カテゴリ:悪性黒色腫( 26 )

悪性黒色腫4

今日、病院へ行ってきました。
ちょうど3週間前に組織検査のために切除した部分はきれいになっていました。
b0008217_2053095.jpg

食欲もあり、体重は100g増えていました。
目で見る限りは悪化していないようです。
リンパ節も腫れていません。
心音も変化なし。
呼吸の乱れもなし。
血液検査・レントゲン検査とも今回は無し。

肺転移の兆候として、
呼吸の変化があること
食餌を休み休み食べるようにになること
を教えていただきました。

今はまだ変化はありません。

元気でおだやかに暮らす今の状態から、手術や抗がん剤療法を選ばなくて良かったと心から思いました。
獣医に話しましたところ、もし手術していればまだ入院中で傷口が治っていない状態で苦しいでしょうね。おまけに形相はもう犬ではないですしね。
と言われました。

私もそう思います。
今の穏やかなアリサはいなくて、ただ、わけも分からずに苦痛に耐えなければならないアリサがいたでしょう。

H2ブロッカーについては、臨床的なデータはないけれど、アリサちゃんに何らかの効果が見られたら、次に来るメラノーマのワンコたちに薦めることが出来るから。と言いながら、
アリサちゃんのために1年分の薬を用意してあるからね、と言われました。
その心遣いがとても嬉しかったです。

b0008217_20532230.jpg
アリサ、今日も元気です。
[PR]
by yukiba20 | 2008-08-07 21:05 | 悪性黒色腫 | Comments(24)

悪性黒色腫3

たくさんのお見舞い・コメント・メールをいただきありがとうございます。
お返しコメントもせず本当に申し訳ありません。

アリサの今後につきましていろいろ情報集めや相談の方を優先しておりましたもので、今回もまとめてご報告させていただきますことをお許しください。
b0008217_1148451.jpg

「なにもしない」と決めたのはいわゆる苦痛を伴うことはしないと言うことで、QOLを維持するための努力は最大限していこうと思っています。

ここ数日は情報集めや何やらで過ごしていましたが、これと言う方針を立てました。

まず、いただきました情報の中に「H2ブロック」と言う方法もあることをしりました。
この情報はターミ姉ちゃん経由で、yukoさんからいただきました。

ネットで「H2ブロック」の事を調べたところ、「皮膚がんの一種メラノーマの転移も少ない」と書かれている項目を発見。

早速、病院へ行ってH2ブロックのことを相談いたしましたら、「確かに文献ではそのことはのっています。馬に関しては報告があるのですが、犬に関しては詳しい臨床報告はないのです。それでも良いですか。」と確認されましたので、ただ見ているだけなら可能性のあるものは試したいと言いましたところ、それならばと快諾をいただき、投薬が始まりました。

獣医師の話では、長期連用が可能なこと、他のサプリメントなどとの併用が可能なこと、特筆すべき副作用も特にないとのことです。
と言うことで、今後はH2ブロッカーを使いながらサプリと食餌を考慮していくことにします。

H2ブロッカーは胃薬などにも使われておりますので重篤な副作用もなく、アリサ自身も何の抵抗もなく飲んでくれます。
できれば、今の状態を少しでも長く維持できればと思っていますが、ただ見守ることしか出来ないと思っていたアリサに、何かをしてやれることがとても嬉しいです。

ターミ姉ちゃん、yukoさん、ありがとうございます。

皆様からの、いろいろな情報や励ましをありがとうございます。

b0008217_12191939.jpg


b0008217_12193617.jpg


b0008217_12195127.jpg


アリサは今日も元気です。
[PR]
by yukiba20 | 2008-07-29 12:22 | 悪性黒色腫 | Comments(15)

悪性黒色腫2

前回の書き込みにコメントをお寄せいただきました皆様、励ましありがとうございました。本当に嬉しく、ありがたかったです。
本来は皆様お一人お一人に御礼申し上げねばならないのですが、ここでまとめてお返事させていただきますことをお許しください。
b0008217_22463212.jpg

アリサのことで、家族で出した結論は、「なにもしない」です。

決して投げやりなわけではありません。

手術後のQOLの維持。
抗がん剤のリスク(治療中の死亡例もある。知人の犬2頭が、体力が十分あったにもかかわらず、治療直後、あるいは治療中に亡くなっている。)
放射線治療のリスク。(全身麻酔で、かなりの回数を照射しなければならない)
手術・治療後の予後。(そのようにして治療しても、大半が半年程度の延命である)
そして、治療中のアリサが抱える大きなストレス。(レントゲンを撮るだけでも嫌がっていたのに、放射線療法は通院できないので、一人で入院になるとどんなに不安なことでしょう)
などいろいろ考えました。

どのような手段を用いても、そう遠くない日に別れなければならないなら、「可愛そうに、あんなことしなければ良かった」と言う後悔、特に入院中に旅立たせることはしたくないと思いました。
それで出した結論が、1日でも長く、高いレベルでQOLを維持してやりたいと言うことです。

私は、これからサプリメントと食餌に気を配って行きたいと思っています。
サプリメントは親戚ワンコさんのティップさんの母さんが研究していらっしゃるので、アリサに使えそうなものを教えていただき、食餌は、本村伸子先生の「知っておきたいガンのこと」を参考にしますが、他に何か良いものがありましたら教えてください。

悪性メラノーマは、厳しい病気です。
転移するところによっては、辛い決断を迫られるかもしれません。
でも、その日まで、できる限り安らかで穏やかな日を過ごさせてやりたいと思います。

病状が進行すれば、出来る限り傍にいたいと思いますので、不義理をすることが多々出てくると思います。どうぞお許しください。
b0008217_2248077.jpg

アリサは甲状腺の病気を持ってはいるけれど老衰で亡くなると勝手に思っていました。
なかなか都合よくことは運ばないものです。
[PR]
by yukiba20 | 2008-07-26 23:26 | 悪性黒色腫 | Comments(19)

悪性黒色腫

アリサ、悪性黒色腫でした。

外科的処置であれば、上唇から鼻まで切除だそうです。
出来た場所が悪い・・・

抗がん剤のことも放射線療法のことも聞きました。

家族とゆっくり話しあいます。

アリサ、お前の天使の羽も知らない間にそんなに大きくなっていたの?
[PR]
by yukiba20 | 2008-07-25 23:04 | 悪性黒色腫 | Comments(12)

組織検査の日

前夜8時以降絶食です。
朝は目覚めから水もダメ。

アリばばちゃん、ため息ばかりついてます。

私が冷蔵庫の方に行くと期待に満ちた目で見るの。
だからしょうがない、お付き合いしました。

朝ごはんなし
飲み物もなし

病院で体重計ったら、650g減っていたアリばばちゃん。
私、帰って体重量ってみました。
50g増えてました。
デジタルだからきっちり出るんです。
でも、なぜ?
アリサが減って、私が増えてる・・・
同じことしてるのに??
b0008217_20521474.jpg

組織検査の為に一部切除しますので全身麻酔です。
お口の中もきれいにしてもらいました。
爪も短く切ってもらいました。

ついでに全部きれいにしてもらえばって思うでしょう?
でも、中途半端なことをすると、悪性のものだったら活発化して、あっという間に全身に広がることもあるのですって。

良性なら、そのままで様子を見るか、その部分を切除する。
悪性なら、マージンを考えて大きく切除。

アリばばちゃん、今日はお疲れのようで、冷蔵庫の前で行き倒れてました。
b0008217_20523392.jpg

今日の日がずっと続きますように。
[PR]
by yukiba20 | 2008-07-17 20:53 | 悪性黒色腫 | Comments(20)

見つけちゃった

アリばばちゃんのお鼻の脇に見つけちゃったんです。
10日ほど前に・・・
はじめはお鼻の中に隠れていて分かりませんでした。

「アリサの鼻、おかしいんちゃう?」
にいちゃんが言いました。

びっくりしてみました。
「なにこれ・・・」
きれいな円の中央が陥没しています。
b0008217_1451313.jpg


週が明けて、病院へ行きました。
「とりあえず1週間観察して大きくなるようなら組織検査しましょう」

で、今日行って来ました。
明日、組織検査です。
ついでにお口の中もきれいにしてもらいます。

アッちゃん、今晩8時以降絶食、明日は起きてから水もダメです。
b0008217_14515995.jpg

神様何でもありませんように。
こんな時間を取り上げないでください。
[PR]
by yukiba20 | 2008-07-16 14:53 | 悪性黒色腫 | Comments(12)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん