<   2004年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

サニーの心配

サニーは、ルナが元気ではない時すごく心配する。
b0008217_1652139.jpgこれは、今も時々ありますが、家族になって、2・3ヶ月くらいの頃は母親のようにルナを見ていました。
この頃のルナは、嫌なものはまだまだ嫌で、伏せて動かなくなったり、尻尾を巻き込んで座り込んだりしていました。

b0008217_16543937.jpg
するとサニーは、最初はルナの周りをぐるぐる回る。
それでもダメなら、鼻チョン。
それでもダメなら、足タッチ。
まだまだダメなら、おもちゃで誘う。
それでもダメなら、自分が遊んで誘う。
おもちゃもあるだけ出してくる。
とにかくルナが誘われて遊び出すまで続く。

涙が出そうなほど微笑ましい。
人間はこんな風に相手に接することがどれだけあるだろうか。

私は、先代のリョウスケには守られていました。
サニーには、優しいと言うことはどんなことかと言うことを教えてもらっています。
人は人から学ぶだけではなく、生きているもの全てから学ぶことがあるはず。

それにしても、サニーの優しさは母さんに似たの?それとも父さんに?
[PR]
by yukiba20 | 2004-10-31 16:57 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(2)
b0008217_1702595.jpgユキが来てしばらくたったある時、知人に言われました。

「すぐ死ぬような年寄りを、何を好き好んで世話するの?」

私は返事に困りました。
今聞かれてもやはり答えられない。
だって、すぐ死ぬか、長生きするかは誰にも分からないし、そんなこと考えもしていなかった。
ただ、一緒に居たいだけ。
でも、普通、そういうのは答えにはなっていないらしい。

「う~ん、ただ一緒に居たいだけなんよ」
「ふ~ん、あんたえらいね」
何だかバカにされたような気がして不愉快。

人は、自分の理解の外の事は、「えらいねぇ」の一言でかたずけることが多いが、私には「あんたもアホやね」と聞こえるのは、へそ曲がりかなぁ?

b0008217_171466.jpgだから、こう答えることにしている。
「私、一度自分の手元に置いた子は、どうしても手放せないからパピーウォーカーはできへん。そやから死ぬまで一緒の引退犬と暮らしてんねんよ」
そう答えると「えらいね」って言われずに済む。

嘘じゃない、でも、本当の理由は「ただ一緒にいたいだけ」
ユキと一緒にいたかっただけ。
[PR]
by yukiba20 | 2004-10-29 17:04 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(6)

2004年 元旦

私は、ユキと共に新年を迎えられた嬉しさに

b0008217_14571761.jpg「あけましておめでとう
今日はことのほかうれしい日
ユキと一緒に新年を迎えられた
良かったね
母さんにはなによりのお年玉
今年もよろしくね」

と、ユキに向けてメッセージを残している。

そしてこの年の年賀状には

「果報を寝て待った昨年は3頭の犬達と
ドラマチックな出会いをしました
今年は、この「家宝」たちと
どのようなドラマを展開していくことができるか
楽しみです」

と書き、このあと思いもかけない日々を送ることになったのです。

b0008217_1524655.jpgこの頃のルナは、来て一月半。
私たちは、ず~っと一緒にいたような気がしていましたが、相変わらず車は嫌い。
サニーが動かなければ自分もサニーの横から動かない。
眠っていても、サニーの動く気配がすると目を覚まして後を追う。
筋肉がつき始めたとは言え、立ち上がる時には、「どっこいしょ」と言う感じで、いったん座りなおしてからでないと立ち上がれないと言う状態が続いていました。

それでも、ユキが年を越せたこと、ルナの状態が随分よくなってきたことが嬉しくてたまりませんでした。
初参りは、人影もまばらになった頃に、サニーとルナを連れて近所の氏神様に3頭の健康と幸せをお願いに行ってきました。
[PR]
by yukiba20 | 2004-10-27 15:05 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(0)

ユキの歯磨き Ⅲ

b0008217_20222926.jpg口の中が触れるようになると、いよいよポケットの掃除です。
とがったもの硬いものは痛いので、毛羽立つものはポケットの中に残ると細菌の巣になるので避けました。

じゃあ、何が良いのか?

綿棒、これは太すぎてダメ。
ティッシュで作ったこより、柔らかくて痛くないけれど、こしがないのでふにゃりとして詰まったものをかきだせないからダメ。
コットンで作ったこより、これはティッシュよりましだけれど、いまいち。
と、いろいろ試してみました。
その結果、口中を拭くために、ティートゥリーの希釈液に浸してあるコットンを使いました。
固めに絞って、先を小さな三角形にたたむと、薄いけれど結構強く奥の方までかき出すことができ、しかも、反対側の角は液に浸してゆるく絞り、ポケットの中を拭くこともできる。
慣れるまでは嫌そうでしたが、慣れると口を開けたままじっとしているようになりました。
これは、この後ずーっと続けました。

最初のうちは、この作業をしている間、サニーは心配そうに覗いていて、「かあさん、やめて」と言うように前足でひっかいていました。
ルナは、私の後ろにくっついていることが多かったです。

ユキに何かをすると心配だったのでしょうか。
新しいことを始めると、サニーもルナもユキが慣れる頃まで傍で見ていることが多くて、(私のすることは危なっかしくて見ていられないのかなぁ)と可笑しかったものです。
[PR]
by yukiba20 | 2004-10-25 20:24 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(4)

ユキの歯磨き Ⅱ

b0008217_0315022.jpg「歯がグラグラしていれば局麻で抜けるんですがねぇ」
医師にそういわれるくらいしっかりとしたユキの歯。
歯の根元にはガチガチの歯石に大きなポケット。

このポケットが曲者。
食事をすれば、食べかすが入り込み、放っておけば炎症がひどくなり化膿が歯槽骨にまで及ぶ。

口の中をさわらせてくれない間は、歯がないせいで水を飲む時にほとんどが横からこぼれることに気がつき、食後のうがいのように水を替えながら飲ませました。
水は、あっという間に汚く濁りました。

触ることを嫌がらなくなってからは、段階を踏んで口中を洗浄しました。

最初はイソジンを薄めてガーゼを浸し、それで口の中を拭きましたが、これは失敗でした。
イソジン独特の味と臭いが嫌だったのと、ガーゼでは痛かったのです。
ここで後戻りです。最初からやり直し。
口を触らせてくれるようになるまでに、また数日を費やしました。

次に試したのは、ぬるま湯に脱脂綿を浸し、それで歯と歯肉を拭く。
でも、脱脂綿は毛羽だって歯の根元に付着する。
そこで考えたのが、化粧用のコットン。ちょっと割高ですが肌触りも柔らかく、これは嫌がりませんでした。
後に、ぬるま湯ではなくハーブを使いました。
ユキの床ずれ防止のために使っていたティートゥリーが、かなり希釈すれば口中のケアに使えると知って、それを使うようになりました。
濃いものは毒性があるのでダメですが、私の場合は、舐めてみて苦味がなく、しかも香りがあると言うところまで希釈しました。
殺菌力のつよいティートゥリーを使うようになって、かなり口の中はすっきりしてきました。

第2段階は、ポケットの掃除です。
[PR]
by yukiba20 | 2004-10-23 00:36 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(0)

ユキの歯磨き Ⅰ

b0008217_0303279.jpg毎日毎日熱いタオルで体中を拭きました。
特に顔は丁寧に痛くないように、包み込むように、蒸すように拭きました。
そうしているうちにある日、鼻のひび割れがポロっと取れたのです。
びっくりしました!
だって、鼻のところなので大出血を起すと思ったのです。

鼻が乾いてひび割れていると思っていたのですが、そうではなくフードがこびりついていただけだったのです。
それはそれで、また別の驚きでした。

すっきり美人になったユキは、薬が効いて痛みが治まってきたのと同時に私の手を嫌がらなくなってきました。
触る時はゆっくり静かに「グッド、グッド」と声をかけながら、いっぱい気持ち良いことをしてから、ちょっとだけ嫌なことをする。
それを繰り返していたら、口に手を持っていっても首を振らなくなったのです。

「わ~い!やったぁ!」

そうして、歯磨きを始めたのです。
ユキの場合は、痛みがあるので普通の歯磨きではありませんでした。
[PR]
by yukiba20 | 2004-10-21 00:33 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(5)

歯周病 ユキの場合 Ⅱ

b0008217_0312591.jpgユキの口の臭いが気になった使用者は、獣医に相談したそうです。
でも、年だから治療は無理と言われたそうです。

果たしてそうだったのでしょうか。
後日、ユキのことを知る人から聞かされました。
使用者は獣医に往診の依頼をしていて、獣医師は定期的に往診をしていたそうです。
それなのに、その医師はろくに診察もしないで代金だけを受け取って帰っていたそうです。
全て、伝聞で私が実際に見たわけではありませんが、それを聞いたときに強い憤りと悲しみで胸が張り裂けそうになりました。

物言えぬものは、そのような仕打ちを受けても、訴えるすべがありません。
また、目が不自由な人たちをそのように欺いて良いものでしょうか。
あまりの仕打ちにユキが哀れでなりませんでした。

臭いゆえに、一人寂しく過ごす時間が多くなったことでしょう。
加齢で動くこともままならなくなり、どんなに不安であったかと思うだけで泣けて泣けて仕方がありませんでした。

ユキの口中のケアは、抗菌剤とステロイドの投与と、洗浄と清潔でした。
痛みを抑えることと呼吸を楽にすることだけに重点を置いたのです。
抗菌剤は、今以上の化膿を防ぐため、ステロイドは炎症を抑えるためです。
抗菌剤は、やめると膿の濃度が高まり粘りが出てきて呼吸困難を起しますので何種類かを替えながら使いました。
ステロイドは炎症が治まった段階で止め、長期投与はしませんでした。
後は口中の清潔を保つことを心がけたのです。

苦しそうな息の中
抱きしめると
鼻をすりよせ
顔をうでの中にうめる

その頃のメモに書かれていました。
[PR]
by yukiba20 | 2004-10-19 00:33 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(3)

歯周病 ユキの場合 Ⅰ

b0008217_0104074.jpgユキが来る前に、ユキの状態を聞かされました。
ほとんど歩くことができず、重度の歯槽膿漏であること。
かなり強い口臭があること。
最悪のことを覚悟して、最も悪い数本の抜歯はしたけれど、それでも根治できないこと。
麻酔をかけていられる時間がごくわずかなので本当に抜くだけで、以後の処置は完全ではないこと。
だから、歯茎から鼻にかけて穴が開いていること。

ユキが来て、まず驚いたのは17歳(来た当時は17歳6ヶ月でした)という高齢にもかかわらず、とてもきれいな仔だということでした。
色白の(多分白髪?)目の大きな、被毛もたいして擦り切れていない、本当に可愛い仔でした。

次に驚いたのは、その口の状態と臭いでした。
口の中を見ようとしたのですが、痛むのか首をふって触らせようとしません。
鼻のあたりは熱を持ったようで、腫れていました。

夜、息子が帰ってきて玄関まで臭うと聞かされ、それほど臭うなら(その頃には、私はもう慣れてしまっていたのです)ユキの苦痛はどれほどのものかと、これほどまでにしてしまった悔しさに歯噛みをする思いでした。

翌日病院に連れて行き、口の中を見ながら治療方針・介護方針を医師と話し合ったのですが、現実に穴の開いた歯茎を見て言葉もありませんでした。
呼吸のたびに空気が漏れて、本当に歯の付け根から鼻にかけて穴が開いているのを実感したのです。

残された歯も、変色し、根元は歯石が塊となって付着し、歯肉は赤黒く腫れていました。

ユキが我が家に来た時の状態はひどいものでした。
でも、後に聞くところによると、引き取られた当初はもっとひどかったと言うことです。
なぜ、そんなことになったのでしょうか。
[PR]
by yukiba20 | 2004-10-17 00:12 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(0)

歯周病 Ⅱ

b0008217_044649.jpg獣医さんから教えていただいたちょっとした見分け方と予防法です。
                  
まず犬の顔を右と左で見比べて下さい。
唇の周囲の汚れ方がアンバランスなら汚れている側の歯に異常があることが多いそうです。
ヨダレ焼けで黒くなっている場合は、要注意と言うことです。
でも、黒い仔は分かりにくいですよね。

そこで、その他のチェックとして、食餌をしている時によく見て下さい。
手作りご飯の時はワンコ達はあまり噛まずに丸飲みしますが、ドライフードの時は時々噛みます。その噛むときに左右均等に噛んでいれば問題ないのですが、片側だけで噛んでいる場合にはその反対側の歯に異常があります。
ひどい場合には悪い方の歯を上にくるように顔をひねって食べることもあります。

我が家に来たユキがそうでした。
歯肉の炎症が治まるまでは随分痛かったのだと思います。                   

次に予防法ですが、最も良いのは我々人間と同じで歯磨きです。
もう歯石が付いてしまっている場合は、まずそれをきれいにしてからです。
付いていないのなら今すぐに始めましょう。
まずは歯磨きに慣らすことから始めます。
市販のペット用の歯ブラシを使ってもいいですし、ガーゼを指にまいて使ってもいいです。
歯ブラシや指を口の中に入れて、歯茎と歯を軽くマッサージする事から始めて下さい。
最初は嫌がりますが、だんだん慣れてきますので、根気よく続けて下さい。
慣れてきたらペット用の歯磨きを使用します。
嫌がらなければ最初から歯磨きを使ってもかまいません。歯の裏側もお忘れ無く。
歯磨きには、歯ブラシより硬いものは決して使わないで下さい。

以上は、医師のアドバイスです。
歯磨きはとても、と思われる方はガーゼで拭くだけでも良いですから是非してあげてください。
歯石を取るときは、犬の場合は麻酔をかけます。
ですから、その麻酔に耐えられる年齢までに是非1度、歯の検査をしてくださるようお願いいたします。
そうでないとユキのように苦しむことになります。

次回には、そのユキのことを少し書いてみたいと思います。
[PR]
by yukiba20 | 2004-10-15 00:30 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(5)

歯周病 Ⅰ

b0008217_22524987.jpg飼い主が気をつけていれば回避できる数少ない病気の一つに「歯周病」があります。

ユキが老いてからずっと悩まされていたのは唯一、歯周病でした。
それも根治療法ができないくらい重度の。

歯周病の原因は、ケガと細菌がありますが、おもに、歯に付着した歯石です。
食べかすを養分とした細菌のかたまりが、歯石になります。
そのなかの細菌が歯肉に炎症を起こして、腫れたり出血したりします。

これが進行すると歯と歯肉の間のポケット状の溝が深くなって、歯槽骨が溶かされて、歯がグラグラになったり、膿や出血が起こります。
その細菌が血液に運ばれて、各臓器に運ばれると他の病気も併発します。
多くの場合、麻酔をかけて歯石の除去を行いますが、歯槽骨まで破壊されていると抜歯をしないといけません。

治療をした後もそうですが、歯を磨く習慣をつける必要があります。
歯ブラシを使うと良いのですが、ガーゼのハンカチ・軍手などで歯をマッサージしたり、噛むおもちゃも効果があります。
歯を磨くことで、予防や口臭、歯肉の腫れなどによる早期発見につながるからです。

我が家の場合は、ミルキーボーン、牛骨、ロープで作ったボール、タオルを使っています。
歯磨きをかねたおやつ代わりに、犬用のガムを与えるという方もありますが、家では歯にくっつくのと、むねやけを起したり下痢をしたりするのでガムを与えることはしません。
おやつは、もっぱら季節の果物、主にりんごを与えています。

歯周病は、治療を怠れば着実に進行し、歯が抜け落ちます。
その間食事は噛めなくなり食欲不振に陥ったり歯根が化膿して、細菌が全身に波及する菌血症を引き起こしたりします。
また重度の歯周病では、重篤な合併症を引き起こすこともあります。
[PR]
by yukiba20 | 2004-10-13 22:53 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(4)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん