<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

お客様

b0008217_15553885.jpg落語家の笑福亭伯鶴師匠と奥様が来てくださいました。
久しぶりに来てくださった、サニーやルナが大好きなお客様。
ユキが来て以来、最期までずっと見守ってくださっていた方です。

ユキがいなくなっても、「ユキちゃん、そっちはどないですかぁ、きげんようやってますかぁ」と
お骨になったユキに会いに来てくださいます。

なぜ、そんな方とお知り合いになったかって?
私が以前勤務していた施設は、有名人も無名人もいろんな人が出入りしていました。
師匠が無類のワンコ好きと聞いていたので、ユキが来てしばらくした時に
「うちに盲導犬を引退した17歳の子がいるんです。寝たきりですけど。おまけにキャリアチェンジのワンコもいるんです。良かったら遊びにいらっしゃいませんか?」

それがきっかけでした。
それから、時折「ゆきちゃん、げんきですかぁ。きげんようしてますかぁ」と訪ねてくださるようになりました。

ミニコミ誌「お好み書き」の編集員もしていらっしゃったので、ユキのこと、引退犬のことを何度か掲載していただきました。
ユキが亡くなった時には、我がことのように悲しんでくださいました。

そんな師匠が久しぶりに来てくださったのです。
b0008217_155923100.jpgb0008217_15572347.jpg
ワンコたちのまぁ、喜んだこと!
師匠の周りを回る回る。
クルクルクルクル、尻尾フリフリ、クルクルクルクル。
時折体をぶつけながら、「嬉しい♪」気持ちを体中で表現する。
b0008217_1615144.jpg

b0008217_16101183.jpgお土産をいただきました。
デスクトップにガーデニングをという代物です。
うまく育てられるかどうか怪しいものですが、とにかく種蒔きを済ませました。
b0008217_1694274.jpg
お庭にいるのはゴールデンです。流石です!
[PR]
by yukiba20 | 2005-06-27 16:11 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)

真夜中の徘徊

b0008217_1031523.jpg一眠りして目が覚めた。
久しぶりに早寝したので目覚めたのは真夜中、3時過ぎ。
横で寝ていたはずのワンコたちはいなくなっている。

コトコトコト、カシャカシャカシャ、チャッチャッチャ・・・。

ん?
耳を澄ますと、かすかに聞こえる足音。
何してるんだろう?
b0008217_10354100.jpg
コトッコトッコト・・・。
階段を下りてくる。
昼間は、ガタタタタ、ガシャガシャガシャと駆け下りてくるのに、静かに静かに下りてくる。
コトッコトッコト・・・。
また、上がっていく。

「気ぃ使ってるなぁ」
そう思っただけで笑いがこみ上げる。

何してるんだろう?
セキュリティーのための見回り?
誰か起きていたら遊ぼうと思ってるの?
b0008217_1044889.jpg

姉さんと妹分、真夜中までつるんで歩いてる。
めっちゃくちゃ可笑しい!
声を殺して笑ってる自分が可笑しくって笑いが止まらない。(クックックック)

朝、兄ちゃんが言った。
「サニー!ルナ! おまえらなぁ、夜中に起こしに来るのはやめろよなぁ!」

なっとく!
子分たちは親分のご機嫌伺いに参上していたんだ。
時間お構いなし、自分達が目覚めて行きたいときに行く。
b0008217_1051956.jpg

親分、あなたの子分はまさに忠犬ですなぁ。
[PR]
by yukiba20 | 2005-06-23 10:07 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(13)

ワンコが足りない・・・

b0008217_10115649.jpgひと月前に、「国家試験を受けるために勉強したい」と次男が帰って来ました。
とりあえず、3年間限定。

母は雑事が増えたが、喜んだのはワンコたち。
どういうわけか次男はワンコたちに好かれる。
朝も、私を差し置いて「おはよう♪」と次男の下へ走る。
(ムム・・)

最近は、部屋の戸がすべて開放されているので、ルナはとりあえずかあさんと寝るが、朝目覚めるといない?!
(ん?)

起きた気配を感じると、出てきた。b0008217_10151642.jpg
息子の部屋から、トコトコトコ。
あの、とうさん子のサニーも一緒だ!

エアコンがかかっているわけでもない。
特別優しいわけでもない。
どちらかと言うと扱いは乱暴。
「お~い、子分ども」と時々呼び集めている。
そう、サニーは「子分その1」、ルナは「子分その2」。
b0008217_10154639.jpg

嬉々として、尻尾フリフリ走っていく様は見ていても微笑ましい。
息子流の可愛がり方、ワンコたちはお気に入り。

だから、ワンコが足りない。

サニーは、とうさん子。
ルナは、兄ちゃんの子分になりつつある。
かあさんの子がいな~~い!
「もう1頭いないと困る!」
b0008217_10162667.jpg
「そうやなぁ、黒い子貰ったらぁ?色合いもちょうど良いし」

『黒い子募集中!』
広告出そうかなぁ・・・。

ワンコ、不足しています。
[PR]
by yukiba20 | 2005-06-20 10:19 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)

梅雨のお散歩

b0008217_8231543.jpg目が覚めると雨が降っています。
ワンコたちも雨の日はいつもよりお寝坊をきめこんで静か。

「雨だねぇ~~」のひとことで、様子見に走る。
窓越しに外を伺うワンコたち。

「コート着ていこか?」
b0008217_824217.jpg

コート着るのは好きじゃないけど、お外にいきた~い♪
b0008217_8244134.jpg
雨が上がったいつもの公園で一休み。
お友達いなかったね。
コート持ってるお友達は少ない。
だから、雨降りはお散歩お休みなんだって。
b0008217_8251034.jpg
ボール投げも、かけっこもできない雨ふりは退屈。
たいくつ、タイクツ、た・い・く・つ
b0008217_826473.jpg

お家でも、やっぱりたいくつ・・・。
b0008217_827170.jpg
b0008217_8273786.jpg
[PR]
by yukiba20 | 2005-06-17 08:29 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(6)

暑い!

b0008217_0195649.jpg「今年は暑い!」

早くからそう感じていました。
例年よりも早く暑さがやってきたように感じる。

体調は悪くない。
食欲は・・・もちろんある。

汗が流れ落ちる。
歳のせい?
もちろんそれもある。
b0008217_0224227.jpg

いろいろ考えて、思い当たった。
ユキがいなくなったからだ!
一昨年の6月5日(ユキが来た日です)から、夏は24度、冬は22度の室温の中に暮らしていた。
今年は、エアコンが稼動していなかったのです。
暑いはず。

何かにつけては思い出す。
「去年は、去年は・・・」と思い出す。
b0008217_0205164.jpg

今は、暑くて思い出す。
「ユキぃ、かあさん、あぢ~です」
[PR]
by yukiba20 | 2005-06-11 00:27 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(4)

ユキのことは・・・

b0008217_22392687.jpg今日、大阪ハーネスの会でユキのことを話してきました。

「ユキのこと引退犬ボランティアになろうと思ったことなど話していただけませんか」
と依頼があったのです。

ユキが亡くなって、8ヶ月の月日が流れましたので、もうユキのことを話しても大丈夫だろうと思っていました。
b0008217_22414892.jpg
ところがです、話し始めて最初のうちは淡々と話していくことが出来たのに、サニーとの関係を話しているうちに、思い出してしまったのです。
忘れることのできない日々が瞬時にフラッシュバックしたのです。
永遠に続けと願った日々です。

言葉が出ない。
代わりに涙があふれる。
辛かったから、大変だったからではない。
幸せだったから、楽しい日々だったから、ユキに会いたくて涙があふれました。
b0008217_22465152.jpg

みっともないことでした。
申し訳ない気持ちでいっぱいですが、良く分かったのです。
不特定多数の中では、まだまだユキのことは語れないことを。
b0008217_2251985.jpg

大阪ハーネスの会の皆様、ごめんなさい。
でも、うちの子になったワンコはきっと、サニーやルナと一緒に幸せになりますから。
[PR]
by yukiba20 | 2005-06-05 22:52 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(16)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん