きで、「おばちゃーん」って走ってきてくれたのを忘れることはできません。
b0008217_23554043.jpg


今年は、お互い13歳になるから、ボランティアデーに連れていってやろうと思い、早々と京都のペンションを予約したんだよ。
ソランちゃんに会えたら、あの、あっちむいてホイの写真を撮ろうと思っていたのに。


ソランちゃん、本当に急なお引越しだったけれど、お嬢さんとは兄妹のように育ち、幸せな犬生だったね。

大好きなソランちゃん
これからもずっとずっと大好きだよ

いつか、又会おうね、約束だよ。

そうそう、千の風になって、たまにはサニーに会いに来てやってね。

(勝手ながらコメント欄を閉じさせていただきます)
[PR]
by yukiba20 | 2014-01-12 00:02 | 親戚ワンコ

ティナちゃん

GWには多くのわんこさんの引越しを見送りました。
ティナちゃんも引っ越しちゃったのですが、あまりに続くのでちょっと間をあけました。

なんだか寂しくって、書いたら本当にお別れのような気がして…

ティナちゃん、美人さんでした。
b0008217_20274814.jpg

おばあちゃんになっても美人さんなティナちゃん。
こんな顔して食いしん坊。037.gif
b0008217_20324399.jpg

ここ数年は、盲導犬してた息子のマクロくんも帰ってきてのんびり過ごしてたね。

海が来てまもなくのミニオフ会の写真を見ていたら、アリサもいてみんな楽しそうだった。
倒れて間もないアリサは、このオフ会で見事復活でした。
b0008217_20334742.jpg

この頃は、ティナちゃん、息子従えて元気元気です。
b0008217_20342273.jpg

b0008217_20344597.jpg

b0008217_2035913.jpg

懐かしいなぁ
たった2年で、ティナちゃんもアリサもいなくなりました。007.gif

ティナちゃん、もうアリサに会ったかなぁ。

ティナちゃんにもう会えないなんて信じられないよ。

そうそう、オフ会のマッサージの講習の時、モデルしてくれてたね~。
いろいろ思い出して…
また、寂しくなる…007.gif
[PR]
by yukiba20 | 2013-06-02 20:38 | 親戚ワンコ | Comments(5)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん