カテゴリ:ただの愛犬家( 299 )

もの言うイヌたち

もの言わぬ犬。
だからその思いをくみ取ってやらねば・・・。

ホントですか?
最近大いなる疑問です。

なぜなら、うちのワンズはウルサイ!
ワンワン吠えたりしませんよ。
でも、うるさいんです。

まず、サニー。
私が仕事をしていないと、と言うかパソコンのように両手を使わないことをしてると
「なでて~」
好きな音楽を聴きながら、コーヒーなんぞ飲んでると
「ヒマそうね、なでてくれる?」
腹ばいになって本を読んでいると、脇からグイっと頭を差し込んで
「なでて~♪」
ボーっとテレビなんぞみてるとドンと前に座って
「肩もんでくれない?」
b0008217_10572924.jpg

サニーは良いんですよ、動かなくて良いから。
問題はルナです。
今の時期、午前中は電気代節約のため、窓も玄関もあけっぱなし。

「かあさん!お向かいの駐車場に猫がいるのでし!見て見て!!」
(はいはい)行くまで、言いに来ます。
で、しばらく玄関の階段に座って一緒に見てます。
b0008217_10581636.jpg

「かあさん!ウラのお家にお客さんでし!来て来て~♪」
(のぞきはダメです!)
「かあさん!お隣に宅配のお兄ちゃんでし!」
(うちのだけ呼びに来てね~)
「かあさん!○○○のショウニンさんでしよ!」
(かあさんの神様は別にいるからね~。・・・ウソです。)
極めつけは
「かあしゃん、もうそろそろエアコンつけてくださしゃい!!」

このエアコンは、最初わからなかったのです。
何をしても「ちがうでし~!!」って言うので、
「暑いね~、ルーも暑いからもうネンネしてなさい」ってエアコンつけたら
「やっとわかったのね~♪」と一番涼しいところに。
それ以来、暑くなると「エアコンつけて~♪」って言いに来るんです。
b0008217_10585354.jpg

アリばばちゃんは、もの静かで・・・じゃないんです。
彼女の場合は几帳面。
11時と21時になると
「かあさん、お薬の時間です」
(私が忘れていてもあんし~ん。さすがです)
夕方、4時頃から
「もうそろそろご飯ですよ」
(いえいえ、うちは6時だよ)
うちの子になって4年になろうとしてるのに、まだ現役時代の習慣を「食事のときだけ」引きずってます。
「12時ですよ~、おやつくださ~い♪」
(だから、みんなには内緒であげるんだから~、皆がお外にいる時ね~)
「かあさん、何か食べてるじゃない!」
(これはお昼ご飯です!)
「それで良いから、くだしゃ~い!」
夜、10時頃
「おしっこ行ってもう寝ます」
電話してようが何してようがお構いなし。
「とっとと行くわよ!」
(1日中寝てて、いまさら「寝る」ですか?)
b0008217_10592054.jpg

みなワン、手(?)を上手に使ってヒトを上手にこき使ってくれています。
寝てるとき以外は結構賑やか(うるさい!)ワンズです。
でもそれが私の大切なストレス解消。

どこかには、ヒトがうるさい家もあるらしいですよ(ウフ♪)
[PR]
by yukiba20 | 2009-07-18 11:01 | ただの愛犬家 | Comments(20)
b0008217_13104619.jpg獣医師・本村先生のセミナーに参加している私は、数年前に著書の1冊、「フレンドの遺言状」という本を読みました。

簡単にいいますと、お姉さんの愛犬フレンドが癌に侵されて亡くなるまでのことが書かれた本です。
でも、その本は普通の愛犬の闘病生活のことを書いた本ではありませんでした。

フレンドが癌で亡くなって考え、行動し始めたこと。
ワクチンのこと。
ペットショップのこと。
ドッグフードのこと。
何より、フレンドとの深い絆。

獣医師として理性的に科学的に、家族としての慈しみと深い悲しみが1冊の本の中にありました。

購入した頃のアリサは、甲状腺ホルモンの異常はありましたが、他の病気は全くなくて元気そのものでした。
だから、おもに印象に残っていることは、ワクチン接種のことやドッグフード・手作り食のことでした。

アリサは、昨年がん告知されて、あと数日で丸1年になります。
積極療法もせずに良く生き伸びてくれているものと、思いつつ、何年ぶりかで目にした「フレンドの遺言状」をふと読み返してみました。
b0008217_13151797.jpg

癌と共存の日々を送っているアリサと暮らしながら読むそれは、前回とは全く違うところに目がとまったのです。
それはフレンドと本村さん姉妹との心のふれあい・フレンドの変化でした。

癌と宣告された時、飼い主であるお姉さんは「フレンドの前では涙を見せない。悲しい顔を見せない。(後略)」(本誌より一部抜粋)と決心されたそうです。

(あぁ、一緒だ)

「一番のごちそうを・・・」と手作り食を始められた。

そして、安楽死のことなどが書かれてありました。

私が今アリサにしていること、できること、考えていること。
試行錯誤しながら、時には見殺しではないかと言われながらも、それでもそれが私にできる一番のことと思ってしていることを、「そうよ、それで良いのよ」とフレンドが後押ししてくれているような気がしました。

この本の終りの方に
「皆さんの愛する犬や猫たちも、日々、皆さんにメッセージを発しています。どうか、そのメッセージを見逃がさないように、見つめてあげてください。ギュッと抱き締めてあげるだけでも良いのです。優しく声をかけてあげるだけでも充分なのです。彼らの心の声に耳を傾けてあげてください」
と書かれてあり、

「フレンドの心が皆さんの元にも届きますように」
と締めくくられていました。

この本については、書きたいことが山のようにあります。

寄り添うことの大切さを是非、皆様に読んでいただきたいと思いました。

この本の中には、我が家のゴールデンコンビの親元でもありますTIKILOVE母さんの犬達への想い・子犬の育て方にも触れ、その出会いも「何かが手まねきしてくれたのかもしれません」と書かれていました。

この本はTIKIでも扱っています


引退時に癌がわかって余命いくばくもないとわかって、何ができるかと、何をしてやればいいのか悩んでいらっしゃる、引退犬のご家族の皆様。
寄り添うことが最善・最高のことです。
b0008217_1316939.jpg

ですから、ほら、まだまだ、元気な笑顔でしょう?

アリサも、まだまだ元気で、笑顔です♪
[PR]
by yukiba20 | 2009-07-13 13:17 | ただの愛犬家 | Comments(9)

手作り食セミナー

例年より2カ月遅れのセミナーでした。
毎回どのようなお話が聞けるか非常に楽しみなセミナーです。
大人気のセミナーで毎回満員。

今回は、「最新情報をあなたに! 学会報告 in Nevada」

いつも以上に中身の濃いお話。
と言うか、いつも以上にコワイ話。
b0008217_2373592.jpg

本村先生は、年に1回アメリカで開かれるホリスティックの学会に出席されるただ一人の日本人獣医師です。
そう、今まで他の日本人の獣医師に会ったことはないそうです。
いつも一人。

国内に「ホリスティック」を売り物に(言葉が悪いか?)している獣医はたくさんいます。
そんなお医者様、どうぞ学会に1度でも良いから出席して勉強してきてください。
そうすれば、某メーカーの某某メーカーの某某某メーカー(まだまだありますが)のフードなんて高い値段でお勧めにはならないのではないでしょうか。

今回のお話、と言うかセミナーの資料に書かれていることは許可なくここに掲載することはできないので書くことはできないのですが、たとえ書けたとしても怖すぎて書けないです。

フードだけでなく、おやつにも気をつけなければいけないことをたくさん教えていただきました。

食と同時に、最も大切なこと、それは「太陽と風と土」。
それだけでも、犬達はとても健康になるそうです。
特に朝日を浴びさせてあげるのが良いとのことでした。
b0008217_238398.jpg

我が家は町中に住んでいるので、舗装されたところを歩くことが多いのですが、できるだけ土になじませたくて公園はしごをします。
時間があれば木陰でゆっくり休憩する。
「太陽と風」そしてできるだけ「土」を感じて歩きたいですね。
あ、でも、これからの季節は熱中症には気をつけましょう。
b0008217_23983.jpg

私は毎回思うのです。
「参加してよかった!」
受講料は人によっては高いと思われる方もあるでしょが、私はこのようなお話が聞けるなら安いものだと思いますね。

とっても嬉しかったことは、本村先生がTIKILOVE母さんを「素晴らしいブリーダー」と言っていらっしゃったこと。

(そうでしょうそうでしょう♪)
うちの子、TIKIの子なんです、って言いたい衝動に駆られてしまった私はミーハーなんでしょうか。

今回は、「愛犬と幸せに暮らす健康バイブル」という新刊も出版されています。
早速読みました。

家庭で出来る簡単な犬の健康チェックやドッグフード選びのポイントなどさくっとわかりやすく書かれています。
(私が最も気に入ったのはウンチのことでした。)
この本は、TIKIでも販売されます。

皆さんに知っていただきたいようなこと山のように教えていただいたにもかかわらず、ここに書けないのは本当に残念ですが、7月5日に大分でもセミナーがあります。
詳しくはTIKILOVE母さんのブログでご覧ください。
b0008217_10513353.jpg


そして、「トマトはなぜ加熱するか」
トマトに限らず、ナス科(ナス・トマト・ジャガイモ・ピーマンなど)には有害なクレチンが含まれているそうです。
調理(加熱)することによって不活化するので加熱することをお勧めします。
炎症は有害クレチンによって引き起こされているそうなので、私はやはりトマト(&ナス科の食物)は生では食べさせないでおこうと思いました。
関節炎などの病気を持っている子はなおさらですね。
もちろん個体差はあるそうですからすべての犬が影響を受けるかどうかわかりません。
でも、一手間かけることで一つのリスクがなくなるのなら、私はそうしてやりたいです。
b0008217_23104799.jpg

終了は予定時間を30分もオーバーしました。

本村先生、ありがとうございました。
「ウフ♪」とか「ムフ♪」とか「イヒ♪」とか、時には「あぁ~、言うてしもうた!」と言いながらのお話。
私は心の中で(ブログには書けんね~)と思いながら拝聴させていただきました。
[PR]
by yukiba20 | 2009-06-29 23:17 | ただの愛犬家 | Comments(15)

なんだかおかしくって

最近散歩途中で会うおっちゃんとの会話。
「おぉ、今日は遅いやんけ」
「朝寝してん」
「そうか~、そらいかんな~」

「おぉ、今日は早いやんけ」
「早起きしてん」
「そうか~、そらええこっちゃなぁ」
毎日、飽きもせずどちらかですわ。
b0008217_2023170.jpg

公園でいつも放置ウンのおっちゃん。
「くそ!誰やこんなとこに犬の糞放っとくやつは!!踏んでもうたがな。ちゃんと始末しとかんかい!」
(まずはあんたがしなはれ!)

口笛で3ワンを呼ぶおっちゃん
「おっちゃん、飛びつくよ。3頭一緒に飛びついたら私どうしようもないからね」
「お!飛びつくんか、そらいかんな~。ところでオスかいなメスかいな」
「みんな女の子や」
「そんなら飛びついてくれ~、女なら犬でもええわ」
うちの3ワン本当は無視します。
(次の作戦考えなければ・・・。)
b0008217_203587.jpg

「あんた、たま~にどっか行くやろ」
「そら行きますわ~」
「いやいや、犬に内緒で行くことあるやろ」
(犬に内緒て・・・)

「あんた、あんた知っとるか~、うちに犬おるの」
「いいえ」
「そらそうや、まだ言うてないもんなぁ、アハハハハ」
(私、犬の戸籍係やあらへんて)

「わたし、朝からず~~っとここで待ってました」
「あぁ、そうですか。で、ご用は?」
「私犬飼おうかどうしようか悩んでますねん。どないしたらよろしいやろか」
(勝手にしなはれ!!)
b0008217_2033675.jpg

暑くなると体調が下降するので、春先のようにゆっくり立ち話もしなくなりましたが、それでもご近所さんとの話は楽しいものです。
[PR]
by yukiba20 | 2009-06-19 20:05 | ただの愛犬家 | Comments(12)
知られていそうで知られていない、かな?

★青梅
 シアン系の中毒を起こします。これは主に種の部分に多く含まれていますが未成熟の果肉にもわずかに含まれているそうです。大量に食べなければ死ぬと言うことはないようですが、症状は食後30分から2時間程度で出るようです。
症状は呼吸困難、痙攣、嘔吐、腹痛など。

私たちがよく行くお山公園には梅林があります。
当然梅の実もたくさんなっています。
つい先日行った時に、ルナは青梅を口に入れて父さんに見せたところ、父さんは見せに来たということで「よしよし」と言ったのですが、ルナは「食べていい?」と聞いたつもりだったので「よしよし」と言われてカリカリと食べてしまいました。
夕食前に1回と直後に2回吐いて下痢がはじまり、下痢は1週間近く続きましたが、私は、原因がわかる時はできるだけ排泄される方が良いので、嘔吐や下痢はすぐに止めることはしません。
脱水症状を起こさないように水だけはいつでも飲めるようにしておいたものですから、その晩は水を飲むたびに「トイレでし!」と起こされました。
 
これも個体差があるので何とも言えませんが、出てきたものを見ると、その時ノーリードだったルナは何個か食べたようです。
種も砕かれて入っていました。
b0008217_13574053.jpg

お庭に梅の木があるお宅は注意が必要かもしれませんね。

★トマトの花や葉・茎・ヘタ・未熟な青い果実
トマトは、熟した実には、抗酸化作用、抗ガン作用などを持つリコピンやβ-カロチン、ビタミンC、E、カリウムも豊富で、生活習慣病や美肌づくりにも効果を発揮しますが、花や葉・茎・ヘタ・未熟な青い果実はアルカロイド系の中毒を起こします。
特に花や葉には多く含まれます。
熟した実にはほとんど含まれていませんのでご安心ください。
症状は、呼吸困難、嘔吐、腹痛、下痢、出血性胃腸炎など。重篤になると腎不全を起こすこともあります。

家庭菜園などで、ワンが未熟な青いトマトをつまみ食いしないように気をつけましょう。 
[PR]
by yukiba20 | 2009-06-16 13:59 | ただの愛犬家 | Comments(14)
先日、友人宅へ行った時に、そこのワンズに食べさせていたものを見てびっくりしたことがありました。
犬や猫に食べさせると中毒を起こすと言われているものを、ヒトが食べていて、おいしいからと食べさせていたのです。
b0008217_1748358.jpg

そこのワンズは、以前からよく下痢をするとか、肝臓の数値が悪いとか、吐くと聞かされていたのですが、その原因はここにあったようです。
そのたびに抗生剤の投与でますます胃腸に負担がかかって本当にかわいそうな状態でした。

友人は、「知っていたけれど少しならいいかと思っていた」と言っていましたが個体差があって少量でも重篤な症状を示す子もいれば案外平気な子もいます。
b0008217_17484633.jpg

ブログを読んでくれているということなので、何回かに分けて、「犬には食べさせないで」を書いてみようと思います。

★ネギ類
 玉ねぎに含まれるアリルプロピルジスルファイドが赤血球を破壊するため、溶血性貧血、ハインツ小体性貧血を起こします。量によっては死に至る事もありますから十分気をつけてください。
カレーやシチューを作る時にニンジンやジャガイモなどを食べさせたりする人もいますが、玉葱を煮込んだスープなど、エキスが出ているものも危険です。
危険な食材としては有名ですが、致死量などはっきりしていないようです。
症状:胃腸障害、血尿、衰弱、心拍の増加

★チョコレート、 ココアなど
 カカオの成分であるデオブロミンが中枢神経に作用する。
デオブロミンとは、カカオの香り成分の1つで、カカオ含有量の高いビターチョコほど犬や猫には危険でミルクチョコレートはカカオ含有量が低い。
症状:不整脈、心拍の増加、口の渇き、過剰な活動、痙攣、発作、嘔吐など
チョコレートは香や口当たりにひかれて、欲しがりますが与えないようにしましょう。盗み食いにも注意です。

★レーズン、ブドウ
アメリカの調査機関により、犬・猫には有害性があると認められました。しかし因果関係はまだはっきり解明されていません。同じ量を摂取しても、重い症状の出る犬もいれば、全く平気な犬もいるそうです。臨床結果では有害である事が立証されているため、避けるべき食材といえます。
摂取後2~3時間後から嘔吐、下痢、腹痛、3~5日後に腎不全を起こすこともあり、重篤な場合は、腎不全から死亡することもあるそうです。
甘くておいしいブドウは、ワンコの欲しがるものですが気をつけた方が良いようです。
特に干しぶどうの方が危険度が高いそうです。

★アボカド
森のバターと言われるアボカドに含まれるペルジンが毒。 ペルジンは果実だけではなく、葉、種子、樹皮にも含まれています。
症状:嘔吐、下痢を含む胃腸の炎症、死亡の恐れ
これらの症状は、多量に摂取したときに発症すると言われています。

因みに、我が家では知らない時に与えた時がありました。
量的には1個の4分の1ずつ(私も入っているので)でしたが、アリサはかなり重症の下痢が1週間ほど続きました。サニーとルナには症状は出ませんでした。
その後、アボカドの毒性を知ることになり、我が家では使っていません。
もちろんヒトは食べていますよ。
b0008217_17491894.jpg

★マカデミアナッツ
レーズン、ブドウと同様に有害とされていますが、まだよくわからない部分もあるようです。
症状:無気力、嘔吐、 異常な高熱、 筋硬直、ふるえ、心拍の増加
犬のみ報告があがっているそうです。

★キシリトール
ガムなどに使われる甘味料のキシリトールは犬にとって有害という発表がASPCA から出ています。
犬の症状:少量でも摂取すると30分以内に血糖値が低下し、嘔吐、歩行困難、内出血、肝不全を発症する危険がある。
小型犬の場合、2、3枚のキシリトールガムで致命傷となりえるという報告もあります。

食べさせる必要がなければ、敢えて危険だと言われているものは避けたいと言うのが親心です。
何かの参考になれば良いのですが。
b0008217_17495455.jpg


お願いです
↑の記述の中で間違いがありましたら、ご指摘いただければ大変に有り難く思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

今日の晩御飯
b0008217_175342100.jpg




今回のことに関係ないのですが、親戚わんこさんのターミ姉ちゃんが「ラブ爺の愉快な一生」と言う本を出しました。→
老犬介護の本です。
病犬介護ではありません。
感動ものでもありません。
まだ発売されていません。
b0008217_17532126.jpg

でも、早く読みたい!と思われるかた非公開コメントに入れていただければ取次いたします。

本当は、もっと大きく宣伝しようと思っていたのですが、ある事をたくらんじゃいました。(ムフ♪)ので、本格的PR活動はもう少し後に・・・
「なんだ?」って?
まぁ、お楽しみに
b0008217_17505413.jpg

(ターミ姉ちゃん、勝手にキッド君連れてきちゃいました。すみません)
[PR]
by yukiba20 | 2009-06-14 17:57 | ただの愛犬家 | Comments(18)
三日目ともなるとはなちゃんは、ご飯の時の「待て」が落ち着いて長い時間できるようになりました。
こうなるともううちの子ですね。

夜中からの雨はどうにか上がったのですが足元が濡れていて、今日散歩に行こうと思っていたところはドロドロになりそうなのでキャンセル。
結局、昨日とおなじお山公園に行きました。
b0008217_8205064.jpg

案の定、雨上がりでヒトもワンもいません。
今日は最初から二手に分かれて歩きます。
昨日はロングリードで半放し飼い状態でしたが、今日はそうするとビッショリになるので、普通のリードで歩きました。
b0008217_821224.jpg

昨日と全く違うのは、アリサが匂い取りをするとはなちゃんも同じとこに顔を突っ込むこと。
アリサが顔を出すと、引いていた昨日とは格段の差。
こうして一緒にお散歩するってとても良いことなんだね。
b0008217_8214622.jpg

途中、サニー&ルナと合流しても平気だったね。

しばらくすると、おなじみさんに出会いました。
今日のはなちゃんは積極的でした。
昨日は、しっぽが「だいじょうぶかなぁ?」と言っていたのに、今日はブンブン振れていた。
b0008217_8233375.jpg

この子はヒトの緊張を敏感に受け取るんだろうね。
ヒトが平気だと思っていると、平気になるような気がする。

ひとしきり遊んで帰った後は、なんと!
ルナとお手手つないで寝てるじゃないですか!!
b0008217_8241243.jpg

可愛いったらありゃしない。
明日は今日よりもっと仲良くなれそう。
そう思いました。
b0008217_8244357.jpg

それでも、父さん母さんのお迎えはやってきました。
予定より早いお迎えです。
きっと、早く会いたくて飛んで帰っていらっしゃったのでしょう。

さぁ、感動のご対面です。
が、当のはなちゃんは、「母さんのお迎えだよ~」と言っても出てきません。
チラッとも見にこなくて、父さん母さんが呼べど叫べど出てこないのです。

私は嬉しかったですよ~♪
楽しんでくれたんだ、嫌じゃなかったんだ。
そう思ったら本当に嬉しかった。

はなちゃん、またお泊りにおいでよ。
次は今日よりもっと仲良くなれるからね。
[PR]
by yukiba20 | 2009-06-04 08:27 | ただの愛犬家 | Comments(10)
一夜明けたら、アリサは平気になったようで後をついて回っていました。(写真はぶれて奇麗にとれませ~ん)
b0008217_22465333.jpg

b0008217_22472385.jpg

御飯が終って一休みしたら、はなちゃん用のロングリードを持っていつも行くお山公園へ皆で行きました。
b0008217_2248770.jpg

車に乗ったら、隣にサニーがいて瞬間緊張しましたが、それよりどこへ行くんだろうという好奇心の方が勝ったようで、サニーにドンと寄りかかってニコニコしていました。
b0008217_22483741.jpg

この日は、ヒトもワンもほとんどいなくて静かでしたが、はなちゃんにとっては初めての場所。
はじめての匂いもいっぱいのようで、あっちもこっちも行きたくてしょうがない。
前を歩くサニー達を追ってぐいぐい引っ張るので、途中で二手に分かれました。

はなちゃんはゆっくり歩くアリばばちゃん組です。
アリサがいなければUターン歩行で歩くのですが、アリサはそんなことしてたら「いやだ!」と歩かなくなるので、作戦変更。

リードが伸びたら、止まって「はなちゃ~ん♪」と呼びよせる。
「なんでしか~、おばしゃん」と寄ってきたら盛大に褒めてヒール。
これの繰り返しをしていたら、「はなちゃ~ん」と言っただけで歩調を緩めるようになった。

この子は賢い!
b0008217_22504591.jpg

ワンコはいまいちだけど、出会ったワンコに挨拶をしているワンズを見ていて、自分でご挨拶に行きました。
もしかして、バックに3ワンいるから?
接近度はいまいちでも、ちょっとは仲間意識が出てきたのかな?
そうだとしたら嬉しいね~♪
b0008217_22511141.jpg

距離間はあるものの「待て」と言えばちゃんと待って記念写真も写せました。
b0008217_2252874.jpg

父さんともすっかりくつろいで
b0008217_22525586.jpg

帰りは、アリばばちゃんをおいてサニー達と並んで歩いて行きました。
b0008217_22535218.jpg

このお散歩で、はなちゃんの「いぬは嫌でしレベル」が少し下がったような。

お家に帰って間もなくにいちゃんがやってきましたよ~。
はなちゃんのことは驚かしてやろうと内緒にしてたのに「お~、コンチャ♪」と言ったきり。
b0008217_22545448.jpg

そう、にいちゃんはワンコが増えてたって驚かないんですわ。
b0008217_22585219.jpg

さんざんオモチャにされたはなちゃんは、ルナも一緒にオモチャにされていたのでルナも案外平気になっちゃった。
b0008217_22591733.jpg

すっかり疲れて、昨日は父さんか私の足下から離れなかったのが一人で行き倒れて寝ている。

(ムフフ♪)
心ひそかにVサインしました。

この夜は、誰一人抜け出ることなく、朝まで皆ワン団子で寝ていました。
写真を撮ろうとしたけど、目が覚めたら4ワンハイテンションで残念・・・。

この状態を、はなちゃんの母さんに見せたかったのにね。
[PR]
by yukiba20 | 2009-06-02 23:03 | ただの愛犬家 | Comments(12)
以前遊びに来てくれたはなちゃんが、おとーさんとおかーさんが結婚式で遠くに行かねば、と言うので、ワンコ家にお泊りに来てくれることになりました。

2泊3日です。
さあ、どうなりますことやらと楽しみ~♪

夜9時頃、はなちゃん到着。
「しらっと入れて帰ってください」
とーさんとかーさんには玄関でさようなら。

男嫌いのサニーは「母さん、男の人です!あやしいです!!ウォンウォン」と失礼にもはな
ちゃんのとーさんに警戒警報を発令。
すみませんでした、とーさん。

はなちゃんは、置いて行かれたこともいまいち気づかず、しずしずとごあいさつに。
b0008217_1544818.jpg

突然のお客(この子たちは事前に言ってもわかってないので)に舞い上がる2ワン。
「いらっしゃ~い♪」
嬉しくって狂喜乱舞、ですが、当のはなちゃんは「あたち、ワンコはちょっと・・・」。
b0008217_15443492.jpg

ルナに「あそぼ♪」と誘われて、あわてて父さんの所へ。
父さんに3ワン紹介されても知らんぷり。
b0008217_15452698.jpg

b0008217_1546613.jpg

なるべくワンズに近寄らないように父さんの足の下に避難。
b0008217_15463737.jpg

うちのワンズの良いところは、そんなワンコはそっとしておく。(放っておくとも無視するともいいますが~)
無視されると気になるので少しずつ距離を縮めてくるはなちゃん。
この距離間が面白い。
b0008217_15494954.jpg

寝る時は皆一緒なのですが、この季節になると途中で暑くなった順にさまよい出て行きます。
はなちゃんは、寝る時は一緒のベッドでしたが、朝起きたらアリサと寝ていました。

うん、なるほどね・・・
ワンはいまいちのはなちゃんの選択は正しいかも。

トイレの場所も一度で覚え、玄関あけっぱなしの今の時期。
とっとと勝手に出て行ってさっと済ませて、とことこと戻ってくる。
これはうちの子と同じ感覚!
なかなかいい感じ♪

ご飯を食べて、一服したらお山公園へ行こうね~♪
[PR]
by yukiba20 | 2009-06-01 15:55 | ただの愛犬家 | Comments(10)
今一夜明けた今日も良いお天気です。
b0008217_222970.jpg

帰りたくな~い、のはワンズも同じ。
b0008217_2224040.jpg

でも、帰らねば、と言うので最後のドッグラン。

b0008217_2232510.jpgやっぱり穴掘りルナでした・・・
そんなに面白いかい?


ルナは3日間穴掘りを堪能し、サニーはクンクンを堪能し、アリサとヒト二人は自然を満喫し帰路につきました。








帰りは「ひるがの高原サービスエリア」で休憩。
本当は行きに時間があれば、ここでHALさんと会えたのに…
b0008217_2245827.jpg

お天気の良さとGW突入と言うことで超満員でした。
父さんを待つ間、ここでも交流会が始まりましたが、行きと違ってワンズはちょっとお疲れでノリが悪い。
まぁ、そんなこともあるわね。
b0008217_2262437.jpg

後は、ひたすら我が家へ。

今回はGWとは言え平日を狙って正解でした。
帰りも渋滞に引っ掛かることなく、迷子になることもなく帰り着きました。

2泊3日、数年ぶりの信州堪能の旅も終り。

さぁ、次はどこへ行こうかなぁ
[PR]
by yukiba20 | 2009-05-18 22:07 | ただの愛犬家 | Comments(10)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん