<   2006年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

写真展Ⅲ

b0008217_22384122.jpg写真展には多くの方が来てくださいました。
ネットのお友達も遠方から来てくださいました。
「写真展に行きます」と連絡をいただいた時は、驚きましたが嬉しかった!

お約束の日、「はじめまして」なのでドキドキして待ちました。
お客様が見えるたびにドキドキドキドキ。
b0008217_22391170.jpg
ドキドキがピークに達した頃に、見えました。
HAL母さんとそのお友達のサーチさん。そしてちょっと前に見えていたさらにお友達のななさん。
お顔を見たら、ドキドキが消えました。
ずっと以前から知っている、そう思えるような優しくて穏やかな方たち。
HAL母さん可愛いの、と言ったら失礼かな?
でも、可愛い方でした。

お昼をご一緒したのですが、嬉しくってしゃべりっぱなしの私。
いかんいかん、もともとがおしゃべり大好きな私は、嬉しいともっとおしゃべりになります。
皆さん、騒々しくてごめんなさい。
次にお会いできたら、もう少し静かにしていますから、これに懲りずにお付き合いください。
できれば、我が家の3ワンコに会っていただきたいわ。
b0008217_2237242.jpg
楽しい時間は本当に飛ぶように流れました。

楽しい出会いの場にもなった写真展。
見に来てくださった皆様、ありがとうございました。
カメラマンさん、お手伝いくださった皆様お疲れ様でした。
b0008217_22394254.jpg

いつかまた、どこかでお会いしましょう。
[PR]
by yukiba20 | 2006-02-23 22:40 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)

写真展Ⅱ

b0008217_749315.jpgアサコムホールの許可を得てアリサも写真展の応援に参加しました。
急遽決まったお出かけの朝早くに、ユーザーだったTさんにお電話しました。
「大変急なことですが、今日アリサを連れて写真展に行きます。」

何かとお忙しい方なので来ていただけるとは思っていなかったのですが、アリサも楽しく暮らしていることをお知らせしたかったのです。

アリサの今日のお仕事は引退犬になった後の様子を皆さんに知ってもらうこと。
引退したら公の場に連れて出ることができなくなるのですが、アサコムの方たちは
「頑張って働いてきた犬、何の問題もないでしょう。」
と特別に計らってくださいました。
b0008217_750330.jpg
はじめのうちはすることもなく、あくびばかりが出ます。

「あ、いるいる!」
「え、ほんと!」
「アリサがいるわ!」
突然会場の外から懐かしい声が聞こえてきました。

Tさんがご姉妹と一緒に来てくださったのです。
アリサの尻尾がブンブンまわります。
懐かしいご主人様、可愛がってくださった方たちです。

b0008217_7502868.jpg
Tさんは7頭目のパートナーと一緒でした。
穏やかで優しい、すっきりとした美少年系のワンコ、ニルス君です。
アリサもニルスもほんのちょっとご挨拶しただけ。
引退した元のワンコと、現在ともに暮らすワンコが一緒にと言うのはあまりないことです。
2頭の犬の間で、Tさんはとても嬉しそうでした。

b0008217_7512069.jpg写真展に来てくださった方や、新聞社に見学に来た小学生たちにあっという間に取り囲まれました。
Tさんはたくさんの質問に答えられ、おまけに
「何かパフォーマンスを・・・」
と言われて、椅子を探させると言うサービスをしてくださいました。

「ニルス、チェア」
キョロキョロ辺りを見回して、椅子を発見するとしっかりとした足取りで誘導します。

パチパチパチ!
拍手が沸きました。
アリサはそのあいだじゅう子供たちに撫でてもらっていました。
b0008217_7514383.jpg

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。
お別れの時、アリサはじっと見送りました。
もう自分が置かれている立場を理解しているのでしょう・・・。

新しい経験をすると家族を強く意識するのでしょうか、家に帰ると、疲れているにもかかわらずサニーやルナと一緒に散歩に行きたがりました。

アリサ、グッドな1日だったね。
[PR]
by yukiba20 | 2006-02-19 07:55 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)
b0008217_1125011.jpg親戚ワンコQちゃん家のHPで「迷子犬」のお知らせを見つけました。
飼い主さんは言うまでもなく、迷子になったワンコが心細い思いをしているのではないかと思うといてもたってもいられません。
どうぞ無事に見つかりますようにと祈りを込めて以下に貼り付けました。
よろしくお願いいたします。
---------------------
皆さんの力を貸してください。
うちのゴホの子供で作家の野田知佑さんのところへ里子にでたエマ(あかね)が1月18日の午後から行方不明になっています。地元徳島においては警察、保健所などへの連絡はもちろんのこと、新聞への掲載や近所の方の協力等も含め色々やってはいますが今のところ有力な情報は無いとの事です。つきましてはこのサイトを見てくださった方でサイトを運営されている方がいらっしゃいましたら、リレー形式でトップページや掲示板などで情報収集を募っていただけないでしょうか。どんなに些細な情報でも結構ですのでありましたらご一報頂けたら幸いです。エマの情報については以下の通りです。

名前  エマ
住所  徳島県日和佐町
犬種  ラブラドールレトリーバー(黒)
年齢  4ヶ月
性別  メス
装着  赤のチョークカラー
性格  人懐こく元気
体重  15キロ前後

1月18日(水)午後、徳島県日和佐町の野田邸、自宅庭にてボーダーコリーのアレックスと遊んでいて、僅かな時間の間に行方がわからなくなる。付近の環境は里山の中で、森は多いものの危険箇所は少ないと思われます。交通量の多い道までもかなりの距離があり交通事故も考えにくく連れ去られた可能性もあるかもしれません。徳島県、四国地方に限らず日本全国からの情報をよろしくお願いいたします。

連絡先  (株)穂高企画 斉藤まで 048-728-8030またはinfo@hodaka-kikaku.com
[PR]
by yukiba20 | 2006-02-11 11:28 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(17)

写真展

b0008217_1857379.jpg大阪で「ボランティアが見た盲導犬の世界」という写真展が開かれています。
場所は、大阪・中ノ島にある朝日新聞社の1階「アサコムホール」です。
地下鉄四つ橋線「肥後橋」3番出口すぐです。

カメラマンはサニーのパピーウォーカーで、現在は引退犬ボランティアをしていらっしゃいます。
9頭の犬を育てその犬たちの老後をすべて看る、余力があれば孫犬まで看ようというすごいおっちゃんとおばちゃん。
サニーはそこの9頭目でしたが、チャリアチェンジはパピーウォーカーには返さないと言う協会の決まりがあって、めでたく我が家にやってきました。
それがご縁で親戚づきあいが始まったのです。
b0008217_1858151.jpg
その写真展の引退犬の部に、盲導犬として最高齢だったユキの写真が何点かあります。
私の知らない顔の写真が1枚ありました。
優しくて、穏やかで、笑っているような、じっと見つめる懐かしいユキがそこにいました。
気がついたら、涙が流れている。
「ユキ・・・」

b0008217_18582694.jpgあなたが繋いでくれた縁が少しずつ広がり始めました。
いろいろな考えの人たちがそれぞれの立場で、引退犬の老後を考え始めました。
かあさんは、どこまで思いを伝えていけるのかわかりません。
でも、少しだけ頑張ってみようと思っています。
ユキ、力を貸してください。

時々、弱音を吐くかあさんがいます。
[PR]
by yukiba20 | 2006-02-08 19:00 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(13)

ただの愛犬家Ⅱ

b0008217_16374225.jpg雨も上がって気持ちよく晴れた日、朝から近所の公園を渡り歩きながら荏原寺の向かい、大池公園に行ってきました。
サニーやルナにはおなじみですが、アリサは初めて。
雨上がりで下が濡れているせいか誰もいません。
芝生の上をゆっくり歩きます。
たくさんの鳥たちがいて、たくさんのウンチが落ちています。
アリサはこんなにたくさんの鳥の糞に出会ったことはなかったのでしょうか、あったけれどもお仕事中で余所見ができなかったのかな?
一生懸命に「くんくんくんくんくんくん」
目が真剣で真ん中によっています。笑っちゃいました♪
b0008217_16382190.jpg

帰り道に川沿いの桜並木を歩いていました。
「・・・」
おじさんがじっと見ています。
(ウンチとってますよ~。あ、しまった!ポケットの中だ~。わからないよな~)
「・・・」
横をすり抜けようとしたとき
「これは、みんな盲導犬か?」
「え? あぁ、この子は元盲導犬でしたが後は違います」
(TVの影響かレトリーバーは盲導犬と思っていらっしゃるようでした)

「噛むか?」
「噛みません」
「わしが撫でても噛まんか?」
「大丈夫です。撫でてもらうの好きですから噛みません」
「わし、犬怖いんやけど噛まんか?」
b0008217_1639546.jpg

「怒るときは棒でたたくんか?」
「いいえ、絶対たたきません」
「だんなは棒でたたくんやろ?」
「いいえ、この子達はたたかれることがないから、人の手が大好きです。撫でてもらえると思ってるから擦り寄ってきますよ。」
「悪さしたらどうする」
「悪さしたらダメって言います」
「言うだけか。たたかんのか?」
「良いことしたら褒めてもらえるから、悪いことしなくなります。」

「変わってるなぁ。ただの愛犬家やないんやなぁ。普通は言うこと聞かんと殴ったりするもんや。」
b0008217_16393132.jpg

結局撫でてもらえませんでしたが、殴るよりもほめて育てると優しくなると言うと「子育てもそうしい」と言われました。
子育てに関してはもう遅いです。
息子たちは結婚しない宣言してますから(今のところ)孫は期待できません。

だから犬と暮らしているのに・・・。
[PR]
by yukiba20 | 2006-02-02 16:41 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(14)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん