<   2005年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ただいま家庭犬見習中Ⅱ

b0008217_23444758.jpg今まで一人っ子だったアリサは、他ワンコと競争したり他ワンコのために待たされると言うことはありませんでした。

我が家で初めてのお食事タイム。
嬉しくて、くるくる回ってピョンピョン跳ねるんです。
「嬉しい♪」っていう気持ちがあふれていてとっても可愛いの♪

初めてのお食事は夕食でした。
夕食はいつもおいしい手作りご飯ですが、この日だけはアリサにあわせてドッグフードです。

準備している間は、じっと見ています。
さあいよいよ、となるとくるくる回ってピョンピョン跳ねます。
b0008217_23453915.jpg

サニーとルナはダウン(伏せ)して待っています。

我が家の「お食事タイムの掟」に「準備中はダウンして待つ」と言うのがあります。
アリサもダウンさせられましたが、頭ではダウンしているのに体が・・・というなんとも理解しがたい表情で立ったり座ったり。(これがまた可愛いの♪)

ちょっと時間はかかりましたが、無事ご飯にありつけました。

その間のサニーとルナですか?
ヨダレでビショビショになりながらもじっと待っていました。
b0008217_2347641.jpg

一人っ子アリサの名残は食べ方にも表れています。
ぺショぺショぺショ、ピチャピチャピチャ。
一方ゴールデンコンビはと言うと、ガツガツガツ、ガフガフガフ。

アリサはゆっくり、ゴールデンコンビは数十秒。
終わった順にアリサの食器を覗いています。
「あんた、まだたべてんの~。てつだってあげようか~」
b0008217_23463978.jpg

今のアリサですか。
準備中はダウンして待ち、食べるときはガツガツと食べるようになりました。
かあさんは、嬉しいような悲しいような複雑な思いです。

アリサは、ただいま家庭犬見習中です。
[PR]
by yukiba20 | 2005-10-28 23:49 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(4)

ただいま家庭犬見習中Ⅰ

b0008217_6595538.jpgただのワンコになったアリサは、しなくて良いこととしなければならないことの間で戸惑うことが多いようです。

「うちのワンコはお手ができなければならない」
という、息子達が幼い頃に作ったなんとも厳しい(?)掟があります。

「お手!」
「?」

「お手はね、こうするの」
「?」

にいちゃんが教えています。

「ハンド、言わんとわからんのとちゃうか?」

「ハンド!」
「?」

何回か繰り返すうちに覚えました。

「おぉ、さすが元盲導犬!」

ようわからん褒め言葉をいただいてとりあえず、掟はクリアできました。
b0008217_702195.jpg

アリサは、ただいま家庭犬見習中です。
[PR]
by yukiba20 | 2005-10-25 07:03 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(12)

1週間がたちましたⅢ

b0008217_11562046.jpg六日目と七日目
土曜・日曜は荒山公園へ行ってきました。
広い場所でノーリードでどのくらい歩けるのか見てみたかったのと、ノーリードで他ワンコに会った時どうするのか見てみたかったこともありました。

サニーもルナもおなじみの場所。
おなじみワンコも多い。
b0008217_11565563.jpg

他ワンコを見つけると、
サニーは、どちらかと言うと来るのを待つタイプ。
ルナは、サニーを見習って待っているのだけれど、ある程度近づいてくると待ちきれずに走りよって行く。
アリサは、見つけるとかなり遠くでも自分でトコトコと歩いて寄って行く。
三人、いや、三頭三様・・・おもしろい!
b0008217_11572498.jpg

これからきっとこのような、それぞれがそれぞれの個性を発揮する場面に数え切れないくらい遭遇していくのだろうなぁ。

こういう場面に出会うと、ふと「ユキだったらどうだったんだろう」と思うことがあります。
かわいそうだったと思うのではなく、ごく自然にそう思う。
b0008217_1158420.jpg

そして、この日はひとつの発見がありました

サニーは、アリサが元気なので、ユキに見せたような気遣いを見せることはなかったのですが、この日は、遅れて歩くアリサを時々振り返って見ています。
(サニー、アリサのこと家族だって認めたんだ!)
嬉しかった。
胸の奥底が熱くなるくらい嬉しかった。

アリサも勉強するなら、私も彼女をより理解してやりたいと思っています。
[PR]
by yukiba20 | 2005-10-22 11:59 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(8)

1週間がたちましたⅡ

b0008217_0381510.jpg四日目
夕方「お山の公園」へ行ってきました。
父さんが珍しく早く帰れたのです。

サニーやルナは大喜びです。
「お山公園」と聞いただけで大興奮。
アーちゃんは、訳がわからずボーっとしています。
「カム」と呼ばれるとよっこらしょとやってきます。
まるで我が身を見るよう・・・。
b0008217_0395075.jpg

ところがです!
お山につくと目が輝き、俄然張り切っちゃいました。
サニーやルナに遅れまいと、トコトコトコと小走りに歩く、いや、走る。
「!!」

広場でボール投げをすると、しばらく見ていてやおらボールを追いかけ始めた。
もちろんルナの脚力にはかなわないが、それでも走る。
「!!」
b0008217_0402240.jpg

次の休憩地点は芝生がはえていて寝転がっても気持ちがいい。
トコトコトコ、用ありげによってくるアリサ。
見るとゴルフボールを加えている。
投げると追いかける。
「!!」

階段を小走りで駆け上がる。
「!!」
b0008217_0405115.jpg

いくつもの「!!」
この日はノーリードでした。

b0008217_0411452.jpg五日目
今日は、かあさんのお仕事日。
午後からしばらくお留守番。

あとを追うこともなく、ソファの上で寝そべったままのお見送り。
b0008217_0414453.jpg

いつもならデパートなんぞに寄ってくるのですが今日ばかりは超特急で帰ってきました。

サニーとルナは相変わらず先を争って出てくる。
アリサはどうしたのだろうかと見ていると、なんと尻尾をブンブン回しながら出てきた。
b0008217_0421090.jpg

サニーやルナといっしょだから寂しくなかったのです。
何故わかったかって?
目がとても穏やかだったのです。
[PR]
by yukiba20 | 2005-10-19 00:45 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(12)

1週間がたちましたⅠ

b0008217_0483377.jpg
二日目
以前からのお約束で午前中はどうしてもお留守番をさせなくてはなりません。
来て翌日にお留守番なんてどうしようかな?
そう思っていたら、トゥーちゃんのかあさんがお留守番をかってでてくださいました。

よかった~。

一人っ子だったアリサが喧騒から避難できるようにと、大きい兄ちゃんの部屋を開放しておきました。はじめはそこで寝ていたらしいけれど、私が帰ったときはみんなと一緒でした。

「いい子だったよ~」とお褒めの言葉をいただき、思わずVサイン!
b0008217_0491472.jpg

その夜は、避難場所に入ることもなく寝るまでみんなと一緒。
ぬいぐるみを見つけて、一人遊び。
ルナもサニーもまったくいつもと同じ。
b0008217_0493916.jpg

3頭ともソファの上でまったりとした夜を過ごし、兄ちゃんは弾き出されて床で寝ていました。

b0008217_052854.jpg
三日目
今日は、トゥーちゃんからお勉強したことを実行してみました。

ルナとボール投げをして遊んでいたら、一緒にボールを追い始め、二人でガウガウ遊びが始まった。
遊んでほしかったルナはうれしくって仕方がない。
でも、悲しいかなルナの体力にはついていけない。
すぐに終わったガウガウ遊びでしたが、この遊びは昨日トゥーちゃんとルナがしていたのです。
心ひそかにやってみようと思っていたのかも知れません。
b0008217_0524625.jpg

アリサのママさんに早速報告です。
「えぇ!その姿見てみた~い」
そして言われたのです。
「本当に犬に帰っていくのね・・・だから盲導犬はかわいそうだと言われるのね」

私は、そうは思いません。
アリサは順応性の高い仔なのだと思います。
アリサだけでなく盲導犬になる子は、順応性があるのだと思います。
でなければ、次々と違う家族と暮らしていけないでしょう。

引退して、普通の犬に戻ったアリサは毎日が学習です。
いろいろな物の匂いを嗅いで、いろいろな知識を身に付けています。

電池もクンクン、携帯もクンクン、本も鉛筆もパソコンもクンクン。
一生懸命に我が家の匂いをお勉強中です。
b0008217_0533920.jpg

アリサも私も、毎日が発見の日々です。
[PR]
by yukiba20 | 2005-10-17 00:56 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)

アリサが来た日

b0008217_23451343.jpg今日、アリサが盲導犬を引退しました。
ユーザーのお宅までお迎えに行ってきました。

お友達のワンコだから感慨なんてないだろうって思っていたのですが、そうではありませんでした。
「今日から盲導犬じゃないんだ」と思ったら、胸の奥が熱くなりました。
ユキを迎えたときとは異なる思いです。

車に乗るときは身軽に飛び乗ってくれたので、嬉しいやら驚くやら。
でも、住んでいた地域を離れるまでは窓の外をじっと見ていました。

「一緒に幸せに暮らそうね」

我が家でのアリサは、まだお客様です。
b0008217_23454726.jpg

ご飯のお茶碗が三つ。
「ちゃんとお座りして」
b0008217_2348657.jpg

「いただきま~す」
b0008217_2348274.jpg

「アリサちゃん、まだ食べてるの?お手伝いしてあげようか」
サニーとルナは数十秒で食べちゃいます。
ゆっくり食べるアリサ。
「残してもいいわよ」とサニー。
b0008217_23485548.jpg

にいちゃんに撫でてもらっているうちにウトウトしちゃいました。

今日から、三人と三頭。
やっと、かあさんの犬がやってきました。
[PR]
by yukiba20 | 2005-10-10 23:49 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(32)

オフ会の準備Ⅰ

b0008217_7265319.jpg「親戚ワンコオフ会inびわ湖」が11月5日に開催されます、と言うお話は以前に書きましたが、いよいよあとひと月後に迫りました。

最初は「20頭も集まれば良いかな」なんて思っていたのですが、参加頭数は40頭を越え、ワンコの付添い人は60人を越えました。
北は宮城県から南は宮崎県まで全国から集まります。
ビックリしましたが、とても嬉しい。

ちょっと珍しい現役盲導犬も参加してのオフ会です。
b0008217_728097.jpg

言いだしっぺは私ですが、実働はQ家とI家です。

私は、入れ物を作りました。
その中を楽しいことでいっぱいにしてくださったのがQ家とI家。
アイディアがいっぱい出てきます。

b0008217_7303927.jpg「お知らせの拠点をお願いできませんか」
「良いですよ」
快諾をいただいただけでなく、お友達に呼びかけてくださって司会・進行も受付も手配してくださったQ家。

「ワンコをひと目みただけで親元がわかるようにしたい」
「色分けしてバンダナを作るわ」
I母さんのアイディア。
b0008217_731583.jpg

気付かないことはさりげなく指摘してくださる。

そんな中、I家のかあさんと二人でワンコたちにお土産を作ることになりました。
[PR]
by yukiba20 | 2005-10-05 07:30 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(14)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん