カテゴリ:膝関節痛( 5 )

サニーの膝関節痛5

ふと気が付くと、足を洗う時にも上げられなかった右足が上げられるようになっていました。
痛めた左足が体重を支えられずに、長い間上げられなかった右足を、何気なく持ち上げたら、一瞬ふらっとしたけれどちゃんと支えることができました。
そう言えば、最近は歩きがあまり気にならなくなっていた。
b0008217_1095749.jpg

靭帯が伸びて、関節の骨がずれやすいのは変わらないと思います。
(靭帯は伸びたら自然に元に戻ることはないと言われました)
でも、ちょっと歩き方に気を付けたら普通に生活できます。

我が家流は、関節保護のためのサプリとハーブを服用しながら、適度な運動です。
サプリは、グルコサミン&コンドロイチン、とプロヒアル
ハーブは、モビリティサポートです。
鎮痛剤のような瞬間的な効果はありませんが、それに伴う副作用の心配はほとんどなく軟骨の生成など根本的なサポートができるのが良い。

散歩は、獣医師には控えるように言われましたが、サニーが歩きたがるのと、筋力をつけて関節を保護した方が良いと思い、痛みが強いとき以外は欠かすことはありませんでした。

筋力を落とすと、痛めた足だけでなく他の足も弱くなります。
結果、痛い脚にもより多くの負担がかかり、だんだん歩けなくなるという悪循環に陥る。
何より、大きなストレスになる。
それで、散歩の仕方を変えました。
散歩の距離は、急性期以外はそんなに変えずに時間をかけました。
階段は極力使わずに坂道を利用する。
途中にある公園で十分に休憩する。
公園で休憩している間、ルナはボール投げや服従訓練で体を動かし、サニー&アリサは日向ぼっこです。
時には、子供たちに囲まれ楽しい時を過ごします。

我が家流は、急激によくなることはありませんし、完治することもない(靭帯に関しては完治は望めないので)のですが、気が付くと生活の質を落とさず普通に暮らせている。

それで良いと思っています。
治療を急ぎすぎて、他に支障が出る場合も多いことを思えば長い時間をかけても生活の質を落とさない方がずっと良い。

最近は副作用はほとんどないですよ、と言われる薬剤が多くなりましたが、投薬の話を聞いていると、○○の負担はないけれど止めると元に戻ります(痛みが治まらない、かゆみが止まらないなど)と言われます。
それって…ねぇ

3ワンにはとても良いアドバイザーがいてくださるのもラッキー。
迷いが出たときは「それで良いよ」と言っていただくだけで安心。
b0008217_10102495.jpg

やっぱり、皆さんに助けられてサニーの足もまずまず◎です。
[PR]
by yukiba20 | 2010-12-27 10:14 | 膝関節痛 | Comments(15)

サニーの膝関節痛4

関節炎のサニーは、軽く跛行してはいるものの相変わらずお天気のいい日は外に行きたくて仕方がない。
歩くと言うよりもひなたぼっこが主体の散歩になりその分時間が長くなりました。
日によってはお弁当持参・本持参で半日くらい公園での時間を楽しんでいます。
b0008217_10522792.jpg

春の健診では、血液検査の結果は異常なし。
ただ、悪い方の足の筋肉がわずかに落ちているようですと言われました。

本当は水泳ができるような施設が近所にあれば、関節に負担をかけずに運動ができるので良いのですが残念ながらそのような施設もありません。

獣医と相談しながら、今は鎮痛剤の投薬はしていません。
サプリメントは前から使っているものをそのまま継続です。
b0008217_10514777.jpg

ひなたぼっこお散歩はアリババちゃんにとっても気持ちが良いらしく、文字通り道草を食いながら楽しみ、それだけではちょっと物足りないルナは、公園で出会う人やワンと遊ぶことで満足している。

陽の光を浴びて
風を感じて
みんな元気です。
b0008217_10504143.jpg

お陽さまの力はすごいです。
今の時季は、PCから離れて、ちょっと外歩きお薦めです。
[PR]
by yukiba20 | 2010-04-30 10:54 | 膝関節痛 | Comments(12)
関節炎がなかなか治らないサニーはセカンドオピニオンを受けました。
結論から言うと、ホームドクターと同じ所見でした。

レントゲンでは、本来膝関節の中央にあるべき骨が少し左にずれています。
脱臼しているわけでもありません。
前十字靱帯が伸びたために靱帯で固定されていた骨がわずかにずれて膝関節の痛みが出るのです。
靱帯は損傷すると自然に治ると言うことはないそうです。
断裂もしくは伸びがひどい場合は手術。
サニーのような場合は、手術するまでもないので、今以上悪くしないようにするだけだそうです。
b0008217_2311327.jpg

投薬については、当面はリマダイルを使うかステロイドを使うかです。
「ですが、ステロイドは使い始めたらやめられなくなりますよ。だから今はお勧めできませんね。リマダイルの方も日常的に服用と言うのはねぇ…。」
と言うことで、サプリメントを使うことを勧められました。
軟骨形成の補助や潤滑液の補助になるか増進されるようなものが良いとアドバイスをいただきました。
これは、私もそのように思っていましたので、医師に相談しやすくなって良かったと思います。
リマダイルは痛みが激しい時に使うことにして、当面は以下のものを用いることにしました。

まずは、お馴染「グルコサミン&コンドロイチン」
軟骨の成分である繊維質・コラーゲンの形成を促進する働きがあるというMSMを含むハーブ「モビリティサポート」
骨と骨の間にある「滑液」のねばりや、弾力性のある「軟骨」を維持しているヒアルロン酸を豊富に含む「プロヒアル」 
コラーゲン生成を助ける、ビタミンCたっぷりの「ローズヒップ」
b0008217_23135577.jpg


生活指導も受けました。

関節を支える筋肉が衰えると、関節の負担が大きくなって痛みがひどくなるから、適度な運動(散歩)で筋肉の維持が必要です。
b0008217_23123672.jpg

本犬は、跛行はしていますが強い痛みはないようです。
お客様のお出迎えには跳んで行きますし、散歩は相変わらず大好き。

ただ、散歩は休憩時間が多くなり、外出予定がなくてお天気が良ければ、ほぼ半日近くひなたぼっこを楽しむような散歩をしています。

ルナは、2ワンが休憩している間にちょこっとゲームを楽しんでいます。

--------------------------------
群馬のラブ君(その後)

群馬県の保健所に収容されていた黄ラブ君は、譲渡候補として動物管理センターへ移送となりました。
今後は動物管理センターで健康状態や性格をチェックして、その後新しい里親さんの元に行くのを待つことになります。
もう「処分」の対象ではありません。

複数の群馬県在住の里親候補さんがいらっしゃるとのことで、今後はセンターや保護団体さんの協力の下で譲渡の話合いが進んでいくそうです。

多くの方のご尽力で、命をつなぐことができました。
殺伐としたことの多い昨今ですが、本当に嬉しいお知らせが届いたことをご報告いたします。

★尚、この件に関して保健所、管理センター、保護団体へのお問い合せはご遠慮下さいますようお願いいたします。
[PR]
by yukiba20 | 2010-04-02 23:25 | 膝関節痛 | Comments(16)

サニーの膝関節痛2

前回のレントゲン撮影から1か月がたちました。
確認の為に再度撮影しましたが、幸いなことに骨肉腫の疑いはまずないようです。

悪性のものであれば、1か月の間に悪化し、痛みはより強くなるが、前回の診察時よりわずかではあるが快方の兆しがみられる。
いちばん怖かったものが消去され、ひと安心。

急性期は、炎症を抑えるために薬を飲ませましたが長期連用は避けたくて、今はハーブを使っています。

関節サポートのモビリティ。
ハーブのアスピリンと言われるゴールドソリューションレリーフ (レリーフゴールド)。

関節強化の為にMSM。

ハーブ系は、劇的に効く物もありますが、緩やかに効果が表れるものがほとんどですから、あせらずゆっくり治していきたいと思います。

緩やかに快方に向かいつつありますが、運動制限をしているので、本犬は外に出たくてしょうがない。
獣医師には極力歩かせないように言われているが、言いつけを守って家の中にこもっていると、筋力は落ちるしストレスはたまるし、ろくなことはない。
筋力が落ちると、関節への負担がかえって増えることを忘れてはなりません。

サニーは外に出たいし歩きたい。
b0008217_0301378.jpg

そこで、散歩方法をルナが来た当初の15分散歩を実施することにしました。
1回の散歩量は往復15分。
1時間くらいは外の空気に触れたいだろうから、1日4回くらいですね。

気をつけるのは、出来るだけ土の上を歩かせることです。
足を痛めたサニーと歩いて気づいたことは、公園までのわずか1、2分の距離の舗装道路は跛行するのに、公園の土の上ではそれほどしないと言うことです。

舗装道路は足に悪い(犬だけとは限りません)と言うことがはっきりわかりました。
土は自然のクッションなんですね。

今回、このように長引いてしまっているのは、同じところを繰り返し痛めてしまったことが原因です。
私が腰痛持ちになったのは、短期間に繰り返しぎっくり腰になってからですから、良くわかるんです。

「生活面でいちばん気をつけることは体重を増やさないことです」
そう言われました。

「そうですね、私、実は腰痛持ちで、整形外科の医師に『10キロ体重を減らしなさい』って言われるんですよ」
「あぁ、そうでしょうね~」
先生は実に納得と言うようにうなづかれました。
(「そうでしょうね」って・・・「そうですか」くらいにしておいてくださいよ、お世辞でも良いから~、せんせ~い)

まぁ、悪いものでさえなければ、後は日にち薬とでも思い、のんびりいきますわ。
ただ、慢性化する可能性は大だそうで・・・いやだなぁ。


--------------------------
ここのところ連日不愉快な書き込みが続きますので、しばらくの間承認制をとらせていただきます。
[PR]
by yukiba20 | 2010-02-15 00:32 | 膝関節痛 | Comments(18)

サニーの膝関節痛1

サニーは今、少し跛行しています。
年末に父さんと散歩に行って足を痛めてしまいました。
2日ほど足もつけないくらいでしたが徐々に歩けるように。

大分に行っている間に再度同じところを痛めてしまったのです。

出かける前に、くれぐれも父さんにお願いしました。
治りがけなんだから、お山へは行かないでね。
走らせないでね。
長い散歩はダメだからね。

わかってると言うのでお任せしたのが間違いの元でした。
帰ると、また足を引きずっている。

私、ものすごく怒りましたよ。
あれだけお願いしたのに、って。

父さん曰く
「だって、山行きたそうでかわいそうやったし、ゆっくりって言っても走るからなぁ」

「リードつけて歩けばいいでしょ」
めったなことで怒らない私ですが、コト犬にかけては、本犬が言えない分言いますよ。

可哀そうだって!?
可哀そうなら早く治してやらなきゃダメでしょうが!!
馬鹿たれが!!!

同じ場所を続けて痛めたので、なかなか治りません。
関節も少し脹れている。

いちばん心配したのが、骨肉腫です。
レントゲン上は、関節部分に膨張や影など境界の不鮮明な部分は見当たりません。
まずは一安心。
急性期なので、鎮痛消炎剤の投与を1週間しました。

8歳なんだよね~。
節目の8歳。
b0008217_21204858.jpg

元気に故障なく過ごさせてやりたかったのに…。
[PR]
by yukiba20 | 2010-02-06 21:22 | 膝関節痛 | Comments(16)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん