<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

b0008217_15441142.jpgそれぞれの地域で引退犬の生活支援をしている団体・グループがいくつかあります。
何人かの方々とは、ワンコが親戚だったり、ネットのお知り合いだったり、直接のお知り合いだったりしてお付き合いがあります。
その方たちが今、とても心配していらっしゃることがあります。
もちろん、私もです。

数年前から、年間作出頭数が多くなり、その多くなった年のワンコたちが引退年齢に差し掛かってきたのです。
早い子はもう帰り始めています。
1・2年もすると年間数十頭、もしかすると100頭近くの犬たちがリタイヤしてきます。

そうなると引退犬を預かってくださるボランティアの数が足りなくなってきます。
1年間と言う期間を区切ってのパピーウォーカーとは違って亡くなるまで預かると言うことですから期間は限定されることはないのです。

可愛い子犬を1年間限定で預かるパピーウォーカーの希望家族はありますが、期間無制限で老犬を預かってやろうと言う家族は本当に少ないのです。
b0008217_15443741.jpg

なぜ、引退犬ボランティアにはなりにくいのでしょうか?
友人知人に聞いてみました。
[PR]
by yukiba20 | 2006-03-31 15:45 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(20)

本領発揮?

b0008217_15293066.jpg「おかあさん、サニーのこと本当やったんやなぁ」

兄ちゃんが突然言いました。

「サニーな、アリサのおしっこも教えるんや」
「え?アリサおしっこ漏らしたん?」
「いや違うねん。自分の部屋にいたら、サニーが来て鼻チョンしたり、ひっかいたりするから何かなと思って下見ると、アリサが玄関のところでボーっとたっとるんや」
「?」
「玄関開けてやったら、おしっこに出て行った。
さにー、アリサがおしっこしたがってるって教えにきたんや。
その証拠に、アリサが出て行ったら自分はさっさと寝てたもん。
ユキの時に教えたって言うの本当やったんやなぁ。」
b0008217_1527138.jpg
サニーは今まで、元気なアリサを気遣うことはほとんどありませんでした。
せいぜい、ノーリードで歩いている時に、遅れがちなのを立ち止まって待つくらいでした。
それでも、「えらいな~」と思っていたのです。
再びサニーの本領が発揮されました。
しかも、兄ちゃんといる時に。

b0008217_15272351.jpg

サニー、やったね!
これからもよろしくね♪
[PR]
by yukiba20 | 2006-03-24 15:31 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(16)

キック キ~ック!

b0008217_1654937.jpg家のワンコたち、重なり合って寝ることが多いのですがこんなことは初めて!

今日はアリサとルナが繋がって寝ていました。
アリサの足のすぐ先にルナの鼻先がある。
文字どおり繋がっているのです。

b0008217_16544762.jpg




いつものようにアリサの寝言が始まった。
それと同時に体中がアリサの意思とは別に動き出す。
ピクピクピク・・・

もちろん足もピクピクピク・・・

b0008217_16564444.jpgその足の先には、ルナの鼻がある。
当然、キック、キック、キ~ック、なのですが・・・
起きない!
かなり強烈なキックもあるのに、起きない・・・

唇がめくれ、鼻がグンと上を向いてしまっても、起きない・・・
そんなに眠いのかなぁ。
b0008217_16571258.jpg

うちのワンコたちは、触られる、を通り過ぎていじられるんです、兄ちゃんに。
寝ていようが起きていようがお構いなし。
ワンコたちはそれが嬉しいので、アリサのキックなんてどうってことないんです。

アリサも来たての頃は、兄ちゃんのお触りに「なにすんねん!」といちいち起き上がっていましたが、今では平気。
平気どころか、お腹見せて「もっとして~♪」
b0008217_1724358.jpg

我慢しきれずに笑ってしまったら、目を覚ましてしまった。
残念!
[PR]
by yukiba20 | 2006-03-17 17:03 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)

お散歩さんぽ♪

b0008217_9593246.jpgお天気の良い日は歩きたくなります。
いつもより少し早めに家を出て、久しぶりに「公園はしご」をしました。

b0008217_1003728.jpg




ひとつずつゆっくり探検しながらのお散歩です。
四つ目の大池公園に到着したときには心地よい疲労感がありました。
ウッドデッキで一休みしているうちに、アリサがぐっすりと眠ってしまいました。
サニーもうつらうつらです。
b0008217_101840.jpgただ一人元気なのがルナ。
まだ歩きたくてウズウズしています。
b0008217_1012965.jpg





見渡す限りの青空は久しぶりだなぁ、と思っているうちに私もちょっと眠っていたようです。
ワンコたちがワサワサするので目を覚ますと子供たちが周りに・・・。

「犬さわっていい?」
「いいよ。」
b0008217_102472.jpg

野外授業で来ていて、自分たちは2年生だといっていました。
学校名を聞くと、以前アリサがユーザーと一緒にお話しに行ったことのある学校です。
そのことを話すと、
「え!盲導犬やったん? すっご~い!」
「いつ来たん?」
「私も知ってるかなぁ?」

先生が来られました。
ワンコ3頭も連れたおばさんが困っているのではと、気遣ってくださったのです。
うちのワンコたちの事を聞いて、安心して行かれました。
そう、児童に怪我でもさせたら大変ですものね。
b0008217_1044991.jpg

自分の家の犬ことを話す子、飼いたいけれどお母さんがダメって言うと話す子、おばあちゃんが面倒見れなくなったので預かっている子。
いっぱいお話してくれました。

「私、犬の散歩ってしてみたいなぁ」
団地なので犬が飼えないと言っていた女の子がいいました。

アリサとウッドデッキのところを1週だけならとOKすると我も我もと子供たちが来る。
結局、5人くらいのグループになってもらい、アリサは5週する羽目になりました。
b0008217_103088.jpg

「サニーちゃんとかルナちゃんとかはダメなの?」
サニーもルナも良いのですが、学校の授業中だったので万が一のことを考えてアリサだけにしました。

帰り道、遠巻きに見ていた先生から、「ありがとうございました。子供たちに良い勉強になったようです。」と声をかけていただきましたが、何が勉強になったのでしょうかねぇ。
私には良くわかりませんでした。
3ワンにとっては散歩の途中にあった子供たちと遊ぶのは日常のことなのですもの。
b0008217_1075458.jpg

それにしても「元盲導犬」の威力と言うか信用度と言うか、これがめちゃくちゃ高いのにビックリ!
水戸黄門の「印籠」並みです!

アリサ、あんたってすごいのねぇ!
[PR]
by yukiba20 | 2006-03-11 10:13 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)

しあわせ~♪

b0008217_20205184.jpg新学期を目の前にしてかなりハードな日を送っています。

何してるかって?

視覚に障碍を持つ学生サポートをしています。
1年で最も忙しい時の始まりです。
だいたい2月頃から1学期の間はかなりハードな日々を過ごします。

b0008217_20213619.jpg
b0008217_20315953.jpg







そのハードな日々をソフトな日々に変えてくれるのが3ワン娘。

どんなにストレスを抱えても瞬時に吹き飛ばしてくれるのが、ワンコたちの寝顔。

たまりません!この子達の寝顔。
b0008217_20243952.jpg

アリサが来た頃、
「ヒャンヒャンヒャン、フウァンフウァン、ギャヒンギャヒン、キュキュンキュキュン」
さまざまな寝言を聞くたびに、飛び起きて「すわ!何事ぞ!!」と窓辺に走ったサニーとルナも、今では屁の河童。
b0008217_20255326.jpg
b0008217_20272057.jpg







アリサは静かに眠るゴールデンコンビとは違ってけっこうやかましいのです。
寝言だけではなく、耳が、鼻が、口が、足が、お腹がと実にめまぐるしく動く。
そんな騒がしいアリサなのに、くっついて寝ているサニーやルナは今や目も覚まさなくなった。
b0008217_2029121.jpg

見ているだけでしあわせで、涙が流れている時があります。
バカですね。
[PR]
by yukiba20 | 2006-03-07 20:32 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(14)

新規開拓

b0008217_11563513.jpg晴れた気持ちの良いお休みの朝、「お弁当を持って遊びに行こう」ということになりました。
せっかくだから行ったことのないところへと思い、ガイドブックを広げ、ああでもない、こうでもないと迷った挙句、「犬・可、駐車場・無料」と書かれていた「箱作公園」に決めました。
我が家から少し南に走ったところで遠くないと言うのも気に入ったのです。

途中、「和泉ラーメン」と言う旗にひかれて食事タイムを取りました。
美味しかったかって?
「う~む、泉州で食べるから和泉ラーメンなのかなぁ?」という感想でした。
b0008217_1222524.jpg

目的地、箱作公園に到着。
ガイドブックに載っているくらいだからある程度大きな公園を想像していたのですが、かなりこじんまりとした公園です。
小さな丘の斜面にアスレチックを造って少し整備したと言う感じ。
子供づれなら良いかもしれないけれど、ワンコと散歩を楽しむのにはちょっと物足りないかも。
それでも、いつもの公園とは違って歩くところが地道なのが良い。
坂も少し傾斜があって、なんとなく山道を歩いているような感じがしないでもない。
b0008217_128256.jpg

ワンコたちは、足触りがいいのか気持ちよさそうに歩く歩く。
とうさんとかあさんは、日ごろの運動不足がもろに出て汗びっしょり。
b0008217_125112.jpg
ここで、面白い現象を発見!
サニーは相変わらず父さんにくっついて歩いているのだが、アリサが私から離れようとしない。
私が歩けば歩き、止まれば止まる。
座れば自分も座り、立てば立つ。
こんなことなかったのに、何がこうさせたのだろうか。
もしかしたら私の歩き方が心配だった?
労わってくれたのかなぁ。
そうだったらちょっと悲しいかも・・・。
b0008217_1241036.jpg
ルナですか。
元気がいつもあまってるから、とうさんと私の間を走り回っていました。
「うれしい♪ うれしい♪」
体中でそう言っていました。


b0008217_1255539.jpg

3ワン3様が良い。
どの子もかわいく、愛しいのです。
[PR]
by yukiba20 | 2006-03-01 12:10 | 盲導犬 引退犬 ボランティア | Comments(10)

自称犬小屋?に住む盲導犬の引退犬で天使になっちゃったユキばぁとアリサ、とキャリアチェンジ犬サニー&家庭犬ルナ・海と一緒に暮らすワンコのかあさんです。(絵は小山るみこさんの許可を得て掲載しています。)


by ワンコのかあさん